SPEEDIが初期の避難に使えなかったわけ Flying Zebraさんのつぶやき

シミュレーションがどういう限界を持ったものかって事は、世間の人は余りイメージ持ってないよね。だから、いまだになんであれを使わなかったんだっていう批判がきえない。たぶん、だれか責任者を見つけ出して血祭りにしなきゃ収まらないって感じなんだろうな。 でも、実際には、放射能拡散の初期の避難に使うことは、技術的に不可能なことだった。 まあ、少し時間が経ってからの遣り様は、今から振り返るともう少し何かできたかも知れないけど、少なくとも最初のころは誰が悪いでもなくしょうがなかったとおもうんだなあ。
61
Flying Zebra @f_zebra

国会事故調で班目氏がSPEEDIの結果を避難計画に利用することに否定的なコメントをしています。事故以来気象学の人たちの間では散々議論されてきたことですが、一般には未だ誤解も多く残っているようなので少し説明しておきます。

2012-02-16 19:14:10
Flying Zebra @f_zebra

まず、シミュレーションというのは一般的に不確実性の高いものですが、特に気象シミュレーションは実測された気象データから大気の動きを計算することはそれなりの精度でできても、未来の風向きを予測するような場合は非常に不確実性の高いものになります。

2012-02-16 19:14:50
Flying Zebra @f_zebra

事故の後、海外から色々な「放射性物質拡散予測」のコンター図が出ていましたが、全て実際に取得された(つまり事故後の)データを基に計算したものであり、実際に拡散する前に出すことは当然ながら不可能です。もちろん事後であっても活用の方法はありますが、それについては後ほど。

2012-02-16 19:15:25
Flying Zebra @f_zebra

原子炉で放射性物質の封じ込めに失敗し、放射性物質が外部に放出される、あるいは既にされたことが報告されると、当局は非常に短い時間で避難エリアを決定し、通知する必要があります。チェルノブイリの教訓からも初動が非常に重要であり、決定の遅れは許されません。

2012-02-16 19:16:02
Flying Zebra @f_zebra

未来の風向きを精度良く予測するのはそもそも困難ですが、仮にたまたま直近の計算結果が手元にあり、利用できる状態だったとして当局がそれを使うことができるでしょうか。先に述べた通り、未来の予測については不確実性が高く、全く逆に風が吹く可能性を捨てきれません。

2012-02-16 19:16:38
Flying Zebra @f_zebra

不確実な予想に基づいて避難の範囲と避難方向を指示し、結果的に風が逆に吹いて避難者の被曝を増やしてしまった場合、その責任は誰が取るのでしょうか。被曝してしまった人が、「まあ予測が外れたのなら仕方ない」と納得するでしょうか。あるいは、責任者が処罰されれば納得するでしょうか。

2012-02-16 19:17:16
Flying Zebra @f_zebra

法的に責任を問われることがないとしても、行政職員にそのような責任を負わせることはできません。結局、緊急時には同心円状に避難エリアを設定し、最短時間でエリア外に出られる方向に避難することになります。この方法であれば、事前に計画を立てておくのも容易です。

2012-02-16 19:18:06
Flying Zebra @f_zebra

では、気象シミュレーションは何の使い道もないのでしょうか。もちろんそんなことはありません。放射性プルームが形成された「後」の動きについては比較的高精度に予測できますし、降雨データと合わせると降下物の分布も予測できます。

2012-02-16 19:40:07
Flying Zebra @f_zebra

そして、これらの予測は各地のモニタリングポストによる空間線量率の計測結果で確認することが可能です。飯舘村や福島市の一部など線量率が高い場所を避難区域に含めることは、3月中に可能だったはずです。これを5月末まで遅らせたのは言い逃れようのない不作為だったと思います。

2012-02-16 19:40:41
Flying Zebra @f_zebra

データの公開方法については、何度か言っている通り闇雲に出せばよいというものではないと思います。中途半端なデータを出せば混乱を招くだけで却って危険を増してしまう恐れもあります。個人が正しく理解しないままパニックの中で自己判断して行動すればリスクを増やしてしまう可能性が高いでしょう。

2012-02-16 19:41:44
Flying Zebra @f_zebra

私が最初に見た拡散予測のコンター図はドイツが出したもので、大手新聞社のサイトに掲載されたものだったと思います。図中に英語で説明があり、実際の放出量は不明とした上で相対的な量を示した図であることは容易に読み取れましたが、掲載した新聞からして誤解していることが明らかでした。

2012-02-16 19:45:44
Flying Zebra @f_zebra

コンター図の色のイメージだけから、「こんなに汚染されている」「東京も危ない」といった誤解が蔓延しました。ついでに、「政府はこの事実を隠蔽している」といった陰謀論まで堂々と語られ、大手新聞社の報道も似たような理解レベルだったように記憶しています。

2012-02-16 19:46:27
Flying Zebra @f_zebra

コンター図という、分かりやすい表現ですら、あるいは分かりやすいために尚更、十分な説明なしに発表されると正しい情報が伝わらないという一例です。一方で、いつまでも公表を遅らせていると今回のように外国から説明なしに公開され、結局間違った情報が広まってしまいます。

2012-02-16 19:46:59

コメント

zatuyou @zatuyou_jp 2012年2月17日
行政職員にそのような責任を負わせることはできません<ここに論理の飛躍を感じます。行政の責任よりは国民の健康が優先されるものという感覚と齟齬があるからです。基本的に同心円を元に避難する区域を決めるというところは理解できるのですが、ではそれが10kmなのか30kmなのかそういう計算の補助にも役立たないものなのでしょうか?
0
zatuyou @zatuyou_jp 2012年2月17日
また、予測に不確実性が伴うことは理解できますが、であればそれを前提とした避難計画が必要ですし、政府の指示によらない避難に対する補償なども制度として考えるべきということになると思います。「津波てんでんこ」と同種の発想ですね。
0
zatuyou @zatuyou_jp 2012年2月17日
少なくともこれまでの安全対策の一部は前提ごとひっくり返すことに(一部の人には自明だったかもしれないけどそれを周知・前提化することに)なるわけで、そういう視点からの説明が望まれるということになりますね。問題はSPEEDIが使えないことではなく、どうやって国民の安全を守るかなわけですから。
0
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年2月17日
と言うか、SPEEDIは「緊急避難のためのツール」として開発されてきていて、それなりに予算も人も突っ込んだものなのに、本番で使い物にならなかったわけで、そこを批判してはいけないというのでは、モラルハザード一直線じゃないの?
0
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年2月17日
結局使いものにならない予測しか出来なくて、だから出さなかったんだと言うのはいいんだけど、使い物にならなかった事まで開き直られたんでは困る。そこは厳しく追求し、本質的に実現が難しいのならSPEEDIには予算をもう回すべきではないと思う。
0
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年2月17日
実際、今回の災害では、シミュレーションより、草の根測定含めた実測データと、それを手弁当でまとめた人達の功績の方がずっと大きいと思う。評判悪い早川マップだってSPEEDIよりずっと役に立ったのではないかとさえ思えるけど、どうだろうか?
0
Localio Projects @LocalioProjects 2012年2月17日
震災直後には「SPEEDIは正しいデータがあればある程度正確な予測は可能だが、データを収集する別システムがダウンしていたため実データに基づく予測ができなかった」という情報が流れていたと思ふ。「ERSS」の非常電源が外れていたことは今年になってようやく出てきた情報。
0
Localio Projects @LocalioProjects 2012年2月17日
もちろん色々な仮データでパターンを試算してみることは可能だが、仮データで試算した内容を理解するには「仮データであり、現実に即していないかもしれない」という理解が必要。外国の機関等に参考データとして提供はできても一般大衆にはただの誤解とパニックの素。仮データが原因で群集事故が発生して人が死んだら目も当てられない。
0
zatuyou @zatuyou_jp 2012年2月17日
仮データを提供できなくてもそれが原因で事故が発生する可能性もあるわけで、行政としてはともかくも安全を守ることができる情報を提供する必要はありますね。と同時に行政の発表や指示によらず安全のために行動した人にも生活が成り立つような補償が必要ですね。
0
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年2月17日
どうSPEEDIが使えなかったかは、このまとめがわかりやすかったですね。 http://bit.ly/wpZmrw
0
くまこ @kumacot 2012年2月17日
文科省は3/16からクルマで回ってのモニタリングやってんですよ。シミュレーション予想ではなく実測なのでSPEEDIの結果よりいい拡散情報はあったわけです。それをちゃんと活用出来なかったことのほうが重大で。
0
くまこ @kumacot 2012年2月17日
だから「SPEEDIが活用出来なかったこと」をことさら重要であるかのように言うひとは、あえてなにかのバイアスを植えつける政治的言説を行なっているとみて間違いないと思いますよ。
0
くまこ @kumacot 2012年2月17日
SPEEDIが活用のしようもない実用に合わないものだったことへの批判は、それとは全く筋が違う話ですね。
0
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年2月17日
SPEEDIが活用出来なかったことは、政府の重大な失策だったはずですが? 汚染状況の観測だけで十分だとは政府自身が考えていなかったからこそSPEEDIが作られ、期待されていたはずです。
0
くまこ @kumacot 2012年2月17日
だからできあがったものは「実用に合わないものだった」と言っていますが。そもそもSPEEDIの部署が文科省にあって経産省系の原子力保安院の配下に無かったこと自体「本気のなさ」が見て取れる気がしますが。
0
くまこ @kumacot 2012年2月17日
「あなたの言う政府って、管轄として何省?」っていうのはいつも思うな。
0
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年2月17日
だから、政府は『実用出来なかったこと』を深く反省しなきゃダメだし、開かれた場で批判されるべきでしょ、と言う事。
0
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年2月17日
尤も『避難指示にはSPEEDIは使えんね』と言うのが政府のコンセンサスになりつつあるし、安全委員会の自己批判も始まってはいるけれども。
0
セルフ執事 @SF_yomi 2012年2月17日
SPEEDIに従って避難指示を出せる程精度が出てないことと、データーを公表しない事は別の問題で、SPEEDIの最終目標が避難指示の自動化に有ってそのレベルに逹っしていなかった事は別問題。避難の為に予算取ってるんだから。まだ試験中なので参考にしかなりませんが、と言えば良いだけ。
0
セルフ執事 @SF_yomi 2012年2月17日
じゃあ、SPEEDIの予算って何を根拠に付けたんだって話じゃんかよー。
0
くまこ @kumacot 2012年2月17日
(で、「あなたの言う政府って、管轄として何省?」ってまた思うわけですよ。「政府悪い」というだけの投げっぱなしの批判に見せかけたただの悪口とか、全然具体的でないことが多いので。)
0
くまこ @kumacot 2012年2月17日
タテ割りの中での予算獲得ありきだったのかなあ、と個人的には思ってます。SPEEDI開発利権みたいな。
0
セルフ執事 @SF_yomi 2012年2月17日
文科省のSPEEDIが止められた一方、文科省下の人達がモニタリングカーを走り廻らせたり、止めたのは文科省なのか? 政府(霞が関じゃなくて永田町)なのか? 経産の横槍はとか、気象学会・気象庁(国土交通)は絡むのか とか本当に色々ななんやかんやが有りそうって思う。
0
ふみたけ @Fumitake_A 2012年2月17日
行き着くところ「何処か所管かわからない、そして何処の誰が責任を受け持つのか皆目不明」という日本の役所にありがちな問題に落ち着く結果に。
0
neologcutter @neologcuter 2012年2月17日
政府主導ってなんじゃろ?原子力災害対策特別措置法15条ってなんじゃろ?役所・省庁だけの問題ではなく、政府にも責任あると思う。
0
tweet🎹meme @CoolTweetMeme 2012年2月18日
ここまでのコメント欄の流れがそのまま。冷静になって、海外メディアの報道を日本人はどう拡散し受け止めたのか、などが議論できるようになるまで何年かかるだろう。セシウム汚染よりも深刻な報道被害についての検証も。
0
Piatti @Cymbal_22 2012年2月18日
せっかくのシステムが役に立たなかったのは遺憾だ。だが、この段階ですべきことは、どう使えば役に立ったかを考えることで、税金の無駄等と叩いて切り捨てることではないと思う。
1
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014 2012年2月18日
ベストエフォートサービスである予測情報の発表をベストリザルトサービスであるかのように論じたり、事故直後における降下物の多い地域からの避難と同心円状の避難がANDなのかORなのかはっきりしなかったり、色々話に穴がないか
0
にゃあ @kirikami 2013年7月18日
気象庁の放射能拡散予測を巡る騒動 - SPEEDIは気象庁ではなくて、文科省の所管だ 2011/3/16-4/5 http://togetter.com/li/128814
0