20120320 #NHK 「帰れない犬たち~東日本大震災が奪った日常」

岐阜市のNPOの施設では、原発事故の影響で家族と一緒に住めなくなった福島県飯舘村の犬たちが、避難生活を送っている。村にいた時は三姉妹と一緒に毎日外で遊んでいたビーグル犬や、86歳のお年寄りと長年イノシシやウサギを山で追いかけていた猟犬などだ。狭いゲージの中で一日の大半を過ごさざるえない犬たち、離れて暮らす飼い主たち、懸命に犬と人を支えるNPOの人たち。東日本大震災から1年がたつ彼らの今を見つめる。 http://www.nhk.or.jp/program/holidaydoc/
5
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 「帰れない犬たち〜東日本大震災が奪った日常」岐阜県のNPO施設で過ごす犬たち。東日本大震災により家族と過ごすことができなくなった。ほとんどが福島県飯舘村の犬。3歳の犬と遊んでいた3姉妹、写真を見て愛犬を思い出している。「大事な家族だし、弟みたいなもの」

2012-03-20 18:11:30
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 85歳になる飯舘生まれの男性、犬と一緒に生きてきた。東日本大震災から1年。震災によって離れ離れになった犬と家族の物語。

2012-03-20 18:12:30
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 岐阜県、日本動物介護センター。飼い主が再び犬と暮らせるようになるまで無償。1カ月のエサ代70万円。そのほとんどを寄付で賄う。上村智恵子さん。30頭の犬をほぼひとりで世話。トイレの際には少し広い部屋へ。犬好きのボランティアが手伝いに。犬たちを散歩へ連れて行く。

2012-03-20 18:14:39
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 散歩は施設の周りを5分。1頭、週に3回。震災後、犬たちの小屋を増やしてきた。代表・山口常夫さん。震災後、犬たちが気になり宮城県南三陸町へ。ペットたちも過酷な生活を強いられていた。食料や水が十分でなく、飼い主は自分の分を犬たちに分け与えていた。

2012-03-20 18:16:04
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 車の中で飼い主と暮らし、ガリガリに痩せてしまった犬。「犬と接して私たちは生活している。少しでも犬を助けてあげたらいいかなと思って」6月、福島県飯舘村へ。村に住めなくなった住民たちの犬を預かってほしいと役場に頼まれた。避難先はペット禁止が多い。

2012-03-20 18:17:19
Hiroko @su_chako

@shbttsy74 阪神淡路大震災の時もおんなじ事ゆうてたやないか。あれから何年たったか、わからんのんか。あほか。進歩せんかい。

2012-03-20 18:23:34
ほんのこ @shbttsy74

#NHK ひときわやんちゃな犬、ちゃあ。オス3歳。飼い主は福島県西郷村で避難生活。高倉さん一家。2DKの一軒家で。長女・菜緒さん、中学2年生。次女・三女は小学生。父母とも離れて暮らす。両親は福島市。車で1時間。3姉妹は祖父母と暮らす。

2012-03-20 18:19:48
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 避難生活には慣れてきたが、外で遊ぶことはほとんどなくなった。ちゃあの写真を集めたアルバム。生まれた直後に高倉家の一員となったちゃあ。3年間の思い出がアルバムに詰まっている。飯館村を離れる直前まで、ちゃあの写真を撮り続けた3姉妹。

2012-03-20 18:22:00
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 「会いたい。テレビに犬が映った時に、ちゃあはこうだったよねっていう話をして…たまに写真見たりとか話したりとかして…」すすり泣く3人。「飯舘に帰りたい。帰れたらいいなと思う」ちゃあと離れてから、写真を撮ることはほとんどなくなった。

2012-03-20 18:24:40
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 岐阜にきた犬のなかで、家族のもとに帰れた犬は3頭。2頭は飼い主に会えぬまま亡くなった。上村さん、最も気をつかうのは犬の体調管理。病気の犬には餌に薬を混ぜ、症状が悪化したらすぐに病院へ。チビ、メス13歳。人間の年で70歳近く。フィラリア症。今は薬で治まっている。

2012-03-20 18:26:19
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 飼い主は福島市で家を借りて避難生活。85歳の佐野武雄さん。娘のタケ子さん夫婦とともに、5月に避難。5年前まで村で漁師。チビはそのパートナー。仲間の間でも評判の猟犬だった。「最高だった、あいつは」武雄さんも心臓に持病。避難生活後、足腰も悪くなった。

2012-03-20 18:28:06
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 武雄さんの今の楽しみは、遠くに見える山を眺めること。チビと一緒に山でうさぎを追いかけたことをよく思い出す。この日、娘タケ子さんと、久しぶりに外出。飯館村へ。時々自宅の様子を見に行っているタケ子さんが、一緒に連れてきた。

2012-03-20 18:30:21
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 計画的避難区域の飯館村。出入りは自由だが、今も住むことはできない。2ヶ月ぶりに自宅にきた武雄さん。チビの犬小屋へ。物置小屋の片隅。13年間一緒に生きてきたチビの写真は一度も撮っていない。ペットではなく仕事のパートナーだったから。

2012-03-20 18:32:42
ほんのこ @shbttsy74

#NHK チビは、薬莢で作った笛を吹くと、どこにいても武雄さんの元に帰ってきた。笛の音が鳴る。「いねえやねえ」

2012-03-20 18:34:10
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 上村さん、時々犬たちの写真を撮る。笑顔を狙って。写真は離れて暮らす飼い主へ送る。「飼い主さんも心配していると思う。家族の一員ですので。元気だよというのが伝われば」飼い主からNPOへ手紙が届くことも。NPOへの感謝や、愛犬を思う気持ちが。

2012-03-20 18:35:41
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 犬へのプレゼントを送ってくる飼い主も。ゴールデンレトリーバーのメルのもとには、手編みの座布団が。メルのために初めて編んだという。「飼い主さんの匂いもするんでしょうかね」落ちついた表情で、座布団の上で眠るメル。

2012-03-20 18:37:49
ほんのこ @shbttsy74

#NHK じゃがいも、オス生後9カ月。2011年6月、飯舘村で生まれた。NPOの山口さん、じゃがいもを引き取り災害救助犬に育てている。瓦礫の中で人を探す訓練。普通は血統書つきの犬が救助犬になるが、じゃがいものような雑種がなることは少ない。

2012-03-20 18:39:10
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 山口さん「今の状況の中で、被災された方たちのひとつの光とか、こちらにいる犬たちの思いも背負って代表になってほしい」

2012-03-20 18:40:02
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 高倉家、両親が岐阜に3姉妹を連れて行ってくれることに。長女菜緒さん、テレビに犬の姿が見えると、じっと見入っていた。将来はトリマーになるのが夢。「郡山や東京にしか学校がなくて。高校はその辺の学校に行って、あとは専門学校に行って勉強する。頑張る」

2012-03-20 18:41:29
ほんのこ @shbttsy74

#NHK 佐野武雄さん、身体を気遣って夜7時には床に就く。NPOから手紙が。元気そうに走るチビの写真が入っていた。「じいちゃん喜んで『チビに電話しろ』って言ってた」数日後、チビのもとにプレゼントが。武雄さんが娘と選んだ新しい首輪。チビ、珍しく大きな声で吠え続けた。

2012-03-20 18:43:43
ほんのこ @shbttsy74

#NHK かつて飯舘村にあった、犬と人の日常。奪われた日常がいつ戻ってくるか、わからない。

2012-03-20 18:44:21