チェルノブイリの甲状腺等価線量と福島の比較

87ミリシーベルトの甲状腺等価線量とは?
科学 チェルノブイリ ヨウ素131 小児甲状腺癌 甲状腺等価線量 87
114

まとめ 内部被曝関連のまとめlink (リーフレイン) なんだか増えてきたのでまとめ索引 10699 pv 146 3 users 7

甲状腺被曝、最高87ミリシーベルト 50ミリ超も5人
 東京電力福島第一原発事故で、放射性ヨウ素によって甲状腺に90ミリシーベルト近い被曝(ひばく)をしていた人がいることが分かった。弘前大学被ばく医療総合研究所の床次眞司(とこなみ・しんじ)教授らが、事故の約1カ月後に行った住民65人の測定結果を分析した。被曝した人の約半数が10ミリシーベルト以下だったが、5人が50ミリシーベルトを超えていた。
 甲状腺被曝はがんのリスクがあるが、ヨウ素は半減期が短く、事故直後の混乱などで、きちんとした計測はされておらず、詳しい実態は分かっていなかった。
 床次さんらは昨年4月11~16日、原発のある福島県浜通り地区から福島市に避難してきた48人と、原発から30キロ圏周辺の浪江町津島地区に残っていた住民17人を対象に、甲状腺内の放射性ヨウ素の濃度を調べた。この結果、8割近い50人からヨウ素が検出された。
 この実測値から、甲状腺の内部被曝線量を計算した。事故直後の3月12日にヨウ素を吸い込み、被曝したという条件で計算すると、34人は20ミリシーベルト以下で、5人が、健康影響の予防策をとる国際的な目安の50ミリシーベルトを超えていた。
 最高は87ミリシーベルトで、事故後、浪江町に残っていた成人だった。2番目に高かったのは77ミリシーベルトの成人で、福島市への避難前に同町津島地区に2週間以上滞在していた。子どもの最高は47ミリシーベルト。詳しい行動は不明だ。
 国が昨年3月下旬、いわき市、川俣町、飯舘村の子ども1080人に行った測定では、35ミリシーベルトが最高値と公表されていた。

リーフレイン @leaf_parsley
チェルノブイリの事故のよる小児甲状腺癌の増加については、線量と癌死(あるいは癌化)リスクとの関連が十分に定量化ができていない状態です。
リーフレイン @leaf_parsley
したがって、現状のわたしたちが比較可能なことは、チェルノブイリでの推定被曝量と、今回の被曝量がどのぐらい違うか?というあたりしか 今のところはできないような気がします。
リーフレイン @leaf_parsley
チェルノブイリの初期被曝による甲状腺等価線量は、ベラルーシで 0.37 から0.034 Gyとみなされています。最高値はベラルーシで10.2Gy ロシアで5.2Gyです。 セシウムからの被曝量は0.05Gyを超えることはなかったと報告されています。
リーフレイン @leaf_parsley
そして、ベラルーシの避難民だけを対象にとると、甲状腺被曝線量の平均値は1.3Svです。したがって、この1.3Svを尺度にすると、単純計算でベラルーシの避難民の6%の被曝量にしかならないんです。はるかに安心な値です。

このあたりのデータは2011年のEUの低線量WG資料を参照

http://ec.europa.eu/energy/nuclear/radiation_protection/doc/publication/170.pdf

リーフレイン @leaf_parsley
慢性的な被曝が続いている状況で、初期のヨウ素131による被曝の影響だけを見るのは無理なはなしで、チェルノブイリでの被害も、複合的な影響を考えざるをえないところがあります。
リーフレイン @leaf_parsley
追い打ちを食らって悪化、という印象が大きいんです。 (印象を語ってもどうしょうもないんですが、イメージとして、)例えば、経口摂取による内部被曝の増加とか、ストロンチウムの伏兵威力とか、、、もちろんそれだけではなくて経済状況の悪化による栄養状態とか非常に大きかったと思いますし。
リーフレイン @leaf_parsley
なのでまあ、未来はわかんないですが、スタート地点で 6%の被曝で収まっているという状態は、かなり楽観材料じゃないかと。
リーフレイン @leaf_parsley
自分のフォロワーさんたちは、この記事で「大変だー」とか騒ぐ人がまったくいないんで、言わずもがなという気がものすごくします。。orz
リーフレイン @leaf_parsley
あ、ついでにこの6%の被曝量というのは、南相馬のセシウム被曝の推定からもオーダー的な同期が結構とれてまして、南相馬のセシウム被曝は1mSvを超えない、という発表でした。チェルノブイリの初期のセシウム被曝は50m㏜を超えないという発表なので、こちらは2%。オーダー的にこのへんです

申し訳ない、リンク切れの上に紛失(T_T)

リーフレイン @leaf_parsley
放射性 ヨウ素 による甲状腺被 ば く評価 (PDF) http://t.co/NwDqp2gP チェルノブイリの甲状腺被曝のかなり詳細な数値が書いてある論文(レア物)
ぴぽさん@剣盾TNしゅくる @fishing_pippo
おはよーございます!Twitterではわかりませんが、いわきでは不安に思っている人が多いことと思います。 RT @leaf_parsley: 自分のフォロワーさんたちは、この記事で「大変だー」とか騒ぐ人がまったくいないんで、言わずもがなという気がものすごくします。。orz
ぴぽさん@剣盾TNしゅくる @fishing_pippo
@leaf_parsley 初期の、最高で35mSv甲状腺被曝した子がいわきだったという事や、ヨウ素が飛んでるであろう時期に外出して無用な被曝をしてしまった事から(当時は水道水止まってる家庭も多かった)いわきでは初期のヨウ素による被曝を後悔して、過敏になっている方も多いです。
実効線量と等価線量とは?
ぴぽさん@剣盾TNしゅくる @fishing_pippo
@leaf_parsley きっとこの事も聞かれる事も多くなると思うのでリーフレインさんの見解とてもありがたいです。で、どうしても一つ、私が人に上手く説明できないのが昨日もぶたさんとyokaさんが話されていた、等価線量と実効線量の違いの説明なんですがなんか上手い方法ありますかね?
リーフレイン @leaf_parsley
@fishing_pippo  実効線量ってなあ、防御のラインをひくための標準モデルなんです。例えば集団線量を防御ラインにもってくるとすると、その集団をどうやって集めたか?が問題になります
リーフレイン @leaf_parsley
@leaf_parsley @fishing_pippo どういう被曝をした集団を集団線量の対象にするかで数値が大きく変わるにもかかわらず、そもそも「どういう被曝をした」という評価そのものを測る数値を決定する話をしているわけで、自己撞着状態に陥ってしまうわけです
リーフレイン @leaf_parsley
@leaf_parsley @fishing_pippo そのため、一個の標準的な人間を仮定し、その人間が均等被曝を受けたときに、どういうリスクとなるか?を数値化したものが実効線量になります。

↑全身被曝のミスです、、(汗

リーフレイン @leaf_parsley
@leaf_parsley @fishing_pippo これに対して、等価線量は、実際の被曝エネルギーを臓器1キロあたりの数値にして出したものです。(実効線量を出すための材料でもあるし、臓器ごとのダメージをみる指標にもなります)
リーフレイン @leaf_parsley
@leaf_parsley @fishing_pippo  実効線量の組織荷重係数をみていると分かるのは、臓器ごとにあたるエネルギー量と、健康被害は、単純な関係ではないという事です。そこにはもっと複雑な色々が加味されていて、比例関係では語れない。
残りを読む(172)

コメント

ペプる(闇のおやつタイム) @2011peple 2012年3月10日
床次教授が、記者会見で「心配が必要な数値ではない」とはっきりおっしゃってましたね。
ペプる(闇のおやつタイム) @2011peple 2012年3月10日
私はこの記事を「事故後1ヶ月くらい浪江町にいた人が3月12日に全量1回摂取というかなり現実離れした過大評価になる仮定で87mSvなら、実際の被ばくで甲状腺等価線量が50mSvを超えた人はほぼいなかった可能性が高い」と読みました。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年3月10日
その読みに自分も賛成です。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年3月29日
まとめを更新しました。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年5月3日
別の会話で、この件に触れたので追加しました。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年5月3日
単位のミスをコメントで追加しました。すいません。。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年5月4日
南相馬のセシウム内部被曝データから、初期のヨウ素131による内部被曝を大ざっぱに試算した会話を追加しました。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年5月12日
甲状腺等価線量を導き出す計算手段を間違えていたので、修正しました。(みーさん、ご迷惑かけました)
リーフレイン @leaf_parsley 2012年5月13日
カーディス先生のグラフのエクセル化を追加
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする