臨床とドゥルーズ&ガタリ / ラカン的欲望と『一般意志2.0』 - 精神科医@schizoophrenie と東浩紀

45
前へ 1 2 ・・ 6 次へ
千葉雅也 Masaya Chiba @masayachiba

@schizoophrenie (承前)そのあたり、まだモヤモヤしてるのですが、もうちょっと考えてまたご返信のツイートをしたいと思います。僕としては、自閉症というより、もっと惚けちゃうような障碍のケースを考えていることもあって。。。しかしこのあたりの話はヤバいですよね。。。

2012-03-22 23:13:12
schizoophrenie @schizoophrenie

一般意志2.0。たぶん色んな方が指摘しているだろうけど、ここには性の問題と個人に固有の欲望の問題がでてきていない。しかし、この性と欲望という2つこそがフロイトが重視していたものであった。欲望を根底的に問い直す欲望の倫理学がないがしろにされる言説、というのは10年代の特徴かも。

2012-03-22 22:15:36
schizoophrenie @schizoophrenie

LE POUSSE A LA FEMME / EDUARDO MAHIEU http://t.co/nfGFLve2 ラカンの「女性への推進力」に興味のある方はこれをお勧めします。古典精神医学における分裂病の性の問題、アルトーの話をふくめ、シュレーバーを題材に論じられています。

2012-03-22 23:26:20
schizoophrenie @schizoophrenie

@aya_konish 私は「マーケティングの論理」と呼んでいますが、自分の欲しい物を他人に決められるという特徴は際立っていると思います。ラカンはそういう事態のことを「欲望を欲求(ニーズ)に還元してしまう無知蒙昧」と評していました。欲望とは常に「それじゃない」欲望なのですから。

2012-03-22 23:33:34
schizoophrenie @schizoophrenie

ここ数日 - 菌曜日、午前三時 http://t.co/NhQzFjCU 最後の「ラカン研究者」のくだりで呼ばれた気がするのでエアレスしておくと、私はD&Gを批判しているのではなく、むしろD&Gがこれまで読まれてこなかったこと、彼らの議論を臨床にむけて拓くことを考えています。

2012-03-23 10:31:11
schizoophrenie @schizoophrenie

ひとつは、しつこいくらい指摘しているけど、D&Gが使う精神医学用語がアレな翻訳となっており、精神医学の文脈が読み込めなくなっている点。もう一つは、スキゾが臨床的実体としての分裂病とは違う、としたときに、じゃあ臨床的実体としてはどこの部分にコミットできるのかということ。

2012-03-23 10:33:19
schizoophrenie @schizoophrenie

実際、精神医学でD&Gに言及する論者はほぼ皆無。花村誠一先生が初期にちょっと言及したのみで、それも分裂病の「強度」という点のみでそれ以上の展開はない。理論装置としてもうちょっと使えるんじゃないの?というのが私の意見。

2012-03-23 10:36:13

この本はなかったことに・・・? http://amzn.to/GPNcVf

schizoophrenie @schizoophrenie

@ueyamakzk ありがとうございます。なかったことにしたのではなく、抑圧してましたすいません(自分の考える方向性と少々違いがありましたので)

2012-03-23 17:51:24
schizoophrenie @schizoophrenie

その点、D&Gの理解として「めちゃくちゃにするのが素晴らしい」的なカオス的理解から一歩進んで、「逆説的保守主義」のような理解が出てきている点は、彼らの理論をふたたびアクチュアルなものとして社会と臨床に拓くよい契機となるのではと考えています。

2012-03-23 10:39:29
千葉雅也 Masaya Chiba @masayachiba

@schizoophrenie もしDGの理念がめちゃくちゃになること(僕はメスカリンとかLSDの状態を考えてます)じゃなく、ぎりぎりの個体性の準安定状態を目指しているとしたら、そしてその考えを、それなりに健康な人にも適用しようとしているならば、彼らの狙いを臨床的にどう考えるか。

2012-03-23 10:45:11
schizoophrenie @schizoophrenie

東浩紀存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて http://t.co/2urof0U6 が、それまで「テクストの戯れ」と解されてきた80年代デリダを政治的・臨床的なものとして読み解くという転回をつくったのと同じことが、いまD&Gに対しても起こりつつある、ということです。

2012-03-23 10:43:49
拡大
千葉雅也 Masaya Chiba @masayachiba

そうですね、ドゥルーズ+ガタリ論の「臨床的転回」

2012-03-23 10:49:39
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

忘れられてなくて本当によかったです。。RT @schizoophrenie: 東浩紀:存在論的、郵便的が、それまで「テクストの戯れ」と解されてきた80年代デリダを政治的・臨床的なものとして読み解くという転回をつくったのと同じことが、いまD&Gに対しても起こりつつある、ということで

2012-03-23 10:51:21
千葉雅也 Masaya Chiba @masayachiba

この件は、@schizoophrenieさんとじっくり対談したいなあ。ともあれ、そろそろ仕事開始のため、ドトールに移ります。

2012-03-23 10:53:00
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

すごいひさしぶりに「一般意志」で検索したら、いっこうに誤読は収まっていないことがわかったが、もはやほとんどどうでもよいのだった。

2012-03-23 11:14:35
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

.@schizoophrenie さんの読解はいただけないかな。一般意志2.0で政治の中心としているものは熟議と無意識の(現代思想っぽく言えば)「臨床的界面」にあるのであって、無意識の計算的知性による透明化なんてまったく主張していないですよ。。

2012-03-23 11:17:24
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

あと、性(欲望)の話がかけているからこの理論はダメだ、というのは、フランス系精神分析系現代思想系論者お得意のクリシェなので(動ポモからずっとその批判ばっかり)、もっと具体的にお願いしたいです。。

2012-03-23 11:18:43
倉津拓也🐵 @columbus20

動ポモもずっと斎藤環を代表としてセクシュアリティの話がない、セクシュアリティの話をしないのは典型的なホモソーシャルだ、という批判があったのだった

2012-03-23 11:20:17

「動ポモ」というのは、東浩紀『動物化するポストモダン』(2001年)のこと。 http://www.amazon.co.jp/dp/4061495755

東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

動ポモ一般意志2.0には欲望の理論が欠けているからダメだ、と言うひとが、なんで「存在論的、郵便的」を評価できるのか、正直ぼくにはわかりません(あの本はまさに欲望の理論的肥大化を批判するために書いたので)。分析対象がデリダだとOKで、ネットだとダメだという党派性しか感じない。

2012-03-23 11:25:19
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

ひとは合理性だけで生きてはいなけれど、欲望だけでも生きていないですよ。

2012-03-23 11:25:51
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

哲学的に重要なのは、その界面を考えることです。

2012-03-23 11:26:12
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

ニーチェは「人間とは動物と超人のあいだに張り渡された綱である」とどこかで書いているけど、ぼくはその箴言に忠実に哲学をやっているつもりなのですけどね。合理性と欲望のあいだに張り渡された綱としての人間……

2012-03-23 11:27:06
前へ 1 2 ・・ 6 次へ