竹内健氏が語るエルピーダ倒産の原因

略語・用語解説(私の独断と偏見で気になったものを順次に。DRAMとかは、別にいいよね) ADコンバータ:アナログ→デジタル変換器 CREST:Core Research for Evolutional Science and Technology 戦略的創造研究推進事業 ECC:Error Checking and Cirrection 誤り訂正符号 ISSCC:International Sol続きを読む略語・用語解説(私の独断と偏見で気になったものを順次に。DRAMとかは、別にいいよね) ADコンバータ:アナログ→デジタル変換器 CREST:Core Research for Evolutional Science and Technology 戦略的創造研究推進事業 ECC:Error Checking and Cirrection 誤り訂正符号 ISSCC:International Solid-State Circuits Conference 国際固体素子回路会議 LOCOS:Local Oxidation Of Silicon 素子分離の手法の一つ MLC:Multiple Level Cell NAND型フラッシュメモリにおけるデータの記録方式の一つで、記憶素子(メモリセル)に3値以上からなるデータを格納する方式 R&D:Research and Development 研究開発活動 ReRAM:Resistance Random Access Memory 電圧の印加による電気抵抗の変化を利用した半導体メモリ STI:Shallow Trench Isolation 素子分離の手法の一つ TAT:Turn Around Time 通常は、仕事をコンピュータに依頼してからその処理結果を受け取るまでにかかる時間だが、竹内氏のツィートの場合、実際に試作を開始してからモノになるまでの時間を指している? TSMC:台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー
DRAM エルピーダ 東芝 倒産
bonbibon2011 163997view 20コメント
402

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 16:45:27
    とうとう。DRAMメーカーの中でフラッシュメモリ作ってないのはエルピーダだけ。それが致命傷だったか。PC→スマホの変化で、DRAM市場が減り、フラッシュメモリ市場が成長。 RT エルピーダ、会社更生法の適用申請へ:日本経済新聞 http://t.co/Aarh3Xrr
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 16:51:48
    エルピーダの坂本社長は企業間の連携は上手だけれども、「フラッシュメモリ嫌い」でも有名。たしか、1年ちょっとくらい前は、エルピーダは史上最高益だったのに。円高やEU不況の影響はあるにせよ、PCからスマホへの変化が急激すぎて、DRAMビジネスが一気に窮地に追い込まれた。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 17:10:14
    価格(ビット単価)はフラッシュメモリは2年間で60%下落。DRAMは82%下落。フラッシュは微細化によるコスト削減が進んでいるのに、DRAMは微細化が難しく、コスト削減も進まなかった。他のDRAMメーカーはDRAMからフラッシュに生産をシフトしたが、エルピーダはできなかった。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 17:13:14
    フラッシュメモリは微細化と多値化により、メモリ容量は年率55%で上昇。つまり、ビット当たりのコストは2年間で、(1/1.55)^2=59%削減できている。従って、価格が2年間で60%下がるのは、コスト削減とピッタリ合ってるんです。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 17:17:02
    価格低下は必ずしも悪くなく、フラッシュメモリのベンダはむしろ積極的に価格を下げることで、デジカメ→iPod→iPhone, iPad→(これから)クラウドサーバーと、市場を拡大してきた。市場拡大のための積極的な価格低下か、市場縮小による結果としての価格下落かは、大ちがいですよね。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 17:23:23
    要約すると、DRAMは需要面では、PC→スマホの変化で、市場が縮小してしまったこと。供給面では微細化が鈍ってコスト削減できなくなったこと、のダブルパンチだったということです。以上、DRAMやHDDの市場をくってやれ、とフラッシュメモリを開発してきた私の印象でした
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 17:30:57
    自分が開発したフラッシュメモリでコダックを潰したかと思うと、今度はエルピーダか。エルピーダには頑張ってほしいのだけど。。いずれにせよ、「エレクトロニクスはダメ」とか一般化しても意味が無い。DRAMが落ちる一方、フラッシュメモリが上がるのだから。あえて一般化すると栄枯盛衰が激しい。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 17:33:56
    でも、フラッシュメモリによる革命はこれからですよ。スマホの次の、本命のターゲットは、クラウドストレージ。東京ドーム何百個とか言われ、日本全体と同じくらいの電力を消費していると言われる、巨大なデータセンターをフラッシュメモリで一気に小さくして、電力も1/10以下にする。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 17:40:23
    正直、わからないです。それぞれ物理メカニズムが違っていて、メリット・デメリットがあるので。ですから、私は今、全部手掛けています。 RT @ShuichiSakai エルピーダを横目で見つつ、フラッシュの次が気になるところ。MRAM, FeRAM, OUM。勝つのはどれでしょうね?
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 17:44:02
    そもそも不揮発性メモリは矛盾がありまして、書きやすいものほど、壊れやすい(データを保持しにくい)。矛盾を緩和するために、様々な非線形な物理現象(トンネリング、相変化、磁性反転etc)を使っていますが、微細化と組み合わせるといろいろな問題があり。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 17:45:39
    どんなメモリが次の時代の本命かわかりませんが、いずれにせよ、完璧なハードウエア(メモリ)を作ることは無理そうです。ECCなどの信号処理やソフトと組み合わせることがカギだと思ってまして、CRESTをやっています。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 17:59:22
    フラッシュメモリの次を全部やってる背景は、ナノメートルの世界では、物理の教科書のような綺麗な世界ではなく、材料が交じったり、量子効果が出たり。小さすぎて、分析技術も追いつかない。作ってしまって、現象を観測しながら物理メカニズムを考える方が、近道なのです。まさに、走りながら考える。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 18:13:44
    ツイッターでは研究の話はしないことにしているのですが、今日は思わず語ってしまいました。カーボンナノチューブとか、更にゲテモノの材料にも手を出そうとしています。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 19:49:01
    日本の電機メーカーが凋落するのを見るのは忍びないし、できるだけ支援したい。でも、先週のISSCCで我々が開発したSSDコントローラーに関心を示すのはアメリカ企業ばかり。日本だけでなく人類のために頑張るんだと、気持に切り替えた方が良いのかな。世界中の企業をパートナーにして頑張ろう。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 19:57:39
    先週のISSCCの基調講演は、SanDiskの創業者のエリ・ハラリ。フラッシュメモリと、フラッシュが更に進化した3次元のReRAMで、HDDやDRAMをはるか超えた産業が現れるのだ!、と超強気な予言。早くも、エルピーダの破綻として、予言の一部が実現したんだろうなあ。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 20:04:21
    本当はサンディスクじゃなくて、フラッシュメモリのパイオニアの東芝の社長さんに「予言」して欲しかった。日本人・日本企業は立ち回りが下手で、損しています。もっとも、日本企業は黒子に徹するので、アップルなどの顧客に信用されてる良い面はあるけれど。仕方ないか。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 20:55:48
    エルピーダのエースエンジニアは争奪戦が始まったのかな。毎秒10ギガビットの高速インタフェースの設計者って、世界で10人もいないのでは。トップクラスの技術者は常に人材不足。インテルも熱心に誘ってた。先週ISSCCで「いざとなったら私のところに来ません?」って言っておきましたが。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 21:37:13
    後知恵の回顧をもう一つ。エルピーダはドイツのキマンダの高速DRAMの設計チームを買収。高速DRAMってゲームの3Dグラフィックスしか用途が無い。ゲーム市場がスマホなどモバイル系に移ったのが誤算。ゲーム市場の変化で3Dが必要なゲームも伸びず、高速DRAMに投資した戦略が外れた。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 21:48:37
    我ながら、後知恵だから、無責任に何とでも言えるよな、と思う。もし自分がエルピーダを経営していたら、「PC→スマホ」「ゲームのモバイル化」といった市場の変化をどれだけ正確に予知できたか。将来のトレンドは想像できても、経営者が予想できないほど、凄まじいスピードで変化したのではないか。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 22:05:47
    エルピーダを責めることは簡単だけど、いま起こっていることは、成長しているフラッシュメモリやリチウムイオン電池、電気自動車にだって起こりうる。どの業界も程度の差はあっても、変化が凄まじく速くなっているから、明日は我が身なんでしょうね。それは製造業だけでなく、もちろん大学も。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 23:36:38
    しつこくて申し訳ないですが、日経記事のように、「エルピーダは過剰品質で負けた」って違うと思う。DRAMの市場縮小・価格下落が本質。DRAM専業メーカーはどの国でもダメでしょう。三星などはDRAM工場でフラッシュメモリを作れたから凌げた。むしろ、坂本さんが社長だからここまでもった。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 23:43:47
    エルピーダ破綻はビジネススクールの講義でいうと、サプライチェーンや製造(工場運営)、技術開発、財務の失敗というよりはむしろ、マーケティングの失敗、と言えるのではないかと。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 23:48:07
    エルピーダは「過剰品質で失敗したDRAM」からスタートしてるので、「過去の勝ったビジネスモデルから脱却できずに失敗する」イノベーションのジレンマではないと思います。 RT @kusomushi2867 コダックのような『イノベーションのジレンマ』とは異なるのでしょうか?
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-27 23:54:56
    90年代の日本のDRAMの敗北は、三星などにコストで負けました。この時の三星はDRAMの勝者。現在はDRAM市場が縮小し、DRAMメーカーは全部ダメです。他のDRAMメーカーの三星、Hynix、Micronは社内の開発・製造リソースをフラッシュメモリに移して難を逃れました。
  • 竹内健 @kentakeuchi2003 2012-02-28 00:27:59
    3年ほど前、まだDRAM価格が高止まっていた頃、フラッシュメモリの価格はDRAMの1/10にまで下落。フラッシュはDRAMよりも2ケタ以上、スピードが遅い。でも、価格が1/10なので、PCや携帯などセットベンダーが、DRAMよりもフラッシュを積極的に使うように工夫を始めた。

コメント

  • たむごん @Portirland 2012-03-03 22:48:20
    クリテンセンのイノベーションのジレンマの典型的な事例かなぁと思います。
  • たむごん @Portirland 2012-03-03 22:49:51
    無論、競合他社のリーダー企業が、市場の移り変わりに成功しているので、一概には言えない部分もミソかと思います。
  • たむごん @Portirland 2012-03-03 22:53:26
    日本が事業部制として失敗した、好調な部門の収益を不調な部門に損失補填。この壁をサムスンの半導体部門は、巧みに乗り越えているように見えます。 市場の創造で言えば携帯電話事業の拡大による、自社の半導体販売市場の獲得を含めて。 結局、意思決定と経営判断なのでしょうかね? 連投失礼しました。
  • たむごん @Portirland 2012-03-04 00:10:57
    やはり、見れば見るほど味のある、まとめ。 社内の目を盗んでの開発は、GEで密造酒作りとしてインフォーマルな形の開発がイノベーションに重要との指摘がある。Googleで言えば、G-mailなども顧客ではなく、一社員の発案で社員向けに使っていたサービス。 日本でも、液晶で同じような事例があった記憶があります。 中村さんの、青色発光ダイオードもそうかな。 また読み返します。何度見ても素敵なまとめだ(^○^)
  • luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012-03-04 07:42:39
    いわゆる新規開拓商品が作れる会社ってのは、そういう日常業務外の、内緒の開発&営業の密かな打ち合わせ、ってのは大事だったりしますが、某社はそれを禁止して没落しました。
  • luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012-03-04 07:44:43
    まあ、守秘義務あるので、そういう「ほのめかし」しか書きませんが、そういう事、結構あるので、経費節減とか、適切な業務集約ってのは、長期的にはその企業を倒しちゃうこともあるのよねえ。(小声で、こっそり)
  • luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012-03-04 07:51:04
    ちなみに、某社とは、まとめの会社とはまったく毛色の違う、業界も完全に別な会社です。既に倒産済。
  • たむごん @Portirland 2012-03-04 09:25:08
    上記のまとめで気になったのは、マーケティングの失敗という言葉の意味は、全体の流れから見ると、経営資源の配分と意思決定のミスということですかね? エンジニアや営業が頑張ったところで、装置産業は投資のタイミングと規模に失敗すれば、その時点で負けてしまう事例だと思います。 経営者の知見が足らない→市場の有望さを理解できなかった(ことを示唆?)→投資をはじめる時期が遅れた→乗り込んだ時期には価格低下+他社は投資回収→資金クラッシュ
  • 這いよるぎょろりんbot @goryolin 2012-03-04 09:27:33
    RT @kentakeuchi2003: 我ながら、後知恵だから、無責任に何とでも言えるよな、と思う。もし自分がエルピーダを経営していたら、「PC→スマホ」「ゲームのモバイル化」といった市場の変化をどれだけ正確に予知できたか。将来のトレンドは想像できても、経営者が予想できないほど、凄まじいスピードで変化したのではないか。
  • 這いよるぎょろりんbot @goryolin 2012-03-04 09:30:09
    RT @kentakeuchi2003: 私がフラッシュメモリの絶頂期に東芝を辞めたのは、フラッシュも10年先は無いかもしれないのに、年功序列の長い長い待ち行列に並ぶことに絶望したから。東芝とフラッシュを共同開発するサンディスクのエンジンニアは豪邸。大金持ちでなくてもいいけど、製品寿命が来たら極貧ではやってられないよ。
  • bonbibon2011 @bonbibon2011 2012-03-04 09:32:32
    竹内氏がリツィートされている @yokorocks さんのツィートのように、サムスンには国を挙げてのバックアップがあったこともお忘れなく。
  • 這いよるぎょろりんbot @goryolin 2012-03-04 09:37:18
    RT @yokorocks: 最近のエルピーダの状況の取材とか考察もしないで乱暴に言うと1工場数千億円の投資が必要な産業に対し日本はなんの優遇措置もないところからしてサムスンとか台湾と決定的に競争条件違う。一人だけハンデ戦でウェイトをつけたままレースに出るようなもん。それで官製とか日の丸とか言うなボケカスと
  • 這いよるぎょろりんbot @goryolin 2012-03-04 09:37:29
    RT @kentakeuchi2003: エルピーダで起こったことは、リチウムイオン電池だって電気自動車だって、エレクトロニクス以外にだって起こりうる。社長さん、社員の皆さんの葛藤を少しでも伝えられたら。赤字は悪、儲けられなくなった会社は退場ですが、なぜ、そこに至ったかの歴史検証、失敗から何を学ぶかをつぶやいていきたい。
  • Nakamoton GmbH @nakamoton 2012-03-04 10:21:09
    RT @kentakeuchi2003: 社内のカメラ事業との連携ではなく、イメージセンサ事業独自で生き残りを図った方が良いと思うのです。そのための統合。手遅れになる前に。
  • kumonopanya @kumonopanya 2012-03-05 07:06:29
    最近のtogetterはあまりいいまとめが見れなくて利用してなかったけど、このまとめは素晴らしかった。自分も適当なことをtwitterに書いてたりしたが(申し訳ない)、ここのまとめを読んで目から鱗が落ちました。
  • ひでき @hidekih 2012-03-05 13:41:07
    DRAMだけを作れと限定していたのは、元の母体メーカからの圧力だと思ってた。集積度と価格は反比例するという仮定は正しいのだと確信した。 http://d.hatena.ne.jp/hihi01/20120301/1330551903
  • togetter2012 @togetter2012 2012-04-01 01:00:31
    韓国テレビメーカー 躍進の背景 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3148_3.html 「井村記者:これは大きな環境の変化が背景にはあります。 一つは、急激に進んだ円高と、韓国の通貨のウォン安です。リーマンショックが起きた4年前から、円はドルに対して30%以上円高になりました。これに対して韓国のウォンは20%下落しています。この結果、輸出、収益の面でも、韓国にとっては有利に、日本にとってはハンデとなってしまっているということなんです。」
  • togetter2012 @togetter2012 2012-04-01 01:02:18
    「もう一つは国の支援です。これは韓国ではテレビなど、IT関連産業に対して、補助金などさまざまな優遇制度があります。そして法人税率も日本の半分程度に抑えられています。ある日本の電機メーカーの幹部は、この日本と韓国の差について、2000億円かかるような大規模な工場が毎年1つずつただで作れてしまう、そのぐらいの差だと言っているんです。」
  • togetter2012 @togetter2012 2012-04-01 01:02:58
    2000億円かかるような大規模な工場が毎年1つずつただで作れてしまうほどの支援の原資は海外からの借入金です。だからウォン安がますます進行するという・・・韓国は国家としては破綻しています。ですから日本と5兆円ものスワップ協定が必要だったのです。
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 2016-12-22 21:54:28
    ぶっちゃけフラッシュメモリなんて手を出してたら焼野原だったろうな。白熱電球みたいなもんで、新興国でも同じものが量産出来て、コストかかる国でやろうと付加価値の差は生まれないモノだから。確かに高級品はあるし、高画質を高速連射するともなると数点のブランドくらいしかついていけないハイエンドもあるにはあるが・・・それで経営成り立つほどのパイは無し。 そしてホレみたことか、2016年末、迫りくるDRAM不足でSSD高騰中だぞ。

カテゴリーからまとめを探す

「その他」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする