2012年2月25日

サステナブルセミナー第3回「行政との協働」

2012年2月21日18時半より、福岡市の福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」で行われたJoy-Box主催サステナブルセミナー第3回「行政との協働」のTwitter中継まとめです。NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会の池本氏とグリーンシティ福岡の志賀氏を招いて、NPO組織が持続的に活動を続けるために、他のステークホルダーとの協働について、特に行政との協働に関してお話を伺いました。ハッシュタグは #サステナブルセミナー
4
Takumi @taakumi

18時30分よりサステナブルセミナー第三回が始まります。「行政との協働」をテーマにシーズの池本さんより基調講演、グリーンシティの志賀さんより福岡の事例紹介をして頂きます。#サステナブルセミナー

2012-02-25 18:15:47
Takumi @taakumi

このアカウントでユースト中継しています⇒ RT @monocle_books ★モノクルTV★サステナブルセミナー配信準備中 ( http://t.co/TT8FM2Fe で配信中)

2012-02-25 18:16:58
Takumi @taakumi

@taakumi のアカウントでサステナブルセミナーの様子をお伝えします('∀`) #サステナブルセミナー

2012-02-25 18:18:41
Takumi @taakumi

サステナブルセミナー第3回「行政との協働」が始まりました!今回のセミナーは平成23年度「エコを発する事業補助金」による助成を受けています。 #サステナブルセミナー

2012-02-25 18:37:53
Takumi @taakumi

主催Joy-Box永田氏「これまでに第1回、第2回を行って来ましたが、最後の第3回では違うステークホルダーとの協働に視点を当ててセミナーを行いたい」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 18:39:44
Takumi @taakumi

池本氏「今回のセミナーではどう協働していくかというより、協働するメリットはなにかについて話していく」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 18:42:02
Takumi @taakumi

池本氏「いまとくに興味がある言葉は『アドボカシー』。アドボカシーとは、権利擁護や政策提言、意見反映などの活動を意味する。シーズは『市民活動は社会に欠くことができない存在である』という考えをもとに、アドボカシーを行なっている団体である」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 18:44:00
Takumi @taakumi

池本氏「シーズでは個人が抱えている問題を社会的に解決していくために、色んな人が集まって動いていくコミュニティとしてのNPOを法人化できるようにした(NPO法の制定)。」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 18:48:15
Takumi @taakumi

池本氏「NPO法により、公益法人とは異なり、市民の目線で問題解決できるようになった。また、認定NPOの制度を作った。」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 18:49:06
Takumi @taakumi

池本氏「このように制度活用の不足、活動資金の不足を補う制度を作ってきたが、さらに信頼性の不足を補うためのNPO法人会計制度もこれまでに作ってきた」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 18:50:54
Takumi @taakumi

池本氏「市民がしかけるアドボカシーとして、市民と議員が対等に議論できる場を作ってきたり、NPO法といった法律を市民が実態調査に基づいて、必要な改正を議員に求めたりする。このように『場』を作ることを特に大切にしている」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 18:53:16
Takumi @taakumi

池本氏「アドボカシーのポイントを紹介。課題を発見し、解決策を企画化し、協力する人を増やし実行に移していくという『協力のプログラム』を作ることはNPOが得意なことである。」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 18:55:57
Takumi @taakumi

池本氏「今回の協働のテーマである行政と協働すると「波及効果が高い」ことで、問題解決のための協力のプログラムを作りやすくなり、より多くの方を巻き込んで問題解決をしていくことが出来る」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 18:57:30
Takumi @taakumi

池本氏「企画化のポイントは『バックキャスティング』で企画化を行うこと。さらに協働を前提にした企画化ではなく、問題解決のための協働を行なっていくべきである。例えば、お金だけの協働や実績を残すための協働などの協働はすべきではない」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 19:00:25
Takumi @taakumi

池本氏「ではそもそも協働とはなにか。2つ以上の担い手が、それぞれの目的の実現のために、役割分担をし、1つの事業を実施して、相乗効果があることを外部に生み出すことである。『行政とのNPO』を意識しすぎると、NPOの氏名である市民参加の促進を忘れがちになる」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 19:02:40
Takumi @taakumi

池本氏「シーズでは『戦略的な他力本願』を生み出さないといけないと考えている。NPOがたくさんの人を巻き込んで問題解決に向かうことは大切である。協働はそれを実現するために効果的な方法である。」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 19:07:02
Takumi @taakumi

池本氏「例えば、ビリヤードのように誰かを介することで、自分の力を小さくして効果を最大化する。そのために、相手の特性を理解して、より効果的な動線を導く」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 19:08:06
Takumi @taakumi

池本氏「シーズでは利害関係(ステークホルダー)を正確に把握し、役割をしっかりと設計して、協働をおこなっている」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 19:09:25
Takumi @taakumi

以上で、池本氏の講演が終わりました。次にグリーンシティ福岡の志賀氏より福岡の事例紹介をして頂きます。 #サステナブルセミナー

2012-02-25 19:11:01
Takumi @taakumi

志賀氏「グリーンシティでは、現場のファシリテーターとしてのワークショップや、インタープリターを促進したり、里山の景観保護、山の清掃、子どもたちと生物多様性の保全、地域おこしなど様々な活動を行なっている」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 19:14:54
Takumi @taakumi

志賀氏「このような活動で作っている対話の場は大きく3つに分けられる。市民と市民の対話、市民と自然の対話、市民と緑の専門家の対話である」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 19:16:10
Takumi @taakumi

志賀氏「福岡市の『福岡市共働事業提案制度』を平成21年度より3年間で行なっている。行ったのは志賀島でのルートづくり事業である」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 19:19:40
Takumi @taakumi

志賀氏「志賀島でのルートづくりで難しかったのは、民有地で森林管理を行わないといけなかったことである」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 19:22:39
Takumi @taakumi

志賀氏「ルートづくり事業では、造園業のプロだけではなく、たくさんのボランティアに参加してもらったり、他のNPOの方も参加してくれた。3年間続けていくなかで参加者が増えていった」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 19:25:21
Takumi @taakumi

志賀氏「協働事業での振り返りとして、『新たな課題、新たな対応』が発見したり学んだり、『新たな多様な人との対話、成長』を行えたり、『制度を育てる』ことを意識することなどを学んできた。」 #サステナブルセミナー

2012-02-25 19:30:07
残りを読む(17)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?