放射能パニックからの脱出のきっかけ、他。

事故から1年が経ち、冷静に物事を考えられる人も増えてきました。 そこに至るまでのきっかけなどをまとめてみました。 やはりまず自分でリスクを正しく評価できるようになること、そのための知識を身に着けてもらうことが第一歩に思えます。 その意味で、活動団体の中でも家族のリスクマネジメント勉強会は成果を上げているように思いますので、関心のあるかたはチェックしてみてください。
震災 リスク 被曝 放射性物質 内部被曝 放射線 リテラシー 原発 放射能
150
福島に住んでいる方、積極的に関わっている方々は学習が進んでいます。
ナナミ幽香式 @nanami6666
福島のフォロワーさん観てると、目の前の現状はどの程度の危険で、どこまでが生活可能で、危険な面をどう改善できるか、そういうラインの見極め、具体的な改善策を模索している人が増えてきた。極論で煽るのは大抵非汚染地域の人達。現場(福島)の意識と比べてだいぶ遅れてるな、という印象受ける
saipapa @saipapa_o
福島県の新聞では毎日と言っていいほど、食品に関する放射性物質情報、地域の放射線量が掲載される。福島で放射線、放射能の話はまったくタブーじゃなく日常の話。正しい知識を持ってる方が多いのも当たり前。 http://t.co/phnC43yC
拡大
s-51@あかべこ @s__51
幸運なのではなく、食品のモニタリング検査からWBC検査で殆ど数値が出ないのは想定の範囲内。それを確認しただけですRT @catexen: 幸運でしたね”s__51 平成23年度産の福島米ばっかり食べてますが、WBC検査結果は検出限界以下でした(ひらた中央病院)
@arthurc2001
@s__51 @catexen 私もほぼ毎日毎日福島県産品食べてますけど、事故以降これまでの4〜5回のWBCで有意な値が出たことは一度もないです。異常といえば、食べすぎて体重が増えたことくらい。
@arthurc2001
@s__51 @catexen これまで何食べたかなんていちいち全部覚えてませんが、ここ数ヶ月は平均して1日1食は全て福島県産品で作ってます。味噌・醤油・塩も。これだけのことしててWBCで通常の振れ幅を超えるカウントが出てないのだから、市場に出てる福島県産品が危険な訳がないです。
@hideya143
自主避難は間違った選択ではないが、自分の行動を正当化したいが為に、デマや煽りを真に受け放射脳へ益々傾倒して行く。『病は気から』とはよく言ったものだ、まんざらではない。気持ちを明るく持ち、無益な心配はしない方が、病気にかかりにくかったり病気が治りやすかったりするのだ。放射線も然り。
あふらん/afran🍀幸せの四つ葉のクローバー @pinwheel007
「福島で」遊んだ人たちは、自分たちが発したことばでどれだけの人が心を傷め尊厳を傷つけられ身体を壊したか、そんなことを想像もしないだろう。いやわかってやってたのかもね。某教授、某俳優、某ジャーナリスト、私は死ぬまであなたたちのことばを忘れないよ。
地域メディエータ @t_hangai
誰のための基準値 http://t.co/2lODNfuf 内部被曝していない人々かつ国内産食品自給率1%の東京都民がなぜ、新基準値100Bq/kgを要求するのですか?規制を厳しくしたいなら、輸入品の規制値の見直しを要求すれば良いのです。思い付き行政に振り回されるのはたくさんです
地域メディエータ @t_hangai
誰もが安心をしたいという認識において、同じ人間である以上、どの省庁も人々も同じ方向を向いているのだと思い始めました。 知識の差、理解の差、距離感が若干違うことが誇張されてしまっているのかなと。 つまり対立ではなく融和を目指すべきと考え始めました。それが福島の復興への一歩に繋がる。
パニックを脱した人やそのきっかけを集めてみました。
家族のリスクマネジメント勉強会in東京 @krmsoda
家族のリスクマネジメント勉強会in東京を開催します。ゼロベクレルを目指すのもいいけど、ほかのもっと怖いリスクを見逃したくない。そういう他のリスクを軽減する方が実は効率がいいかもしれない。そんな視点の異色の勉強会です。 http://t.co/snkQ1tY0
家族のリスクマネジメント勉強会in京都 @rmkyoto
私は高校物理が苦手で苦手で(苦笑)。でも半谷さんの講座は大変分かりやすかったです。さすが本業が塾長なだけあります。講演を聞くのが一番よく分かる。半谷さんの塾、ステキですよね。子供を通わせたい、というより子供に戻って私が通いたい(笑)@krmsoda
≈ On the Waves ≈ @nukesurfer
【ある福島市民の報告】放射能を気にし過ぎることで子供の健全な成長が阻害される、母子避難することで家族崩壊が招かれる、との情報で「もう子供の心の健康と家族を思い、放射能の事はもう考えません」と言い出す方達があちこちででてくるようになりました。http://t.co/aerqUCdT
家族のリスクマネジメント勉強会in東京 @krmsoda
2/12(日)放射能が怖くて東京から避難を考えている方、不安や情報を一緒に確認していきましょう。茗荷谷で勉強会を行います。参加費500円。子連れ可。会場内でオムツ替え可。子どもや家族の健康を第一に考えていらっしゃる方はぜひ。http://t.co/snkQ1tY0 #放射能
家族のリスクマネジメント勉強会in京都 @rmkyoto
(講演会)放射能の健康リスクと身の回りにあふれている健康リスクを比べたことはありますか。2/12(日)13:30〜 文京区アカデミー茗台。講師は放射線安全フォーラム会員の半谷輝己さん。会費500円 http://t.co/VfAGp7z1
じゅん @terajun0727
菅谷市長も言ってたけど、政府がいろんなデータをHPに載せてても…そのデータを読み解く情報知識がないんだよね。だから漠然と「大変なんだ」で終わってしまう人が多い。政府に期待できないから、その数値が何を意味するかをしっかり調べなくてはならない。
家族のリスクマネジメント勉強会in東京 @krmsoda
2/12講演会@茗荷谷13時半~16時。東京で避難を迷っている方、福島の各地域情報を知りたい方、セシウムだけではない色々なリスクに優先順位をつけ、現状を再認識する異色の勉強会です。政治的主義主張はさておき家族の健康が第一!という方はぜひ。 http://t.co/snkQ1tY0
家族のリスクマネジメント勉強会in京都 @rmkyoto
バリバリ文系の私にとって、モノの単位なんて「タウリン1000mg」が最小単位でした(笑)。京都講演会では1ベクレルがどの位小さいかの話もありまして、へー!となったんですよ。@krmsoda
家族のリスクマネジメント勉強会in東京 @krmsoda
@rmkyoto 無事終了しました!!いろいろ教えていただいて、本当にありがとうございました!なんなんでしょうこの解放感。ウソを信じるのは苦しい。本当のことはすがすがしい。世の中、捨てたもんじゃないと思えました。いろんなことが目から鱗で初めて聞く話ばかりでしたがわかりやすかった。
家族のリスクマネジメント勉強会in東京 @krmsoda
危険だ危険だという方がリピーターも出るし儲かる。半谷さんのような話を聞くと、一回聞いただけで納得できて理解できて明るい気持ちになれてストレスから解放されて、リピートする必要を感じなくなる。半谷さんのような活動は商売にならない。そこだけがちょっと理不尽かも。。
家族のリスクマネジメント勉強会in東京 @krmsoda
今日は、何にでもちゃんと理由があるんだということがわかった。暫定基準値、セシウムは日本が500でアメリカが1200、ヨウ素は日本が2000でアメリカでは170…この違いは両者の食文化による違いなのだということ。セシウムの吸収のしやすさはその植物の特性による違いであること。などなど
家族のリスクマネジメント勉強会in京都 @rmkyoto
お疲れ様でした!そしてありがとうございました!そうなんですよ、すごい開放感なんです。まわりの環境は何も変わってないのに、心がラクなんです。ホント不思議。悪い夢からようやく覚めたような。これからはリスクから逃げずに「選んで」いこうと思います。@krmsoda
家族のリスクマネジメント勉強会in東京 @krmsoda
@rmkyoto セシウムやヨウ素が怖くてミネラルウォーターにしてる人は多いと思いますが、実は安全性で比べるとミネラルウォーターの方が危険とか、見えていないリスクがいっぱいあるんだということがわかって、見えてるリスクから逃げるだけでは何も解決にならないんだなって私も思いました。。
家族のリスクマネジメント勉強会in東京 @krmsoda
間違えたからツイートし直し→アルカリイオン水って水酸化ナトリウムの水溶液だったんだ・・・。なんか体に悪そう・・・。半谷さんの「体にいいってどういうこと?」という問いかけが印象的でした。ブルーベリーで目だけ一時的によくなっても体には負担かもしれない。
残りを読む(133)

コメント

neologcutter @neologcuter 2012年4月21日
放射能パニックから脱却するのに遅すぎるということはない・・・。
ウサギは追うな@黒い羊足るを知る @aozoratosa 2012年4月21日
1人でも増えて欲しい「脱放射脳」。m(_ _)m
北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2012年4月21日
良いまとめを読ませて頂きました。このまとめの存在を教えて下さった@ほわさんにまずは感謝いたします。本当に今ほど<反省と謝罪>の言葉が胸に迫るときはありません。そして不安や差別や恐怖の言葉ではなく、信頼と友愛の言葉で語り合いたいと切に願うものです。
Row@芋煮の反逆者(ヴィランズ) @Row0916 2012年4月22日
震災・原発事故発生当時、自分も放射能パニックで「福島にはもう住めない」・「水道水に含まれている放射性物質で内部被爆をしてしまう」等悲観的な思い込みで家族を始め周囲の方々を傷つけてしまった事を後悔しています。放射能パニックから脱却きっかけは人それぞれでしょうが、1人でも多くの方が放射能不安・パニックから脱却する事を切に願います。
三月レイ@内調39課ニコ技室 @mitsukirei 2012年4月22日
「勉強しないと死ぬぞ」って言う人が一番勉強してないからねぇw
chcatann @chcatann 2012年6月13日
怖がる事は悪い事ではないけれど、流れてくる文字を鵜呑みにする前にまず自分で調べ自分で考え答えを見つける努力が必要なのではないかと思う。
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku 2012年6月14日
洗脳が解けた直後のケアが大事なケースは多い。EMとかに洗脳されてた人って周りにもそーゆー人が多い傾向がある。 だからせっかく"気付いた"のに、洗脳が解けない仲間に再洗脳される恐れがある。 洗脳が解けてない仲間と意見の食い違いが発生し、コミュニティーから追い出されて孤独になる人もいる。 また洗脳が解け切って無いケースもある。
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku 2012年6月14日
そんなタイミングで「それでいいんだよ」と他者に受け入れられる環境は大事だ。 再洗脳や、解け切っていない洗脳に対して「不安になるのは解るよ。でもその考えはここが変じゃないかな?」とフォローを入れる人も大事だ。
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku 2012年6月14日
よーするに「放射能の認識が間違ってた過去があっても、間違いを正そうとしてる人を排斥しちゃダメよん」ってこと。みんな産まれた時はベクレルもシーベルトも知らなかったよね~
八的暁 ハチプロデザイン @hachipro 2012年6月14日
震災後3ヶ月ぐらいまではまだ発電所で不測の事態が起きる可能性も考えられたので怖がるのも無理ない。その後多くの人々の献身的な調査によって、当初恐れてたほどヤバい状況でもないことが見えて来た。その時点で心を「緊急」から「通常」にモード変更できなかった人は多い。これも仕方ないこと。今からでも遅くない。自らの心を自由に変えられることが真の自律ですよ。
(*゚ー゚)@しぃ(忙しいモード) @shilichan 2012年6月14日
ほめてもらえた、認めてもらえたって言うのは、とても重要なキーワードだと思う。
福地 寛 @hiroshi_fukuchi 2013年6月27日
これは大事なまとめですねぇ。放射能パニックから解放されたみなさんが、ご自身の経験を発信されることは大事でしょうね。
Ikuko Yoshida @Ikko_Yoshida 2018年9月19日
今更だけどこんなまとめがあったのね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする