Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

北アイルランド紛争、暴力・復讐・赦しをめぐって

北アイルランド紛争を「過去のもの」とする中での暴力・復讐・赦しへの動き・取り組みについて、アイルランド在住の @preabsanol さんのtweetsと、@nofrills がこれまでに書いてきたブログから。 ところどころに北アイルランドのコンテクストを有する音楽を挟んであります。 最後に、チベット亡命政権のダラムサラから更新されている中原一博さんのブログ「チベットNOW@ルンタ(ダラムサラ通信)」から、1972年に英軍のゴム弾baton roundで失明したデリーの男性のお話を追加しました。 続きを読む
19
@preabsanol

@nofrills 今日「エピローグ」という北アイルランド紛争の被害者・家族・影響を受けた人々がどうその怒り・トラウマをプラスの方向に転じていくかというワークショップに参加しました。今月後3回あります。また報告しますね。

2010-06-02 03:22:09
@preabsanol

北アイに来て3年になるのに(正確には国境をはさんで共和国側に住んでるのでそのせいかもしれないが)いまだプロテストタントの友人なし。一旦カトリックコミュニティに入ると"The Other side(向こう側、こっちの人たちはカトリック・プロテスタントがお互いにそう呼んでる)”(続)

2010-06-06 20:46:29
@preabsanol

と関わりあいになるのはとても難しい。もちろん町では色々会ってるんだろうけどみな用心して本心明かさないのでわからない。それがここ最近、今回の自由船団襲撃抗議行動などでもカトリック中心の反戦平和運動に関わったり自称「プロテスタント・リパブリカン」の人に会ったり(続く)

2010-06-06 20:48:49
@preabsanol

こうやってより広い視野をもたらしてくれるような出会いがこれからも続くといいな!

2010-06-06 20:49:28
@preabsanol

北アイ紛争・様々な立場の暴力の当事者(カトリック・プロテスタント双方の犠牲者・実行者・遺族など)の正直な思いを並べてみることで暴力や復讐のサイクル、それが許しに転じるきっかけなどを学ぶワークショップに参加。正直かなり重い。(続く)

2010-06-09 06:32:50
@preabsanol

「復讐の連鎖」と言っても家族を殺された遺族には「復讐など考えたこともない」という人も多数、また「復讐の場面を夢想して年月が経った」という人も。復讐を肯定する人は武装組織メンバーなど家族を殺されたわけではなく同じ側の人間・あるいは武装組織メンバーの仲間が殺され、怒りや(続く)

2010-06-09 06:35:11
@preabsanol

「自分たちの側(例えばプロテスタント)が相手(例えばカトリック)に皆殺しにされる」という恐怖から「復讐」という言葉で発端となった元の暴力とは全然関係ない相手側グループの人を(無差別に)殺す、というのが多いよう(元の実行犯わからないこと多いし)。「復讐」の言葉の使い方が(続く)

2010-06-09 06:38:07
@preabsanol

「加害者に仕返しをする」という普通の使い方から外れてる。まあよくいう「社会に復讐する」みたいな感じかな。

2010-06-09 06:39:29
@preabsanol

1976年のキングスミル事件の話は泣けた。6名のカトリック青年(二家族のメンバーそれぞれ3名。一般市民)が殺された翌日工場労働者が乗るバスをIRAが襲ったのだが、11名のプロテスタントと1名のカトリックが乗っていた。人々は最初ロイヤリストが襲ってきたと思い(続き)

2010-06-09 06:50:26
@preabsanol

カトリックの同僚を囲んで守ろうとした。実は襲ったのはIRAでカトリックの労働者だけが逃がされ後の人々は撃たれて10名が亡くなった。うち一人の青年は前日、カトリックの青年たちが射殺されたニュースを聞いて祈りをささげていたのだと。これが「復讐」の名の下に行われたこと。

2010-06-09 06:53:41
@preabsanol

一方でIRAの暴力事件はTV・ラジオで大々的に報道され遺族の姿も映し出されるのでカトリック側の犠牲者の家族は「ああ、あの人たちも同じ悲しみをいだいているんだ」とわかる人多し。一方カトリック側の被害はほとんど報道されないせいか(続く)

2010-06-09 06:58:15
@preabsanol

プロテスタント側にはカトリック側の痛みわかる想像力少ないように感じた(あくまでワークショップの映像を見た中での個人的感想です。違う人ももちろんたくさんいると思う。詳しい方教えてくだされ。)

2010-06-09 06:58:35
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills

"At the age of 17 he was forced to choose. At the age of21 he's in Catch22. Tin soldier,you never see the truth" http://youtu.be/0QQJBvIcl-0

2010-06-09 12:04:25
拡大
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills

http://bit.ly/9xcoHt ビリーは東ベルファストのワーキングクラス・プロテスタント地域で生まれ育った。その地域で育つことはロイヤリズムを吸収することだった。彼は10代で UVFに加わった。UDAを選ばなかったのは「UDAはあまりに大きすぎると思われた」からだった。

2010-06-09 06:54:37
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills

http://bit.ly/9xcoHt 続)親には秘密にしており…「自分は親にうそをついている」と心理的な重荷をビリーは感じていた。…戦闘訓練は受けていたものの、特に実際に活動することもなく、彼はだんだんと組織から遠のいていった。ほかの多くのメンバーもそんな感じだった。(続

2010-06-09 06:56:06
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills

http://bit.ly/9xcoHt 続)ビリーは仕事をし、時々職場の友人を家に連れてきてお茶を飲んだりもしていた。ビリーはプロテスタントだが特にセクタリアンな考え方の持ち主ではなく、その友人はカトリックだった。だがあるとき、教会の日曜学校の女性の先生がリパブリカンに殺された

2010-06-09 06:58:08
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills

http://bit.ly/9xcoHt 続)この事件でビリーはUVFに戻った。…時期は1980年代、81年のハンストでIRAが勢いを得ていたころだった。UVFは日曜学校の先生の報復を計画する。報復だから、殺された先生と同じように、暴力には無縁のカトリックを殺さねばならない。(続

2010-06-09 07:00:04
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills

http://bit.ly/9xcoHt 続)話し合った末、ビリーたちUVFの活動家はターゲットを決めた――ビリーが時々自宅に招いていた、職場のカトリックの友人がターゲットに選ばれた。…ビリーたちの報復の予定は繰り上げられた。ビリーは職場の友人を、いつものように、車に乗せた。(続

2010-06-09 07:00:51
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills

http://bit.ly/9xcoHt 続)そして車をしばらく走らせて、そして、彼の後頭部に銃弾を1発撃ちこんだ。「その瞬間、自分の一部が死んだ」とビリーは後に獄中でジャーナリストに語った。…獄中で、ただ有り余るだけの時間を得て、彼はそれまで縁のなかった「教育」に向かう。(続

2010-06-09 07:03:08
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills

http://bit.ly/9xcoHt 続)何の学歴もなく資格もなく中卒で働いていた彼が、獄中の学習会で高卒の資格を取り、その後獄中オープン・キャンパスで政治学を勉強し学位を取った。講師はビリーの熱心さに強く印象付けられたと語っている。…ビリーは10年ほどで仮釈放となった。(続

2010-06-09 07:04:20
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills

http://bit.ly/9xcoHt 続)出所後、ビリーはPUPで政治の仕事をしていた。けれども収入を得るための仕事となるとろくなものはなかった。「殺人犯」への風当たりは強く、学位があっても、生活保護を受給するのとたいして変わらない程度の収入しか得られない。(続

2010-06-09 07:05:26
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills

http://bit.ly/9xcoHt 続)PUPの一員として、ビリーは1998年のグッドフライデー合意に関わった。けれども彼の「戦い」は終わらなかった。「あの日」を境に、ビリーの一部は永遠に死んだ。彼の「戦い」は、そのこととの「戦い」だったのかもしれない。(続

2010-06-09 07:06:29
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills

http://bit.ly/9xcoHt 続)ジャーナリストはビリーが釈放される前に取材に訪れた。職場の友人を殺したことについて、ビリーは「北アイルランドだからこんなことになった」と述べた。ジャーナリストは「でもあなたが自分で決めたのでしょう?友人を殺すことを」と突っ込んだ。(続

2010-06-09 07:07:47
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills

http://bit.ly/9xcoHt 続)ビリーは「確かに自分は知っている人間を殺した。だが、もし自分がイングランドに生まれていたら、相手がカトリックだからって人を殺そうと決意したりはしなかった」と答えた。……全文はリンク先をクリックしてお読みください。

2010-06-09 07:09:10
@preabsanol

@nofrills そうですね、実行犯でも苦しんだ人はたくさんいる。その自責の念を忘れるためにも「復讐」とか「正義」とか自分を納得させる言葉が必要なのかもしれませんね・・・。

2010-06-09 07:12:34
残りを読む(47)

コメント

n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月9日
少し追加しました(英軍兵士の撃ったゴム被膜弾によって失明したデリーのリチャードさんのお話)。
1
kenjirou_takasima @kenjirou 2010年6月9日
うーん、生々しいし、重い。
1
プラブサノール @preabsanol 2010年6月9日
チルドレン・クロスファイアーはデリーでも信頼される大きな国際支援団体ですよ。ただリチャード・ムーア氏のように最初からその運命を受け入れて突き抜けられる人はやはりまれで多くの人は言葉にならないどろどろしたものを抱いたまま苦しみ続けていると思います。薬物依存・アル中になる人も多いし・・。いま30代の人でも・・。
1
@barumoa 2010年6月10日
なんというか…以前からアイルランドの惨状は耳にしてたけど…かなしすぎる…貧困とかそういうのが問題ではない争い(主に宗教)って理想的な解決策が無いようにしか思えない。同じ島に住んで同じ神を崇め同じ肌の色をした人達でさえこれだもんなぁ…
1
プラブサノール @preabsanol 2010年6月10日
私は北アイルランド紛争は宗教戦争ではないと断言します。 歴史的にカトリックがカトリックであることを理由に英国殖民政府に弾圧されたり権利・就業の機会などを制限され、それが結果的にカトリックの貧困につながって、結果的にカトリックとプロテスタントというのが対立する二項を表す大きなポイントにはなっているんだけど。 宗教的理想(相手の宗教は間違っているから改宗させる、あるいは殲滅する)のために武器を取ったというより、宗教はむしろ相手と自分を区別し自分の正当性を・あるいは仲間との一体性を強化し維持するたのツール(
1
プラブサノール @preabsanol 2010年6月10日
(ありゃ、後半消えてるせっかく書いたのに)・・ツールとして利用されてる(呪文のようなもの)として利用されてはいるけど決して武器を取った理由ではないと思います。 もっと書いてたけど消えてがっくりきたんでまた今度。
1
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月10日
「宗教戦争」ではないですね。単に、互いに対立する2つのコミュニティの一方が宗教的にはプロテスタントがほとんどで、もう一方がカトリックであるということで、宗教上のおしえをめぐる争いではない。その場合に宗教紛争であるかのようなワーディングをすることはどの程度妥当なのかという点については、NIでも議論がないわけではない(Slugger O'Tooleなどを参照)。
1
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月10日
.@barumoa さんのコメントにある「同じ神を崇め」という部分については、難しい話なのですが(神学論争になってしまう)、「プロテスタントの神」と「カトリックの神」は違う(非キリスト教徒の私に言わせれば「プロテスタント/カトリックの信仰を有する人間の理解する神」の意味)、という認識がないわけではないことは議論の前提として押さえておいて損はないかもしれません。例→ http://bit.ly/9vcILx
1
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月10日
http://blip.fm/~rtset 北アイルランド紛争での「宗教」が、リアルにどのようなものだったかについて物語る曲。歌詞(非常に強烈です)→ http://bit.ly/aDKKgw
1
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月10日
それから、英国人であるクエンティン・クリスプ(←どういう人かについては名前で検索を)がかつてこんなことを言っているそうです。 http://www.quotationspage.com/quote/33014.html 「北アイルランドの方々を前に私は無神論者なんですと申しあげましたおり、ひとりの女のかたが立ち上がってこうおっしゃいました。『あら、そうですか、ところであなたが信じていないとおっしゃる“神”は、カトリックの人々の神ですか、それともプロテスタントの人々の神ですか』」
1
@barumoa 2010年6月10日
ふーむ民族紛争的な感じのほうが強いのか…一体化を促し敵を定めるための宗教…知らない人から見ればちょっと宗派の違うキリスト教にしか見えないのになー…
1
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月10日
大別して2つの「人々が自分はここに属しているという意識を持っている集団(帰属集団)」の間での対立、という説明が最大限度ではないかと私は思います(もっと本当に学問的に専門の方は別な定義をなさるかもしれませんが)。「民族紛争的」といえばそうなのですが、厳密には「民族」ともまた違うのです(「民族」をいかに定義するかという問題があるのでこれもまた難しいのですが)。
1
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月10日
例えば、現代のIRA(=1910年代の独立戦争のころのIRAではないもの)の方向性(武装闘争至上主義)を決定付けたショーン・マクシュトイファンという人はイングランド人です(本人ロンドン生まれ&育ち、お父さんイングランド人、お母さんアングロ・アイリッシュ)。英語版ウィキペディア参照: http://bit.ly/dplbqc
1
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月10日
組織的なアイルランド独立運動(英国からの独立)の源流と位置付けられているのは、18世紀の「ユナイテッド・アイリッシュメン」とその指導者であるウルフ・トーンですが、トーンは「カトリック」ではなくプロテスタントでした。 http://en.wikipedia.org/wiki/Theobald_Wolfe_Tone つまり「アイルランドは独立すべきか、英国の一部であるべきか」という政治の問題は、個人の属する宗派に依存する問題ではなかった、ということです。
1
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月10日
1910年代の独立戦争の直接的源流となった19世紀のアイルランド自治法 (Home Rule) をめぐる政治的運動においても、その中心であったパーネルはプロテスタントです。 http://en.wikipedia.org/wiki/Charles_Stewart_Parnell で、こういったことについては既に書いたものがありますのでよろしければそれをご参照ください。 http://nofrills-nifaq.seesaa.net/article/110708717.html
1
プラブサノール @preabsanol 2010年6月10日
北愛紛争はよく「カトリックの人々(あるいは武装集団)」と「プロテスタントの人々(あるいは武装集団)」の二項対立で語られることが多いけど、私はこれに英国政府・英軍が加わった三項対立(もちろん英政府・英軍はプロテスタントの側に立つことが多いので1対2となることが多いんですが)だと思います。そして英軍(北アイ警察も。ここ最近まで警察は圧倒的にプロテスタのが占めていた)が紛争”拡大”に果たした役割は非常に大きいと思います。
1
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月10日
また、NI紛争の基点に「英国政府による弾圧」を持ってくるのは、ナショナリズムのナラティヴでは正しいことなのかもしれませんが(「800年に及ぶ英国の支配」という語りなど)、事実としてはどうなのかなあと思います。「北アイルランド紛争」というコンテクストでの「そもそもの問題」は、アングロ・アイリッシュ条約、つまりアイルランドの南北分断/北アイルランドの成立後ずっと政治を独占していたユニオニスト(宗教的にはプロテスタント)の支配層(当時の「北アイルランド自治政府」。英国政府とは別です)が、「カトリック」に対する差
1
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月10日
……「カトリック」に対する差別政策をとっていたことです(「一票の格差」の放置……というか区割による格差の意図的な創出、就職差別など)。1960年代、「カトリック」の人々は「ユニオニストの支配層」に対し「差別をやめろ」と声を挙げた(北アイルランドの「公民権運動」)。それに対し北アイルランド自治政府の警察は警棒で応じ、またデモ申請には許可を与えないなどの弾圧策を実行するなどしたのですが、「英国政府」が絡んでくるのは「デモ→警察が出動→投石など&警棒など」のようなことが常態化し、北アイルランド自治政府では事態が
1
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月10日
……北アイルランド自治政府では事態が収拾つかなくなってきた後のことです。具体的には1969年8月に英軍が北アイルランドに入った後です。「中立な平和維持軍」の名目だった英軍は、実際には「プロテスタント側」と組んでいたことがすぐに明らかになり、「カトリック側」の一般の人々の信頼を完全に失い、「カトリック側」の一部過激派である武装集団の攻撃の対象となった。
1
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月10日
以下、別の場に書くことにします。このサイトがあまりに頻繁に応答しなくなるのでイライラが限界です。Twitterまでクジラ画面になってるし。
1
n o f r i l l s /共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2010年6月10日
ここでの記述は、「北アイルランドがどこにあるのか知らない人でも理解できるように」的な方向で単純化してあります(少なくとも人に読ませるために書いています。自分の独り言ではなく)。またサイトが応答しないなどの物理的要因もあり、複雑な事象の一部しか書いていないなどの欠点も多くあります。その点は「システム的限界」と受け取っていただければと思います。(つまり、「IRAについて書いてないのはなんでだ」って突っ込まないでください。そこに話が行く前にロスタイム発生で単に時間&忍耐力切れ。)
1
@barumoa 2010年6月11日
お疲れさまです!しかしイギリスは争いの火種はまき散らすは火に油を注ぐは色んなところで碌な事やってないイメージが多いな…そういやイスラエルとパレスチナの争いも英国がすげー関わってるんだよな…紳士と二枚舌の国とはよく言ったものだ…あまり他国の事を悪く言うのもいけないんだが
1