双葉町の井戸川町長に仕掛けられた罠

東海アマさんが双葉町長の人格攻撃をしているツイートを発見。ご本人によると阿修羅さんのブログ記事(http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/795.html)、”中間貯蔵20年に短縮を 双葉町長、受け入れ条件(河北新報)”が根拠とのこと。 これは、読売級の御用新聞のトリックだと思います。福島第一原発近隣の自治体首長らの多くが、利権と圧力に屈して高汚染地帯に住民を戻そうとし、政府から打診された中間貯蔵施設の受入れに積極的な中、双葉町の井戸川町長だけは住民全続きを読む東海アマさんが双葉町長の人格攻撃をしているツイートを発見。ご本人によると阿修羅さんのブログ記事(http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/795.html)、”中間貯蔵20年に短縮を 双葉町長、受け入れ条件(河北新報)”が根拠とのこと。 これは、読売級の御用新聞のトリックだと思います。福島第一原発近隣の自治体首長らの多くが、利権と圧力に屈して高汚染地帯に住民を戻そうとし、政府から打診された中間貯蔵施設の受入れに積極的な中、双葉町の井戸川町長だけは住民全員を集団疎開させるべく抵抗してきた経緯があります。(3月14日に全村避難した葛尾村は中間処理施設連合(?)から免除されていることと考えます。) ニュースで既に流れ、横浜パシフィコのインタビューでも語られたとおり、首長らの会議を蹴ってまで抵抗されていた時から、井戸川町長を個人攻撃させる動きが出る懸念はありました。 中間貯蔵などというのは、アマさん自身も言うようにありえない。受入れればそれは最終処分場です。既に人間が住むべきではない土地ですし、原発敷地内や周辺が国内の核廃棄物最終処理場になるのはやむを得ないと思います。 が、まだ住民の一部を住まわせながら「中間」と名付けた処理施設の受入れを求める他の自治体の目的は当然ながら目先のカネしか考えられません。 ここで私が井戸川町長への攻撃を警戒するのは、事を早急に進めたがっているのは誰なのか、という問題があるからです。世界中、核廃棄物の最終処分場を必要としています。国内の核廃棄物を福一周辺で受入れたことをきっかけに、ここを世界の最終処分場とされてしまうと、日本列島そのものが危険で住めなくなります。 いま、国や県の言いなりに行動する自治体というのは、東電や福島県立医大を直接動かしている"某国"の権力にも簡単に屈する言わば「都合のいい人たち」です。 新聞の見出しで双葉町の町長が受入れに積極的であるかのような印象を与え、福島県内の地名や地理に馴染まず、よく本文や経緯を理解しない人が拡散すれば、はっきり脱原発宣言した井戸川町長のイメージダウンが簡単にでき、その後の情報操作がし易くなります。いい例として、アマ氏勘違いの井戸川町長に対するゴシップ的人格攻撃は大拡散されてしまい、私がその誤りを動画や長文記事リンク付きで指摘するツイートは、2,3名しかRTしてくれません orz... 電氣新聞などの業界紙の記事を見れば、海外紙で政府批判した他の町長も政府と既に手を繋いでいた事がわかります。
疎開 原発 放射能 東海アマ 双葉町 井戸川町長
chihointokyo 9946view 1コメント
5
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • SNOW6flower @satmy 2013-01-24 11:33:53
    2013.1.24  結局こういうことになった。(双葉町:町長メッセージ 辞任のあいさつ) 本サイトはアクセス集中のためかアクセスしづらい状況。。。。 まずい事には口をつむり、井戸川さんのような方をスケープゴートとして、表に裏に追い込んでいく。彼の下には、物言えぬ町民の思いがあったはず。双葉町はただの核のごみ捨て場になっていくのだろうか、今後私たちは絶対に目を離してはならない。 http://www.town.futaba.fukushima.jp/message.html/

カテゴリーからまとめを探す

「出産・育児」に関連するカテゴリー