@hachimenさんのバンダジェフスキー文書に対する見解

「まとめ。バンダジェフスキー氏が出している写真を診断すると、心臓と腎臓に関しては病的な所見はなく、標本作成時のアーチファクトがあるだけである。肝臓については、病的な所見ではあるが、放射線障害に特異的なものではない。」
医学 放射線障害 バンダジェフスキー 解剖学
33691view 26コメント
244
八面大王 @hachimen
バンダジェフスキー氏はまともに病理所見取れてないじゃん。 偽病理学者と言っても良いレベル。 RT @kikumaco: .@kuratan さんの「バンダジェフスキー氏と心臓・セシウムに関する専門家のロングトーク」をお気に入りにしました。 http://t.co/pPL2kY2K
八面大王 @hachimen
バンダジェフスキー氏が来日して、講演しているのか。 仕方がないから、彼の病理所見についての解説をしよう。日本語のwikiも無茶苦茶なんだけど、とりあえず、その文献[1]について専門家としての意見を述べます。
八面大王 @hachimen
ちなみに落とすと、lesvos_V1.2s_E って、ファイルね。 前はもっと一杯書いてあった気がするんだけど、気のせいかな、、、 まあ、今のでも十分だから、このまま行きます。
lophius(魯) @litulon
http://t.co/8AQrKcbK ですね。 RT @hachimen: ちなみに落とすと、lesvos_V1.2s_E って、ファイルね。 前はもっと一杯書いてあった気がするんだけど、気のせいかな、、、 まあ、今のでも十分だから、このまま行きます。
八面大王 @hachimen
まず、Fig 2.16 これは、43歳で突然死した人の心臓と書いてある。ちょっと単語変なんだけど、広範な心筋の融解、筋線維間の浮腫、心筋線維の断片化と書いてある。あとHE染色と書いてある。(続く)
八面大王 @hachimen
私の診断は、アーチファクトの加わった著変のない心筋。 まず、後半に心筋が融解してなんていない、融解というのは「死んで溶ける」んだからこんなきっちり形が有るのは駄目。横紋筋の横紋がしっかり見えるしね。(続く)
lophius(魯) @litulon
@hachimen 「アーチファクト」なんて素人にはわかんないから調べてみた。「実験操作によって細胞・組織内に生じた構造物。人為構造。」ですか。http://t.co/4viOIfg1
八面大王 @hachimen
次に、筋線維間の浮腫はない。これはアーチファクト。筋線維束の間が開いているように見えるけど、これは割れているだけ、浮腫なら疎な組織があって、そこに水がたまっている状態になるんだけど、割れているから間に糸みたいに組織のくずが見えるでしょ。これがわからないのは、素人なのかな。
八面大王 @hachimen
心筋線維の断片化もないなぁ。切れ方とアーチファクトだと思う。 そもそも、心筋の融解や断片化が起これば、急性期にはリンパ球などの炎症細胞が出て、最終的には線維化になって収束する。心筋がやられるというのはそういうことです。
八面大王 @hachimen
なんにも組織反応を示さずに、融解やら断片化やらというのは、病理組織学的に普通のことではない。原因が放射線であれ、化学物質であれ、虚血であれ、同じこと。
八面大王 @hachimen
Figure 2.17 に行ってみましょう。 これは放射性セシウムで処理したアルビノラットの組織らしい。 「壊死と空洞形成を伴う糸球体の断片化。尿細管上皮の壊死と硝子滴ジストロフィー(変性のことか?)」 とあるけど、 私の診断は、処理の悪いラットの腎臓、著変なし。
八面大王 @hachimen
まず、糸球体。壊死はありません。断片化のようにみえるのと空洞が出来ているように見えるのは、組織標本を作るときにできたアーチファクトです。つまり、作っている途中でなくなっただけ。糸球体で壊死が起こるのであれば凝固壊死で、核が不明瞭化するのですが、しっかり青く(黒く)染まっています。
八面大王 @hachimen
そして何より、壊死が起きたり、100歩譲って空洞化が起こったとすると、生体内では必ず反応が起きます。つまり炎症細胞浸潤が有るはずです。それがないのが、アーチファクトなのです。
八面大王 @hachimen
あとは、Fig 2.18は、標本も写真も汚くてコメントするのが面倒なくらい。。。 細かい解説は省略するけど、こんなの解剖した肝臓ならよく見るので、放射線障害に特異的なものでは全くありません。あ、これだけは病的な所見と言えばそうですね。
八面大王 @hachimen
考察すると、自説を裏付けるはずの組織所見の解説がこの程度なので、バンダジェフスキー氏は、病理組織学的な診断については素人に毛が生えた程度。この程度の能力では、日本では箸にも棒にもかからないレベルということ。 自分が専門と名乗っている分野でこれだから、あとは推して知るべし。
八面大王 @hachimen
まとめ。バンダジェフスキー氏が出している写真を診断すると、心臓と腎臓に関しては病的な所見はなく、標本作成時のアーチファクトがあるだけである。肝臓については、病的な所見ではあるが、放射線障害に特異的なものではない。
八面大王 @hachimen
一応、言いたいことはこれだけ。
lophius(魯) @litulon
@hachimen あっ、そうそう、これは見ました?http://t.co/Fqx3kiph
八面大王 @hachimen
@litulon それも見ました。誰も病理医が発言しないから、仕方がなく私が。。。 (^^;
八面大王 @hachimen
@litulon あ、そうだ。 この「pdf」ですが、ちゃんとしたジャーナルのレビューを通っていないのであれば、「論文」ではなくて、「エッセイ」ぐらいの感じですね。

コメント

lophius(魯) @litulon 2012年3月13日
ちょっとズレますが・・・・ 小学校、中学校の頃に試料の固定に失敗したのを思い出しました。 バルサムを使った永久プレパラートなんて成功したためしがない。
撃壌◆ @gekijounouTa 2012年3月13日
他のお医者さんの意見も聞きたい所・・・
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年3月13日
.@litulon 見出し、×バンダ・ジェフスキー ○バンダジェフスキーですが…わざと?
neologcutter @neologcut_er 2012年3月13日
バンダジェフスキーってやっぱヤブじゃね・・・
kjwhy @kjwhy 2012年3月13日
hachimenさんの所見が妥当ならば、バンダジェフスキーには講演会など開く力量はないことになる。現在、日本縦断講演会ツアーを開いている最中のようだが。
lophius(魯) @litulon 2012年3月13日
ありゃ、なんで点を打ったのだろう?修正します。 でも、スマホからだとやり方がわからないので家に帰ってから。
lophius(魯) @litulon 2012年3月14日
そもそも解剖で放射性セシウムの蓄積が見つかったからと言って死因がセシウムとは言えない筈です。もっと蓄積してても健康に生きている人もいるかもしれないけど、それは解剖の対象にはならないのですから。 どの臓器に蓄積するかの研究は意義あるものなのかもしれないけど、それを判断する能力は私にはありません。
U.N (のぶ) @un2111f 2012年3月14日
セシウムで心電図異常の話もバンダジェフスキーさんでしたっけ?この話も怪しいのですかねぇ。
Megatherium @Dairanju 2012年3月14日
統計の使い方もアレで、解剖データでもアレということは、彼の何が評価に値するのだろう?自分達の考えに近い人達にとって、都合がいいというくらいしかないのかもw。
Joss Fat @jossfat 2012年3月15日
http://www.leica-microsystems.com/uploads/media/Artifacts_Handbook.pdf 心筋断裂のアーチファクトの見本はこれのp.86 http://t.co/kRNkzgkg これがwikipediaに示されたバンダジェフスキーの標本
かあさん(みなさんありがとわっふ) @higemarunyanko 2012年3月15日
チャーリナントカさんも病理の先生でしたよね…
高野啓🇯🇵 憲法93条を改正して中小市会議員をなくそう @kei_chandler 2012年3月15日
バンダジェフスキーはまともな論文を書けないし、英語は出来ないし、実験まで下手なんだ(笑)
バイクくん@ウルトラお嬢様執事 @Micheletto_D 2012年3月15日
あーなんかすっきりした。僕は病理像に疎いので正常像がない写真を検討する事は出来なかったんだけど、ちゃんとした人がちゃんと言ってくれて感謝です〜。
lophius(魯) @litulon 2012年3月16日
番外を追加しました。
北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2012年3月16日
地震で目が覚めてツイを開くとベラルーシの首都ミンスクの女性フォロワー三人のアイコンがTLに。私には国土の1/4が放射能汚染されてもこうして生きる人々がいる、という事実こそが何よりだ。彼女たちは十字架を背負って生まれて来たのだろうか?が、その十字架はあまりにも美しい。
lophius(魯) @litulon 2012年3月16日
番外を別まとめにしました。
lophius(魯) @litulon 2012年3月16日
番外、失敗してたので作り直しました。 http://togetter.com/li/273628
lophius(魯) @litulon 2012年3月17日
おっ、1万viewを超えましたね。
PseuDoctor @_pseudoctor 2012年4月19日
今更ですが「他のお医者さんの意見も」というコメントがありましたので、一応「病理専門医」である私も、hachimen先生の診立てに同意する、と申し上げておきます。
PseuDoctor @_pseudoctor 2012年4月19日
今頃になってコメントしたのは、拙ブログ http://pseudoctor-science-and-hobby.blogspot.com/2012/03/blog-post.html にバンダジェフスキー文書へのリンクを貼った人が居たからです。
PseuDoctor @_pseudoctor 2012年4月19日
お返しに、こちらのまとめへのリンクを貼らせて頂いたので、御報告しました。とは言え、それだけでは何ですので、オマケとして「誰でも解るバンダジェフスキー文書のダメな点」を指摘しておきます。
PseuDoctor @_pseudoctor 2012年4月19日
当該文書には、病理組織の顕微鏡写真が3枚ありますが、全て背景の色調が違います。1枚目は青っぽく、2枚目は白っぽく、3枚目は黄色っぽいですね。
PseuDoctor @_pseudoctor 2012年4月19日
これ、1枚目と3枚目は、撮影時に顕微鏡の光量設定をミスってる可能性が極めて高いです。少なくともプロの病理医なら絶対にやらないミスです。
PseuDoctor @_pseudoctor 2012年4月19日
同じ文書の中にこれらの写真を平気で並べてるだけでも「病理に関して全然解っていない」と判断して差し支えないレベルです。御参考までに。
あんこ好きなクルーたまにヘルムスマン、稀にスキッパー(永遠に修行中の5歳) @XC60Rd__ 2012年4月20日
良識ある先生方が漸く声を上げて下さっている。今後もお願いします。是非、強く否定して、お母さんがたをデマを囁く人達から救って下さい。 #被曝 #自主避難 #母子避難
池田信夫 @ikedanob 2012年8月20日
バズビーもガンダーセンも沈没した今、反原発派が頼りにするバンダジェフスキーは「素人に毛の生えた程度」。まぁ武田邦彦のような毛の生えてない素人よりましか。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする