編集可能

「産業チート、軍事チート」とその反動について

俗に内政物と言われるジャンルについてのだよもんさんの連ツイを纏めました
テクノロジー まおゆう ドリフターズ 異世界転生 SF 異世界ファンタジー ストーリーテリング 産業 創作論 内政チート 軍事
8
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY
こう、俗に内政物といわれるジャンルではその作者の興味のある分野の技術が飛躍的に進むことは多いのだが、その反動とかも興味深いよなぁ。 たとえばローマ時代に活版印刷の技術持ち込んでも紙自体が高価という現実がある以上、思うようには印刷技術は広まらないのではないか。製紙技術も持ち込むのう
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY
たとえになってねーな。 軍事的チートの代表例が「鐙」だが、コレを使えば確かに重装備の騎兵を大量に生み出せるのだけど、こういう技術は「知識さえあれば相手も真似できる」から相手も時間の問題で強化されてしまうんだよなぁ。ヒストリエの鐙的にはやらない可能性もあるか。
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY
産業チートで大量生産の技術を作っても「購買層」が育ってなければ大して利益にはならんわけで。しかも既得権益層を敵に回すしな。
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY
つまるところチートは「常に新しく技術を作り続ける(新たなチートし続ける)」か「理解してもまねが出来ないようなものを作り続けるか」だわなぁ
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY
ここら辺で面白いのが軍隊のドクトリンであるな。 電撃戦というチートを持ち込んでもそれが通用するかはその時代の戦闘形式によるわけで 重装歩兵の時代には無理だし騎兵でやるなら騎馬民族でもなけりゃあれである。
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY
騎士が名乗りを上げてえんやこらと戦争してる時代に現在の知識を持ち込んでもあんまり効果ないし 火縄銃やマスケット、ドクトリンを持ち込むにしろそれを大量生産する技術がなければ実行に移せない。 ロングボウ万能論も実は問題だらけだし。
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY
ゲリラ戦がもてはやされてたりするが、ゲリラ戦が有効に活用されるには「外国の支援」「周辺住民の支持」「聖域」がなけりゃ無理なわけでどれかがかけるとポンペイウスさんオツカレ様です。とか 同志スターリン!フラー!!で終わりである。 町ごと人がいなくなればゲリラ戦もくそもないしなぁ
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY
その時代その場所にあったやり方を無視すると何らかの反動があるはずだよなー インフラ問題もしかり。
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY
道路作れば商人とおって関税でうっはうっは。も住民がその道使って逃げ出したりその道を敵の軍隊が使ってきたりとか ローマだと水道橋から敵歩兵がががが とかもあったか。

コメント

ええな@手を洗うネコ🐽 @WATERMAN1996 2012年4月17日
そう言えば小川一水の「導きの星」で、青銅の精錬技術しかないところに鋼を作るアイデアを持ち込んで歴史を変えたって話があったな。
sezmar @sezmar 2012年4月17日
両陣営にチートキャラが召喚され塹壕教えたら毒ガスで返される泥沼展開を読んだ気がする
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする