2012年4月16日

いいなさんに放射線の人体影響メカニズムについて聞いてみた

いいなさん( @iina_kobe )さんに、放射線がどんなメカニズムで人体に影響を与えるのかを聞いてみました。私( @jinandtonicair )が無知を晒しているのは、見逃してくださいw
139

まず、放射性物質が体内に入った場合の人体に対する影響について聞いてみました。

jin @jinandtonicair

@iina_kobe: もし気が向いたら教えてください。内部被ばくの場合ですが①α崩壊とβ崩壊による人体への影響の大きさの違いはありますか?②核崩壊により放射線を出しても、影響を与える場合と与えない場合があるのでしょうか③人体への影響とは主に遺伝子の破壊でしょうか。

2012-04-16 18:21:09
いいな @iina_kobe

α線は、β線の20倍の係数で、シーベルトを決めてます。つまり、β線の20倍影響がある。 RT @jinandtonicair: @iina_kobe: もし気が向いたら教えてください。内部被ばくの場合ですが①α崩壊とβ崩壊による人体への影響の大きさの違いはありますか?

2012-04-16 18:29:39
jin @jinandtonicair

@iina_kobe ああ、だからプルトニウムは「毒性」が強いといわれるんですね。

2012-04-16 18:33:27
いいな @iina_kobe

いえ。毒性は強くないです。β線に比べて強いだけで。 RT @jinandtonicair: @iina_kobe ああ、だからプルトニウムは「毒性」が強いといわれるんですね。

2012-04-16 18:47:19
いいな @iina_kobe

量によります。 RT @jinandtonicair: @iina_kobe 内部被ばくの場合ですが②核崩壊により放射線を出しても、影響を与える場合と与えない場合があるのでしょうか

2012-04-16 18:30:51
いいな @iina_kobe

細胞破壊だと思います。 RT @jinandtonicair: @iina_kobe ③人体への影響とは主に遺伝子の破壊でしょうか。

2012-04-16 18:45:54
jin @jinandtonicair

@iina_kobe お忙しいところすみません。原子の世界で見ると、相当広いところを放射線が通ることになると思いますが、あたる場合とあたらない場合があるということでよろしいでしょうか? 量が多いと、細胞等の重要な部分にあたる確率が高いと?

2012-04-16 18:39:28
いいな @iina_kobe

当たるの意味がわからないですが、量が多いと、エネルギー量が多いので、細胞膜が壊れたりする場合があります。 RT @jinandtonicair: @iina_kobe お忙しいところすみません。原子の世界で見ると、相当広いところを放射線が通ることになると思いますが、あたる場合と

2012-04-16 18:49:13
jin @jinandtonicair

@iina_kobe ありがとうございます。つまり核崩壊は放射線を出し細胞破壊につながると。β線よりα線のほうがエネルギー量が強く、また量が多いと当然エネルギー量は強くなるということですね。では1個の核崩壊では、細胞破壊まではいかないのでしょうか(次々すみません)

2012-04-16 18:53:21
いいな @iina_kobe

象にピンポン玉を一個当てるのと、百万個当てるのとの違いです。一円と百万円の違いです。 RT @jinandtonicair: @iina_kobe お忙しいところすみません。原子の世界で見ると、相当広いところを放射線が通ることになると思いますが、あたる場合とあたらない場合があると

2012-04-16 18:51:11
jin @jinandtonicair

なるほど。1個では象(細胞)に影響はないですね。RT @iina_kobe: 象にピンポン玉を一個当てるのと、百万個当てるのとの違いです。一円と百万円の違いです。

2012-04-16 19:02:53

教えてくれくれはよくないかなと思いましたが、ご親切にもお答えいただいたので、調子に乗ってどんなメカニズムで細胞破壊や遺伝子影響が起きるのかについて聞きました。

jin @jinandtonicair

@iina_kobe お忙しいところありがとうございました。細かいところを微妙に曖昧に把握していたようです。破壊された細胞は復活しないのか、それがなぜガンにつながるのか、遺伝子への影響って?とか伺いたいところは多々ありますが(ずうずうしい)、自分でも調べてみます。

2012-04-16 19:13:24
いいな @iina_kobe

破壊された細胞は、捨てられます。その機構もあります。活性酸素で傷ついたものもそうです。なので、それからは癌にはなりません。 RT @jinandtonicair: @iina_kobe

2012-04-16 19:30:03
いいな @iina_kobe

癌は遺伝子が傷ついた時に起こりますが、それは、瞬時に100mSv以上浴びた場合です。それは広島とかからの数十万人のデータからの疫学調査からです。RT @jinandtonicair: @iina_kobe

2012-04-16 19:30:23

n_sodaさんから誤解を生むと指摘があったので、彼の注釈を入れておきます。

SODA Noriyuki @n_soda

@jinandtonicair 100mSvの方の表現については、「癌は遺伝子が傷ついた時に起こりますが、ヒトに対する発癌性で確実な証拠があるのは、瞬時に100mSv以上浴びた場合です」なら問題ないと思います。

2012-04-19 21:48:50

注釈終わり

jin @jinandtonicair

不勉強で恐縮ですが、遺伝子が傷付く場合、体の部位としてはどこが放射線にさらされるとなるのでしょうか RT @iina_kobe: 癌は遺伝子が傷ついた時に起こりますが、それは、瞬時に100mSv以上浴びた場合です。それは広島とかからの数十万人のデータからの疫学調査からです。

2012-04-16 19:34:54
いいな @iina_kobe

外部被曝の場合は表皮。内部被曝の場合は口から食道から肛門まで。血流にのれば、血管や腎臓など。 RT @jinandtonicair: 不勉強で恐縮ですが、遺伝子が傷付く場合、体の部位としてはどこが放射線にさらされるとなるのでしょうか RT @iina_kobe

2012-04-16 20:01:24
jin @jinandtonicair

それらの細胞が、細胞自体は破壊されず、遺伝子だけ傷つくということですか? RT @iina_kobe: 外部被曝の場合は表皮。内部被曝の場合は口から食道から肛門まで。血流にのれば、血管や腎臓など。 RT jin: 不勉強で恐縮ですが、遺伝子が傷付く場合、体の部位としては

2012-04-16 20:05:16
いいな @iina_kobe

いや、だから、遺伝子が破壊されるような線量なら、先に細胞が死にます。 RT @jinandtonicair: それらの細胞が、細胞自体は破壊されず、遺伝子だけ傷つくということですか? RT @iina_kobe: 外部被曝の場合は表皮。内部被曝の場合は口から食道から肛門まで。血

2012-04-16 20:15:04
いいな @iina_kobe

産んでなくても出ます! RT @newingnew: 二人目産んだら腹が出る遺伝子はなくなりませんか?(;ω;) RT @iina_kobe: 外部被曝の場合は表皮。内部被曝の場合は口から食道から肛門まで。血流にのれば、血管や腎臓など。

2012-04-16 20:13:59
jin @jinandtonicair

とすると、傷ついた遺伝子によってどうガン化するのでしょうか? 細胞膜を失って漂流するんですかね…(違いますね、きっと) すみません… RT @iina_kobe: いや、だから、遺伝子が破壊されるような線量なら、先に細胞が死にます。

2012-04-16 20:20:00
残りを読む(47)

コメント

愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年4月17日
とりあえず放射能で癌を作るのは難しいことがわかった…かな?「いいなさんに放射線の人体影響メカニズムについて聞いてみた」
0
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012年4月17日
WHOのラドンプロジェクトによれば、一般家庭でのラドンの被曝(年間1〜3mSv程度)は閾値なしで線形に肺癌を増加させ、現在発生している肺癌の原因の10%前後になっているとのこと(トップはもちろん喫煙)。シーベルトの換算が正しいとすれば、ほかの線種・核種も同様でしょう。 http://homepage3.nifty.com/anshin-kagaku/sub051103yamada.html
0
きゅーり @cucumber1138 2012年4月17日
ラドン(の子孫核種)は人体の特定部位(肺)に集中(沈着)するらしい。「それらは化学的に不活性であるので,吸入されたラドン-222 の大部分は速く吐き出されますが,吸入された子孫核種は肺の気道に容易に沈着します。」 http://bit.ly/fiNOWl
0
エビフライ@宇宙の人 @kiruria281 2012年4月17日
いずれにしても現状の外部・内部被爆線量では、紫外線やフリーラジカルやたばこの有害物質の方が何万倍も危険。
1
白瀬伸一(Sapporo BLUE) @ChromeBranche 2012年4月17日
き、き、傷ついたら、すぐに治しちゃうんだな…
0
むささび屋(,, -`x´-) @Josui_Do 2012年4月17日
「傷ついた遺伝子が身体に作用するのなら、牛肉食べたら胃から牛が産まれますし、髪の毛食べたらハゲが治ります」ってのが笑ったと同時に眼から鱗だった気がする
0
冷ゃっこくされた料理が変(⁰⊖⁰) @vvaltervvolf 2012年4月17日
「遺伝子(gene)損傷が遺伝して奇形児が生まれる」と誤解している人が、まだまだ多い予感。
0
粒㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳あ㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳ん @keroa18 2012年4月17日
「傷ついた遺伝子が身体に作用するのなら、牛肉食べたら胃から牛が産まれますし、髪の毛食べたらハゲが治ります」 食糧問題、一気に解決するなwwww
0
3pF @3pF 2012年4月17日
生命が37億年という長い年月をかけて獲得した強力な遺伝子修復機能を舐めんな。ってことですね。
3
DELTA und Panzer💉💉 @deltayiri 2012年4月17日
とりあえず放射能で鼻血が!って言ってる人達はこれ読めばいいと思う。
0
SODA Noriyuki @n_soda 2012年4月17日
国の原子力安全委員会では、60mSvでも固形癌では発癌性ありと推定してますが( http://www.nsc.go.jp/senmon/shidai/houbou/houbou001/ssiryo5_1.pdf の2.2より)未だに、100mSv未満発癌性なしと断定される先生もいるんですね… RT @iina_kobe: 瞬時に100mSv以上浴びた場合です
0
SODA Noriyuki @n_soda 2012年4月17日
同じ資料の2.3には、1.7mSv/年で、染色体異常が有意に増加するって載ってますけどね。ただし、子供への影響を考慮する必要が生じるのは、確かにもっとずっと上の線量で、ふつうに生活している人が気にする必要はないかと思いますが RT @iina_kobe: ちなみに、遺伝子が放射線できれておかしくなる!ってのは、机上の空論で、それは、裸の王様の服を見るくらいの難しさです。そりゃ、確率の問題なので、10Svくらい浴びたら、一個くらいはそうなるかも知れませんが。 RT @jinandtonicair
0
SODA Noriyuki @n_soda 2012年4月17日
僕も、「普通に生活している人の鼻血の原因はおそらく別だろう」という点には全く賛成なんですが、放射線リスクの過大評価を責めているひとは、こういう過少評価も責めないとまずいんじゃないかしら。
0
SODA Noriyuki @n_soda 2012年4月17日
さきほど、「子供への影響」と書いたのは、「これから子供を作る人にとっての、子供への遺伝的影響」という意味です。遺伝的影響ではなく、発癌リスクへの影響という意味では、福島県の一部では、LNT仮説だと1年あたり数千分の1程度の癌死リスクの上昇があるので(それほどの低線量でLNTが成り立つか否かという議論はありますので念のため)
0
sakai @SkiMario 2012年4月17日
@sudahatoさん お示しのリンクでは「100 Bq/m3レベルにおいて肺がん゛リスクの有意な値が報告されている」「ラドン濃度100 Bq/m3当たり16%の増加」とありますが、100Bq/m3だとどれくらいの被曝でしょうか。もしご存じなら教えてください。
0
sakai @SkiMario 2012年4月17日
@n_sodaさん いいなさんは100mSv未満発癌性なしと断定されてないように思うのですが。またお示しの資料だと、染色体異常の有意な増加は5.9mSv/yの方じゃないですか?
0
いいな @iina_kobe 2012年4月17日
>同じ資料の2.3には、1.7mSv/年で、染色体異常が有意に増加するって載ってますけどね。 原文ください。
0
SODA Noriyuki @n_soda 2012年4月17日
あ、その通りです。なんか移すときに書き間違えたみたいです。指摘ありがとうございます。 RT @SkiMario: 染色体異常の有意な増加は5.9mSv/yの方じゃないですか?
0
SODA Noriyuki @n_soda 2012年4月17日
いいなさんの https://twitter.com/#!/iina_kobe/status/191835926857654272 の発言をどう解釈するかですね。誤解を招いても仕方ない発言のような気がします RT @n_sodaさん いいなさんは100mSv未満発癌性なしと断定されてないように思うのですが。
0
SODA Noriyuki @n_soda 2012年4月17日
また、こちらの発言は明白な誤りですよね。オーダーが3桁以上違う。 https://twitter.com/#!/iina_kobe/status/191850601951399936
0
SODA Noriyuki @n_soda 2012年4月17日
http://www.nsc.go.jp/senmon/shidai/houbou/houbou001/ssiryo5_1.pdf の2.3に載っています。あと @SkiMario さんの指摘にある通り、1.7mSv/年は写し間違いで、正しくは5.9mSv/年の方でした。失礼しました。RT @iina_kobe: 原文ください。
0
いいな @iina_kobe 2012年4月17日
いや、原文は、文献30の菅原努~ってやつですけど、そこにどう書かれているか知ってますか?原文下さい。あと、10Svくらい浴びたら~の前提は、細胞が破壊されずにって前提条件が付いてます。
0
いいな @iina_kobe 2012年4月17日
100mSv未満発癌性なしと断定なんかしてません。100mSv以下での臨床的な知見はないって事です。また、広島の時とかは本当に100mSvかどうかなんかわかりませんし、きっちり100mSvなんてことはありません。
0
SODA Noriyuki @n_soda 2012年4月17日
ああ、そういう意味でしたか。申し訳ありませんが、そちらは知りません。RT @iina_kobe: いや、原文は、文献30の菅原努~ってやつですけど、そこにどう書かれているか知ってますか?原文下さい。
0
SODA Noriyuki @n_soda 2012年4月17日
この文章の意味が分かりませんでした。「細胞が破壊されずにって前提条件」というのは具体的にはどのツイートのことでしょうか? RT @iina_kobe: あと、10Svくらい浴びたら~の前提は、細胞が破壊されずにって前提条件が付いてます。
0
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012年4月17日
.@SkiMario さん 大気中のラドン100Bq/m^3環境での被曝量は、http://ameblo.jp/banchan0625/entry-11107331556.html こちらで2.5mSv/y http://dohgo.blog22.fc2.com/blog-entry-378.html こちらで7.7mSv/yと計算されてますね。
0
SODA Noriyuki @n_soda 2012年4月17日
そういう意図だったんですか。それは失礼しました。ただ、 https://twitter.com/#!/iina_kobe/status/191835926857654272 の表現では、私のように誤解する人間が出ても不思議はないと思いますので、ご留意ください。_o_ RT @iina_kobe: 100mSv未満発癌性なしと断定なんかしてません。
0
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012年4月17日
.@SkiMario さん 線種・核種の荷重係数は不確かなので、両者の違いは誤差程度と言っていいでしょう。「10mSv/y以下の被曝でも、線量に応じて有意に癌が増加する」くらいに理解しておけばよいかとおもいます。
0
SODA Noriyuki @n_soda 2012年4月17日
あと、これもちょっと変な表現だと思います。たとえば150mSvでも、臨床的に癌の原因を放射線であると判別することはできませんよね。100mSvという値は、統計処理の結果、疫学的に検出できている限界値ですから、疫学ならともかく臨床の話が出る余地はないかと。 RT @iina_kobe: 100mSv以下での臨床的な知見はないって事です。
1
sakai @SkiMario 2012年4月17日
@sudahatoさん ありがとうございます。低線量被曝についてはできるだけ正確な方が良いと思っています。例えば「10mSv/y」が数年続くだけでも発がんリスクが有意に上昇するのか、それとも生涯(例えば60年生きれば600mSvの被曝)で有意な上昇なのかでは違うと思うのです。
0
sakai @SkiMario 2012年4月17日
オーダーとして100mSv前後なので色々難しいところだとは思います。
0
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012年4月17日
広島の疫学調査は対照群の設定が不適格との批判がありますね。 「低放射線も高いがん死亡率 非被爆者と比較調査」 - 47NEWS http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008080401001105.html 論文はこちら http://www.miyao.i.is.nagoya-u.ac.jp/wp/?p=50
0
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012年4月17日
一瞬の低線量被曝も有害、数十年の長期低線量被曝も有害となると、あいだのところに「無害な中期被曝がある」と仮定するのはかなり無理のある話になります。LNTを採って評価しといたほうが妥当じゃないかと。
0
中庸日記 @Da_Saitama_Sea 2012年4月17日
3人にひとりが癌で死ぬ国のひとがこういうこというと、(厨二病っぽい馬鹿さが)とってもカッコいいですね.今度ボクも街で同じように叫んでみます.(多分、なにこの馬鹿?と思われますよね.) > 3pF 生命が37億年という長い年月をかけて獲得した強力な遺伝子修復機能を舐めんな。ってことですね。
0
sakai @SkiMario 2012年4月17日
ご紹介の論文だと、線量依存性がほとんど見られないようですね。それもまた不思議な現象ですね。
0
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012年4月17日
線量依存性がないように見えるのは、個別の線量が「被爆時どこにいたか」でざっくり評価だからじゃないでしょうか。大別すれば傾向はあるわけですし。
0
sakai @SkiMario 2012年4月18日
線量評価があてにならないってなると、がんの増加原因が分からないってなりませんか?現代の地域性に差が無いことは考察されていますが、例えば終戦直後の地域性(放射線量に加えて、経済や大気汚染など)が評価されていない様にも見えます。(詳しくないのでちょっとよく分かってません)
0
jin @jinandtonicair 2012年4月19日
まとめを更新しました。
0