「南相馬の黒い粉」続報

市民団体の方がセシウムと銀110mの測定結果を公開してくれました。 ①銀との比率から高濃度のサンプルは上流域の土壌由来の様に思えます ②南相馬で100万Bq/kgはやや高過ぎる気がしたので植物や微生物による濃縮効果を考えてきました(http://togetter.com/li/262929)が、上流からの移流だと推定すればあり得ることと思われる。 ③ただ逆に「上流効果」だとすればやはり高濃度エリアに接した地域特有の難しさもあるという事かもしれません。
高濃度 セシウム ag110m 南相馬 黒い粉
study2007 8392view 10コメント
47
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「政治」に関連するカテゴリー