10周年のSPコンテンツ!

食品用の簡易放射線測定装置でできるだけよい測定を行うために:RADIQ FS200編

RADIQ FS200(http://t.co/YAMPiKCd )は韓国NuCare Medical Systems製の食品用簡易放射線測定装置です。 検出器直径が3 インチ=約7.5 cmあり、γ線スペクトルが測定できて1 Lマリネリビーカーが使えるのはいいのですが、サンプルチェンバーの鉛の遮蔽壁の厚さがたった2 cmしかありません。それでも恐らくその分値段が安い(と思われる)せいか、すでに新潟県の自家消費農産物の検査http://t.co/YAMPiKCd に使われ、岩手県や宮城県でも導入が決まっているところをぼちぼち見かけるようになって来ました。 何とかユーザー情報を集め、問題点を洗い出して使いこなしのコツをつかめたらと思ってこのまとめを作りはじめました。新情報は判明次第追加して行く予定です。この装置の導入先をご存知の方、まとめ主@parasite2006 までご一報下さい。 続きを読む
科学 セシウム137 セシウム134 放射線測定 遮蔽 カリウム40 食品
30
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
ちょっと気になっていた韓国製の食品放射能測定器RAD IQ FS200、実際に使っているところのスペクトル。 http://t.co/Eazgj94j しかしこれ、K40のピークがえらいずれてるような。放射性セシウム領域のエネルギー校正、合ってるかなぁ?
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
ちなみにうちのTN100も、ここまでではないけどK40のピーク少しずれてるんだけど、メーカーに聞いたらNaIのリニアリティはあまりよくない、とのことで。本体のファームウェアとは別個にベクレル測定ソフトで2次式で校正できることはわかったんだけど、K40の定量は棄ててるので保留。

(↑TN100はテクノAP製のNaIシンチレーションサーベイメーターhttp://bit.ly/H322cE 。スペクトル表示機能付きで、カタログの写真にあるように専用コントローラーの表示ウィンドウで確認できます。
もっともこの装置では、別に遮蔽容器を用意しない限り食品の測定はできません)

小野寺拓【有限会社黄金製麺所】 @koganekitakami
気になります!北上市の給食センター三ヶ所に入る同機種です。うすい遮断20mmも大丈夫ですかね?RT“@kaztsuda: ちょっと気になっていた韓国製の食品放射能測定器RAD IQ FS200、実際に使っているところのスペクトル。 http://t.co/dAktnwmc しかし
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
いやぁ、遮蔽をケチっちゃダメですよ。軽自動車にV6 3000ccのエンジン積んでどうする?、みたいな。 @koganekitakami うすい遮断20mmも大丈夫ですかね?
小野寺拓【有限会社黄金製麺所】 @koganekitakami
もったいないですね!笑 べた踏みしたら壊れちゃいそうですね。RT“@kaztsuda: いやぁ、遮蔽をケチっちゃダメですよ。軽自動車にV6 3000ccのエンジン積んでどうする?、みたいな。 @koganekitakami うすい遮断20mmも大丈夫ですかね?”
nao @parasite2006
@kaztsuda @koganekitakami 横からすみません。この機種一応日本アイソトープ協会の食品スクリーニング機器リスト(現物は改訂中で引っ込められた)にものっているのですが、あまりに遮蔽が薄いので危ぶんでいたところでした。どうせなら上位機種で遮蔽壁3 cmのにすべき
nao @parasite2006
@kaztsuda @koganekitakami 新潟県がこれを3台買って自家消費用農産物の簡易検査に使っていますhttp://t.co/04mFCo4C 安いからと導入する自治体がおそらく他にもあり、これからさらに出てくるはず。どこかで実機検分し問題点を洗い出す必要がありそう
小野寺拓【有限会社黄金製麺所】 @koganekitakami
@parasite2006 @kaztsuda 岩手県内の測定器を導入していな市町村は給食検査用に県の補助を受けて測定器を導入します。 北上市は4月から、この測定器。 他の盛岡市なども4月から測定器の導入が決まっています。もしかしたら同じものかもしれません。
nao @parasite2006
@kaztsuda @koganekitakami ただ、この装置のカタログhttp://t.co/YAMPiKCd には、他の装置で見たことのない空間線量率と検出限界値の関係が書いてあるのがいい。
nao @parasite2006
@kaztsuda @koganekitakami 遮蔽壁2cmのはBG 0.5 μSv/hで1Lを10分でCs-137の検出限界が25 Bq/kg。BGが0.1 μSv/hだと1 L、20分で10 Bq/kg。3 cmでは1 L、10分で0.5 μSv/hが20、0.1だと10
nao @parasite2006
@koganekitakami @kaztsuda 遮蔽壁が薄いのを知らないで、安いからと飛びついた可能性が高いですね。NaIなら5 cmほしい。最悪でも消費者庁の一次配分並の4 cm。岩手県下だと空間線量率が屋内で0.1 μSv/hを超えるようなところはありましたっけ?
nao @parasite2006
@koganekitakami @kaztsuda もうひとつ、自治体が食品用の検査装置を自前で導入する場合、機種選定は誰がどのようにやっているのでしょう?
小野寺拓【有限会社黄金製麺所】 @koganekitakami
@parasite2006 @kaztsuda カタログ俺も見ました。岩手県内の屋内で0.1を超えそうな場所は県南の一関市、平泉町になると思います。が、測定器導入済です。 きちんと測定出来るかが心配です。
小野寺拓【有限会社黄金製麺所】 @koganekitakami
@parasite2006 @kaztsuda こんど給食センター所長さんに選定方法聞いてみます。 ちなみに前導入したLB200は市の環境課と給食センターで決めたようでした。
nao @parasite2006
@koganekitakami @kaztsuda 有難うございます。情報お待ちしております。
nao @parasite2006
@koganekitakami @kaztsuda 自治体が持っている装置はまずスペクトルを見せてもらえないし、オペレーターに志願しない限り実機検分無理そうなので困りますね。いったいどうしたものか。

秋田県の給食検査に導入されていたRADIQ FS200、6台中1台に不具合発生し全機使用停止

m13% @mari_channel
【秋田県】不具合で給食食材検査見合わせ http://t.co/1nQAxMN9 「実際とは異なる検査結果が出る」「これまでの検査結果が正しかったかどうか」「すべての給食食材の検査を見合わせ」←秋田の給食検査はスゴイと思っていたので残念・・・。

(↑上の引用先はNHKのテレビニュースですが、現在は見ることができません。地元紙「秋田魁(さきがけ)新報」は4/18付けでこのように伝えましたhttp://bit.ly/JTBWDB この記事から6台の装置の配備先がわかります)

CAVU @cavu311
秋田県の給食測定,4/13までの結果はまだ見られるんだ。装置はRAD IQ FS200 かー。 学校給食食材の放射性物質検査結果について http://t.co/bC6NcKAS RAD IQ FS200については http://t.co/hWJjqijN にまとめが。
nao @parasite2006
秋田県の給食検査が測定機器の不具合で見合わせ、18日から秋田市教育委員会は独自に検査会社に依頼して検査を続行http://t.co/9sllAl4c 6台の装置(同機種)のうち1台が16日に故障と判明http://t.co/EVlsnWqe 。機種は一体何なのだろう?
CAVU @cavu311
@parasite2006 秋田県の給食検査のページ http://t.co/9VnoZ5EH にあるPDFだとRAD IQ FS200っぽいのですが詳細は不明です。FS200は以前まとめ作られてましたよね。http://t.co/hWJjqijN
nao @parasite2006
@geophysics 有難うございます、確かに4月分の測定結果のファイルには間違いなく機種名が入っていますね。これは遮蔽壁が2 cmしかないので、少々危ぶんでいた所でした。不具合って一体何があったのかしら?
CAVU @cavu311
@parasite2006 こちらこそ,いつもいろいろ情報ありがとうございます。まとめ http://t.co/hWJjqijN を拝読すると遮蔽(とスペクトルの信頼性)に不安がありそうですが,秋田ですとBGは比較的低そうですよね…。早く解決することを願います。
残りを読む(270)

コメント

nao @parasite2006 2012年4月19日
「秋田県の給食検査が測定機器の不具合で見合わせ」というニュースに驚いたら、使用装置が遮蔽壁が2 cmしかない韓国製RADIQ FS200と判明しましたので、まとめに追加し情報収集を開始しました。この機種をご使用中の方、不具合としてお心当たりのことがございましたら何でも結構ですので、まとめの欄外コメントでご教示いただければ幸いです。
nao @parasite2006 2012年4月20日
4/20午前中までに集めた情報を追加しました。秋田県がこの装置の導入に利用した文科省の「安全安心のための学校給食環境整備事業」http://t.co/EX2RnZr3 って、わからないことが多くて困ります。
nao @parasite2006 2012年4月20日
秋田県の給食検査を一時停止に追い込んだ「測定機器の不具合」の実態とは、セシウムが検出されたのでゲルマニウム半導体検出器で精密検査してみたら不検出になったのだとの情報を頂きました。裏付け、あるいは否定の情報ををお持ちの方は@parasite2006までご一報下さい。
nao @parasite2006 2012年4月20日
「簡易型放射線測定装置で食品を検査してセシウムが検出されたのでゲルマニウム半導体検出器で精密検査したら、不検出になった」という場合、一番考えられるのは何かカリウムの非常に多い食品を測定して天然放射性元素の放射性カリウム(K40)を放射性セシウムと誤判定するケース。
nao @parasite2006 2012年4月21日
秋田県の給食検査見合わせを伝えるニュース動画(削除されました)を見直した所、問題の装置は窓の近くに設置され、バックグラウンドスペクトルに屋外からのγ線の影響が出ていることがわかりましたので、スクリーンショットとともにまとめに追加しました。
nao @parasite2006 2012年4月23日
検査装置の製造元の千代田テクノルのホームページに出た「不具合発生のお詫びと対応について」と装置の設置状況がわかるニュース動画の引用をリストの説明文に追加しました。
nao @parasite2006 2012年5月1日
RADIQ FS200の「いいバックグラウンド」「悪いバックグラウンド」「普通に(まともに)放射性セシウムを検出したスペクトル」をまとめに収録しました。問題はNaI検出器入りの簡易測定装置に共通するものです。機種にかかわりなくNaI検出器入りの簡易測定装置を使った食品検査に従事しておられる方、あるいは検査結果に関心をお持ちの方はぜひ一度ご覧下さい。
P-chan @Pchanz01 2012年5月3日
@parasite2006 さん この測定器は自動的にCs-134とCs-137などのピークを探しに行くAutoROIを持っているため、誤ってCs-134の低いエネルギーをCs-137と誤認識してしまったための不具合のようです。そのせいでCs-137が過小評価されてしまったみたいです。
nao @parasite2006 2012年5月5日
秋田県の給食検査を一時停止に追い込んだ「測定機器の不具合」の実態とは、セシウム137のピークを認識せず不検出と判定していた(ゲルマニウム半導体検出器での再測定により確認)ということで、メーカーは連休明けに改訂版のデータ解析ソフトを配布して対応するとのことです。@Pchanz01 さん、貴重なご教示有難うございました。
nao @parasite2006 2012年5月5日
また同じ現象が福島県玉川村のRADIQ FS200でも起こっていたことが、自家消費農産物の簡易検査結果http://t.co/UNSxy3Xk から伺えます。この機種をご使用中のところは過去の測定結果を再点検し、スペクトルと測定数値を照合してセシウム137のピークが見落とされていないか確認して下さい。そして改訂版のデータ解析ソフトが届いたら必ずインストールして下さい。
nao @parasite2006 2012年5月5日
RADIQ FS200と同様のセシウム137のピークの見落としがホールボディカウンターでも発生していることを早野先生(@hayano )よりご指摘いただき、スペクトルもご呈示いただきましたので急遽まとめに追加しました。同じ理由によるセシウム137のピークの見落としは、エネルギー分解能の低いNaI検出器入りの簡易型γ線測定装置には解析ソフトのピーク検出アルゴリズムの不備により発生する可能性があります。お手持ちのスペクトルを早野先生のスペクトルと比較し、同様の事態が発生していないかご確認下さい。
nao @parasite2006 2012年5月8日
千代田テクノルが新しいお知らせhttp://bit.ly/IIlKpY を出し、改訂版のデータ解析ソフトの配布を5/7から開始すると正式表明しましたので、リストの説明文に追加記載しました。
nao @parasite2006 2012年5月10日
リスト内の見出しを1本変更しました。
nao @parasite2006 2012年5月16日
秋田県にRADIQ FS200 を納入していた業者が判明しましたので(といっても4/21付けの新聞記事http://t.co/Hv215Ia2 に掲載)、関連のつぶやきをまとめに追加しました。それにしても装置6台に改訂版データ解析ソフトをインストールして動作確認するのに5月末までかかるって・・・
nao @parasite2006 2012年6月5日
6月の第1月曜(6/4)が過ぎましたが、秋田県ホームページの給食検査コーナーhttp://bit.ly/KsLJam を見る限り改訂版のデータ解析ソフトを入れたRADIQ FS200 が現場復帰した形跡は見られません。ひょっとして永久お蔵入りで機種不明の代替機が今後使われることになるのかしら?
nao @parasite2006 2012年6月5日
消費者庁の貸出し放射線検査機器の最終第6次配分の機種は、日本サードパーティ株式会社が落札したベラルーシ製のATOMTEX AT1320と決まったことが判明しましたので、関連のつぶやきを「番外編:消費者庁の検査機器貸出しの機種選定って・・・」に追加しました。
nao @parasite2006 2013年5月13日
久しぶりに福島県玉川村のホームページに行って農産物の持ち込み測定の結果http://bit.ly/13Rb184 (2013年3月末までの分しかなく、年度が替わってからの分は未公開)を見てみたら、さすがに2012年2月と3月の分からI131の測定結果欄はなくなっていました。
nao @parasite2006 2013年5月13日
2012年5月の連休明けにFS200の改訂版データ解析ソフトが配布されて以降、福島県玉川村でCs134の単独検出は5/7(タケノコ)、5/7(フキ)、5/14(アスパラ)、6/13(しその葉)、11/12(チンゲンサイ)、12/18(ゆず)だけ。もっとも検査件数は2013年になってから激減し1月-3月末までの分がたった26件。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする