2012年4月17日

ハートネットTV「シリーズ貧困拡大社会(1)若者に広がる生活保護」書き起こし・ほぼ完全版

4月16日夜にNHK・Eテレで放送されたものを文字起こししています。 進行:山田賢治アナ ゲスト:茂木健一郎(脳科学者) 湯浅誠(反貧困ネットワーク事務局長)
23

冒頭のVTRが流れます

とし @toshihiro36

<ナレーション> あなたの周りに、貧困はありますか?

2012-04-17 06:08:10
とし @toshihiro36

若者たち:「僕の周りはいないですね」 「遠い国の話とか?」 「貧しいとかいう感覚は、僕自身にはないですけど」

2012-04-17 06:10:09
とし @toshihiro36

<ナレーション> 貧困について実感を持てないという若者たち。しかし貧困は予想を超えたスピードで、日本社会に広がりつつあります。毎週日曜日になると、新宿の公園に大勢の人が集まってきます。目当ては温かい食事。用意された700食は、30分も経たないうちになくなりました。

2012-04-17 06:16:02
とし @toshihiro36

<ナレーション> ここ数年、特に目立つのが20~30代にかけての若い世代だといいます。毎週炊き出しに通っているという30代のこの男性、持ち金も底をつき路上生活を続けているといいます。

2012-04-17 06:20:17
とし @toshihiro36

男性:派遣切りということですね。今日は炊き出しがあったから助かりますけど、明日からどうすればいいのみたいな感じなので。

2012-04-17 06:22:25
とし @toshihiro36

<ナレーション> 去年の末、不況の影響で突然契約を打ち切られました。会社が提供していた家も出ざるを得なくなり、住まいを失ったのです。

2012-04-17 06:26:12
とし @toshihiro36

男性:夜中はずっと歩いてるんですよ。寒いからね、寝られないし。昼間、どっかで寝てって感じです。

2012-04-17 06:28:09
とし @toshihiro36

<ナレーション> お金が貯まったら、結婚して幸せな家庭を作りたいと考えていた男性。今はそんな普通の暮らしさえ想像できないといいます。

2012-04-17 06:30:21
とし @toshihiro36

男性:考えられませんよ、もう夢なんて。普通の生活に戻れればいいかなと思いますね。

2012-04-17 06:31:44

ここからスタジオになります

とし @toshihiro36

山田:皆さんは「貧困」と聞いて、どんなことを想像しますか?最近、孤立死や生活保護の問題など、貧困に関するニュースをよく聞くと思います。実は貧困は日本の社会に確実に広がっていることが、さまざまなデータから明らかになってきました。こちらの数字をご覧ください。

2012-04-17 06:40:09
とし @toshihiro36

山田:今年1月現在で、生活保護を受給している方が209万人を超えました。これは戦後、生活保護の制度が始まって以来最も多い数です。そして労働者の中に占める、非正規雇用者の割合。これが3人に1人。さらには相対的貧困率が16%。

2012-04-17 06:48:47
とし @toshihiro36

山田:この相対的貧困率というのは、国民の貧困状態を示す代表的な指標である数字です。具体的にいいますと、日本の場合は125万円以内で暮らしている人の割合。つまり月に10万円ほどで暮らしている人が、100人中16人いるということです。

2012-04-17 06:53:41
とし @toshihiro36

山田:ハートネットTVではこうした日本の貧困について、1年間を通して見つめていきます。 では今日のゲストをご紹介します。脳科学者の茂木健一郎さんです。よろしくお願いします。茂木さんは、この数字についてはどのようにご覧になりますか?

2012-04-17 06:57:16
とし @toshihiro36

茂木:日本はいま表面的にはすごい豊かなんですけれども、実は我々の目に見えないところで貧困が広がっていると。しかもその実態について、我々はまだ十分に知らないということを本当に痛感します。

2012-04-17 07:01:00
とし @toshihiro36

山田:その潜在的な部分を目に見えるようにして、私たちも1年間通して考えていきたいと思います。 今月のテーマは「生活保護」です。先ほど209万人を超えたという数字をお伝えしましたが、特に20代から30代の若者の生活保護受給者に注目していきます。こちらをご覧ください。

2012-04-17 07:06:26
とし @toshihiro36

山田:こちらは20代から30代の生活保護受給者の数です。2003年には9万6000人でしたが、その6年後の2009年には15万5000人と6万人増えているんですね。

2012-04-17 07:10:09
とし @toshihiro36

茂木:これね本当はね、若者はまさに働く意欲もあるし…それから自分たちの生活を支えるだけじゃなくて、例えば国の税収にも寄与して日本の国を支える。そういう役割を果たすはずなのに…若者たちが働く機会がなく、生活保護を受けているという…彼らも大変だが、日本の将来を考える上でも大きな問題。

2012-04-17 08:28:09
とし @toshihiro36

山田:今回は生活保護受給率全国1位の大阪市を見ていきます。大阪市では生活保護費の削減を目指して、積極的に就労支援プログラムに取り組んでいます。このプログラムを利用する、ある若者を取材しました。

2012-04-17 08:32:25

VTRが流れます

とし @toshihiro36

<ナレーション> 大阪市・中央区、就労をサポートする支援員に付き添われて、一人の若者がハローワークを訪れていました。鍋島達也さん、28歳。生活保護を受給して2年半になります。鍋島さんの希望は安定した仕事を見つけて、できる限り早く生活保護から抜け出すことです。

2012-04-17 08:36:43
とし @toshihiro36

<ナレーション> この日は支援員のアドバイスを受けて、技術を身につけられる仕事を探していました。

2012-04-17 08:38:36
残りを読む(60)

コメント

アルパカおじさん @oldmanpom 2012年4月18日
これを読んで、失業者の努力不足みたいに勘違いする人がいるかもしれませんが、そもそも景気対策を打たないで、デフレ下でインフレ対策やってるような政府日銀の責任をちゃんと伝えないとダメですね。
1