【シリーズ考察】 岡村靖幸 友人のふり マテリアル君の考察編

みなさんそれぞれに『俺の~!友人のふり!!』という解釈があると思いますがマテリアル君の考察はとにかく切なくて美しくて胸に迫るものがありました。マテリアル君のみの考察をまとめてみました。
音楽 岡村靖幸 岡村ちゃん
3
Sozaki @s_sozaki
マテリアル君の見解を聞こうか。。
Mt.blue @Material_Blue
それではぼちぼち岡村靖幸『友人のふり』http://t.co/PgQPRnn5 の考察を始めます。
 拡大
Mt.blue @Material_Blue
そもそもこの曲について考えるきっかけになったのは、曲から“夏の日没の浜辺”をイメージしたからです。どうしてそう思ったのか?海のイメージは“岩場のデッキチェアー”からの連想ですね。
Sozaki @s_sozaki
おいおい。。なんかかっこいいな。。
Mt.blue @Material_Blue
何故“夏の夕暮れ”なのか。あらためて考えてみた時、この物語が“日の沈む時間をリアルタイムで描写している”と仮定すると、僕の中では見事にハマったんですね。そしてリアルタイムで進む物語=現在を中心に、起点となる過去、暗示される未来が描かれているのでは?と思ったんです。
Mt.blue @Material_Blue
それでは歌詞の最初から順に説明していきます。“もうどうしようもない程あいつに抱きしめられてたい”これは“僕”が回想した“君”が過去に語った事です。物語の起点ですね。“あんなに辛かったじゃん忘れなさい だから”は“あんなに辛かったんだから忘れなさい”と置き換えたほうが自然でしょう。
Mt.blue @Material_Blue
日本の音楽では、洋楽(英語)をベースとしたメロディに無理矢理日本語を乗せるため、接続詞を入れ替えたり省略したりする事があります。岡村ちゃんの歌詞には特に多いんで、普通に読み聴きしていると混乱する事が多いんですが…。
Sozaki @s_sozaki
ふむふむ!確かに確かに!
Mt.blue @Material_Blue
“辛かった”と聞いたねが過去だから、“本当の気持ち解んない”と続くわけですね。今語った事なら、“急に泣き出しちゃう”理由は“抱きしめられていたい”からと思うはずですから。で、どう考えていようと“君の味方さ ほら”と“君”に一歩近付くんです。
Sozaki @s_sozaki
ファミレスとか言ってた自分がちょっぴり恥ずかしい~♬ ちょ、ちょっと難しいな。。ほんでほんで?
Mt.blue @Material_Blue
そしてこの曲の最大のポイント“岩場のデッキチェアーで 君のリボンを見とれてたら 僕の指を噛んだのは何故?”となります。これ、“指を噛んだ”理由に気になりがちですけど、そもそも二人がどういう位置関係なのか、そっちのほうが疑問じゃないですか?
Sozaki @s_sozaki
指を噛むんだから横に岡村ちゃんが居たんだろ?
Sozaki @s_sozaki
岡村君がね!ww 思いっきり岡村ちゃん書いてもーたww
Mt.blue @Material_Blue
そこで先に言った“夕暮れ”と“言葉の入れ替えと省略”が重要になってくるんです。この部分を“(僕が)岩場のデッキチェアーで、君のリボンに見とれてたら”ではなく、“岩場のデッキチェアーで(夕日を見ている)君のリボンに見とれてたら”と捉えてみて下さい。一気に状況が飲み込めるはずです。
Sozaki @s_sozaki
後ろってことか?。。。ミステリーの要素が出てきたぜ。。。
Mt.blue @Material_Blue
夕日を見ている二人。“僕”は“君のリボンに見とれて”いるんです。“僕”は君の後ろから“君の味方さ ほら”と、“君”の肩に手を乗せたんですよ!!だから“僕の指を噛”めるんです!!デッキチェアーで隣り合っていたり、向かい合っていたら絶対に指を噛むなんて行動は出来ません!!
Sozaki @s_sozaki
マテリアル。。力が入ってきたな。。肩に手を。。あれか。。トントンってしてほっぺに人差し指の?。。そしてパクッみたいな?。。違うか。。
Mt.blue @Material_Blue
この位置関係だと逆光も手伝って“君”の表情が見えませんから、“本当の気持ち”が分からない理由“指を噛んだ”理由が掴めない事も、より納得がいきます。
Sozaki @s_sozaki
逆光~!!一ミクロンも思いつかなかった!!なんて。。。美しい。。頭ん中の情景がたまんなく美しいことになったぜ今。。。
Mt.blue @Material_Blue
出来ない…ですよね?断言しておいて不安になった…(笑)
Mt.blue @Material_Blue
で、“絶対にきっと答えてくれやしない”から何も聞かない、話さないって所で1番は終わりです。ここまでこの二人、おそらく一言も喋ってません。これだけドラマチックなのに一言も言葉を交わさない曲って、他にもあるんですかね?
Sozaki @s_sozaki
ない。つーか俺の中ではファミレスやらコンビニの前やらいろんなとこで話しまくってるけどなwww しかし。。これはとんでもなく美しい曲だ。。もはや映画的ですらある。。ペンションの『いつか青春を振り向いた時、最高の夏。そして一番心に美しく灯したい』ってさっきのシーンじゃないのか?。。
Mt.blue @Material_Blue
【起:君が辛かった 承:今の気持ちがわからない 転:指を噛まれた 結:答えないはずだから何も聞かない】 というのが1番の大まかな流れです。解りやすい起承転結で描かれていますよね。2番はまた少し違うんですが。
Mt.blue @Material_Blue
2番の前に間奏について。この美しいメロディは、時間経過を表しているように思います。二人で見つめていた夕日は、今にも沈みそうになっているんじゃないでしょうか。
Mt.blue @Material_Blue
“あんまりもてなかった方だし 臆病で正直じゃないから あいつの代わりに なれやしないけど”ここでやっと“僕”が重い口を開きます。指を噛まれ、日が沈みそうになってやっと告白しようとする“僕”。多分歴史に残るような勇気を振り絞って言ったのにも関わらず…。
残りを読む(52)

注目の記事 - トゥギャッチ

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする