10周年のSPコンテンツ!

コーヒーについて

アフリカ、ベトナムなどのコーヒー栽培の現状、モンサント社がベトナムで行っているコーヒーや主要作物の遺伝子組み換えについてまとめました。
環境 アフリカ ベトナム コーヒー ウガンダ モンサント GM 食文化史 遺伝子組換え スターバックス タンザニア
9
TOMOKO TAKE / タケトモコ @TTAKE_NL
コーヒーについて。キリマンジャロ・コーヒーの生産国である、アフリカ・タンザニアにとって、日本は最大のコーヒー輸出相手国の一つであるが、私が訪れた当時、タンザニアで生産されるコーヒーの大半が輸出用とされていて、国内の一般家庭で飲まれているほとんどが、インスタントコーヒーであった。
TOMOKO TAKE / タケトモコ @TTAKE_NL
タンザニアの行く先々の町や村で、キリマンジャロ・コーヒーの飲めるところを探してみたものの、結局、見つからなかった、という思い出がある。それまでキリマンジャロに行けば、簡単に本場のキリマンジャロ・コーヒーが飲めると思っていたが、そんな私の淡い期待は、ことごとく打ち砕かれてしまった。
TOMOKO TAKE / タケトモコ @TTAKE_NL
最も驚いたのは、現地ではキリマンジャロ・コーヒーを知らない人が大勢いたことだ。隣国のウガンダでもコーヒーを生産しているが、同様にインスタントが多かった。これらの国々で、私たちが美味しいとするコーヒーは、欧米資本の高級ホテル、高級カフェ以外はほとんど現地の市場には出回っていない。
TOMOKO TAKE / タケトモコ @TTAKE_NL
アフリカで輸出第一位を誇るエチオピアは、近年、残留農薬の量が問題になり輸出額が大幅に減少した。アフリカ諸国に変わり、1990年代から、ブラジルに継ぐ世界第二位のコーヒー生産国となったのは、ベトナムである。コーヒー生産の歴史のなかったベトナムが、なぜ、コーヒー生産国となったのか?
TOMOKO TAKE / タケトモコ @TTAKE_NL
コーヒーには主にアラビカ種とロブスタ種があり、一般的に高級とされているのがアラビカ種である。アフリカで生産されているのは主にアラビカで、ベトナムではロブスタが主に生産されており、ベトナムがコーヒーを大量に輸出するようになり、90年代には世界のコーヒー価格を暴落させることとなった。
TOMOKO TAKE / タケトモコ @TTAKE_NL
近年さらにアメリカがベトナムに巨額の資金を投入し、ベトナムでのコーヒープランテーションの拡大を急激に進めてきた。ベトナムのコーヒーの需要が高まった背景には、ファーストフードなどの外食産業や、缶コーヒーなどの原料として使用されること、新興国の需要が急増していることがあげられている。
TOMOKO TAKE / タケトモコ @TTAKE_NL
さらにリーマンショック後、アメリカの金融緩和によって生まれた「余剰資金」が、ベトナムコーヒー産業の投機の資金として流出。これらの理由で、コーヒーの国際価格を決める「商品先物市場」が高騰し、1998年と比較で、2011年のコーヒー取引価格は3倍以上となり、13年ぶりに最高値を更新。
TOMOKO TAKE / タケトモコ @TTAKE_NL
ベトナムのコーヒーが市場で人気の理由は、その生産量で他国を圧倒しており、低価格であることだ。ベトナムのコーヒーの1ヘクタール当たりの生産高は、他のコーヒー生産国と比較すると2~3倍もあり、質より量という感じだ。その結果、過剰生産を引き起こし、他のコーヒー生産国から非難されている。
TOMOKO TAKE / タケトモコ @TTAKE_NL
ベトナム戦争で枯葉剤を開発した企業として知られている、米モンサント社はベトナムで2015年までに遺伝子組み換え作物の普及を目指すと表明。優先順位をつけられた遺伝子組み換え作物は、コメ、トウモロコシ、ワタ、大豆、キャッサバ、ジャガイモなど、いずれもベトナムで多く消費される主要作物。
TOMOKO TAKE / タケトモコ @TTAKE_NL
あまり知られていないが、インスタント・コーヒーで知られている、米ネスレ社は、モンサント社、モンサント・カーギルの傘下にあるそうだ。すでに昨年、ネスレがメキシコで 遺伝子組み換えコーヒーの承認を求めており、コロンビアでは、すでにコーヒーの遺伝子組み換えの試験栽培が開始されている。
TOMOKO TAKE / タケトモコ @TTAKE_NL
2008年に公開されたドキュメンタリー映画「おいしいコーヒーの真実」生産国の実体、米スターバックスの暴露話などが描かれており、一杯330円で販売しているスターバックスのコーヒーのうち、コーヒー農家が手にする金額は、わずか3~9円だそうだ。http://t.co/fWHQ4pEf
TOMOKO TAKE / タケトモコ @TTAKE_NL
この映画によると、世界で1日20億杯以上のコーヒーが飲まれているらしい。米モンサント社は、世界の主要作物やコーヒーなどの遺伝子組み換え食品を、急速に開発普及している。これらが氾濫するのは時間の問題だ。我々は「どのような食べ物を選択していくか」を意識し、実践していかねばならない。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする