10周年のSPコンテンツ!
4
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
危険な気体といえば、こないだ液体窒素を預け荷物にして飛行機に乗るという滅多にない経験しました。「ほんとに乗せていいの?俺達法律違反してない??」とびくびくしながら。
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
危険な気体といえば、こないだ液体窒素を預け荷物にして飛行機に乗るという滅多にない経験しました。「ほんとに乗せていいの?俺達法律違反してない??」とびくびくしながら。
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
与論島まで出前授業した時の話。JTAの人に何度も確認とって、OKだったので行った。当日なって「やっぱダメぴょ〜〜ん」って言われないかと冷や冷やだった。
2スレ781 @2sure781
ぐぐって見たところスカンジナビア航空が条件付きながら持ち込みOKと明記してありますね。>液体窒素
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
空港での会話。(液体窒素容器指さして)「これ、固く栓していいですか?」「だめですぅぅぅぅ」(実話)
❄︎Masakazu❆Matsumoto❅ @vitroid
自分が乗る機でそれはやめて(笑 RT @irobutsu 空港での会話。(液体窒素容器指さして)「これ、固く栓していいですか?」「だめですぅぅぅぅ」(実話)
みほちゃん(理事じゃない♡) @Mihoko_Nojiri
え、、、液体窒素ってあの、しゅわしゅわ湯気のでているあれですか?
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
湯気というよりは冷気だけど、それです。 RT @Mihoko_Nojiri: え、、、液体窒素ってあの、しゅわしゅわ湯気のでているあれですか?
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
もっとも、専用容器に入れておけば見えるほどの湯気は出ませんが。
guicheng @guicheng
@irobutsu 液体窒素の専用容器って、固く栓ができるようになっているんですか? むしろ、できないようにした方が安全に思えるんですが。
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
できないようになっているので、空港の方が【気を利かせて】「固く栓しましょうか」と言ってくれたのです。 RT @guicheng: @irobutsu 液体窒素の専用容器って、固く栓ができるようになっているんですか? むしろ、できないようにした方が安全に思えるんですが。
kei @kei314
空港の人は、どうやって中身が液体窒素だと確認するんだろう・・・。確認しなくて良いのかな?
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
「この話はよそでして『それダメだよ』と言われて今後できなくなったから困るから黙ってようね」と言ってたのに、つぶやいてしまった(^_^;)。
Kotatsu Bito @_kbito_
@irobutsu 液体窒素の飛行機等の国際輸送にはドライシッパーを利用しますよね。やはり手荷物では無理でしょうが。 例えばこのサイト http://agjapan.co.jp/taylor-wharton/?page_id=31
2スレ781 @2sure781
http://www.ana.co.jp/dom/checkin/rules/dangerous_goods.html を見ると沖縄県のサツマイモの方は液体窒素より危険,と…(何か違う)
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
こんな上等は使ってませんRT @_kbito: @irobutsu 液体窒素の飛行機等の国際輸送にはドライシッパーを利用しますよね。やはり手荷物では無理でしょうが。 例えばこのサイト http://agjapan.co.jp/taylor-wharton/?page_id=31
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
なるほど。液体窒素を使って試料を運ぶこともあるわけですね! @nasubi_sensei
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
もちろん我々は貨物室に乗せました。転倒しないよう周りを段ボールで囲んで。RT @nasubi_sensei: 法律による禁止ではないですが、酸欠で死ぬ危険があるので、エレベータで液体窒素を運ぶ際には無人で運ばないといけないです。飛行機なども同じだと思います。
2スレ781 @2sure781
液体窒素とドライアイスにどの程度の違いがあるのだろうと疑問になった。
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
いえいえ。わかりました。RT @_kbito_: @irobutsu 言葉が足りてませんでした、すいません。液体窒素そのものを運ぶ目的ではなく、液体窒素温度での試料輸送用容器です。
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
いえいえ。わかりました。RT @_kbito_: @irobutsu 言葉が足りてませんでした、すいません。液体窒素そのものを運ぶ目的ではなく、液体窒素温度での試料輸送用容器です。
VARDIGA @VARDIGA
「航空機による爆発物等の輸送基準等を定める告示」みつけたなう。 http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/pdf/200901/00005002.pdf @2sure781
VARDIGA @VARDIGA
国土交通省の検索ページ http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/dispAction.do はどんな語句を入力してもエラーになるけど、どうなっているんだ。年月指定の絞り込みだけ有効。
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
読んでますRT @ruriha76: @irobutsu だそうですよー。 RT @2sure781: 窒素(深冷液化されているもの)という... RT @VARDIGA: 「航空機による爆発物等の輸送基準等を定める告示」みつけたなう。 http://bit.ly/6kd8vs
前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu
旅客機の積載量は50kgまで。ちゃんと低温用の容器に入っていることなどが条件だ、と読み取った。どうやら大丈夫だ・・・と思う。
残りを読む(17)

コメント

へぼ担当 @hebotanto 2012年3月26日
数々の安全規制は有れども、基本原則として最終的には全運行責任を負う機長判断が優先されましたね。Ge(Li)検出器では廃棄まで液体窒素冷却必須でしたので、米国からSEIKO EG&G ORTEC経由で輸入でも大変。
へぼ担当 @hebotanto 2012年3月26日
海上輸送では途中液体窒素補充が事実上無理のため、航空便でしか有り得ず、それは保安規則に則る形で認められていたのですが、機長の権限の方が強く「危なくて乗せられない」とか…色々あったようです。
.陳 @naichin 2012年3月26日
数年前に液化ネオンを空輸した某社の事を思い出した。(酸欠程度ならまだ平気程度にしか考えていないのは慣れているからだろうな)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする