10周年のSPコンテンツ!
9
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
被災地に限らず、幼保以上には子どもを含めたケアがあるけど、乳幼児およびその母にはほとんどケアがないだよ。悲しみはいかばかりか。→ 震災1年 産後うつ重く 宮城沿岸、2割超に症状疑い 東北大病院調査  http://t.co/3RBYJcdm @chunichi_mediさんから
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
私、産後うつなんて、乳幼児検診や予防接種の順番待ちで早期発見できるんじゃないのって思ってた。けど、その昔保健師さんから聞いた話では、産後に落ち込んでる人は健診にも来られないことが多いって。考えてみれば当たり前だよね、つらいんだもん。そんな人を救えないか、って保健師さんは悩んでた。
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
子どもが大きくなって、幼稚園保育園に通うようになれば、自然と他人に接する回数も多くなって、様子がおかしかったら周囲が気づくこともできる。でも乳幼児の母、しかもどことも接点がなかったら、朝から晩まで24時間365日悩み苦しみと向き合い、子どもの世話に追われる。本当に辛いと思う。
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
子どもが生まれた頃、ちょっとでも泣かしたら虐待してるんじゃないかって思われるかもって、とにかく泣かさないように必死だった。それだけで一日が終わってた。深夜タチコマちゃんと子どもが寝て、仕事に逃げられる時間が、唯一自分らしいと思える時間だった。 #kodomo #ikuji
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
乳幼児の親支援が少ないと書いたけど、昔より増えたのは間違いない。保育園が未就園児に向けて園庭を開放したり、子育て広場的な居場所が出来て、足さえ向ければ相談に乗ってもらうことも出来るようになった。娘の時にはなかったけど、息子の時にはずいぶん増えた。 #kodomo #ikuji
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
でも、居場所ができたからと言って、さあすぐに悩みを打ち明けろ、って言っても出来るもんじゃないんだよね。twitterだってそうだ。やってみればわかる。時間かけてつきあって、ようやくこぼれる真実の言葉がある。それに向き合ってくれる人を捜すのは本当に難しい。
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
ましてや、何かの理由で心を痛めている人にとって、明るい子と母の笑顔にあふれた場所に行くには、どれだけ勇気が必要か。本当はみんな大なり小なり悩みを持っているけど、心を痛めている人には、笑顔だけがまぶしくて、出かけることさえも辛い。
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
そのために保健師さん達が、お母さんのいる家を訪問して、様子を聞いたりするんだよね。訪問って時間的に制限が多く、お子さんの体調もあるから、一日にこなす件数には限界がある。全数救えって言われても、保健師の数が足りなすぎて、にっちもさっちも行かないんだろうな。(ちょっと私の想像入り)
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
娘の生後4ヶ月頃だったかな。まだ子育て支援なんて言葉が大きく扱われなかった時代、母子手帳についてた「来てください」はがきを使って保健師さんに家を訪問してもらった。ネットに地域の育児支援情報なんてこれっぽっちもなくて、保健師さんの言葉が田舎の母みたいで、とてもうれしかった。
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
その時は何の問題もなく、小さく産まれた娘の体重を測って、雑談で終わった。その小さなつながりが10年近く繋がって、気が付いたら結構ヘビーな相談もしていた。自分を覚えていてくれることが本当にうれしかった。
@yukipo_hato
難しいですよね。ツールは広がったけど、それにのっかってかけらをばらまいたり集めたりしてる感があります。それでもだいぶ救われてるとは思うんですが。 RT @yakotae 時間かけてつきあって、ようやくこぼれる真実の言葉がある。それに向き合ってくれる人を捜すのは本当に難しい。
Tiger @asobiya
訪問すら受け付けない人もいるしね。 @yakotae そのために保健師さん達が、お母さんのいる家を訪問して、様子を聞いたりするんだよね。訪問って時間的に制限が多く、お子さんの体調もあるから、一日にこなす件数には限界がある。全数救えって言われても、保健師の数が足りなすぎて、にっち…
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
聞けば保健師さんの中でも、その方は特にパワフルで親思いの方。たくさんの人が彼女に救われたって言ってた。すわ転属って時は一部で大騒ぎしたwだから横浜市にお願いです。子どもの成長を見守ってくださるなら、保健師さんだけは転勤が少ないことを切に願います。心打ち明けるのって本当に難しいの。
@yukipo_hato
@yakotae 助産師さんたちだって分娩→出産入院を経て数日ご一緒させてもらってようやく安心感を得て相談できたりするのに、いきなり保健師さんに会って「さあ何かありませんか?」ってなってもなかなか心を開けないまま終わったりも(^^;;
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
2001年頃は2ちゃんを読んで似た環境を知るのが精一杯でした。自分の言葉でいうってかなりハードルがありますね。 RT @yukipo_hato 難しいですよね。ツールは広がったけど、それにのっかってかけらをばらまいたり集めたりしてる感があります。 RT @や 向き合ってくれる人
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
あるあるw RT @yukipo_hato 助産師さんたちだって分娩→出産入院を経て数日ご一緒させてもらってようやく安心感を得て相談できたりするのに、いきなり保健師さんに会って「さあ何かありませんか?」ってなってもなかなか心を開けないまま終わったりも(^^;;
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
そう。となると、あとはご近所力っていわれるんだよな。 RT @asobiya 訪問すら受け付けない人もいるしね。 @yakotae そのために保健師さん達が、お母さんのいる家を訪問して、様子を聞いたりするんだよね。訪問って時間的に制限が多く、一日にこなす件数には限界がある。
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
ご近所力は間違った方向に使われることが多いので、あまり期待していないw
@yukipo_hato
@yakotae まぁそうですよね(^^;少なくとも一方通行ではなかなか築けないですね…。
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
@yukipo_hato 一方通行にならないように、その切り出しをどんな形にするか。保健師さん達って体力も心配りも頭脳も必要な大変なお仕事だと思います…。
@yukipo_hato
@yakotae ほんとそう思います。それでいて専門的な知識も相当大事ですし、それらのアップデートも。一回むすめの発達相談を自主的に受けたことがありましたが、その担当の方は話してて「この人ベテランだな!」って空気ですぐ打ち解けて話せて、結果異常がなくてかなり安心したりもしました。
@yukipo_hato
@yakotae ただ、その過程で、相談の日程を決めるのに提案された日がだめだとやたらと先延ばしになり、不信感?もありました(^^;;お役所の難しさもあるかもしれませんが、ほんとに悩んでたらそんなの絶対待てないと思うんですよね。まぁ程度が軽かったので待ちましたが…。
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
ベテランの空気ってすごく安心するよね! RT @yukipo_hato ほんとそう思います。それでいて専門的な知識も相当大事ですし、それらのアップデートも。(略)担当の方は話してて「この人ベテランだな!」って空気ですぐ打ち解けて話せて、結果異常がなくてかなり安心したりもしました。
Yasuko Nagaoka ~今はただ祈る~ @yakotae
焦るお気持ちお察しします。不安に包まれるんですよね。 RT @yukipo_hato その過程で、相談の日程を決めるのに提案された日がだめだとやたらと先延ばしになり、不信感?もありました(^^;;お役所の難しさもあるかもしれませんが、ほんとに悩んでたらそんなの絶対待てないと思う…
Tiger @asobiya
じーちゃん、ばーちゃんもそうだけど、そういった恩恵に預かれないから追い詰められるのにね @yakotae そう。となると、あとはご近所力っていわれるんだよな。 @遊 訪問すら受け付けない人もいるしね。 @や そのために保健師さん達が、お母さんのいる家を訪問して、様子を聞い…

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする