出口を見据えた専門教育とは?スタジオフェイクいしのりさんのつぶやき

スタジオフェイク代表のいしのりさんのつぶやき。 ゲーム業界から見たお話ですが、今の専門教育全てに共通して言える 事が含まれてるのでは?と思います。
ゲーム業界 就職 教育
0
Noriko Ishimoto @ishinorichan
さて、ゲーム業界で企画者(プランナー)のレベル低下が囁かれてから早や7〜8年、先日ある専門学校で企画者のたまご作品を見る機会がありました。全国的に見て、レベルはかなり高いようです。
Noriko Ishimoto @ishinorichan
企画者を育てるポイントはいろいろありますが、みた作品はどれも「企画書の書き方がきれい」でした。ライティングスキルは素晴らしい。しかし、肝心の企画そのものはどれも実現不可能だったり、面白さが感じられなかったりでした。
Noriko Ishimoto @ishinorichan
新卒に対しては基礎、つまり荒削りでもこれから伸びていく才能を買いたい企業は多いです。少なくとも私の知る限り、人事のみなさんはそうおっしゃる。しかし専門の教育現場では「手堅くまとめる」ことを尊ばれる。するとミスマッチが発生する。
Noriko Ishimoto @ishinorichan
訂正「学校」→「企業」 RT @ishinorichan: 勿論、手堅くまとめる新卒を評価する学校もあります。しかしそれは極めて僅か。結局は「一緒に働きたいかどうか」に帰結します。やたらプライドだけ高く基礎のない新卒なんて、超お荷物ですもん。。そんな人と一緒のチームなんて…(汗)
Noriko Ishimoto @ishinorichan
脳内だけで作った実現可能性のレビューすらされていない企画書なんて意味ないですよ(笑)天然で敵を作りまくる新人プランナーなんて害にしかなりません(笑)何も知らず何も考えずなんてもってのほか(笑)本当に出口を見据えた専門教育とは何なのか、真剣に考える必要があります。
Noriko Ishimoto @ishinorichan
プレゼンは、なるべく早い段階でキャッチを入れて相手の興味を持たせないとね。つまり最初の3分が勝負で、勝負どころを先にするのは定石。長々と自己紹介や目次語りや概要説明なんて後でいいのよ。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする