2012年4月1日

Togetterでの対談纏めの作り方

すでにたくさん纏めを作っている方には無用のものですが・・・ Twitterで行われた対談をTogetterで纏めるとき、読みやすい纏めはどうすれば作れるか、と考えたときの纏めです。 対談を纏めるときの参考になれば、幸いです。
10

事前準備

夢乃 @iamdreamers

まずTwitterで、対談している人を全部入れたリストを作る。対談の主要人物だけでなく、纏めに入れたい発言をしたひと全部を入れる。

2012-04-01 12:09:02

纏めの作成

夢乃 @iamdreamers

次に纏めの作成。呟きを抽出するとき、[Twitter検索]-[リスト]を使って、Twitterで作ったリストから抽出する。TLからだと他の呟きが多いし、単語・個人検索だと複数回検索が必要なので。

2012-04-01 12:09:24
夢乃 @iamdreamers

必要な呟きを抽出したら、時系列順に並べ[重複を削除]しておく。とりあえず、これで作成完了。

2012-04-01 12:09:40

デコレーション

夢乃 @iamdreamers

次にデコレーション。色分けを決める。対談の場合、2~3グループにまとまるので、それぞれのグループで同じ色にする。個人ごとに色分けすると、返って読みにくい。どうしても個人ごとに分けるときは、同じグループの人は同系統の色にする。

2012-04-01 12:09:58
夢乃 @iamdreamers

色を決めたら、各人の発言をその色でデコレーション。サイズはあまり大きくてもみにくくなるので、[大きい]程度で。

2012-04-01 12:10:11
夢乃 @iamdreamers

さらに、非公式RT部分等、他の呟きと重なる箇所は[普通]サイズ+[灰色]でデコレーションする。ただし、非公式RT部分の元の呟きを取り込んでいない場合はデコレーションしないまま(別グループの発言ならその色でデコレーション)しておく。

2012-04-01 12:10:28
夢乃 @iamdreamers

これでデコレーションは終了。

2012-04-01 12:10:50

最終調整

夢乃 @iamdreamers

最後に、時系列でない部分を並べ替えるとより判りやすい。たとえば、Aさん(a1)を発言したあと、Bさん(a1)に対する質問(b1)を発言して、その後でAさん(a2)(b1)に対する回答(a3)を発言したとする。

2012-04-01 12:11:10
夢乃 @iamdreamers

とすると、時系列では(a1)(b1)(a2)(a3)になるけれど、(a3)(b1)に対する回答なので、(a1)(b1)(a3)(a2) に並べ替えたほうが読みやすい。

2012-04-01 12:11:29

ちょっと判りにくいですが、(a2)(a3)を入れ替えています。

最後に

夢乃 @iamdreamers

これで、それなりに読みやすい対談纏めになると思う・・・あとは纏め主の工夫次第で。

2012-04-01 12:12:31

コメント