ザ・ファンタスティック・モーグ #6

翻訳チームによるサイバーパンク・ニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」リアルタイム翻訳 (原作:Bradley Bond-san & Philip Ninj@ Morzez-san) ニンジャスレイヤー公式ファンサイト「ネオサイタマ電脳IRC空間」 http://d.hatena.ne.jp/NinjaHeads/ 続きを読む
文学 書籍 ニンジャスレイヤー
3
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
(「イヤーッ!」宙に浮かんだニンジャスレイヤーめがけ、カコデモンは翼で挟み込むようにして攻撃!「グワーッ!」ナムサン!通常のニンジャに翼は無い。トリッキーなアクマカラテはそうやすやすとガードできるものではないのか!ニンジャスレイヤーは苦しむ!カコデモンが踏み込む!「イヤーッ!」)
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
(こ、これは!ダブル・アクマ・ポン・パンチ!中腰姿勢から突き出される両拳!「グワーッ!」ニンジャスレイヤーはブレーサーで受ける!ナムサン!驚異的な衝突力の蓄積により、手首装甲が無残に粉砕!ニンジャスレイヤーは回転しながら吹き飛び、壁に叩きつけられる!「グワーッ!」)
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
(ニンジャスレイヤーは身じろぎした。背後の壁に蜘蛛の巣状の亀裂!「……!」苦痛を押し殺すニンジャスレイヤー!「シューッ……」白い息をメンポ呼吸孔から噴き上げながら、カコデモンが迫る!おお、なんたる恐るべき怒涛攻撃か……どうする……どうする、ニンジャスレイヤー! )
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
第三部「不滅のニンジャソウル」より:「ザ・ファンタスティック・モーグ」 #6
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
カコデモンは壁に叩きつけられたニンジャスレイヤーに対してベストな距離を維持し、ザンシンした。カコデモンは慢心して勝ちを逃すようなニンジャではないのだ。その身体に筋肉が浮き上がり、翼がエネルギー蓄積の緊張でぶるぶると震える! 1
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
ニンジャスレイヤーは壁から剥がれ落ち、なんとか着地した。たしかにここでカコデモンが強引に攻めかかっておれば、ニンジャスレイヤーは起死回生のサマーソルトキックを叩き込み、逆転していたところだ。だがカコデモンは注意深い。彼には今、様々な攻撃選択肢がある!危険なモーメントだ! 2
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
「何かしてみろニンジャスレイヤー=サン」カコデモンが身を沈めた「私に哀願させるのではなかったか?このまま死にたくなくば……イヤーッ!」カコデモンの両腕がムチのようにしなる!二枚のスリケンを同時にアクマ投擲だ!ニンジャスレイヤーは赤く光る目を見開いた。「イヤーッ!」 3
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
ニンジャスレイヤーの両腕がムチのようにしなる!彼も二枚のスリケンを投擲!カコデモンのスリケンとぶつかり合い粉砕消滅!「イヤーッ!」カコデモンの両腕がムチのようにしなる!「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーの両腕がムチのようにしなる!互いに二枚のスリケンを同時投擲!ぶつかり合い消滅!4
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
「イヤーッ!」カコデモンの両腕がムチのようにしなる!「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーの両腕がムチのようにしなる!互いに二枚のスリケンを同時投擲!ぶつかり合い消滅!「イヤーッ!」「イヤーッ!」粉砕消滅!「イヤーッ!」「イヤーッ!」粉砕消滅!「イヤーッ!」「イヤーッ!」粉砕消滅! 5
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
(相殺?)カコデモンは眉根を寄せた。アクマニンジャ・クランは血中カラテを過剰消費することでアクマ変身、それにより異常な身体能力を引き出す。彼は連続アクマ投擲で圧殺する心積もりであった。だがこれは……ニンジャスレイヤーのニンジャ腕力はアクマ状態のカコデモンに匹敵するというのか? 6
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
(だがヤツは手負いのはず。私とニンジャ持久力を競うつもりならば、愚かだぞ!)「イヤーッ!」カコデモンの両腕がムチのようにしなる!「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーの両腕がムチのようにしなる!互いに二枚のスリケンを同時投擲!ぶつかり合わない!「何!?グワーッ!?」 7
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
カコデモンの喉元と腹部にスリケンが飛んだ!カコデモンは咄嗟に翼のカーテンを展開してガード!スリケンが突き刺さる!ニンジャスレイヤーは?ナムサン!彼は相殺せぬようにスリケンを投げたのち側転、カコデモンのスリケンを回避していた!相殺レースを突如放棄するタツジン的フェイントである!8
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
カコデモンが翼に受けたダメージは覚悟の範囲内だ。彼が翼をバサリと開くと、刺さっていたスリケンが跳ね飛ばされた。だがその時すでにニンジャスレイヤーは側転からスプリントして間合いを詰め、ワン・インチ距離からの攻撃動作へ入っていたのである! 9
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
「イヤーッ!」大振りな右フック!「イヤーッ!」カコデモンは左腕で内から外へ円を描き、逸らそうと……フックが、来ない!ニンジャスレイヤーは拳を戻しながらその場で回転、左の回転裏拳で襲いかかったのだ!「イヤーッ!」「グワーッ!」フェイントだ!カコデモンは側頭部に裏拳を受ける! 10
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
カコデモンはよろめく……そこへさらに、「馬鹿の一つ覚えのサークルガードなぞ!」ニンジャスレイヤーの眼光が不吉な光の軌跡を描く……「恐るるに足らぬわ!」回転の勢いを載せた右フックだ!「イヤーッ!」「グワーッ!」 11
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
恐るべきニンジャ腕力!顔面に拳を受けたカコデモンの首は稼動限界まで後ろを向かされる。しかし生体鎧めいたアクマ筋繊維が首骨を護りきった!カコデモンは殴られながらニンジャスレイヤーを掴み、投げ飛ばした!「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーは空中でクルクルと回転、中央の台座に着地! 12
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
「アクマ・ニンジャクランの未熟なこわっぱ」ニンジャスレイヤーはサラカイカ会長像の残骸を片足で踏みつけた。その目がジゴクめいて燃え上がる!「身体強化に寄りかかった怠惰なカラテで、このニンジャスレイヤーを倒せると思うてか?」突然その両腕に赤黒い炎が奔る!超自然のブレーサーを生成!13
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
カコデモンは台座上のニンジャスレイヤーを警戒した。(なんだ……この……アトモスフィアは?)彼は叫んだ「貴様は何者だ!」「二度アイサツせよてか!愚か者!」ニンジャスレイヤーが一喝した。「私はニンジャスレイヤーだ……ニンジャを殺す者。オヌシを殺す者!慈悲は無い!」14
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
「ほざけェーッ!」カコデモンはそのように叫びながら激昂して飛びかかるビジョンをニューロンに一瞬閃かせたが、返り討ちの光景をまざまざと幻視して却下!かわりに彼は翼をカーテンに防御姿勢を取る!ニンジャスレイヤーが台座から攻撃を繰り出す! 「イヤーッ!」彼は!蹴った!会長像を! 15
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
会長像が蹴りで粉砕!吹き飛んだ頭部がカコデモンを撃つ!「グワーッ!」翼でガードするが、衝撃力はスリケンの比ではない。無視できぬ質量だ!「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーがさらに会長像を蹴る!「グワーッ!」砕けた上半身の一部がカコデモンを撃つ!無視できぬ質量だ! 16
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
「イヤーッ!」「グワーッ!」さらに会長像の一部がカコデモンを撃つ!無視できぬ質量だ!「イヤーッ!」「グワーッ!」無視できぬ質量だ!カコデモンの閉じた翼が開かれる!「イヤーッ!」「グワーッ!」カコデモンに粉砕会長像が直撃! 17
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
カコデモンは床に叩きつけられる。そしてバウンドした!自らそうしたのだ!勢いにまかせ、彼は傷ついた翼を羽ばたかせて跳躍!壁を蹴る!「イヤーッ!」弾丸めいた勢いで飛翔!ナムサン!これはカコデモンのヒサツ・ワザ、キリモミ回転を加えた滑空山羊角頭突きではないか! 18
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR
「ヌウウウーッ!」台座上のニンジャスレイヤーは両腕を交差し、これを真っ向から受ける!インパクトの瞬間、赤黒の炎が爆ぜ、暗黒のオーロラめいた光彩が閃いた。「イイイイヤアアーッ!」ドリルめいた回転は止まらず、押す!押す!……その時である!19
残りを読む(26)

コメント

オスツ🍣 @alohakun 2012年4月10日
ザ・ファンタスティック・モーグ #1 http://togetter.com/li/279174
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする