10周年のSPコンテンツ!
7
fumi. @MinamiYoshifumi
F1で使用している熱電対には冷接点が存在しない この文書でいうと図2の下のタイプ 温度計を設置している中央操作室の温度と熱電対との温度差によって起電圧が生じる…のかな? http://t.co/be7Nnk6d
fumi. @MinamiYoshifumi
昨日の質疑で松本さんはプラントで使用している 熱電対はすべてT熱電対だ、と回答している 300度以上の温度は測定できない? 炉心損傷などの事故状況を温度で モニタすることは最初から考えられていなかった?
むら @tokuyamamura
(東電)福島第二原子力発電所プラント状況等のお知らせ(2月15日)PDF http://t.co/NbV8BGPa #iwakamiyasumi2 #iwakamiyasumi
むら @tokuyamamura
(東電)2月15日福島第一原子力発電所の状況(18.3KB)PDF http://t.co/1PmFhLZ1 #iwakamiyasumi2 #iwakamiyasumi
むら @tokuyamamura
(東電)福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の核種分析結果http://t.co/PbInMtcH #iwakamiyasumi2 #iwakamiyasumi
むら @tokuyamamura
(関西電力)2月15日 出し平発電所(仮称)の新設についてhttp://t.co/ePQxSxtV #iwakamiyasumi3 #iwakamiyasumi
むら @tokuyamamura
(北陸電力)2月15日七尾大田火力発電所1号機の運転停止について PDF http://t.co/MJ3TbIWD #iwakamiyasumi3 #iwakamiyasumi
たかよし @ystricera
東電「1,2,3号機共に炉心スプレイ系給水系から注水続けている 2号機炉心スプレイ9.9 給水系7.5m3/h 6時間おきデータと1時間おきの底部ヘッド支持スカート温度 底部ヘッド0度方向17時218.2 報告徴収指示きているが現時点ではまだ提出できていない 提出はメールで連絡」
たかよし @ystricera
東電「使用済み燃料プール冷却1,2,3,4号機循環冷却つづけている 6号機は昨日から補機海水冷却ポンプ点検のため残留熱除去系で原子炉と使用済み燃料プール交互冷却している。トレンチ立坑タービン建屋たまり水は2,3号機から集中廃棄物処理建屋移送継続 6号機10~16時屋外タンク移送」
むら @tokuyamamura
(東電)2月15日東北地方太平洋沖地震による影響などについて【午後3時現在】http://t.co/sl5LFqJL #iwakamiyasumi2 #iwakamiyasumi
むら @tokuyamamura
(東電)2月15日福島第一原子力発電所のトレンチ等の調査状況(平成24年2月15日調査速報)(202KB)PDF http://t.co/yf2wpp9G #iwakamiyasumi2 #iwakamiyasumi
佐藤 秀則 @hidenori310
いま東電に向かってます。間に合わないかもしれません 佐藤秀則
たかよし @ystricera
東電「トレンチ点検結果本日は消火系配管追加点検3カ所 水があることは昨日の段階でわかっていたが1~4基側1箇所5,6号機側2カ所 10^-1~10^0レベル 雨水地下水と同等。1/16からトレンチなど調査結果取りまとめ本日の追加調査ですべて終わっている 」
ryugo hayano @hayano
福島第一原子炉圧力容器下部温度 9/1-2/15 の推移 (2号機注水量は多いまま:最近の動きは挿入図)→ http://t.co/9dkAjOzv
拡大
たかよし @ystricera
東電「1/19点検の2、3号機循環水ポンプ吐出弁ピットで10^2~10^3セシウム見つかっている 今後抜き取りと2月末までの処置の方法検討して報告したい モニタリングについてはHPに空気中ダスト、海水ほか海底土Pu 敷地内土壌ガンマ核種とPu公表 前回測定値から大きな変動ない」
むら @tokuyamamura
(経産省)2月15日 東京電力株式会社福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第34報) http://t.co/4bRMVanf #iwakamiyasumi2
たかよし @ystricera
東電「水処理設備運用状況週報 実績発電所にある高濃度汚染水貯蔵量76850m3 建屋の水位OP3000mmコントロール ほぼ毎週こういう値 集中廃棄物処理建屋側高濃度汚染水15950 2/8~148020 稼働率キュリオン33.7%サリー 61.8% ほぼ予定通り稼働率 」
たかよし @ystricera
東電「廃棄物先週から4本増えて使用済みヴェッセル350本保管中 貯蔵タンク容量 濃縮塩水受けタンク102541 淡水受けタンク6766 濃縮廃液5547 原子炉注水今秋注入量5047 全て水処理設備で生成した処理水でろ過水補給なし 来週引き続きキュリオン35%サリー60%運用」
たかよし @ystricera
東電「2,3号機タービン建屋水位シミュレーションOP3000mmで引き続きコントロール タンク貯蔵状況現在見通しはだいたい5月中にタンク満杯見込んでいる 当初よりも2ヶ月余裕できている状況だが冬場迎えて浜通り降水量減っていて建屋内への地下水流入減っているためと考えている」
たかよし @ystricera
東電「2月末3月末にそれぞれ2万m3増設 ホース敷設あり実際の運用はまだ未定。昨日から福島第二3号機格納容器内内部点検 雰囲気線量資料 2/14測定 フロア高さごとに平均的線量記載 前回とほぼ同様 一部高いところ停止操作に伴いプラント運用との関係調べていきたい」
たかよし @ystricera
(テレ朝遠藤 東北大の研究結果 福島第一の地下が去年4月の地震が起こったいわき市の地下と状況が非常に似ていると 直下型地震が起きた場合の懸念されること)東電「直下型地震起こりうるのかという点、これまでの敷地周辺地下は活断層有無調査しているが発電所真下に活断層ある状況ではない」
たかよし @ystricera
東電「一番近い活断層からの評価はしているが真下での発生可能性は小さいと見ている。万一大きな地震でゆすられる事態を仮定すると今後起こりうる地震動開放基盤表面 600ガル 建屋壊れている状況でも健全性確保されると見ている。」
たかよし @ystricera
東電「海で地震があり津波発生する可能性指摘されているが今回の東北地方太平洋沖地震震源よりも少し東側で正断層地震起こった場合最大7,8m津波おこる想定 東側にジャカゴという石組み 万一津波きても10m敷地被る可能性は低いと 非常用電源と注水車で2~3時かんで原子炉注水復旧可能と」
たかよし @ystricera
(回答する記者団佐藤 月曜日夕刻記者会見で質問したがトラブルあった熱電対と温度計メーカー)東電「助川電気工業」(電気抵抗測定した時メーカー技術者の同席は)「現場は助川電気さんではなくプラントメーカーと 熱電対よりも電気計測のシステムの問題なので」
残りを読む(125)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?