10周年のSPコンテンツ!

APPEND TRAVELに隠された真実

「ばっかお前、俺がついてるだろ」と励ましてくれた彼が、何故姿を消したのか。その答えが垣間見える・・・かもしれない。
宇宙 BEMANI
68
Tma @tee_ma
ある日突然失踪したDJ YOSHITAKA。困惑するコンポーザー達。居なくなった彼の机の上には、埃を被ったシンセサイザーと、謎の卵。卵の横には「星になった満を追いかけるよ、俺は。」と置き手紙。beatnationの面々は、宇宙への航海を決意する- #APPEND_TRAVEL
Tma @tee_ma
星々を巡り、音楽の欠片を集めるbeatnationの仲間達。その間に、宇宙船に乗せていた卵からはかわいらしい長髪の男の子が産まれ、次第に成長していった。まるでDJ YOSHITAKAだな-誰かがそう呟いた。そう、卵から産まれた少年の形をした生き物は、消えた彼によく似ていた。
Tma @tee_ma
5つの星を回り終えた時、異変が起こった。少年の両肩から翼が生えたのである。その頃から、彼は眠っている時にうなされることが多くなった。そして、6つ目の星を回り終えた時-彼は、異形と化した。#APPEND_TRAVEL
Tma @tee_ma
「ども、DJ YOSHITAKAです。」漆黒に塗り潰された翼で空に舞い上がりながら、彼はこう言った。赤く光る左目と、この翼を除けば、確かに彼はDJ YOSHITAKAだった。しかし、その禍々しいオーラは、beatnationの皆が知っている快活でオチャメな彼ではなかった。
Tma @tee_ma
「俺、考えたんですよ…何のために徹夜してまで曲を書いてるのかなって。皆に笑ってもらいたい。それは確かだった。でも、俺に何が残る…?命を削って曲を書いて、俺自身に残るのは、残業代と、次の案件だけだ。こんな世界にはもううんざりだ。(cont) http://t.co/r4A2WJGc
Tma @tee_ma
最終的にJOMANDAと化したよしくんを救えるのはANDROMEDAと化したSotaだけなのかもしれない。宇宙を破壊しようとするYOSHITAKAに対して、宇宙そのものになることで対抗し、なだめる。母なる宇宙。母艦宇宙。
Tma @tee_ma
「今何℃?アペン℃~ プッ ククッ」かつてのドラえもんを彷彿とさせなくもない声と共に下らないコヤジギャグがbeatnationの肩を震わす。しかし―JOMANDAだけは違った。「…やめろ、その声を俺に聴かせるのはやめろォッ!!ヤメ…」「よしたか君?君と僕とで、何だっけ?」
Tma @tee_ma
JOMANDA「…!?」Sota「君と僕だけの、魔法の呪文、覚えてる?」J「……」S「覚えてるはずだよ。言ってみて。」J「…ウ…ウィザ…」S「ウィザ?」J&S「ウィザイチュナイ」―宇宙に閃光が走る。
Tma @tee_ma
J「ばっかお前…ウィザウチュナイだろ」S「そうでしたーw」J「…スマンな、俺がついていなかったばかりに」S「いいんだよ~。君と僕とでVENUSだからね。君と僕の、シンセの響き。また一から始めよう。」
Tma @tee_ma
(突如流れ時始めるSurvival Game) (突如流れ始めるクレジット)
Tma @tee_ma
JONANDAと化したよしたかをアペトラの歌でANDROMEDAと化したSotaが優しく包み込むVENUSの薄い本ください

コメント