漫画家による書店への営業について

漫画家が個人で行う営業活動についてのツイートをまとめました。
85
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

良く単行本の発売日に営業さん(あるいは編集さん)が漫画家を伴って書店さんに営業したりするのを見かけるので、自分もそういうの出来ないかなと思ったんだけど、担当さん(あるいは出版社)は否定的だった。(1/6)

2012-02-18 20:36:09
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

理由は ①効果のほどが分からない ②書店さんとしてもどう反応していいか分からないだろう(逆に迷惑?) ということ。でも①についてはコミック専門店で売れる割合の高い作品なら一定の効果はあるんじゃないかと思うし、②についてはもともと営業ってそういうものなんじゃなだろうか。(2/6)

2012-02-18 20:36:50
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

それに作家側の売りたいという熱意が伝わった方が、気合入れて売ってくれる書店さんもきっとたくさんあると思うし、店頭で例えばサイン色紙とか飾ってあればお客さんの目に留まる率も高い。少なくとも自分だったらとりあえず目は行く。(3/6)

2012-02-18 20:37:02
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

ホントのところそういう営業がどう取られるのかとか効果があるものなのかは分からないです。でも今回の単行本はアンケートもそこそこ良いし、もう少し宣伝活動が出来ないものかと思っています。今はブログとかで取り上げてもらうのも重要だし、露出が増えればそのチャンスも期待できる。(4/6)

2012-02-18 20:39:48
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

あとハッキリ言って初版の刷り部数は少なめです(担当さんは「本来もっと多くても勝負できる作品だと思ってます」と言ってくれてますが)。だからこそいかに目に留めてもらうかが大事なんじゃないかなと。ということで、本当は色紙描いて自分で直接書店さんに持って行きたいくらいの気持ち。(5/6)

2012-02-18 20:40:38
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

というか発売日はどうせ書店さん巡ってみるつもりなので、可能だったら実際に営業したいんですが、それってアリなんだろうか。この件に関してはいろんな人の意見を聞いてみたいです。うちに色紙持って来いよ! と言ってくれる書店さんも募集してます。(6/6)

2012-02-18 20:41:16

※いろいろ感想・意見をもらったので、以下は補足説明です。

晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

まず「それって担当さん(出版社)がやる気ないだけなんでは?」という意見。これは自分の担当さんに関してはそうではないと明言したいです。5年ほど付き合いがありますが、めっちゃ熱意のある方なので。今回のことに限ってはシステム的、あるいはポリシー的な理由がメインじゃないかという感触。

2012-02-19 02:30:50
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

また、本を商品として作っているのは出版社だし、僕の本だけを売っているわけではないので、1冊1冊の販促に割けるリソース(人的・金銭的)が限られていることは重々理解しています。なので、そこについて文句はありません。

2012-02-19 02:31:10
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

もちろん出版社側でたくさんプッシュしてくれたら嬉しいのですが、そうではないなら自分の作品を「この本は売れる! 押していかなあかん!」と思わせる力が足りなかったということでもあります。

2012-02-19 02:31:28
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

でも出版社側で出来なかったとしても、漫画家が個人レベルで、もっと作品の売り方に関わっていけたらいいなというのが発言の趣旨でした。無論、自由奔放・好き勝手にやらせろというわけでもないですが。

2012-02-19 02:31:39
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

で、具体的な販促・営業活動の内容については様々になってくるので、また別の機会に考えたいと思います。今回たまたますぐに出来そうだったのが直接書店さんへ行くということだったので書いてみました。

2012-02-19 02:31:53

※実際に行ってきたので、以下顛末をお知らせ。

晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

今日は数軒の書店さんへ単行本の営業に行って来たので、ちょっと事の顛末を書きます。

2012-02-21 20:41:08
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

まずいろいろ頂いた意見などを鑑みて、個人的なつながりのある書店さんに連絡→OKがもらえれば訪問、という方向で進めました。また、twitterを通じて来ても良いよと言ってくださった書店さんもあり、そちらにも伺う事に。

2012-02-21 20:41:15
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

その過程で書店さんから「事前でも事後でも構わないので出版社側に話を通しておいてください」との要望があり、また自分としても事前に了承を得ておきたいと思っていたので、担当編集さんに連絡、事の次第を説明しました。

2012-02-21 20:41:19
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

そして編集さんから「そういうことなら自分も同行させて下さい」と言って下さったので、単独ではなく出版社側と一緒に書店さんを回る事になりました。伺ったのはあおい書店大塚店さん、ジュンク堂書店池袋店さん、COMICZIN秋葉原店さん、とらのあな秋葉原店さん。

2012-02-21 20:41:25
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

ということで、結果的に書店訪問が実現して良かったです。またその過程でいろいろと多くの方に助力をいただき、感謝してます。

2012-02-21 20:41:30
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

ただ、一つ言えるのは今回のミスはとにかく動き出すのが遅かったということ。この話を出すのがもっと早ければ出版社の営業さん的にももっとできることがあったのですが、ということだったので、今回の齟齬の一番大きな原因は自分にあったのでは、と反省しています。申し訳ありませんでした。

2012-02-21 20:41:35
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse

ともかく書店員さんと直接話ができたり、色紙やPOPを置かせていただいたりで、いい経験になりました。そしてもう〆切作業に入る時期なので、今回の活動はひとまずここまでにしておきます。編集さん、営業さん、書店さん、そしていろいろ意見&感想を下さった皆さんありがとうございましたー!

2012-02-21 20:41:44

※おまけ 各書店様に置かせていただいたものです。
あおい書店大塚店様→サイン色紙
ジュンク堂書店池袋店様→サイン色紙、サイン本(完売済)、手描きPOP(次回入荷時に使用してくださるそうです)
COMICZIN秋葉原店様→サイン色紙、サイン本(完売済)
とらのあな秋葉原店様→サイン色紙

コメント

愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年2月18日
.@haruse 都市伝説的には「一つの店でやっちゃうと、他断れなくなっちゃうから」というのもありますが…どんなもんですかね。各特定書店限定の初回購入特典は普及しました。
0
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2012年2月18日
オタク系漫画でオタク系のショップだと提案に乗ってくれる事もあるんじゃないかと。普通の自営業者がやってる一般書店だと、週刊少年ジャンプ掲載レベルの作家ですら、「あんた誰?知らない」で終わっちゃう悪寒。
0
momo2000 @itj57fhhhgt 2012年2月18日
営業に行きたい理由ですね。素人考えですと「ファンの方と直に触れ合いたい」「書店での批評を直に聞きたい」程度しか思いつきませんがご自身の着地点が明確なら否定する理由は特段無いと思いますが。場所を決めていないなら「町興し」ではありませんがイベントを欲しているエリアに行く等、但しその辺りのスケジュール調整が出来ればですが。
0
なぎ @nagi1026 2012年2月18日
よく見かけるのは、秋葉原の書店さんをざっくり回って手書きであらすじやセールスポイントを書いたPOPを置いてきたり、サイン色紙を置いてたりですね。やはり目を引きます
0
まちゃるんと @UnfoundNimo 2012年2月18日
書店さんからイベントとして呼ばれた・地区で売上げが段違いetc.の理由が無いと、他の書店から売れ筋以外ごっそり返品とか、その後も冷遇くらうという可能性が生まれるのであんまりしたくないというのはあるかも
0
子ぬこ @konukopet 2012年2月18日
高岡あたりなら効果あるかなぁ?
0
まちゃるんと @UnfoundNimo 2012年2月18日
一番やり易いのは作家の住んでる地区を全制覇(営業する理由を作りやすいし、あんた誰?から始まるのが営業なので)。これも、ある程度売れてる実績があれば出版社も人員を割けるだろうけど、1巻数部とかのレベルだと他に数出てるところ(作家)に行った方がいいという効率の問題も
0
ハルさんドイッチ @pplnao 2012年2月19日
担当さんは「ノウハウがないから気が乗らない」という感じなのかなと想像しました。書店に通って書店員さんと知り合いになることからはじめて、そこから雑談みたいな形で相談していくのはどうでしょうか。なにが迷惑で、どういう営業なら歓迎されるかっていうのを探っていくんです。そういうことに乗り気な店もあれば、そうでない店もあるでしょうから、乗り気な店を探していくのもいいのではないかなと。なにもしないで売れるのを待つより、アクション起こして売り上げアップをしたいですよね。
0
ナウなヤング@週末はClariS→真綾 @now_na_young 2012年2月19日
とりあえず、増殖少女プラナちゃんの売上が上位だった書店などのデータを営業さんに言って出してもらうのがよいのでは?その上で、一巻なので、内容を分かりやすく伝える手描きPOP(店名入り)を作って使ってもらえるかお願いしてみる・・・もう月曜日だとやれることはこれくらいでは・・・
0
ナウなヤング@週末はClariS→真綾 @now_na_young 2012年2月19日
晴瀬ひろきさん、amazonで見るとその昔、「脱オタクファッションガイド」とか描いてるらっしゃじゃないですか?!個人で営業しに行くなら出版社の垣根を越えて、それを探してみて、棚に在ったり、まだ平積みになってたら、それ用のPOPも渡してくるといいんじゃないでしょうかね。売れた本の話はどんな店でもしやすいので。
0
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse 2012年2月19日
営業って素人なので、自分にもノウハウはないんですが、やっぱり自分の本なら秋葉原とかの専門店さんに行くのが効率良さそうな気がしますね。販促に時間を使いすぎて、肝心の作品が疎かになってしまっては本末転倒なので、自分でやるならある程度絞っていかないといけないです。地方なら地元の書店さんも良さそうですね。
0
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse 2012年2月19日
過去の作品で売れたものとの相乗効果を狙って…というのもアリかとは思いますが、「脱オタクファッションガイド」の場合だと著者の方が別にいらっしゃるので、なかなか難しいかもしれません。過去に自分自身のヒット作があれば効果的かもです。
0
晴瀬ひろき@IDOLYPRIDEコミカライズ @haruse 2012年2月19日
あと、営業に行きたい理由については「1冊でも売上を伸ばしたいから」です。もちろんファンの方とコミュニケーションを取ったり、書評を聞きたい気持ちはありますが、そちらは同人誌即売会やサイン会(やったことないですけど)、ウェブの方が効果的かと思います。「営業」であるからには目的は「売上」になります。
0
ぷお @puopuopuo 2012年2月19日
インパクトあるシーンの画像を2chの人の多そうなスレに貼る → ID変えて「詳細希望」とレス → 詳細を書く → まとめブログに転載される これで10部くらいなら売り上げ伸びるんじゃないかなあ
0
Shun Fukuzawa @yukichi 2012年2月19日
一冊を売って得られる印税よりも書店に行く交通費の方が高くつきそうな気がするのは禁句ですか。自分のウェブサイトで特集ページ作ってプッシュする方がまだ良い気がします。もちろん、それへの誘導が大変なのですが。
0
リーブ @monkabo 2012年2月22日
目について本屋で手にとってもらえるかもらえないかは大きいですよね。何十万部も売れる作品とは違い、またこれだけ沢山毎月発売する現状では、埋もれないために書店に働きかけるのはありかなと。 大型オタク店で無く最寄りの小さなオタク系に強い本屋利用してますが、POPあるなしは大きな差ですね。そこは店自からPOP作ってるんですが、出版社からは来ないのかなぁと不思議に思います。小規模店向けにPOP素材を作家のWEBで提供もありなのではー。出版社の許可はいりそうですが。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2012年2月27日
漫画家さんが書店を営業する話じゃないんだな……
0
Wednesday @wednesday1029 2013年3月18日
昨今の漫画初動売り上げの重要さの話とかとつながる部分があるねえ。 島本和彦先生がTUTAYA札幌インター店のオーナーをされていて ご自身のコーナーにサイン本などを置いてる話を思い出した…… 漫画家さんと書店さんのかかわりとしては究極の形かもしれない。
0