漫画家・佐藤秀峰さんの「違法ダウンロード問題からマンガ界を考える」

漫画家・佐藤秀峰さんが「違法ダウンロードに罰則を科して著作権を保護する前に、著作者を保護したほうが・・・」ということを、マンガ業界の実情を交えてツイートされていたのでまとめています。
マンガ マンガ業界 佐藤秀峰 著作者 著作権 ロイヤリティ 労働問題 罰則 違法ダウンロード
80
@shuhosato
『違法ダウンロードに罰則 著作権法案修正で合意』 http://t.co/Wiz8e06e  また、しょうもないことをしようとしてるなぁ。 youtubeみたいな違法と合法が混在してるサービスがあったとして、知らずにダウンロードした物が違法だったら罰則、みたいなことになるよね。
@shuhosato
違法ダウンロードや、合法でも著作者にロイヤリティが入らないサービスがあったとして、その結果、著作者の正当な権利が圧迫されたり、正規品の売り上げが下がったというデータがあるなら示してほしい。 漫画の場合、新古書店の台頭で単行本の売り上げが下がったというデータはない。
@shuhosato
違法ダウンロード罰則強化の目的が著作権者への利益の保護であるなら、先に作家と出版社の契約に関して、労働基準法に準じたの保護規定を作ってほしい。
@shuhosato
漫画家の場合、画材費、人件費など作品の制作に必要な費用はすべて作家が負担する。 出版社から受け取る原稿料は雑誌に掲載された場合の掲載料に過ぎず、制作費を保証するものではない。 つまり、漫画家は多くの場合、制作費に満たない原稿料を元手に原稿を描いている。
@shuhosato
赤字を減らすために、漫画家は作画スタッフを労働基準法に反した労働条件で雇用したり、個人事業主であれば委託にもかかわらず請け負いと同じ作業を強いていたりする。 そもそも原稿料が安いから問題なのであって、ちゃんと法律で保護規定があればいいのになぁと思う。
@shuhosato
違法ダウンロード罰則強化は、出るかどうかもわからない単行本の印税を保護しようというようなもので、原稿料を1ページ10万円貰えるなら、印税は5%でいいという作家は結構いるんじゃないかなぁ。
@shuhosato
違法ダウンロードの罰則を強化しても著作権収入が増える見込みは少ないし、そんなことよりも出版社が作家に仕事を依頼する際、しっかりお金を払ってくれれば、それでいいんだけどね。 作家が作品制作の見積もりを作って、出版社は納得すれば発注、という普通のスキームがない。
@shuhosato
今の出版の仕組みは、作家に作品制作のリスクを負わせて、書籍が売れたらロイヤリティを払うことでで成り立っている。 それが基本にあるので、作家も「原稿料をもらえるだけでも、制作費の穴埋めをできるだけでもありがたい」というような価値観になってしまう。
@shuhosato
原稿料がすべて作品の制作費に消えたとして、漫画家が平均的なサラーリーマンと同じ水準の収入を得るためには、500円の単行本が毎年10万部以上売れないといけない。 単行本を出している作家の大半はこの水準に達していない。
@shuhosato
僕が作画スタッフをしてた頃は、一番忙しい時期は60日連続勤務とかがあって、平均勤務時間は20時間くらいでしたねー…。 月給は12万円だったから、時給にすると200円くらい。 で、時間内に作業が完成しないと怒られてた。
@shuhosato
「原稿料だけでもやりくりすればなんとかなるよ」という漫画家さんは雇用体系をもう一度に直したほうがいいと思うのです。 会社で作画スタッフを労働者として雇っているなら労働基準法に従うべきだし、個人事業主で委託なら委託の範囲内で依頼して、請け負わせるなら同じ事務所で働かせちゃダメ。
@shuhosato
とっちらかっちゃったけど、著作権保護の前に著作者を保護してほしいという話でした。 違法ユーザーは将来のお客さんになるかもしれないし、あんまり追いつめても作品への入り口を狭くするだけで、長い目で見てコンテンツ産業の衰退につながると思う。

コメント

須賀原洋行 講談社まんが学術文庫カミュ『異邦人』カフカ『変身』発売中 @tebasakitoriri 2012年4月14日
出版社も売れるかどうかわからない新人に原稿料を払って育てている。単行本に至らず、原稿料分を回収できない場合の方が多い。単行本を出せても印税前払いなので、売れなかったら出版社だけ赤字。制作費がかかり過ぎるなら週刊でなく月刊にするとかマンガ家は自分のペースを知るべきだろう。受注側が「製作コストかけ過ぎて赤字だ。発注者さん、代金増やして」などと言う製造業はあり得ない。
佐藤秀峰 @shuhosato 2012年4月14日
契約もなく、見積もりを出さずに受注する製造業もあり得ない。 菅原さんの原稿制作コストは低いので、比較されてもなんとも言えませんね。 申し訳ないけど、あの原稿は僕一人で1日で1本描けます。
須賀原洋行 講談社まんが学術文庫カミュ『異邦人』カフカ『変身』発売中 @tebasakitoriri 2012年4月14日
佐藤さんお久しぶりです。え〜と、比較はしていません。製作コストはけっこうかかりますよ(笑)。酒とか食材とか。佐藤さんも料理をなさるのでしょうか。私は料理だけでレシピ作り、準備、製作で2日がかりです。あ、絵だけの話かな?そりゃ佐藤さんの画力と私とじゃ比べ物にならないですね(苦笑)。
WildPeace @kazppa 2012年4月14日
著作権法は、著作者を守るためにあるのではなく、著作者に集って著作権ビジネスを展開する輩を守るためにある法律だということかな。
minakita @samisima 2012年4月14日
違法ダウンロードの話は実は全く関係ないなこれ。出版社のマーケットの構築と掌握と維持による現行の料金システムの是非の話だなこりゃ。コメ欄の佐藤氏と菅原氏の話は端的に言えば「20-30本売って当たった一本でペイさせようというシステムが良いか悪いか?」という所で。
minakita @samisima 2012年4月14日
バクチ性が高すぎる製造業だからこその発注体系。「当たった人」は文句言える発注体系だけど、BETされた「当たるかもしれなかった人」にとっては、チャンスの有無で有益な訳で。
リオ @rio4649 2012年4月14日
俺の記憶が正しければ、対象となるのは「音楽と動画」だけで、漫画は対象外だと思うのだけど、違ったかな。個別塾の講師をしていて何がショックだったって、最近の中高生はyoutubeでハンタやワンピのネタバレを見るのだ。すげー時代になったもんだと感心した。俺は何がなんでも雑誌で読みたいけどなぁ
clearbooka4 @mikanzuki 2012年4月15日
毎度出版社批判が同じでネタが古いですな。出涸らしか。そもそも漫画出版社が主導の法律でもないし。マンガはスポーツや芸能と同じジャンルなんだから成功しなきゃ0なのは当たり前。手芸工業製品と同レベルで考えるもんじゃない。
須賀原洋行 講談社まんが学術文庫カミュ『異邦人』カフカ『変身』発売中 @tebasakitoriri 2012年4月15日
佐藤秀峰さんが私の悪口をツイートしているらしい。でもブロックされてるから私は読めないんだよね。ここのコメントに関連することならここに書いてくれればいいのに。今のままだとただの陰口だよね。
須賀原洋行 講談社まんが学術文庫カミュ『異邦人』カフカ『変身』発売中 @tebasakitoriri 2012年4月15日
マンガの製作コストって作画作業だけが対象じゃないよね。そもそもマンガ家にはそれぞれ個々の製作システムがあるわけで、比較しても意味がない。例えば私の『実在ゲキウマ地酒日記』の料理と同じものを佐藤さんが発想して作れるわけじゃない。ゲキウマ地酒の入手ノウハウだって知らないと思うし。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年4月15日
システムが違っていても、外回り流通として、金銭保証はあるべきだろ、はわかる気がするなぁ...すくなくとも今の出版関係は(ちょっと酷いと言われる)音楽系とかとくらべてさえ、保障とか契約のなさ/不平等はあるんじゃないかと思ってしまいますね(外部人ですので、こういう言い方)
森野熊蔵 @kumakumakuma201 2012年4月16日
出版社が経費を負担するなら、著作権も作者と折半だよねえ…。音楽の世界の原盤権みたいに。
森野熊蔵 @kumakumakuma201 2012年4月16日
製造業に例えるなら、コスト管理は納品業者の責任でしょ? 高コスト商品に高価格をつけて売ろうとするのも勝手ではあるが。でも、漫画ってコストをかけたから売れるってもんじゃないのが難しいところだけど。シンプルな絵で売れてる漫画も山ほどあるしなあ。
minakita @samisima 2012年4月16日
契約書はともかく原稿料はこんなもんかなと思う。対出版社として賛同もしたいけど、佐藤氏には賛同できないんだよね。一番の理由はアシスタントの条件が佐藤氏の言動とマッチしてない点。佐藤氏の印税を含めた利益に対しアシスタント代は安い。その批判を出版社に転嫁する為に「原稿料」の話として騒いでるだけにしか見えないから。佐藤氏の行っている他作家がやらないアシスタントへの良条件は会社利益から見れば厚遇などではなく、佐藤氏が出版社を不当だと言う同じ理由で、アシスタントを不当に扱っている様にしか見えないし。
佐藤秀峰 @shuhosato 2012年4月16日
ウチはスタッフの給料は高いほうだと思いますよ。 初任給で大学出の初任給平均と同等です。 昇給は年2回、ボーナスも4ヶ月分出すし、保険も入ってます。
ナイアル @nyal013 2012年4月16日
>「製作コストかけ過ぎて赤字だ。発注者さん、代金増やして」などと言う製造業はあり得ない。 最初から製作コストに満たない受注金額で受注する製造業というのがまずあり得ないわけですから、この指摘は因果関係がおかしい
minakita @samisima 2012年4月16日
コメ欄ですいません。失礼を承知で書くと、佐藤氏の印税を含めたページ単価は相当高く、価格に対しての人的コストは相当低い。それでコストを低く抑えんとする出版社に対して怒るのは説得力は低く感じる訳です。
minakita @samisima 2012年4月16日
漫画家界なら好条件なんだろうけども、会社利益規模から考えると別に良い条件ではない訳です。もっと良い条件を出せる筈なのに出さないのは出版社と同じ理由でしょう。なので佐藤氏が出版社に対して話す内容に感情的に同意し難い訳です。
佐藤秀峰 @shuhosato 2012年4月16日
弊社の会社利益規模を把握しているという理解でよろしいですか?
須賀原洋行 講談社まんが学術文庫カミュ『異邦人』カフカ『変身』発売中 @tebasakitoriri 2012年4月16日
>nyal013 あ、言葉不足でごめんなさい。いったん受けておいて〜、という前提で言ってました。私も、コストに満たないなら最初から受けるべきじゃないと思います。
須賀原洋行 講談社まんが学術文庫カミュ『異邦人』カフカ『変身』発売中 @tebasakitoriri 2012年4月16日
うちも会社にしてるけど、会社の利益規模は法人税の節税上の都合で経営者が設定できる幅がけっこうありますね。一定以上の高収入があれば、例えばアシさんを正式な社員にして給料も高めに設定、賞与も出して、厚生年金にも入れてあげると、見た目の会社の利益規模は減りますが、その分、控除が増えて法人税が減って、最終的にはプラス分が大きかったり。
minakita @samisima 2012年4月16日
いいえすいません、恐らく佐藤氏が出版社に対して抱いているのと同じ様な感覚でしか解釈していないと考えています。わかるのは発表されている発行部数や佐藤氏がスタッフ給与に言及している所だけですね。
minakita @samisima 2012年4月16日
また、アシスタント代や原稿料、出版社員の給与は、誰もが加害者か被害者ではないという意味で、現状はこんなもんだろうというのが自分の感想です。 交渉や営業による稿料や印税の変動、佐藤氏の現状や他の漫画家やアシスタントも含めて、です
minakita @samisima 2012年4月16日
つまり佐藤氏がよく書くような「被害者である」という方向で話すのであれば、同じ理由で「加害者」たりえる為、説得力がないから同意し難いな、というだけです。
佐藤秀峰 @shuhosato 2012年4月16日
つまり、適当な憶測ですね。
minakita @samisima 2012年4月16日
そうですね、佐藤氏のツイッターでの部数や給与の言及(漫画onWEBでアシが給与が安いと暴れられたという話も含めて)からの憶測ですので、そこに嘘や誇張があったなら勘違いという事になります。大変失礼致しました。
赤帝劉王 @jimicauty 2012年4月17日
出涸らしっていうけど、事実クリエイターが搾取されてる訳で。 それに漫画の制作過程は家内制手工業で、決してスポーツ選手や芸能人等の稼ぎとは全く異なるでしょ。 人気商売とでも言いたいんだろうけど、この場合は需要の有無で考えるべきでは? 出版はサービス業だけど、作家は生産業に分類されるべき業務内容。 「サラリーマンとは違う」なら分かるが、スポーツや芸能と同一視するのは乱暴。
nishi @r24uni 2012年4月17日
受注側が「製作コストかけ過ぎて赤字だ。発注者さん、代金増やして」などと言う製造業はあり得ない。 このコメントは非常に真っ当だと思う それに対する佐藤さんの反論は反論になってないですね 漫画家側は、提示された原稿料に納得するなら仕事を受け、できないなら断るだけ 見積もりがどうとかいう話は全く的外れかと
佐藤秀峰 @shuhosato 2012年4月17日
執筆契約もなく原稿料の提示もなく、交渉は事前にほぼできません。 そのような前提があるとご理解ください。
nishi @r24uni 2012年4月17日
提示がないのは問題ですね。でも、提示がなければ、こちらから聞いたら普通教えてくれるのでは?それとも、原稿料を聞いただけで編集者の機嫌を損ねて掲載が見送られる、ということがあるんでしょうか?
佐藤秀峰 @shuhosato 2012年4月17日
怒鳴られたり説教されたりしますね。 何度かそんなことがあると聞ける雰囲気じゃなくなります。 僕は代理人を建てて交渉しましたが、掲載見送りで掲載誌を移動しました。
須賀原洋行 講談社まんが学術文庫カミュ『異邦人』カフカ『変身』発売中 @tebasakitoriri 2012年4月17日
原稿料を聞いたら怒鳴ったり説教したりする編集者……?そんなの聞いたことないですね。私は新人の頃も普通に教えてもらえました。持ち込みでこっちが依頼したんじゃなく、向こうが執筆の依頼を出してるのに原稿料を聞いたら怒鳴る編集者なんていないと思いますが。
須賀原洋行 講談社まんが学術文庫カミュ『異邦人』カフカ『変身』発売中 @tebasakitoriri 2012年4月17日
あ、持ち込みでも、怒鳴ったり説教する編集者は私は出会ったことがありませんが(笑)。
non @nooth2018 2012年4月17日
ブロックされていても相手のページに飛べばTL見れるだろうに。それを「陰口」って、大丈夫かこの人(tebasakitoriri)・・・ というか、ブロックされてる相手になぜここまで絡むんだろう。
須賀原洋行 講談社まんが学術文庫カミュ『異邦人』カフカ『変身』発売中 @tebasakitoriri 2012年4月17日
ブロックは仕様が変わったみたいです。からんでいるのではなく、特殊で個人的な体験を元にマンガ業界全体がそうであるかのような発言があったので、異論を述べました。だいたい、喧嘩腰で編集批判をしても良い改革にはつながらないんですよ。「第二の○○を出すな」と出版社側がガチガチの契約システムを作ってくる恐れだってある。他のマンガ家や志望者にとってはマイナスです。円満に交渉できる人望のある人がよく考えてやらないと迷惑なだけです。
kumonopanya @kumonopanya 2012年4月18日
出版社等は政治家に対してロビー活動を行えるほどの組織力を有している、漫画家は零細企業で団体?もロビー活動するような組織力がないから後回しにされる。 原発見ても分かる通り、日本て国の本音は常にデカイところのための金が一番なんだよね。
bonjin @kishiryu1 2012年10月29日
相手をブロックして、その状態で相手の事を色々書いているなら、その時点で、その人の方が「粘着」だと思うけど・・。
yukio sano bakagomi @yukiosanobaka 2013年9月14日
ブロックしなきゃなんにも言えないカスちーっすwwww
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする