肺癌末期の父が入院している病院がマジでひどい件について

私の父は肺癌の末期なのですが、入院している病院がひどい所で我慢できずに実名を出して連続Tweetしてしまいました。病院の正式名称とサイトはこちら→ http://www.hiraka-hp.yokote.akita.jp/
医療 病院
Chihokomoriya 248652view
207

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 17:38:40
    今家に生命保険の担当者が来ているのだが、その人と母の会話を聞いて、改めてこの地の医療、というかこの町の総合病院は最悪だと再認識している。これまで病院名を書かないようにしていたがもう限界だ。平鹿病院は本当に最悪だな。
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 17:44:20
    私の父は肺癌末期なのだが、まず最初の診察で癌の症状を「インフルエンザの名残り」と誤診。そして検査を一切勧めず自発的に行ってやっと癌と判明。しかしセカンドオピニオンが全くなく、検査方法や治療方法についても説明も無い。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 17:47:32
    そして非常に苦痛を伴う肺カメラ検査をやった後に「実はもっと楽な方法が他にあるんだども」と言う。だったらそれを先に言えと。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 17:48:51
    また父に癌告知した直後に主治医は父に対し現在服用している薬はないか質問したそうだが、癌告知されたショックでボンヤリしていた父に主医師は「なんだおめえ、自分のごどななさそんたごどもまどもに答えられねが」と言い放ったらしい。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 17:49:17
    さすがにこれには母がブチ切れたそうだが、それでも主医師は謝罪の言葉もなくただ黙っただけだったとのこと。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 17:53:29
    そして母はもう平鹿病院はあてにならないと考え、弟にネットで東北内で一番癌治療について詳しい福島県・南東北がん陽子線治療センターについて調べさせ、そこに父をつれていくことにした。ところがその際も主治医は”患者の囲い込み”をしようとし、紹介状をなかなか書かなかった。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 17:54:14
    そこで母は主治医をその場で怒鳴りつけてムリヤリ紹介状を書かせたが、その際も「どうせもう行ったって手遅れだ。無駄だ」と言い放たれたという。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 17:55:59
    で、福島県の南東北がん陽子線治療センターに言ったらもう対応が違い過ぎてまるでホテルのようだったという。まず医師も看護師も患者に対して敬語を使うのはeあたり前。検査する際も「〜させて頂きます」と言う。そしてもちろん検査の内容もやる前にちゃんと説明してくれる。(続き)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 18:00:37
    結局父は南東北がん陽子線治療センターに行っても治療できず手の施しようが無かったのだが、その理由は平鹿病院が放射線治療をしてしまったから。普通ならできるはずの手術がさっさと放射線を当ててしまったことによりできなくなってしまったのだという。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 18:02:49
    で、その際南東北がん陽子線治療センターの医師は「放射線治療をする前に来てくれれば手術できたのに。放射線治療をする前に主医師から何か説明はありませんでしたか?普通なら説明があるはずです。放射線治療さえ無ければ助かっていたのに」と言っていたとのこと。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 18:06:56
    この話を聞いた保険会社の担当者(岩手県の水沢出身)は「とても同じ東北の話だとは信じられません。あり得ないし、あってはいけないことだと思いますね」と言ってた。そして母は「おらはもう絶対平鹿病院にはかからねえ。建物や設備は立派でも中に入ってる医者がダメだ」と言っている。
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 18:09:35
    ちなみに秋田県は県民の癌死亡率が日本一なんだが、その原因は医師の質もあると思う。自発的に検査に行っても前述のような対応をされるのだから。わざわざ嫌な思いをしに行く奴がいるか。
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 18:18:08
    あと平鹿病院はやたらと患者を待たせるという点でも非常に評判が良くない。受付後平気で患者を3〜4時間待たせるという。これが検査だと朝食抜きになるわけだから、朝メシ抜きで3〜4時間待ちそれからさらに検査。これは年寄りにはかなりキツい。
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 18:21:12
    ちなみに平鹿病院より設備は劣るが、同じく総合病院の市立横手病院は医師も看護師も非常に感じが良く受付後30分も待たずに診察してくれるという。ということは明らかに長時間待たせる理由は平鹿病院の手際の悪さだ。
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 18:29:21
    あと今新たに平鹿病院についてもっとひどい話を母から聞いた。看護師が患者に出す薬をしょっちゅう間違うのだという。しかもそれを患者の家族に指摘されてやっと気付く。そして気付いた後も謝らない。「はーい」と言って正しい薬を出して終わり。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 18:34:52
    これがもし命に関わる薬だったらどうするのだろうか。あと私の祖母が脳梗塞で倒れた際も平鹿病院の救急外来に運ばれたのだが、その時も医師から「弾みで倒れだだげだべ。大丈夫だから帰れ」と言われたという。母が何度も「頼むからこのまま入院させてくれ」と行ってもガン無視。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 18:37:16
    で、渋々家に戻った途端に2度目の発作。また再度祖母を車に詰め込み平鹿病院に行ったらしいが、その時は既に自力で車から出られない状態になってしまっていたという。そして病院内に入ったら通りすがりの看護師が祖母を一目みて「あ、二度当たりだ」と。なんだその態度はと。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 18:40:19
    そしてやっとちゃんと看てもらえたのだが、その際の医師の診察が「ばあちゃんもうこのまま寝たきりだ。体もどんどん動がねぐなる。やれるごどもう何にもねえ。リハビリやっても無駄だべ」と。それを聞いた祖母大号泣。母は医師に対しブチ切れ。その後祖母は鬱病まで発症したという。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 18:47:43
    そして母はまたムリヤリ医師に紹介状を書かせ大仙市協和のリハビリセンターに4ヶ月通ったが、ここの医師や看護師の態度はまるで違っていたという。祖母を看てくれた医師は「確かに元どおりにはならねども、絶対に今よりは良ぐなるがらあぎらめんな!」と前向きに話す人だったという。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 18:50:51
    ちなみに昨日も「せっかく救急車で平鹿病院に行ったのに入院させてもらえず余計にひどくなった」別の事例を聞いた。だから病気や怪我の種類や医師、看護師の別に関わらず平鹿病院とは”そういう所”なのだろう。
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 19:02:42
    平鹿病院について、なぜこんなひどい病院に皆通っているのかというご質問を頂いたのですが、それはこの病院がこの街では一番大きく設備が整っているからです。だから普段別の病院に通っていても重篤な状態になったら最終的にはここに行かざるを得ない。そもそも最初から選択肢が無いのです。(続く)
  • Chiho komoriya @Chihokomoriya 2012-02-20 19:03:30
    この問題の一番の原因は競争相手がいないが故の「慣れ」だと思います。「馴れ合い」と言ってもいいかもしれない。

カテゴリーからまとめを探す

「ログ」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする