2012年3月24日

金久先生 京大退官講演

@32nmさんがツイートしてくれたものをまとめました。
3
... .. @32nm

今日は教授の最終講義に出席するために宇治に行きます。

2012-03-16 12:04:43
... .. @32nm

@d_kihara 阿久津先生が業績紹介をしています

2012-03-16 15:17:02
... .. @32nm

@d_kihara 還元論と全体論、分子生物学とシステム生物学、西洋医学と東洋医学

2012-03-16 15:20:05
... .. @32nm

@d_kihara 学生の頃から生物に興味があった

2012-03-16 15:21:02
... .. @32nm

@d_kihara 生命の設計図、遺伝的設計図(ゲノム)、化学的設計図(ケミカル)

2012-03-16 15:23:06
... .. @32nm

@d_kihara 計算機との出会い学部四年乱数の検定、始めての論文修士二年ヘリックスコイル転移

2012-03-16 15:27:23
... .. @32nm

@d_kihara ヘリックスコイル転移、一次元のイジングモデル。ゆらぎをあつかう

2012-03-16 15:28:59
... .. @32nm

@d_kihara 球状タンパク質の構造安定性の熱力学的かいせき。導入したてのグラフックスをつかった。博論。計算機の利用はまだマイナーだった。

2012-03-16 15:30:43
... .. @32nm

@d_kihara フォートランの本、おでんのうたはこの頃

2012-03-16 15:31:46
... .. @32nm

@d_kihara 脂質二重層膜、タンパク質のフォールディングモデル、速度の違う複数のフェーズをあつかう。クタスターモデルとプロリンイソメリゼーションモデルとの比較

2012-03-16 15:34:54
... .. @32nm

@d_kihara これで和田先生に認められた。職がなかったのでロスアラモスにいった。サイエンスの論文をよんでレターを送った。

2012-03-16 15:36:56
... .. @32nm

@d_kihara そのころgenbankのプロポーザルを作成した。

2012-03-16 15:38:28
... .. @32nm

@d_kihara モデルドリブンからデータドリブンへ。

2012-03-16 15:38:55
... .. @32nm

@d_kihara データを見て、発見をしよう

2012-03-16 15:39:20
... .. @32nm

@d_kihara 配列比較アルゴリズム。ゴードカネヒサ法。

2012-03-16 15:40:39
... .. @32nm

@d_kihara ロスアラモスからNIHに転任。1982にgenbank。

2012-03-16 15:42:21
... .. @32nm

@d_kihara 判別分析で膜貫通領域の予測、

2012-03-16 15:42:47
... .. @32nm

@d_kihara 判別分析は、最初の学生の中井さんがタンパク質の細胞内局在部位予測にもつかわれた

2012-03-16 15:43:58
... .. @32nm

@d_kihara IDEASパッケージ。クレイで動く。

2012-03-16 15:44:45
... .. @32nm

@d_kihara 京都大学にうつった。ライフサイエンスデータベースの歴史。分子構造のデータベース。システムを計算機で扱う方向に

2012-03-16 15:48:03
... .. @32nm

@d_kihara ゲノムネット。文部省ヒトゲノムプログラムの支援、サービスを提供するもくてき。

2012-03-16 15:49:08
... .. @32nm

@d_kihara KEGG、システムを扱うために始めた。1995にスタート。非常に良く利用されている。

2012-03-16 15:50:50
... .. @32nm

@d_kihara ユニークIP数、Ddbjの10倍、ユニプロットと同等、ncbiの1/100

2012-03-16 15:52:15
... .. @32nm

@d_kihara dbgetはリンクでデータを統合した、keggは生命システムを計算機で再構築したかった

2012-03-16 15:53:34
残りを読む(23)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?