ちくわさんが一本取られた話

たまにはこんなこともあるよね
ログ
0
@alalra_yeah
「一日に送信可能なツイートの制限数を超えています。数時間後にもう一度試してください。」って一体なんだこれは? 脱原発分断工作もますます酷くなってくいくのだな
@tikuwa_ore
@alalra_yeah 単なるTwitterの仕様。→https://t.co/Oe8zgKjh/そうやって調べずもせずに陰謀であるかのように騒ぐから反/脱原発派は放射脳ってバカにされるんだよ。日本翼じゃあるまいし、疑問に思ったら騒ぐ前に先ず調べようよ。
@tikuwa_ore
「一日に送信可能なツイートの制限数~」というエラーメッセージはTwitterの正規仕様であり、脱原発や反原発の分断工作ではありません。制限を越えて利用すれば誰にでも起きるシステム上の制約です。https://t.co/muuLVriu
@tikuwa_ore
抱いた疑問を自分で調べない人ほど安易に陰謀論に走り、またそれを望む傾向が強いのが難儀よね。そしてその陰謀を共有する事で妄想が膨らみ、現実認識がズレていく。
@tikuwa_ore
で、現実認識が一度ズレた状態で固定されちゃうとそれが正しいと思い込んでしまい、どんなに証拠や論証を付け加えてその盲を解こうとしてもなかなか抜け出せなくなっちゃうんだよね。自分に都合の悪い事は全て陰謀や悪意である、と被害妄想に走る。
@tikuwa_ore
被害妄想には大きく分けて2種類の段階があって、先ずは自己憐憫。次に攻撃衝動。自己憐憫の段階では他者に対しての強い害意はなく、むしろ自制や自省といった良い方向にシフトする前段階として機能する側面がある。
@tikuwa_ore
この自己反省が上手く機能しなかった場合、攻撃衝動に移行する。つまり自分の言動を反省する事なく、「悪いのはオレではなく、オレを貶めようとする誰かだ」という誤った結論だね。そしてその妄想を論拠に「オレを貶めようとする誰か」への攻撃が始まる。
@tikuwa_ore
被害妄想の気を量るには、当人の言動の矛盾を理解するとよい。例えば同じ匿名者に対する評価であっても、自分を肯定的に評価する場合は信用するが、自分を否定的に評価する場合は信用しないといった矛盾する言動は、被害妄想の最たるものと云えよう。
@tikuwa_ore
これは、ある評価に対して肯定的か否定的かという判断基準は、それを評する人物に対する信用の是非と無関係である事から、容易に妄想であると談じる事が可能である。
@tikuwa_ore
つまりこの発想は、「肯定的な評価は“オレの味方の言葉だから”受け入れる」「否定的な評価は“オレを攻撃する敵の言葉だから”受け入れたくない」という被害妄想が形をなしたものなのだね。
@tikuwa_ore
そも、肯定的であるかどうかは味方かどうかの判断基準ではないし、否定的であるかどうかは敵かどうかの判断基準ではない。この当たり前の道理が判らない人は、間違いなく被害妄想の気があると思って間違いない。気を付けようね。
@tikuwa_ore
そーゆタイプや、あるいは苦言や批判の一切を受け止めずに意固地になるタイプは、ほぼ手遅れ。RT @a_nightbreed: tikuwa_ore 根拠を提示しない人は「自分が間違ってる」と思い始めても、方向修正するきっかけを失ってますよね
@alalra_yeah
@tikuwa_ore 私がこれを本気で言ってると思われたなら とても心外だしショックです。 ジョークの1つや2つ、私だって言いたくなるのですよ、ちくわさん。
@tikuwa_ore
@alalra_yeah あ、ジョークだったんすね。それは失礼しました。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする