App-V で Office 2010 Beta を使用する方法

まとめました。
2420view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
App-V で Office 2010 Beta を配信する方法。連続投稿で失礼します。
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
1.シーケンサにMicrosoft Office 2010 Deployment Kit for App-V (Beta)をインストール。
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
2.MAKのキーを使いたいので、Office 2010 のセットアップを [Setup.exe /admin] で OCT を起動して、MAK のプロダクトキーを設定して、カスタムインストールを可能にしておく。
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
3.App-V のシーケンサを起動して監視を開始し、Office 2010 のインストールを開始。Microsoft Office 2010 Deployment Kit for App-V をインストールしないでシーケンスすると途中でこけます。
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
4.App-V サーバーに作成したパッケージをインポートして、配信可能な状態にする。
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
5.配信されるクライアントにMicrosoft Office 2010 Deployment Kit for App-V (Beta) をインストールしておき、配信されたOffice 2010 をインストール。配信後にApp-V のキットをインストールしても OK です。
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
6.Microsoft Office 2010 Deployment Kit for App-V (Beta)をインストールした状態で、配信されたOffice 2010を起動すると初回は、プロダクトキーの入力が面が表示されるのでMAKのプロダクトキーを入力。
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
7.Microsoft Office 2010 Deployment Kit for App-V は配信されたOffice 2010のライセンス認証に使用されるためインストールが必要です。インストールしていないと配信されたOffice2010の実行時にエラーになるはずです。
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
8.ただし、Beta版を使っている場合は、Deployment Kit for App-Vを配信された側にインストールしていなくても実行できてしまいます。その場合、プロダクトキー入力のポップアップが表示されません。RTMだとインストールしていないとエラーになるのでBeta特有。
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
9.配信側にインストールした、Deployment Kit for App-V はライセンス認証系だけでなく、仮想環境のOfficeと実環境の連携機能を提供しています。
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
10.連携機能に関しては、先日のカンファレンスの[Office 2010 導入・展開手法]に書かれています。資料の入手はこちらから。 http://tinyurl.com/374wvnk
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
11.いろいろつぶやいたのですが、KBありますというオチ。 ブログに関連情報のリスト化してありますです。 http://tinyurl.com/336qunt
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
12.Office 2010のIME 2010はシーケンスできないため、配信できません。IME 2010を使いたい場合はApp-Vでなく、SCCM等で展開する必要がありそうです。IME 2010は6/17単体提供予定。 http://tinyurl.com/2banlja
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
13.Deployment Kitを使って配信できるOffice 2010はVL版になります。[Office 2010 volume license client products] http://tinyurl.com/2ejhn94
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
14.Office 2010 BetaはVA 2.0のMAKが提供されているので、Deployment Kitで配信可能みたいです。MSDN/TechNetはRTL版(パッケージ版)なので、MAKが必要となる、Deployment Kitで配信しても認証から先に進めません。
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
15.Office 2010 BetaでOffVirt.msiのPIDKEYSでMAKを設定せずにOCTでMAKを設定しているのは一度試してうまく設定ができなかったためです。あまり検証できていないので使えるかも。RTMだとOffVirtでRTLのキーを指定するとエラーになります。
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
16.Office 2010はVA2.0を使用しているので、KMSホストライセンスが使用できます。Office 2010のKMSホストの構築にはMicrosoft Office 2010 KMS Host License Packを使用します。
Masayuki Ozawa @Masayuki_Ozawa
17.現時点で、MSDN/TechNetサブスクリプションで提供されているMicrosoft Office 2010 KMS Host License PackのプロダクトキーはBeta用のものですので、ダウンロードセンターで入手できるLicense Packには使用できません。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする