Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

浮気が発覚した旦那と激怒する妻を仲直りさせたミルトン・エリクソンの妙技

めんたね尾谷幸治シリーズ。心理療法家ミルトン・エリクソンの症例集から。興味のある方は、めんたね事務所で開催されているエリクソン研究会のページをご覧下さい。→http://t.co/iHPyIINz
188
めんたね(やさしい) @mentane

昨日のエリクソン研究会で扱った症例は大変に面白かった。浮気発覚後の夫婦カウンセリングの事例を二例扱ったのだが、どちらへの対応も見事である。

2012-03-30 09:02:39
めんたね(やさしい) @mentane

浮気発覚の場合、双方がやり直す意思を持っていたとしても、浮気をされた方は浮気をした方に対して強い怒りを持っている。そのままやり直そうとしても怒りが相手に向くために責めたり、攻撃したり、不機嫌さを向けることになる。これだと責められる方もうんざりしてしまって関係が壊れる。

2012-03-30 09:06:01
めんたね(やさしい) @mentane

そこで、浮気をされた方の怒りをうまく解消する必要がある。エリクソンはそのために儀式を使った。昨日のケースでは夫がメイドと浮気をした。エリクソンは以下のような指示を出す。妻はメイドに命じて夫の洋服をスーツケースに詰め込ませ、それを前庭に運び出させてぶちまけさせること。

2012-03-30 09:26:31
めんたね(やさしい) @mentane

次に、メイドに命じてそのぶちまけた服を再び部屋の中に戻す。それからまたスーツケースに詰めて前庭に運ばせてぶちまける。これを気が済むまで何度でも繰り返しやるように、と。

2012-03-30 09:28:13
めんたね(やさしい) @mentane

また、夫は家から追い出されていて、妻の気が済んで許す気になったらそれを妻が夫に伝える。それまでは夫は家に戻ってはならない。

2012-03-30 09:29:08
めんたね(やさしい) @mentane

また、その前にエリクソンは夫に対して以下のような指示も出している。妻の前でメイドに対して徹底的に罵ること。また、メイドも夫に対して徹底的に罵ること。

2012-03-30 09:30:54
めんたね(やさしい) @mentane

1.妻の前で夫とメイドを罵り合わせる 2.メイドに命じて夫の洋服を庭にぶちまけるという儀式を繰り返しやらせる 3.夫は家から追い出し、妻が許す気になったら呼び戻す 主にこの3点が介入の内容になる。

2012-03-30 09:32:44
めんたね(やさしい) @mentane

1ではメイドを敵に回して夫と妻の連合を作る。メイドは妻に対しても日頃の不満をぶちまけているし、夫とメイドは妻のベッドで不倫をしたので妻のメイドに対する怒りも大きい。敵の敵は味方となり、夫と妻は手を組める。わざわざそのような状況設定をエリクソンは仕立て上げたわけだ。

2012-03-30 09:40:31
めんたね(やさしい) @mentane

2は儀式の利用による怒りの解消をはかる。夫の洋服とは当然、夫のシンボルになる。夫を部屋から追い出すということを気が済むまで繰り返しやるわけだ。また、メイドにそういう不毛な作業を命じてやらせるところもポイント。不毛な作業をいいつけられたメイドは従わねばならない。

2012-03-30 09:44:07
めんたね(やさしい) @mentane

妻はメイドによって踏みにじられたと感じる自分の権力を取り戻すことができるし、夫への怒りのいくらかは、矛先を変えてメイドにぶつけられることによって解消されるであろう。メイドがこの作業に疲れ果ててぐったりする様子を見れば、妻の怒りもだいぶ減る。

2012-03-30 09:45:38
めんたね(やさしい) @mentane

気が済むまで何度でもやらせるというのもポイントだ。本人がうんざりして飽き飽きするまで儀式をやらせる。「怒るな」と周りから怒りの感情を出すことを止められると、人間はもっと怒る。しかし、「怒れ」「怒りをぶつけろ」「もっと!もっと!」と要求されると怒る気をなくしていく。

2012-03-30 09:47:06
めんたね(やさしい) @mentane

「怒れ!怒れ!」とカウンセラーがクライアントに対して積極的に指示を出して、クライアントの怒りの感情をなくしていくというのは、「症状処方」とか「抵抗奨励」とか「パラドックス」とか呼ばれている。エリクソンお得意の手法の一つである。

2012-03-30 09:48:44
【メタ倫理学脳モード】天婦羅★三杯酢 @templa_3

うん。「怒れ」という命令は目から鱗です。確かにどんな行動も強制されればイヤになるし、反対されると余計やりたくなるものだけど、ネガティブな情動も強制されるとやる気がなくなると言われると、はっとします。

2012-03-30 09:51:54
めんたね(やさしい) @mentane

@templa_3 エリクソンはこの手の指示が天才的にうまいんですよ。指示しても実行してくれないとうまく機能しなかったりしますしね。上手に指示に従わせるような関係性と状況設定をこさえてから、この手の指示を出すから抜群の効果を発揮します。

2012-03-30 10:51:10
めんたね(やさしい) @mentane

儀式による怒り感情の解消はエリクソンは息子たちの兄弟喧嘩を止めるのにも使っている。大きい兄が小さい弟をからかった。弟は怒って兄を殴った。兄はさらに弟をからかう。弟は憤慨して殴る。これがエスカレートしていった。そのとき、エリクソンは以下のような対応をした。

2012-03-30 09:52:21
めんたね(やさしい) @mentane

「お前たちは喧嘩がしたいのだな。ようし、十分に喧嘩をさせてあげよう。私の部屋に来なさい」エリクソンの部屋に呼ばれた息子たちは以下の指示を受ける。「兄は弟をからかいなさい。さあ。よし。では次に弟は兄を殴りなさい。うん。まだ喧嘩したりないだろう。もう一度繰り返しなさい」

2012-03-30 09:58:37
めんたね(やさしい) @mentane

「まだまだ足りないだろう。兄はもっと大きな声で罵って。弟はもっとしっかり殴らないと。ほら。」これを数時間やらせた。息子たちが野球の予定があるのでやめたいと言っても、「まだまだ全然喧嘩したりないだろう。しっかりやりなさい」と続けさせられる。

2012-03-30 10:00:14
めんたね(やさしい) @mentane

数時間後、ようやく息子たちは喧嘩の儀式から解放された。その後、息子たちはその件についてこういっていたようだ。「二度とオヤジの前で喧嘩なんてするもんか」と。

2012-03-30 10:01:05
めんたね(やさしい) @mentane

3の妻からの許しが出るまでは夫は家に戻れない、という条件設定は、妻に自分に権利とパワーがあると感じさせる一方で、実は何よりも夫のためである。妻から許しが出て戻るときには、夫は過剰な非難を妻から受けずに済むからだ。

2012-03-30 10:04:27
めんたね(やさしい) @mentane

妻が自ら「夫を許そう」という気持ちになるまでは呼び戻さない、という設定にされている。多くの人はこういう件に関して受動的になる。「夫がひどいことをしたから、私はこんなに傷ついているの」という風に。

2012-03-30 10:06:19
めんたね(やさしい) @mentane

しかし、この条件設定では妻は能動的、主体的に「私は夫を許すわ」と思わなければ、夫が戻ってこられない。もし永久にそう思えないのであれば、実際、わかれてしまった方がいいであろう。妻はいつまでも夫を責め続けるからだ。そのような期間は夫と妻を切り離しておく。

2012-03-30 10:07:30
めんたね(やさしい) @mentane

夫が戻ってくるときには妻は自ら夫を許す決断が済んでいる。あとは二人で仲良く楽しく暮らすだけだ。その覚悟ができなければ夫を呼び戻さないからだ。

2012-03-30 10:09:04
めんたね(やさしい) @mentane

この事例にはいろいろな要素が詰め込まれており、非常に勉強になる。大変に面白い。数年前の読書会でこの事例を扱った時とはまた違う発見や気づきがあり、それがまた面白い。

2012-03-30 10:11:48
めんたね(やさしい) @mentane

この事例を数年前に扱った時には「おいおい。メイドに人権与えられないなあ」と驚いたものであるが、今回はまた違った視点で見ていた。

2012-03-30 10:26:15
めんたね(やさしい) @mentane

「どちらにせよ、メイドはこの夫婦のもとでは働くことはできない。しっかりこの夫婦との関係を断って、他に行った方が幸せになれる。変な未練や甘えを残さないように夫婦対メイドで思いっきり対立しておいた方が良いのかもしれない」という視点だ。

2012-03-30 10:27:09
残りを読む(8)

コメント

arabiannightbreed @a_nightbreed 2012年3月30日
対立する国同士の戦いを止めるには、平和を押し付けるのではなく、儀式化された戦争が有効とか思いました(ブブゼラを振り回しつつ)
1
浅生楽🔥新世界の訪れの前の巨大な炎 @Asailuck 2012年3月30日
スポーツはまさに儀式化された戦争ですね。ただ、戦いがエスカレートして対立が激化するケースも多いから、(サッカーの日韓戦など)「儀式化された戦いを無理やり押し付けてやらせる」という形をいかに作れるか?が成否を分ける気がします。
1
浅生楽🔥新世界の訪れの前の巨大な炎 @Asailuck 2012年3月30日
あら。mentaneアカウントでコメントしたつもりが、とぅぎゃったーはAsailuckアカウントだったw失礼。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月30日
上記二つの発言は@mentaneによるものです。@Asailuckがよくめんたね事務所に来て、ぼくのパソコンで色々やっていくので、時々アカウント間違いがそのまま起こりますw
0
浅生楽🔥新世界の訪れの前の巨大な炎 @Asailuck 2012年3月30日
まとめを更新しました。エリクソン研究会 http://t.co/iHPyIINz について付記しました。
0
粒㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳あ㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳ん @keroa18 2012年3月30日
果たして、男女が逆の場合に同じ手法になるのかどうか・・・
0
Sofvot @sofvot 2012年3月30日
メイドがどういう人間なのかを理解した上でこのような儀式をやらせているのがツボ。
1
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
エリクソンの夫婦カウンセリング話のまとめが、一日で25000view!すごいことになっている。色々なコメントがあって面白い。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
特にはてなブックマークが300越え。このような内容はviewに対してはてブやtwitter上のコメントが多くなるようだ。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
このまとめについてのコメントをいくつかの類型にわけてみる。もっともシンプルなものは「面白い」「すごい」「うまい」というもの。もう少し付け加える人は「どのように応用できるか分からない」「そっくりこのままやってもうまくいくとは思わない」といった感じ。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
「エリクソンの事例は全く参考にならない」と誰かが言っていて吹き出してしまった。確かにその通りである。そっくりそのまま真似ても意味がないし、効果が出ない。逆効果になる場合も多い。
2
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
エリクソンのやり方を相手の性格や周りの状況を無視して機械的に当てはめると、電子レンジで猫を乾かす暴挙になってしまいがち。そういう意味でエリクソンの事例はまったくマニュアル化できない。そういう目的で『アンコモンセラピー』(エリクソンの事例集)を読んでも意味がない。
2
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
じゃあ、どうしたらいいの?というと、エリクソンはこのような状況でなぜこのような介入法を選んだのか?そして、なぜこのようなやり方で効果が出たのか?ということをきちんと吟味、検討する必要がある。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
たとえば、「怒り解消の儀式」というものはなぜ機能するのか?どのような場面や状況で用いることができ、どのような場面ではうまくいかないのか?儀式に必要な要素は何か?そういう細かい分析をしていくことで、この事例の中に含まれているエッセンスを抽出できる。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
自分の頭を使ってしっかり読んで、自分の頭を使ってエッセンスを抜きだし、自分の頭を使って目の前の状況への応用の仕方を考える。そして実際にそれが目の前の場面に適用されるときには、もともとエリクソンがやった行動とはかけ離れたものに見えるかもしれない。だけど、それでいい。
1
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
だから、お手軽なマニュアルが欲しい人はエリクソンを読む必要がない。多分、効率が悪い。でも、こういうことをあーだこーだと考えるのが好きな人にとっては研究しがいがあって大変に面白い。それがエリクソンの事例の特徴だと思う。
1
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
エリクソン自身が100人のクライアントがいれば、100通りの心理療法のやり方がある。目の前の相手をよく見なさい。そして、その相手に適した心理療法のやり方をその場で作りなさい。そうやって言っている。まあ、実際のところはそれはなかなか難しいけれども。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
あとは「メイドカワイソス」という感想も多いみたい。まあ、そうだよな、と思う。それについてはこのまとめの終わりの方でコメントをしてあるのでそれでよしとする。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
他には「この夫はまた浮気を繰り返すだろう、そのフォローは?」「こんなやり方では夫婦関係の再構築の過程が扱われていなくて意味がない」系のコメントもよく見られた。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
夫婦関係の再構築に関してはちょっと省略したのだが、夫に対しても妻に対してもそれぞれ相手の辛い状況や感情を説明して配慮させるくだりが『アンコモンセラピー』本文の中にはさらっと書いてある。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
なので、そこがまったくなかったわけじゃないよーと後出しながら付け加えておこうと思う。どのようにそこを扱ったのか、詳しくはわからない。まあ、その辺は当たり前のことを当たり前にやったというだけで、著者のヘイリーには重要じゃなかったのだろう。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
「夫はまた浮気をするんじゃないか?」説に対してはそうかもしれないね、と思う。ただ、一度の浮気の大事で懲りてやめる人もいるであろう。こればかりはフタを開けてみなければわからないし、それでいいとエリクソンは考えていそうだ。
1
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
彼の治療を見ていると「困っていることがあれば、それを変えればいい」が基本発想で必要以上に手を入れない。そして、「困ったらまたいらっしゃい」と治療室から追い返す。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
クライアントは日常生活の中で自ら学ぶ力があり、その力を最大限に利用する。心理療法家はそのためのちょっとしたセッティングだけを行って、なるべく早く日常に戻す。こういう方針が大まかにありそうに見える。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
「夫が絶対に浮気をしないように心理教育を行う。夫が貞節を守る人間になるまではカウンセリングし続ける」というのは、コストパフォーマンスが悪いのではないかと僕も思う。
0
めんたね(やさしい) @mentane 2012年3月31日
ちょっといじってみてうまくいくならそれでいいし、うまくいかないならまたもう少しいじってみる、でいいのだと思う。
0
骨盤パワー @kotubanpower 2012年4月2日
カウンセリング・心理学って、私達の生活の中ではもっといかされたほうがいいと思う。私もダイエットネタでご紹介させて頂きましたけど、こういう日常の場面から今回のような大事な場面まで、心理学やカウンセリングがもっと浸透していけば、上手に楽しく楽に生きられると思うな。→ダイエット成功の鍵は脳~あなたに贈る7のダイエット心理学 http://bit.ly/w8V3iI
0
釣本直紀 @turimotonaoki 2012年11月16日
この指示はメイドが妻の命令に従う性格だと分かっていたから出せたんだろうか。事例として読むと、メイドは妻の命令に背いて、家を出された夫を追いかければいいじゃないかと思ってしまう。妻に従う理由が分からない。
0
加藤 @world_of_bear 2012年11月20日
こういうことを考えたこともあるけど、実際にやらせてみようと思ったことはなかったです。心の動きを計算して、そのレール上に人間を配置することにおこがましさを感じるからでしょうね。ピタゴラスイッチは感動的だけど、エンジンをつけて自ら走らせる方が妥当だと思う。
0
うずたかき存在 @inai_hito1 2013年1月19日
なんか孫子の兵法の心理学版みたいだな
0