2012年3月18日

加藤直之氏の「宇宙戦艦ヤマト2199」製作作業

加藤直之氏の「宇宙戦艦ヤマト2199」製作作業に関するつぶやきをまとめました。
26
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

9日が締め切りだった急ぎの絵を描いていた間だけ中断していた絵が、10日ぶりくらいに見たら、けっこう「ヘン」だった理由が理解できるようになってた。修正もうまくいった。ウレシー。

2012-03-12 20:07:28
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

その中断してた絵というのが以前ツイートした前から見た「感性で描く」ヤマト。全体の形状が整ったので細部を描き始めました。感性の部分は人それぞれ受け取り方が違うだろうけど、細部の設定は今回の2199のために作られたものだからまだ誰も知らない。これが今後のヤマトの基準になればいいな。

2012-03-13 00:08:26
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

どんなものでも、最初に描いて、イメージを作ったもん勝ち、です(^^) だから逆におろそかにはできません。ちゃっちゃっと描いて後で後悔したくない。でも、グインのカバーの1巻、2巻だけは(ちょっぴり直したい部分があったけど)いっさい手を加えませんでした。

2012-03-13 00:11:28
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

ヤマト2199 映画館で配るシールの台紙というのを描きますhttp://t.co/HwWLpqPN とっても横長。これだけ横長な絵は初めてデス。以前SFマガジンの表紙で描いた絵よりももっと横長。あまりに横長だったので、実寸サイズの紙を用意してもらって、それで構図を検討しました

2012-03-15 20:00:45
宇宙戦艦ヤマト2205製作委員会 @new_yamato_2199

「ヤマト2199」劇場入場者プレゼントいかがですか?台紙は加藤直之氏描き下ろしです。大パノラマ絵巻、是非お手元に。(BVふじ) #yamato2199

2012-03-16 00:30:33
宇宙戦艦ヤマト2205製作委員会 @new_yamato_2199

「ヤマト2199」入プレ台紙イラストは加藤さんにお願いしたのですが、7枚のステッカーを貼ってはじめて完成版となります。そう、貼ること前提でデザインされています。(BVふじ) #yamato2199

2012-03-16 00:38:27
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

ヤマト2199のシールの台紙。最初は絵が隠れちゃうからと小さめのシールの提案もあったのですが、やっぱり自分の部屋に飾ったときにシールも目立って、全体としてかっこいいほうがいいと、今の配置や大きさに決めました。

2012-03-16 00:48:37
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

このシールの台紙のアイデアを練るために原寸大の紙をたくさん用意してもらいましたが、机の上にそれが載る空間がなかったので、床の上でラフを描きました。仕上げはデジタルデータにして作業します。シールもヤマトもかっこよく見せたいので、ヤマトの位置も微妙に変わる可能性が。

2012-03-16 00:55:34
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

ヤマト2199のシールの台紙は、シールの「影」が絵に落ちてみえるように、影だけを先に絵の中に入れます(僕のアイデア)。http://t.co/HwWLpqPNだからシールを貼らないと、逆にそこだけヘンになっちゃいます。やっぱり貼ったときに格好良くなるようにしたかったので。

2012-03-17 01:13:50
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

さて、これから仕事場に行ってヤマトのつづき。「感性」で描きはじめた、前から見たヤマト。「理屈」で検証し、これから細部を「根気」で描き込んでいきます。いちばん楽しいのは、自由に描ける最初と、だんだん完成に近づいていく、これからの時期ですね。締め切りから1週間が経ってますが・・・。

2012-03-17 12:31:38
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

さて、明日はヤマトの艦首部分のペイントや姿勢制御ノズル(小さいのがいっぱい付いている)の仕上げです。あ、ロケットアンカーもまだ描いてなかった・・・(けっこうやっかいかも)。明日中に完成させないと。

2012-03-18 01:50:02
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

仕事場からワイハイで書き込み。ママトに副砲と2番主砲を描き込んだとこ。なんか格好良くなってきた。ほっとした、の記念ツイート。

2012-03-18 15:13:31
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

ママト、になってた・・・。1番主砲、完成。次はロケットアンカーです。

2012-03-18 19:04:48
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

波動砲のことを忘れてて、そちらを先に仕上げました。これからロケットアンカーです。

2012-03-19 00:51:14
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

ここで『描いていてタイヘンなヤマトのパーツ、ワースト3』を発表したいと思います。3位:第三艦橋(斜めばかりの面構成)。2位:パースを強調した前から見たヤマト。そして、堂々の第一位は。斜め前から見たロケットアンカーです。誰だこんなのデザインした奴は(←宮武です)・・・。

2012-03-19 03:06:12
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

パルスレーザーの砲身は、コンピューターで絵を描くようになってだいぶ楽になったので、選外の4位でした。

2012-03-19 03:07:10
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

いちばん参考になるのが三面図。次がデザイナーのイメージイラスト。優先するのは逆で、まずイメージイラスト。そして三面図。しかしいちばん効果があるのは金属の質感や表面処理。これが存在感を演出します。とか言いながら歪みが最後まで気になり、納品後にまた修正。ファイルを送るためいったん帰宅

2012-03-20 14:18:37
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

次に仕上げるのはコスモゼロですー。形状が単純でありがたいですー。

2012-03-20 14:19:30
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

どうしても前から見たヤマトに納得がいかず「いっそのこと絵の真ん中にタイトルを配置してもらおうか」とか考えたりしましたが、それは無理。そこでコスモゼロの作業が一段落したときにいろいろいじっていたら側面の展望室が小さすぎることに気付きました。だから「真ん中」が物足りなかったんだー

2012-03-21 00:42:51
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

コスモゼロを描いてます。38年ぶりかな。最初で最後になったのがアニメ放映時。設定画。松本さんのスケッチを清書したときだと思います。シャープペンシルで描いたもの。表面の質感とかは、当時は考えてもいませんでした

2012-03-21 23:56:35
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

松本さんの描いた空気取り入れ口の形がよくわからず(面の組み合わせがまだ松本さんの頭の中で決まってなかったのでしょう)、僕がテキトーに決めちゃいました。それから何十年が経って描いていると、ぼくはコスモゼロがけっこう好きなことに気付きました。

2012-03-21 23:57:54
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

ヤマトのデザインを仕上げた宮武は横須賀生まれで、アメリカ軍の艦船を外から見るだけでなく(親御さんの仕事関係で)基地にもよく行ってたそうですが(それも絵を仕事にするようになってからも)、実は僕も、浜松出身なのでありますw そう、浜松には自衛隊の航空基地があるのです。

2012-03-22 00:04:40
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

僕が子供の頃、我が家には、ジェット戦闘機のパイロットが下宿していて、手作りのミニチュア戦闘機を見せてもらっただけでなく、基地の見学も。F86Fセイバーの時代でした。市で何かイベントがあると、空をブルーインパルスが。

2012-03-22 00:08:24
加藤直之(スタジオぬえ)SFイラストを描いてます。 @NaoyukiKatoh

しかし、中学生になって僕の興味は読書、SFに移り、バローズの火星シリーズが切っ掛けでメカの興味は甲冑に向けられ(それがパワードスーツへと繋がるのですが)つねに、「現実には存在しないメカ」を描く仕事ばかりでした(多少、形状が違ってても大丈夫)。

2012-03-22 00:14:07
残りを読む(206)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?