10周年のSPコンテンツ!

あの弁護士から回答が来たけれど…。続「正社員の解雇には2千万円かかる!-社長は労働法をこう使え!」の怪しいミスと脱法行為

これまでのあらすじ…「気鋭の労務専門弁護士」の絶好調人気連載「社長は労働法をこう使え!」第三弾「正社員の解雇には2千万円かかる!」で、まさかの基本的「ミス」が発覚。さらには脱法的行為が無批判で紹介され、労働問題の「最前線」にいる労働弁護士、労働NPO、労働問題研究者が総つっこみが入る。↓ 「これ、弁護士が書いてるの?「正社員の解雇には2千万円かかる!-社長は労働法をこう使え!」の怪しいミスと脱法行為」 http://togetter.com/li/280564 続きを読む
経営 法務 ブラック士業 向井蘭 弁護士 労働法 ブラック企業 ダイヤモンド社 退職勧奨 リストラ
92

これまでの流れをおさらい。

横田大樹🌓書籍編集者 @editoryokota
仮処分の時の二重払いは、ほとんどの人が知らない話。労働法務の最前線にいる著者ならではの解説です。/正社員の解雇には2千万円かかる!|社長は労働法をこう使え!|ダイヤモンド・オンライン http://t.co/DkXEIjah
坂倉昇平@ブラック企業ユニオン(総合サポートユニオン) @magazine_posse
「労働法務の最前線にいる著者ならではの解説」のはずが…。/これ、弁護士が書いてるの?「正社員の解雇には2千万円かかる!-社長は労働法をこう使え!」の怪しいミスと脱法行為 http://t.co/m5gJGfWP

一夜明けても弁護士や労働法研究者の追及は続く…

shin @shinshinshin_01
@theophil21 件の弁護士の主張には不快感を覚えました。 一般化できない極端な事例を紹介して危機感を煽った上で、それを解決する手段として極端な方法論を提示する。自分の意見を通すために政治家等(大阪市長など)がよく行うトリックだとは思いますが、同業者としては不愉快です。
theophil21 @theophil21
@shinshinshin_01 「一般化できない極端な事例を紹介して危機感を煽った上で、それを解決する手段として極端な方法論を提示する」 その通りですね。このような態度が横行すれば、対抗する側もいくらでも対極にあるような事例をどんどん持ち出して不毛な争いが生じるだけなのですが。
ささきりょう @ssk_ryo
衝撃の事実だ。いま、例の向井蘭先生の本を立ち読みしようと駅の本屋に立ち寄ったら例の本はなかったものの、別の本があったので、念のため立ち読みしたら、あの二重取りの記載とほぼ同じ(例えも同じ)記載があった。彼の本ではこれが定番になってるのではないか。誰も今までつっこまなかったのか…。
弁護士白鳥玲子 @sirarei
とある労働事件の相手方代理人弁護士が,TL上で話題になっている。会社側労働事件専門ということで売り出し中なのだけれど,民事訴訟法,保全法・執行法の基本事項にも反することが労働事件だけでまかりとおるはずもなく・・・。なぜこういう間違いを周りの人が助言しないのか不思議。
弁護士白鳥玲子 @sirarei
(承前)「●●専門」という形で売り出しても,法律の専門家からは適切な批判ができるけれど,一般の方はネットや著作がある「専門」弁護士に飛びつくことになる・・・。情報がネットで溢れるようになって,却って難しい時代になっちゃいましたね。
坂本正幸 @sakamotomasayuk
二重払いになりますよ。だから嫌がらせして自主退職にしましょうね。なんて指導してたら失格だよね。
坂本正幸 @sakamotomasayuk
@editoryokota 二重払いってほとんどの人が知らないんじゃなくて、二重払いが認められないから。つまりあり得ないってこと。>仮処分の時の二重払いは、ほとんどの人が知らない話。|社長は労働法をこう使え!|ダイヤモンド・オンライン http://t.co/RoVCIPoi
坂本正幸 @sakamotomasayuk
件の誤った労働法の情報。編集者のアカウントにリプいれといた。二重払いは誰もしらない!だからすごいでしょ!って感じだったけど、生じないんだから知らないよね。
坂本正幸 @sakamotomasayuk
編集者も「この人売り出そう」って発想があるからなぁ。編集者さんも大変なんだろうなぁ。
浜木綿弁右衛門 @leplusallez
甲府地裁平成21年3月17日判決は「賃金仮払仮処分命令に従って金員を支払っても…本案訴訟においては,その仮の履行状態を考慮することなく請求の当否を判断すれば足りるというべきであり,賃金仮払仮処分命令に従って仮に支払われた金員はその後に清算の対象となるにすぎないのである。」とある。
坂本正幸 @sakamotomasayuk
@leplusallez 別計算するよ、でも当然に清算するもので二重取りはできないよ(って言うまでもない結論だけど)、ということだよね。これを二重払いで戻らないと読むのかな?
浜木綿弁右衛門 @leplusallez
@sakamotomasayuk そうです。法的に、二重払で戻らないと読むことは出来ないと思います。
渡辺輝人 @nabeteru1Q78
昨日の夜に話題になったダイヤモンド・オンラインの労使問題の記事についての色んな人のつぶやきをposseさんがまとめてます。ダイヤモンドからはまだ訂正記事出てないと思う。 / “これ、弁護士が書いてるの?「正社員の解雇には2千万円かかる…” http://t.co/79DX0sgX

反響を受けて、ダイヤモンドのサイトの連載本文に、「気鋭の労務専門弁護士」こと向井蘭弁護士による回答が追記される。

横田大樹🌓書籍編集者 @editoryokota
@sakamotomasayuk ご意見ありがとうございます。ご指摘の件、向井先生に新たに加筆をしていただきました。http://t.co/F6zNfxa7
向井蘭 @r_mukai
ダイヤモンド・オンラインの記事について様々な意見をいただきました。本訴判決で仮処分で支払った賃金が控除されるかという点について加筆しましたので、興味の有る方はご覧下さい。http://t.co/bWSkvBVW
高橋雄一郎 @kamatatylaw
向井蘭せんせのいう二重払いって、法律上二重払いが許容されているという意味ではなく、事実上二重払いとなってしまう可能性のある判示をした裁判例があるという意味だったのね。

あまり現実的でない向井弁護士の回答に、さらに突っ込みをいれざるをえない弁護士・労働NPO。

坂本正幸 @sakamotomasayuk
仮処分と本案の二重払い、修正したらしいが、払ったのは戻ってこないってかいてたから今更何を言っても、って感じだね。どう修正したかは知らないが。
坂本正幸 @sakamotomasayuk
@kamatatylaw 元の文章でそこまでは読めないですな・・・それに会社側が請求金額のうち仮処分で払っている額を本案のほうで主張して認容されないようにすると思うんで、彼の本も全部書き直しになるのかな?
NPO法人POSSE事務局長/川村遼平 @kwmr_posse
「正社員の解雇には2千万円かかる!-社長は労働法をこう使え!..」が加筆されました。二重払いについては既に別の方が同じ判決を示していましたが、改めて彼自身の追記を見ることで、何をごまかそうとしていたのかがわかりますhttp://t.co/t5PM56Gz
残りを読む(16)

コメント

Assume @_Assume_ 2012年3月31日
どうやら袋叩きになっとりますな・・・。実務者としては、その手の本読んできた客に「ああそれトンデモ本ですよね(失笑)」で終わる話なんじゃなかろうかとか、なにかしら釘を刺しておくべき流れになっている気もする。
松本孝行 @outroad 2012年3月31日
POSSEは元々労働者保護を考えている団体なわけで、こういう論旨になるのは当然。ただ、これだけじゃどちらが正しいの?ってことがわからない。反論に実際の判例がないし、かつ本も読んでないから。ただ、感覚的には解雇にかなり金がかかりそうっていうのは思う。
富 ユタカ @lkj777 2012年4月6日
上の人のコメントはおかしい。判例ありますよ?あと推奨しないなら、最初から書かなきゃいいけど、それでガンガン本を出し続けてその言い訳はないですねー。じゃあ今までの本は詐欺なんですか?
WicKid @wickid101 2012年11月2日
常識的には完全ブラックだけど、法律的には明確に規制されていない手段で追い込みましょう! って、それ事件屋か総会や屋の発想では...
BUNTEN @bunten 2013年1月1日
「別計算するよ、でも当然に清算するもので二重取りはできないよ(って言うまでもない結論だけど)、ということだよね。」以外の読み方を思いつけないのはやっぱり俺が素人だからですか?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする