巷で騒がれている低線量被曝の怖さはどうなのでしょうか?

・いつも丁寧に質問に答えてくれる @pkanzugさんに感謝です。 ・その他、専用タグのまとめもご参考に☞ http://togetter.com/t/pkanzug ・このように優しく答えてくれる専門家がどんどん増えて、放射能恐怖症から卒業する方達が増える事を祈っています。
放射能 被ばく 被曝 pkanzug 外部被曝 放射線 甲状腺 低線量被ばく 内部被曝
kazooooya 21186view 54コメント
238
ログインして広告を非表示にする
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 10:23:34
    @mikiabo 放射線で痛みは出ませんよ。放射線治療で使うような非常に強い放射線でも痛みは出ません。痛みに限らず、即時的な症状が出る強さの放射線は、全身に浴びたら普通は死ぬ線量です。シャワーで流したら痛みが取れたとか、移住したら症状がやんだ、みたいなのは全て放射線と無関係です。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 10:54:18
    「放射線は知覚できないのが怖い」というのは概ね共通認識になってるのに、放射線を浴びると症状が出て、浴びなくなると収まる(=知覚してる)と主張する人が時々います。放射線は一般に知られている刺激物質類とは全く違うものなんで、空想でストーリー膨らませるにしてももっと勉強しましょう。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 10:54:56
    あと、目に見えて症状が出るような放射線量って相当な高線量(ミリの付かないSv単位)で、そんなの全身に浴びた人がいたら香典を用意しとくレベルですから、「移住したら治った」みたいなのは全部放射線以外の何か(精神的ストレスかも)が原因です。高線量被曝の怖さを舐めないでいただきたい。
  • majyoramkiki @majyoramkiki 2012-04-04 13:04:58
    @PKAnzug 初めまして!浴びる…のではなく、内部被曝の場合はどうでしょうか?移住し、食べ物も変えたら状態が良くなることは考えられませんか?移住された方達のTweetを拝見していると、特に若年層の子供さんの親御さんは、内部被曝に敏感になってらっしゃるように感じるのですが…。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 13:13:09
    「自分は放射線のことを心配している」という趣旨の発言は、被災地の方からすると不愉快な場合もあるでしょうけど、そういう発言をしてはいけない、みたいな雰囲気にはしない方がいいと思います。発言された誤解は解くことができますけど、発言されない誤解は解けませんから。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 13:23:05
    @majyoramkiki 内部被曝も一緒です。出てくる線源の位置と主に働く線種が違うだけで、放射線がやらかすことは同じことですから。目に見えた症状が出てしまうのは、死ぬような高線量の場合です(I-131では例外がありますが、特徴的な症状で、それを訴えてる人は見たことないです)。
  • majyoramkiki @majyoramkiki 2012-04-04 13:40:03
    @PKAnzug 教えて頂きありがとうございます!内部被曝も外部被曝も同じなのですね…。目に見えた症状が出た時は、死ぬほどの高線量を浴びてしまった時。。では、巷で騒がれている、低線量被曝の怖さはどうなのでしょうか?生活者の立場なので、一番気になります。今後、長い戦いでしょうから…
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 13:55:22
    @majyoramkiki そこは幾つか前提になる知識も必要な話なので、仕事の合間合間にちょっとずつ書き溜めてから話しますね。少し待っていて下さい。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 16:00:02
    @majyoramkiki では、さっきの質問の回答、一気に流しますね。暇な時に読んでみて下さい。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 16:00:29
    @majyoramkiki まず一番基礎的な部分ですが、放射線の生体への影響には「確定的影響」と「確率的影響」という2種類があります。確定的影響というのは、かなり強い放射線の影響で、照射範囲の細胞が多く死んだり変性したりすることで出る影響。弱い放射線では起こりません。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 16:01:08
    @majyoramkiki 確率的影響というのは、細胞のDNAの変なところに傷が入ることで癌細胞に変化してしまうというものです。これは比較的弱い放射線でも低確率ながらあって、放射線が強くなるほど確率が上がります。低線量被曝ではこちらが問題になります。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 16:01:27
    @majyoramkiki なぜそういう確率の話になるかは、放射線によるDNA損傷と細胞が持つDNA修復のせめぎ合いの話になって難解になるので、ここでは伏せます。もし興味があったら話しますが、今は「低線量被曝では、発癌する確率が線量に応じて上がるのが問題だ」と思っといて下さい。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 16:03:45
    @majyoramkiki で、一瞬で浴びる場合の話では、おおよそ100mSv以上浴びると発癌が増えだすっぽいと言われています。100mSv未満の被曝では増えないのかというと、これは分かっていません。影響が小さすぎて、影響があるのかないのかすら分からないんですね。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 16:04:28
    @majyoramkiki 今回の原発事故で一般大衆が晒されることになった放射線量は、空間線量の増加分と食事などからの内部被曝を合わせて考えても、この「影響があるのかないのか分からない放射線量」の範囲の中でもかなり下の方(少ない方)に入ります。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 16:04:53
    @majyoramkiki 「100mSv以上で発癌増加は一瞬の被曝の話。長期だと分からない」という人もいますが、同じ量被曝するなら短時間で浴びる方が危ないんですよ。人体の細胞には放射線によるDNAのダメージを修復する能力が有りますが、少しずつ浴びるなら修復の余裕がありますから。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 16:05:09
    @majyoramkiki また、放射線が癌を起こすのは放射線がDNAに傷を付けるからですが、DNAに傷をつけるのは原発由来の放射性物質だけではありません。呼吸で発生した活性酸素、多種多様な化学物質、元々体内にある天然の放射性物質が、四六時中DNAに傷をつけまくってます。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 16:05:24
    @majyoramkiki 天然の放射性物質は安全だ、という説を聞いたことがあるかもしれません。これは明白な嘘です。天然の放射性物質も出すのはβ線やγ線といった放射線で、同様にDNAに傷をつけています。修復機構や癌細胞の除去機構が優秀だから、ホイホイ発癌しないだけで。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 16:05:51
    @majyoramkiki こういう天然の放射性物質で代表的なのは、放射性カリウム(K-40)と放射性炭素(C-14)ですが、60kgの人で大体合計6500Bq(K-40が4000、C-14が2500)ほど体内に持っていると言われています。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 16:06:41
    @majyoramkiki つまり、体内の放射性物質による低線量被曝は、生まれる前からずっと起きていたことであって、全く新しいことが起こってるわけではないんです。で、ここに放射性セシウムが少し入ったところで、大差はないわけですよ。セシウムは体内での挙動もカリウムと似てますし。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 16:06:56
    @majyoramkiki 低線量の内部被曝に関してはこんなところで。では外部被曝はどうか。これは単純で、「実際に年間10mSv程度の放射線を浴びる高自然放射線地域の人たちにも、放射線が原因と思われるような奇形や発癌増は見られていない」という事実の提示で十分ではないかと思います。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 16:07:09
    @majyoramkiki と、こんなところです。要するに、内部被曝であれ外部被曝であれ、低線量被曝が特に怖いなんてことはありませんよ、ということで。
  • majyoramkiki @majyoramkiki 2012-04-04 17:44:41
    @PKAnzug お忙しい中、とても分かりやすく噛み砕いて教えて下さりありがとうございます!!最近、難しい話になると脳が寝たふり起こすので(これは加齢のため^^;)お気に入りに、頂きましたTweetを登録させて頂きました。一度読ませて頂きましたが、後でじっくり読みます!感謝!!
  • その他参考まとめ
  • ツイートまとめ 科学 12928 view 5 247 24 users PKAサン 作成の 放射線影響図 分かりやすいです。(まだ暫定版だそうです) 最新版↓ http://twitpic.com/94ye5l
  • ツイートまとめ 原発 53442 view 89 850 103 users 低線量被曝の影響ってどうして良く分からないのか?に関する対話 低線量被曝による健康への影響は「良く分からない」と言われますが、その意味は「何が起こるかさっぱりわからん」ではなくて「影響が小さくてはっきり影響が見えない」という意味です。そのツイをしたときの皆さんからのレスポンスが興味深かったのでまとめておきます。 特にhindu_kush420さんには長々とお付き合いいただきました。意見が交わせたことに感謝いたします。

コメント

  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 19:11:08
    私の5つ目のツイートに出ている「I-131では例外的に出る症状」について解説します。I-131(放射性ヨード)を甲状腺を手術で取っていない人に何ギガベクレルも投与すると、甲状腺に腫れ・痛み・熱感といった症状が出ます。これは放射線による紛れもない急性症状ですが、I-131は甲状腺に極端に集まる性質があって、甲状腺以外の組織にはあまり被曝しないので、患者さんが被爆死したりする心配はありません。ただしそれでもそれなりの被曝なので白血球は減ります。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 19:17:07
    甲状腺癌の手術で甲状腺を除去している人に投与した場合、手術で取りきれない甲状腺の残骸(甲状腺床/thyroid bedといいます)に集まって人によっては似たような症状を出すほか、甲状腺に次いでヨード集積しやすい唾液腺に集まって急性唾液腺炎をよく起こします。これも放射線被曝による急性症状ですが、患者さんは死にません(しつこいけど白血球は減る)。いずれにせよ、これはI-131を何ギガベクレルも投与した場合の話で、今回の事故で一番I-131が飛んでた頃でも、こんな症状を出すほど摂取するのは不可能です。
  • 民間人 @minkanjinno 2012-04-04 20:03:53
    I131の場合、β線は甲状腺内で殆ど止まるし、逆にガンマ線は大半が体外に逃げる感じでしょうか?位置的に。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 20:59:14
    I-131治療時の正確な組織被曝分布は、思考実験から推定するしかないですね(コンピューターを使った厳密なシミュレートも可能と思いますが、そこまでするほどではないです)。仮に甲状腺に全量が集積したと仮定した場合、β線の大半は甲状腺内部で吸収される一方で、甲状腺に接している気管や血管などにもそれなりにβ線の被曝はあるはずです。γ線もやはり甲状腺の被曝が最大で、甲状腺を離れるほど被曝量が小さくなる恰好の全身被曝だと思います。
  • neologcutter @neologcut_er 2012-04-04 21:00:36
    I-131を何ギガベクレルという状況は・・・ #放射脳 の妄想でしかないですね。つまり甲状腺の心配はしなくていいということですね。
  • PKA @PKAnzug 2012-04-04 21:00:38
    ただし、γ線も骨や軟部組織によって減衰するので、きれいな同心球状の分布にはなりません。また、実際のI-131は甲状腺以外にも少量分布するので、線源も甲状腺のみとはなりません。なので、上記の考え方も簡易的なものですが、大雑把にはそんなもんです。もちろん、主線源が首なので、体外に逃げる分も多いです。
  • PEN @pensound 2012-04-05 01:02:54
    なんだかしっくり来ないまとめです。
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-05 01:39:49
    被曝線量は生涯の累積で影響を考えるので、年間1mSv、生涯100mSvくらいにしておかないと後々怖いかもよ、ということ。空間線量で年間1~20mSvの地域は強制避難対象ではないが、住んでも良い地域、ただし被曝を減らすように工夫しないといけないし、行政も支援しないといけない。
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-05 01:39:54
    このまとめが対象としてるのはそれとはぜんぜん別のレベルで、事故後一年間の被曝量だけで発疹ができただの爪が抜けただの吐き気がするだの今に見ていろ何万人も死ぬぜだのって話は放射線の影響としてはありえませんという話。 事故直後は別として、今の状態で多少空間線量が高くても今すぐ避難しろという緊急性があるわけではない。ただ、一生そこで暮らせるかどうか、という判断は今後必要になってくるかもしれない。
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-05 01:48:38
    初年のみで累積20mSv(実際にはこんなにならないし、こんなに被曝する前に対策が要るけど)ってのは確かに『「影響があるのかないのか分からない放射線量」の範囲の中でもかなり下の方』なんですが、いつまで続くのか、続いたらどうするのか、というのは別途考えないといけない問題。でも、それを考えてる人たちは人たちで別にいる(って書いといたら誰かが別のまとめ宣伝したりするかな?)
  • 神勇者ゴッドファーザーPART2 @kamiyusyagod 2012-04-05 07:48:50
    10年スパンとかなら分かるけど、生涯○○mSvって意味のない数字だと思う。後々怖いって言われても、その人は生涯を終えてる分けで後々を気にする必要が無いでしょ・・・
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-05 08:06:14
    いやいや、100mSvくらいにおさまらないと(全員じゃないですけど)悪影響が出る可能性があるので、今年生まれた子供が5歳になるまでに100mSvの枠を使い切っちゃったらマズいわけです(年間20mSv)。10歳でも困る(年間10mSv)し、20歳でもやっぱりマズいでしょう(年間5mSv)。
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-05 08:09:58
    放射線は自然に減衰しますし、雨で流れて減る分もあるし、線量率効果はあると考えられるのでゆっくり被曝すれば影響は少ないだろうし、自然放射線の多い地域でも特に癌死亡率が高いわけではないですから、リスクが線形で影響するか(掛け算どおりの被害が出るか)というと別の話ですが、気にする必要がないというのは言いすぎです。0歳を引き合いに出すのがおどかしすぎというなら20歳の若者が40歳までに~と読み替えてもいいです。「ちょっと困る」であって直ちに危険ではないわけですけど、無視して良い訳でもない。
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-05 08:14:59
    なお、私は防護についてはしきい値はないものと考えています(便宜上あるみたいなコメント書いちゃいましたが)。低ければ低い方が良いけど、だいたい生涯100mSvくらいは許容可能かつ達成可能ということでバランス取って基準が設定されてる(orされてた、平時の基準値)、という理解。
  • 神勇者ゴッドファーザーPART2 @kamiyusyagod 2012-04-05 08:52:30
    そうじゃなくて、100mSv以下の被曝で生涯を終えた人は後々が怖くないのか?という事です。輪廻転生した先で前世の被曝量が関係あるなら分かりますが・・・。累積被曝量を気にするのはその先の人生に影響があるからであって、生涯に浴びる量を決めてことに意味を感じません。
  • すけざえもん[MECW工房長] @sukethe 2012-04-05 09:45:05
    tarlyonさんの仰っている「生涯100mSv」ってのが今一つ解せない。人生60年と考えて平均的な年間被曝量2.4mSvで計算するだけで「144mSv」になるんですが…?これとは別に「100mSv」ってことですかね?それにしても随分乱暴な数字だと思いますが。
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-05 10:23:30
    気にいらなければ適当に「余命30年以上残っている状態での累積線量」とでも読み替えてください。一生かかって浴びれば問題無さそうな量を、先が長いうちに超えちゃうのがマズいわけです。累積99mSv被曝してる99歳の人が原発事故で5mSv被曝するのが大問題だとは言いませんよ別に(いやまぁ一般人が5mSv被曝するのはある意味大問題なんですけど、累積量が100mSv超えることがダメだという話ではないわけで)
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-05 10:24:20
    原子力由来のみ(医療被曝、自然放射線のぞく)の追加の被曝量が年1mSvまでというのが平時(通常運転時)の基準値です。だから「これとは別に」です。年2.4mSvは世界平均ですので日本ではもうすこし少ないはずです。 1mSvの理由が一生で100mSvにおさまるくらい(リスクが観察できないくらい小さい値に抑える)、というのは私の理解ですが、間違ってたらどなたか指摘してください。もちろん、普通は運転中に放射性物質垂れ流したりしませんから、実際は限りなくゼロに近く抑えられてる(てた)はずです。
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-05 10:25:01
    将来的にはこの通常時の(事故の影響がなくなった)状態に近づけたいわけですから、目指すところとしては(原発事故による追加被曝分が)生涯100mSvだと理解しています(もっと低く済みそうな人は低ければ低いほど良いんですが、高いものを減らしていく目標値として)。じゃあ今年どれくらい被曝して、今後何年めでどれくらいまで減らせれば大丈夫そうなのか、100mSvを超えるとしてもどれくらいで済みそうか、というのは考えないといけない問題なわけです。
  • まようさ @mayousa_desuga 2012-04-05 10:40:58
    このまとめでもすでに出てるけど、自然被曝だけで年間10mSv=10年で総被曝量100mSvいっちゃう地域が、統計の処理次第で結果が揺れちゃう程度の不明瞭な癌増加しかないわけで、生涯100mSvってのは数的根拠のあるわけじゃないただの脅し文句。
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-05 10:49:40
    確かに、どちらかといえば「これくらいまでは普通は減らせるのでがんばって減らしましょう努力目標」ですね。それはそれとして普通じゃなくなった地域をどこまで許容するか(人を住ませて良いか、住んで良いか)というのは判断しないといけないわけで。減らすのはできるだけがんばって減らす。減らせなさそうなときに我慢して住むか避難するかは考えないといけない。
  • まようさ @mayousa_desuga 2012-04-05 11:10:40
    個人の判断として生涯100mSvを超える地域は嫌だなって人に、ローマ(40年で生涯100mSv)やアメリカのデンバー(16年で生涯100mSv)に住めと強要することはできないけど、まあどこまでも「個人の感想です」に過ぎず、それを共通の目標として社会的に共有したいなら、もうちょっと具体的な根拠が必要かも
  • 神勇者ゴッドファーザーPART2 @kamiyusyagod 2012-04-05 11:32:51
    えっと、100mSv浴びた時に影響が出なかった人と全く浴びてない人がいます。そこから両者が残りの人生毎年1mSv浴びても両者の影響が出る確率は等しいですよ。100回コイン投げて100回表が出ても、101回目の表が出る確率は1/2です。
  • 神勇者ゴッドファーザーPART2 @kamiyusyagod 2012-04-05 11:35:52
    だから若いうちに浴びれる量を使いきるって概念が意味不明です。
  • すけざえもん[MECW工房長] @sukethe 2012-04-05 13:23:03
    “気にいらなければ適当に「余命30年以上残っている状態での累積線量」とでも”ということですので大した根拠ではないのでしょうか?数値は一つの指針ではありますが、あまり過信しすぎるとこのような極論が生まれると言う典型的なパターンとも取れます。いずれにせよ顔を真っ赤にして大声で言うようなことではないという事だけは確かなようです。
  • ふらふぉろ @fura_follow 2012-04-05 13:23:38
    生涯100mSvの基準は、こちらの「食品安全委員会が出した「生涯累積線量100mSv」が抱える問題点( http://www.foocom.net/special/4666/ )」に詳しいのですが、政治的に線引きされたものです。また、生涯100mSvは使いきるという性質のものではありません。使いきるという考え方は職業的に放射線を浴びる方に適応される、ICRPにおける「拘束値」であり、被曝限度に達した場合は仕事から遠ざけるなどの対処が行われますが、公衆衛生の基準として本来は不適当です
  • ふらふぉろ @fura_follow 2012-04-05 13:25:23
    元とされるICRPでの考え方は、努力目標ではなく、「参照レベル」。汚染地域に住み続けたい人が、自分でリスクを測る際の参考とする被曝線量になります。有志の方々が作成された『 #ICRP111 から考えたこと』 https://t.co/P7yDS1bM などをご覧いただければ幸いです
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-05 19:59:32
    現存被曝状況(ICRPの考え方が適用される過渡期)で最適化を行い続けて、計画被曝状況(事故収束後、拘束値、1mSv)への以降はいつか行わなくてはいけなくて、それがいつになるか、それは待てる程度先の話なのか、というのは考えなくてはいけない問題だと理解しているんですが。もちろん、今年越えたからダメとか総計で100mSv越えそうだから避難しろという話ではなくて、「減らすにはこれくらい時間がかかって、それまでに総計これくらいになりそうだけど、それでも住みたいか」は当人が決断しないといけない話だ、と。
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-05 20:06:30
    だから初年の線量だけ見て「影響不明なグレーゾーン(総被曝量100mSv未満)のはるか下のほう(どんなに多くとも20mSv程度)」というのは間違ってもいないけど、今後も住み続けるかの判断を行う参照値の説明としては正しくもないのではないか、というのが最初の3つのコメントです。
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-05 20:41:47
    何か盛大に誤解してる(あるいは、されてる)のかな……。
  • skapontan @skapontan 2012-04-05 21:01:50
    でもこうやって説明しても、「でも子供の細胞は癌化しやすいから1μSVでも浴びさせたくありませんキー!」つわれちゃうとどうしようもないんだよね。
  • 神勇者ゴッドファーザーPART2 @kamiyusyagod 2012-04-06 08:25:24
    もっとシンプルに「1年(あるいは5年、10年)いたらコレだけ被曝してコレくらい発ガン率が上がるかもしれません」ってリスクを示す事に意味はありますが、スパンを「生涯」にすると曖昧かつ意味のない指標になってしまいます。余命にしても一緒です。
  • 神勇者ゴッドファーザーPART2 @kamiyusyagod 2012-04-06 08:35:44
    まあ生涯、余命という各個人長さが違うものは基準にはなり得ないです。言い出した人はちょっと何を考えてるのかよく分からないです。
  • ゆ〜たん @Iutach 2012-04-06 11:01:08
    子供は「癌化しやすい」んじゃなくて「癌が発症してしまったら進行が速い」のでは…。発症はむしろしにくいのではないかと思っていたけど。
  • ふらふぉろ @fura_follow 2012-04-06 12:42:49
    > tarlyon 時間経過にともなう住民の環境に対する時間にともなう変更は「緊急時被曝状況」から「現存被曝状況」への移行です。文部科学省放射線審議会基本部会においてはICRPに基づいて、「現存被曝状況の参考レベルは1~20mSv/年に通常設定べきである」との認識を確認しており、「20mSv程度」はこれに基づく基準となります 公表資料( http://goo.gl/llDjI
  • ふらふぉろ @fura_follow 2012-04-06 12:43:01
    「参照値の説明としては正しくもない」のはその通りで、疫学的な影響と社会経済的な影響のバランスを取ったものと説明するべきですね。LNTに従えば20mSvでの発癌率上昇は0.1%。それと比べて当事者が判断すればいい話です。ただ、双葉町長のようにこの考え方を「無責任」と批判する方もいらっしゃいますので難しいものだと思います(読売新聞 双葉町長「人間扱いとは、こういうこと」と評価 http://goo.gl/F0Iih
  • ふらふぉろ @fura_follow 2012-04-06 12:43:16
    推測ですが混乱の元は、先に示した公表資料( http://goo.gl/llDjI )の7頁にもある参照レベルの段階的な低減の部分だと思われ、政府目標として除染により2年を目処に50%減少を目指してますが、これあくまで政府方針。ICRPはそういう状況のなかで二世代、三世代と暮らす為の指針。本来はまた別の話なんですよ
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-06 21:02:50
    緊急時被曝状況は屋内退避だとか避難所生活だとかそういうレベルの話だと認識してますが。で、そこまでして逃げる必要がない地域、あるいは時期が現存被曝状況。
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-06 21:04:02
    現存被曝状況の地域に住むかどうか(というのは日本全体がそうなんですけど、その中でも空間線量が高い地域)は「当事者が判断」しないといけないところ、ということをずっと言ってるだけです。住みたい人が居たら全力で支援しないといけない地域なんですが、住みたいかどうかはあくまで本人の希望。
  • naka-take @Yuhki_Nakatake 2012-04-06 21:04:54
    多分、放射線のダメージって日常から想像しにくいミクロの話なのが、分かりにくくしてるんだなぁ。放射線はエネルギーの一種なので、何かに当たるとそのエネルギーを失って、代わりに当たった相手にエネルギーを与える。生物に当てたときの標的で最も多いのはDNAとかの高分子ではなく、水。水が励起してラジカルが発生するけど、ラジカルは呼吸とか金属イオンとかで日常的に細胞が持っているもので、それに対する防御機能は当然備えているんだけど、放射線はDNAを壊す、ていうイメージだけが先行しているよなぁ。
  • 水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012-04-06 21:23:11
    この→ http://togetter.com/li/282789 まとめの図で言えば初年だけ見て「色があるんだかないんだかわからない程度だから問題ない」、というのは正しいんですが、来年以降も含めたら「確実に色はついてるんだけどもほとんど気にする必要はない」になるでしょ、それを気にするかどうかは本人の判断が必要でしょ、ってことなんですが。政府東電は真っ白に脱色する義務がある、とか言うつもりはないです。
  • ふらふぉろ @fura_follow 2012-04-07 16:30:43
    >tarlyon 放射線管理を積算するのは、小さな値では影響が計れないので、ある程度の期間でざっくりと纏めて管理するためです。水にも致死量ありますが、毎日1リットルのんで、年300 リットル 飲んで、次の年は積算で600キロリットル飲む事になるから危険になるという考え方はしないのと同じ話です。生涯100mSvの基準は前述した様に政治的に線引きしたもので疫学的な意味は持ちませんよ。
  • ふらふぉろ @fura_follow 2012-04-07 16:51:03
    自然線量と同程度の地域は既に平時と扱ってよく、日本全土でみれば既に平時の所が多いと個人的には思いますが、心理的なストレスもまた被害の一部という考え方など、平時と事故時の間にはグレーゾーンもありますし、纏めの趣旨からは外れますので指摘するに留めさせて頂きます
  • naka-take @Yuhki_Nakatake 2012-04-07 20:40:20
    累積線量が100mSvってのは、放射線防護上の目安であって、生体にうん十年かけて100に達したからって言って影響が明瞭に得られているんじゃないんですよねー 
  • JUN TAKAI @J_Tphoto 2012-04-07 22:16:46
    ナカタケ先生がコメしてるのでコレはコメント欄が長いぞ!と思って覚悟してみてみたら最近の中ではまだまだ短い方だったので、これからぐーっと伸びるに100Btp
  • PKA @PKAnzug 2012-04-07 22:29:46
    そもそも、何年〜何十年もかけてやっと100mSvに達するような低線量率において、放射線の影響が有害性として蓄積するのか(蓄積するとして単純な和なのか)、というところも議論の対象ですよね。放射線治療のような高線量率・高線量なら確かに蓄積しますが、年間10mSvくらいの高自然放射線地域でも別段癌は多くないという事実もまたあるわけで。防護の基準は敢えて悪影響を過大評価して決めるのが適切としても、将来の予測をする時にも同様にするのは必ずしも正しくないと思います。
  • 酋長仮免厨 @kazooooya 2012-04-07 23:12:22
    巷の放射能への不安情報に煽られた結果、放射能恐怖症に陥った方達がtwitterで投げかけてくる数々の疑問に対して @PKAnzug さんが140文字制限のtwitterではなく、文字数無制限のまとめ(togetter)で、親切に答えてくれる”掲示板的なまとめコーナー”があってもいいのかなと思うのですが如何でしょうか?
  • PKA @PKAnzug 2012-04-07 23:52:24
    以前それに近いことをやって数ヶ月粘り続けられたことがあるんですよねw I-131で鼻血が、みたいなのを否定したまとめ。基本的に直接投げてきてくれれば複数ツイートを並べてでも答えるので、巡回が必要なtogetterでの質疑応答よりはそっちの方がいいかな、と思います。
  • 酋長仮免厨 @kazooooya 2012-04-08 00:15:20
    定期的にtogetterの巡回をするのではなく、@PKAnzug さんに@付きで飛ばされたtwitterからの質問をまとめ(togetter)で文字数無制限で回答するってコーナーはどうかなと思ったのですが、回答やコメント数が多くなればtogetterを開くのが重たくなるので難しいですね。これまでどおり、まとめのタグ”PKAnzug”を付けて皆さんでまとめて放射能恐怖症の多くの方達に読んで頂きましょう!
  • ふらふぉろ @fura_follow 2012-04-08 15:41:45
    生涯100mSvの基準を決める時も、影響が蓄積するかどうかはわから無いから、蓄積すると仮定して、100%とは言えないものの九割九分大丈夫な所にラインを引いた形なんですが、それをどう受け止めるかは人によるって部分は、理解するのもされるのも難しいなぁとは思いますが特に異論はないです
  • 親小沢一郎として大同団結すべき @kangaeru110 2012-06-12 22:48:01
    文系素人がコメントするのに、躊躇するほど高度な議論。これを理解できる知能があれば、放射脳になんてならないのだけれど、お馬鹿な放射脳に、それを期待するのは酷。基本事項として追加。自然放射線は避けようがないので、100ミリというのは、加算された部分に限定されます。
  • Sim @tamashirosama 2012-06-13 05:26:50
    このまとめを理解出来ない人とは理解し合えないと思う。
  • 親小沢一郎として大同団結すべき @kangaeru110 2012-06-13 05:56:00
    数ヶ月か~。恐るべし放射脳の馬鹿さ @PKAnzug 以前それに近いことをやって数ヶ月粘り続けられたことがあるんですよねw @kazooooya さんが140文字制限のtwitterではなく、文字数無制限のまとめ(togetter)で、親切に答えてくれる”掲示板的なまとめコーナー”があってもいいのかなと思うのですが如何でしょうか?

カテゴリーからまとめを探す

「大喜利」に関連するカテゴリー