編集可能

医療用麻薬に対する誤解と偏見

まとめました。
1
萬田緑平 @ryokuhei

医療用麻薬を怖い薬だと思っている人、使用する恐怖より痛みを我慢する方を選ぶ人は想像以上に多い。癌の痛みは痛み止めを我慢する痛みだと思う。「飲めって言っても飲んでくれない」と、むしろ本人が悪者になってしまう。いくら「飲んでいい」と言われても怖い薬だと思う本人の心は解けない。

2012-02-03 22:01:39
萬田緑平 @ryokuhei

医療用麻薬を怖い薬だと思っている人、使用する恐怖より痛みを我慢する方を選ぶ人が8割位がただと思う。医療用麻薬を処方をするのが医師の役目ではない。処方したってほとんどの患者は使わない。患者が自ら痛み止めを使いたくなるような安心感と希望を与えるのが医療用麻薬を処方する技術だと思う。

2012-02-09 19:17:05
萬田緑平 @ryokuhei

医療用麻薬を怖い薬だと思っている人、使用する恐怖より痛みを我慢する方を選ぶ人は想像以上に多い。薬の説明は薬剤師の仕事と言われるが、薬剤師の説明で医療用麻薬を使えるようになった患者は滅多にいない。。薬剤師の説明で怖くなってしまい、それをくつがえすのに時間がかかることは多々ある。

2012-02-09 19:18:38
萬田緑平 @ryokuhei

癌が痛いと言われる原因は痛み止めを使わないからだと思う。しかし医療用麻薬を使うには障害が多い。麻薬というだけで怖いのに、看護師や薬剤師が「強い薬だから」「○×時間空けてください」という。家族には「そんなに使っていいのか?」と言われる。そんな環境では誰だって恐ろしくて使えない。

2012-02-09 20:53:00
萬田緑平 @ryokuhei

私がしなければならない事はそんな環境を否定することではない。私の話を信じてもらえれば「痛みから開放されて素敵な人生が歩めるのでは」と希望を持ってもらえるような人間に近づくことだと思う。信用してない人に「我慢しないで飲んでいいんですよ」といくら言われても効果はない。

2012-02-09 21:06:22

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?