阪神淡路大震災の瓦礫処理を教訓にすればやはり現地リサイクルと現地処理?

「阪神淡路はフェニックス計画で殆ど片付いた」的な印象は間違いな様なので、少し調べてみました。やはり仮置き場と仮設備に投資し現地リサイクルと現地処理を基本に考えるべきかもしれません。
震災 廃棄物処理施設 東日本 原発 最終処分場 瓦礫 広域処理 阪神淡路 津波
study2007 26217view 83コメント
164
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • study2007 @study2007 2012-03-25 17:23:22
    あ、まあ、一応念のために言っておくと、仮置き場や仮設の処理施設の場所は現在津波被害に合い、更地になったものの、津波への懸念から居住地として許可が下りず利用しづらい土地を期限付きで借り上げれば地権者的にも有効利用なのでは?という素人考えではあります。
  • study2007 @study2007 2012-03-25 17:24:59
    が、少なくとも「(安心して暮らせ、居住制限も無い)高台移転の土地が不足しているから土地は無い」という論理も全くスジ違いだろうと考えます。
  • study2007 @study2007 2012-03-25 17:56:06
    上海さんの資料を追加しました。
  • Yasuo Nakahara @yntwt 2012-03-25 18:26:35
    このようなまとめがあります。ご参考まで。 【瓦礫】阪神淡路大震災では瓦礫の拡散は無かった?【がれき】 http://togetter.com/li/251152
  • study2007 @study2007 2012-03-25 18:48:35
    @yntwtさん。ありがとう御座います。そちらのまとめで提示されている資料http://web.pref.hyogo.jp/wd33/documents/000044725.pdf によると阪神の時は仮焼却施設で2年程で可燃物が約100万トン処理できてますね。
  • study2007 @study2007 2012-03-25 18:51:33
    「木くず処理のために設置された仮設焼却炉は 7市町村で 34基(処理能力 1,780t/日)。」でもって、 最後の方は処理が進んだので日あたりの処理量が減衰してますからホントは2年で100万トン以上いけた感じですね。
  • study2007 @study2007 2012-03-25 18:55:20
    一方、こちらには「広域で燃やして欲しい可燃物の量」というのがあって、若干計算が合わない所もあるものの、岩手で60万トン、宮城で300万トンという感じ。ですので、青森ー岩手ー宮城ー福島ぐらいの範囲に阪神淡路の時の2倍くらいの基数の「仮焼却炉」を作れば期間は1.5倍で3年くらいかかるかもしれませんが、処理できそうですね。
  • study2007 @study2007 2012-03-25 18:56:56
    あ、こちら環境省の広域処理お願いパンフですけどね。岩手57万トン、宮城(表を足すと)300万トン?http://www.env.go.jp/jishin/attach/waste_koiki_mat20120202.pdfとのこと。
  • study2007 @study2007 2012-03-25 18:57:57
    充分できるじゃん?「現地で処理」「現地でリサイクル」。何が問題なの??
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-03-25 19:02:59
    仕事が生まれないから。除染と同じ。発注受注第一。そういう価値観でいま災害復興が食い物にされている。ただでさえ瀕死のこの国を消費しつくすつもりらしい。
  • Yasuo Nakahara @yntwt 2012-03-25 19:04:58
    @study2007 さん、どういたしまして。 東日本大震災の瓦礫処理が阪神淡路大震災より遅い最大の原因は、復興像の策定の遅れに伴う現地処理能力拡充の遅れだと考えています。その遅れを広域処理で取り返そうとしている、と。
  • Yasuo Nakahara @yntwt 2012-03-25 19:08:45
    阪神淡路大震災では、ある意味元の場所を元通りに使えるようにすれば良かった(それでもいろいろ調整が必要でしたが)のですが、今回は津波対策や原発事故の影響を考えなければなりません。
  • study2007 @study2007 2012-03-25 19:10:59
    「現地でできるじゃん」となるとこまでを収録しました。
  • Yasuo Nakahara @yntwt 2012-03-25 19:12:32
    現地の処理能力の拡充「も」必要ですが、量が量だけに広域処理「も」必要です。 「この地域の放射性物質濃度は無視出来る程低い、他地域の瓦礫は混入しない、出荷時に線量検査実施、石綿・PCB等有害物質も分別済み。」と瓦礫の発生地毎に国が保証して順次受入先を募るしかないかもしれません。放射能の懸念から受入を拒否されそうな地域の瓦礫を被災地域内の処理が進んでいる地域で受け入れることも考えられます。
  • study2007 @study2007 2012-03-25 19:13:36
    ですね。まあでも逆に言えば「津波を考えると居住に適さない」的な土地も生じている訳ですからそこを有効利用する方向で行く案と、その方向の説得の方が近道じゃないでしょうか?まあ茨城かギリギリ東京くらいまでなら判りますが、神奈川や静岡県民を説得して何がしたいの?という感じです。
  • Yasuo Nakahara @yntwt 2012-03-25 19:32:21
    同感です。ただ、明確な復興像がないために「ここで」「この時期まで」瓦礫処理(仮設焼却炉設置,焼却灰埋立,瓦礫を使った嵩上げや堤防設置)を処理するという決定や調整がしにくいということはあるかと推察されます。
  • しゅう @shyu_ino 2012-03-25 19:34:45
    早川さんの焼却灰のセシウムマップによると、神奈川県だと地域ゴミの方が島田に搬入されたゴミより汚染されてるですよ。
  • Yasuo Nakahara @yntwt 2012-03-25 19:42:57
    仮設焼却炉の設置は当該市町村が困難なら近隣自治体も視野に入れても良いかと思います。また、可燃物と不燃物の内訳の把握や各自治体の瓦礫を被災地域内の処理能力に振り分ける検討も必要だと思います。> 図録▽東日本大震災被災地のがれき量 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4363e.html 市町村単独で無理なら県内で分担、県内で無理なら被災地域全体と隣県の協力、それでもだめなら全国にと 処理の選択肢・支援の輪を広げるのが自然かと。
  • study2007 @study2007 2012-03-25 20:05:21
    @yntwt様。非常によく判ります。神奈川の場合も元々放射能がどうこう以前に「地元処分」が原則なのに「勝手に外部から」、、というのが反発を招いたんじゃないかと思います。更に放射能についても行政の管理に対する不信がありますし、結局濃度ではなく総量で反発されますから多分難しところかと。まあ原則地元という方向で阪神淡路と同じかその倍くらいの努力をやってみて、それでも処理できないというならまだしも今の様な運用、手続きでは東京以西での説得は難しい様な気がします。
  • study2007 @study2007 2012-03-25 20:50:58
    @HayakawaYukio あ、でも広域にバラまくなんて、仕事と補助金も広域にバラまく様なもので、現地に投入した方がまだ良いんじゃないかと思うんですが、、。まあ要するに広域処理なんてのは「現地不在」の思想なのかも知れませんね。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-03-25 21:04:46
    災害でカネ儲けするのは中央だと昔から決まってる。被災地にカネが落ちたた試しがない。新田二郎の「怒る富士」http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-391.html私の書評あり。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-03-25 21:05:25
    「災害復興を理由に全国の大名から集めた金の過半を大奥改修に使ってしまったり、飢民救助の目的で幕府から支出された3万両を治水工事に流用するなど、災害に乗じて不正が行われるのはいまに始まったことではないと気づかされる。地元業者を出し抜いて江戸の業者だけで工事入札をやってしまう。韓国使来訪の混乱に乗じて駿府の米倉を開かせる。このような権謀術数の中で災害対応が進んでいく。」
  • 国井・久一ほぼO型です。ハイオク仕様。 @kyuuiti 2012-03-25 21:35:40
    参考までに。「阪神・淡路大震災では「がれき」などの処理は県内だけで行われたのか」 http://www.jgnn.net/ls/2012/03/post-4320.html 県外処理は約11%ですね。地震・火事の瓦礫メインの阪神と、津波がメインの東北では単純な比較も難しいかもしれません。
  • study2007 @study2007 2012-03-25 21:39:31
    ええ〜↘、、江戸時代からなんですか〜〜orz。
  • うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-03-25 22:20:41
    江戸幕府の災害対応については、昨年7月に連続ツイートしたもののまとめがあります。日本の現状に置き換えて読んでください。私としては精一杯のメッセージをこめたつもりです。http://togetter.com/li/165536
  • study2007 @study2007 2012-03-25 22:38:44
    ↑必読!1707年富士山宝永噴火:「幕府は何も対策をとらずに沈黙します。小田原藩もほとんど動かなかったようです。困り果てた農民たちは、いきなり「一揆」はしませんでしたが、執拗な請願運動」、、まるで今の状況のまんまorz
  • 愛・蔵太(素人) @kuratan 2012-03-26 00:50:35
    『怒る富士』って小説なんですけどね…。「残りの30万両は六代将軍家宣の命により大奥の改修費に流用された」のソースがうまく見つからない。「阪神淡路大震災の瓦礫処理を教訓にすればやはり現地リサイクルと現地処理?」
  • s_matashiro @glasscatfish 2012-03-26 01:11:38
    地元処理の努力は十分やっているけど、早く処理しなきゃならない部分があるので今動いている施設を持っているところが引き受けてくれ、と言ってます。
  • mako @mako21315 2012-03-26 01:32:08
    石巻ブロック(石巻市,東松島市,女川町)も現地処理しろっていうの?
  • ポッキー @pockyfly 2012-03-26 01:42:30
    河野太郎氏『がれきの処理については、被災地の希望を聞いて支援が必要ならば支援するべきだ。地元で処理すれば雇用が生まれるなどと、よそで勝手に言ってみても、地元には迷惑だ。』http://bit.ly/H5CnN0 に同意。
  • study2007 @study2007 2012-03-26 07:45:44
    東京新聞2012年3月20日記事によると仮設焼却炉は1年経った今でも「宮城県は1基目が試運転に入るところ。岩手県では、宮古市に2基、釜石市に2基整備するが、フル稼働には至っていない。」なんだそうです。阪神大震災では3ヶ月〜1年後には殆どの仮施設が稼働初めたそうなので全然違うと思います。 http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1644.html
  • study2007 @study2007 2012-03-26 07:48:14
    このまとめは「がっさり」とか「充分」とか言った印象や「誰々が何を言った」では無く、定量的に考えてみようという趣旨ですのでよろしくお願い致します。
  • study2007 @study2007 2012-03-26 07:56:40
    (勿論、平安時代とか江戸時代の史料批判については「誰々が何を〜」もオッケーですが)
  • study2007 @study2007 2012-03-26 08:29:26
    (広域処理の搬出元である)岩手、宮城の仮設焼却炉の状況(報道)をまとめに加えました。
  • まようさ @mayousa_desuga 2012-03-26 08:32:23
    現地に20機くらい焼却炉新設、がれきの8割は地域処理。「2割は"がっさり""主流"とはいえない」というまとめの内容に基づけば、今震災のがれき処理も広域処理中心ではなく、現地リサイクル・現地処理が基本と言える。
  • study2007 @study2007 2012-03-26 08:43:30
    「阪神大震災に比べ仮設が2倍くらい必要なのに半分しか計画されてなく、かつ稼働開始も年単位で遅い」という話がまとめに書いてますのでご参照ください。
  • 酋長仮免厨 @kazooooya 2012-03-26 11:27:09
    皆さんは東京新聞がよほど好きなんですね。佐藤圭記者は所沢ダイオキシン訴訟の風評被害を引き起こした環境総合研究所の記事(http://j.mp/ws0vXa)を載せた方でもあることをお忘れなく。 #瓦礫
  • study2007 @study2007 2012-03-26 13:05:39
    ↑ここで話してるのは「岩手、宮城県内、あるいは近隣被災地域の仮設焼却施設の稼働状況」です。関係ない話はどこか他の場所でお願い致します。意義の無いコメントが重なりましたので1つだけ残しkazooooyaさんを私のトギャからブロックさせて頂きます。
  • study2007 @study2007 2012-03-26 20:25:21
    宮城の「ブロック毎」処理計画。までを収録しました。
  • Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012-03-26 20:52:15
    阪神淡路の時は埋め立て用地があったから、なんて話もあったけど、どの程度だったんだろう?(調べてないので話だけ)
  • ポッキー @pockyfly 2012-03-26 21:43:16
    参考:「大阪湾フェニックス事業の阪神・淡路大震災での役割」http://bit.ly/GOChqM 平成7年1月発災、8月末までの搬入量は尼崎沖処分場が約103万t、泉大津沖処分場が54万t、合計157万tに及ぶ。東日本大震災に比べ処理ペースが速い。(最終的に280万t受入)
  • 上海II @shanghai_ii 2012-03-27 02:21:12
    ちょっと書きますと、なんで処理計画を今頃批判してるんでしょうか。去年の7月が山場だったのに。当時宮城県知事のゼネコン丸投げ方式に反対してた身としては恨み言1つ言いたくなります。松本大臣をからかったりしませんでしたか? 今からじゃ、処理計画をご破算にするのは遅すぎる。。。 これでまたぞろ計画が遅れたら何をやってるのかわからんわ。
  • めなむはめこん @MeNamKhong 2012-03-27 02:40:19
    阪神と東北を比較する場合にどちらも瓦礫の量は似た様なものという論があるのだけど、人口当たりでみると差は歴然としていると思う。つまり、地域人口が要因となる既存施設の処理能力や新設施設の運用能力は阪神の方が大きいと思われ、瓦礫量のみで比較するのは妥当ではないかと。
  • study2007 @study2007 2012-03-27 06:56:56
    主として石巻とそれに似た一部地域を抜き出しての事だと思いますが、細野大臣が「広域処理が進まないから復興が進まない」と今現在もお考えの様なので、今からでも広域処理(だけ)にこだわらず「隣接ブロック処理・仮置の拡充」を検討した方がむしろ早く進むんではないだろうか?と思う訳です。
  • study2007 @study2007 2012-03-27 07:00:27
    「ワケの判らない計画がマジメに立案され大金を投じて転がり始める」というのは割とよくあるですが「動き始めたからもう止められない」という「官製の法則」に従ったり、乗っかったりした結果が今なんだろうな、とこの1年反省はしています。
  • study2007 @study2007 2012-03-27 07:20:44
    石巻に作るという戦艦大和は1年半経ってようやく5基のうち1基がスタートとのこと。「建設2年+操業2年」ではなく、(石巻では時間がかかるので)近隣地域にパラで建設し「建設半年+操業3.5年」を考えるべきだったし何基かは今からでも変更できないものかな、と思います。 http://www.sanriku-kahoku.com/news/2012_03/i/120314i-gareki.html
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2012-03-27 07:39:22
    愛知県などの申し出を見ると、処理施設をこれから作る計画を建てようとしてる遠隔地も多いようなので、広域処理が結果として処理を早く進める計画になるかは疑問。「今動いてる施設があるところ」でやる方針じゃないですね。
  • study2007 @study2007 2012-03-27 07:56:08
    え?それって要するに「今でもゴミ処理はギリギリだから瓦礫を受け入れる名目で補助金貰って少しは協力して施設はそのまま利用」みたいな感じなんですかね?
  • 上海II @shanghai_ii 2012-03-27 09:48:40
    隣接ブロック間での融通は既に打ち出してる。でも、上のまとめ、フェニックスの役割は小さい→今回初動が大幅に遅れてるというのは、ごっつ矛盾だよね。また、このまま広域処理が進まないなら広域処理の意味はどんどん薄れていくんだけど、それは広域処理が進まない結果じゃないのかな。
  • study2007 @study2007 2012-03-27 10:20:12
    え?石巻の5基のうち何基かを他ブロックにパラで振るんですか?遅まきながらですがそれならまだ期待できます。ただ二月のパンフの時点ではまだ「広域ありき」の説明みたいでしたが。
  • 上海II @shanghai_ii 2012-03-27 10:55:33
    違います。余裕のあるブロックは他ブロックの処理も引き受けるということです。この時期になってもう1回立案やアセスからやり直しなんて、僕には考えられない発想です。
  • study2007 @study2007 2012-03-27 12:11:03
    (「余裕のあるブロック」、、、??) あ、まあ、「日量何トン分の仮設」とか「仮置き場何m2」とかの話ではない様ですので、そういう「がっさり」とか「被災地では山の様に」とか的な話はここではご遠慮頂けますと幸いです。
  • Yasuo Nakahara @yntwt 2012-03-27 17:45:10
    .@shanghai_ii さん、横から失礼します。阪神淡路大震災(以降 阪神淡路)では、今回広域処理の対象となる可燃物瓦礫の処理におけるフェニックス処分地の役割は小さく、(止むを得ない野焼きを除けば)仮設焼却炉の寄与が最も大きかった、ということなので今回初動が遅れているという指摘とは矛盾していないかと思います。.
  • Yasuo Nakahara @yntwt 2012-03-27 17:52:19
    ただ、@study2007 さんのまとめの発端である @mogmemo さんの「『阪神淡路で広域処理が不要だったのだから今回も不要』という言説は阪神淡路におけるフェニックス処分地の寄与を考慮していない(ので不適切)」というtweet の中の 『阪神淡路で広域処理が不要だったのだから今回も不要』という言説は、阪神淡路でも可燃物の広域処理は実施された(仮設焼却設備による処理の1/10程度)ので誤っている訳ですが。
  • Yasuo Nakahara @yntwt 2012-03-27 17:55:02
    .@shanghai_ii さんの言う「隣接ブロック間での融通」の話は、仮設設備の配分ではなく処理が進んだブロックの処理設備で処理遅滞地域の瓦礫を受け入れる、ということですよね?
  • Yasuo Nakahara @yntwt 2012-03-27 18:02:15
    .@MeNamKhong さん、瓦礫の量だけでなく処理能力との比較を、というのは正論なのですが、阪神淡路でも既存焼却炉の余力(= 通常発生する生活ごみに加えて震災瓦礫を処理する能力)で処理できたのは 19万トンに過ぎません。
  • 波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2012-03-27 18:06:17
    がれきが処分が終わる期間についての話がないのが気になりました。 広域処理をするより現地で処理した方が、がれきの処理が早く終わるという事なのでしょうか?
  • Yasuo Nakahara @yntwt 2012-03-27 18:14:10
    今回広域処理の対象となるのは可燃物(焼却後の灰は不燃物として埋立処理だと思いますが)。瓦礫と処理設備(焼却/埋立/リサイクル,既存/計画)の地理的分布を可燃物・不燃物別に俯瞰して割り振る(加速に有効であれば処理設備増強)のが先決のような気が。被災地域外の既存設備の余力(あるところは少ないでしょうが)での広域処理「も」必要ですが、愛知県のように被災地から離れたところに今から処理施設を新設する計画は瓦礫処理の加速効果とトータルコスト(輸送費)を考えると少々腑に落ちません。
  • study2007 @study2007 2012-03-27 18:58:22
    昨日の院内集会でも区議さんが「域、県内→近隣県→遠隔地域と広げていった場合の最適解はシミしたのか?」と質問したのに対し環境省は「やってない」との解答でした。
  • study2007 @study2007 2012-03-27 19:04:07
    ブロック別の瓦礫量に応じた機械的な焼却施設の増設を計画したものの現場の実現性を考慮してないため運用として遅過ぎ、その遅れをカバーする為の「広域」なものの、、
  • study2007 @study2007 2012-03-27 19:10:16
    現地との距離や残余力を考慮するでもなく、首長の思いこみや「絆」といった感情論、あるいは(東電の関連施設がある)東京や愛知のような思惑により受け入れたり受け入れなかったり?、、というのがここまで調べての印象です。
  • study2007 @study2007 2012-03-27 19:22:40
    「阪神淡路の2倍くらいの増設はする。(戦艦大和ではなく)県内での最適処理を阪神淡路に準じた初動で始める。その上で近隣県の余力はこれくらいあるのでその何%程度ご協力下さい」という話なら理解も得られやすいでしょうし「西日本まで」というような非効率的な拡散の議論には至らなかったような気がします。
  • めなむはめこん @MeNamKhong 2012-03-27 20:12:32
    本来は被災県である茨城ですらようやく手をあげ、千葉に至っては県内で温度差がある現状で、隣接ブロックがどうこうというのは非現実的ですよね。@yntwtさんの指摘と同じになるかもしれませんが、そもそも阪神の際の兵庫県の報告書http://ow.ly/9TWBMの13~15頁に域外処理について触れられていて、「東は、千葉県、埼玉県から、西は福岡県と広範囲にわたっている」と明記してあります。今回の場合、決して西日本まで含めることが非効率にはなりません。
  • Yasuo Nakahara @yntwt 2012-03-27 22:26:17
    確かに、阪神-関東 は 東北-中部 と同程度の距離ですね。ただ、今回は広域処理の対象となる量が多いのでより近場の方が(コスト的に)良いような気が。また、揚げ足取り&議論の本筋から逸れますが、千葉と福岡は自治体受入ではなく民間業者委託です。お金を余計にかけても早く処理したかったのか、受入自治体の限界に達したのかは判りませんが。
  • Yasuo Nakahara @yntwt 2012-03-27 22:42:04
    いずれにしても、同資料p.29の処理設備の設置時期と比較すると(理由はいろいろあると思いますが)今回の現地処理の立ち上がりの方が遅そう。受入余力のある自治体もそう多くないと思うので、一刻も早く処理するために(現地処理の加速に加えて)広域処理の受入先も範囲を広げざるを得ないのかも知れませんね…
  • study2007 @study2007 2012-03-28 07:49:10
    いえ、それは先日の院内集会でも議論になった点で「仮設建設1年+稼働2年」の根拠に依ると考えます。例えば「1+3年」で処理できるのであれば、今回津波被害で農地に戻すのが困難で、かつ居住地としても不安があり、生活圏から離れた場所に1年長く借り置きし地元にお金を落とすのと「稼働2年(にだけ何故か拘り)」広域な反対を抑えと輸送費と補助金をかけるのとどちらがよりマシか、に依ると思われます。
  • study2007 @study2007 2012-03-28 08:00:17
    ちなみに院内集会を見た限りでは、環境省的には「試算もやってなく」、かつ初動と計画もイマイチな為、実質的に仮設建設2年+稼働2年に近い感じで、唯一の根拠が「地元のお気持ち」との事でした。本トギャなら削除レベルの回答です。
  • 波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2012-03-28 18:36:26
    すごい大雑把な計算で申し訳ないですが、宮城県だけで300万tの焼却できるガレキがあり、3500t/日の処理能力を目標としているということは、処理期間は2.3年くらいという事で良いでしょうか?もちろん一気に3500t/日の処理施設が出来るわけではないので、もっと長くかかるとは思いますが。
  • study2007 @study2007 2012-03-28 19:47:14
    瓦礫の大部分を占める宮城県の内訳をいろいろな資料から超概略すると、 可燃+木屑が約400万t、そのうち石巻が300万t。それに対し追加施設が約3000トン/日(仙台市を除く)。県内既存焼却能力がやはり3500トン/日規模なので操業日を増やすなど余力を加えると大雑把に年間100万tの焼却規模。
  • study2007 @study2007 2012-03-28 19:52:14
    計画では「建設1年+稼働2年(残りは広域)」だったものの石巻の戦艦大和が動かないので実質「2年+稼働2〜3年(残りは広域)」になりそうな感じに見えます。
  • study2007 @study2007 2012-03-28 19:59:33
    今からでも戦艦大和を計画変更し「建設1.5年+稼働4年(広域は無くて済む)」のペースを目指せば借り置き期間は1年くらいしか違わないのではないか?というのが一昨日の区議さんの質問であり、私も感じるところです。
  • study2007 @study2007 2012-03-28 20:06:32
    津波被害地は整地はされても、ちょっと大きめの余震がきたらまた(規模は311よりは小さいでしょうが)また津波の恐れがあり、復興計画も補償もやり難い地域だと考えます。阪神淡路のような生活空間の借り置き場と違い「保管期間が一年長い」ことのデメリットと、(根拠なく)稼働2年に拘り輸送費と補助金をばらまくことの無駄さの比較だと思います。
  • study2007 @study2007 2012-03-28 20:17:10
    ちなみに河野太郎議員の「10年~20年」という表記はどの資料をどう評価しても得られませんでした。「個人が感じた桁違いのフィーリング」に過ぎないと思われます。普通ならコメント削除するところですが、瓦礫問題がいかに政治的に、かつ印象だけで語られてきたかを示す一例として最小限残しましたが閲覧はご注意頂けますと幸いです。
  • 上海II @shanghai_ii 2012-03-29 13:41:08
    @yntwt さん、可燃と不燃に分けて論じれば、確かにそうです。今回は可燃と不燃の比が大きく違うんで。
  • 上海II @shanghai_ii 2012-03-29 13:41:59
    ブロック間の融通については、@yntwt さんの解釈通りです。
  • 波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2012-03-29 18:14:37
    study2007さん、詳しいご解説ありがとうございます。ざっとした見積でも1年くらいの差が出るわけですね。瓦礫から離れた所まで粉塵が飛ぶことや、石巻で仮置き場が一杯のため、まだ解体できていない建物の事など考えると、個人的な感想ですが1年早くなるなら広域処理はやったほうが良いと思いました。すいません。
  • 波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2012-03-29 18:19:40
    もちろん、現地の処分場建設がちゃんと運営されてば、さらに処理期間が短くなる訳ですので、広域処理するからいいだろうではなく、現地が遅れている問題をちゃんと指摘する事はとても重要だと思います。
  • study2007 @study2007 2012-03-29 20:26:02
    はい。1年長いデメリットvs(まあ福島県の活用は一旦持ち込むとキレイだったものまで取り扱いがむづかしくなる可能性があるので困難かもですが)茨城、栃木、群馬、そして余力と言う面から恐らく東京辺りまでを含めた案、は検討に値すると思います。いまは政策的な最適解どころかまともな試算すらなく勘違いや思惑をもった首長のスタンドプレーに依存した状態になっており合意どころか議論にならない状態の様に見えます。
  • study2007 @study2007 2012-03-29 20:44:25
    阪神淡路の可燃は重力比で全体の約15%、宮城県の試算では約25%(石巻の分別が進むと多少変わるかも)ということはまとめの資料に載っており本トギャではそれを基に話を整理しております。上海さんのコメントは「がっさり」レベルの印象を繰り返し羅列しているだけですので不適当と判断しました。そういった水準のお話をされるのであればそれに相応しいトギャもあると思われるので、私のトギャからはブロックさせて頂きました。編集権限と御了解頂けますと幸いです。
  • study2007 @study2007 2012-03-29 22:07:29
    まとめから上海さん関連のTweetを削除しました。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-03-29 22:14:56
    岩手県沿岸のゴミ放射線の値です。陸前高田、石巻、気仙沼などが平均100ベクレル以上であり、原発事故前は移動は無理な値でした。http://kouikishori.env.go.jp/faq/houshanou-noudo.pdf
  • study2007 @study2007 2012-03-29 22:15:08
    一応、%だけでなくtでも話しておりますので、その点もご留意下さい。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-03-29 22:40:23
    放射性物質を含むゴミを燃やすと飛灰はどの程度濃縮されるか→https://twitter.com/#!/Todaidon/status/181758248616067072 

カテゴリーからまとめを探す

「ニンジャスレイヤー」に関連するカテゴリー