Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

ライスのアニメ感想:#161 LUPIN the Third -峰不二子という女-(3)

LUPIN the Third -峰不二子という女-第3話感想です 今回は五ェ門登場&不二子のサウンド・オブ・ミュージック回。 ストイックだけど実はコミカルな五ェ門のキャラが良く現れた回でした
1
テリー・ライス @terry_rice88

LUPIN the Third -峰不二子という女- Ep.03「淑女とサムライ」 五ェ門回。今回出てきた地図の地名が実名のもじりだったので、そういう世界観だったっけかなあとも思わなくもなかった回。とはいえ、今回はちゃんと不二子が話に絡んでいたのは好印象だったかなあと。

2012-04-20 08:32:58
テリー・ライス @terry_rice88

今回の脚本は初代エウレカセヴンでシリーズ構成、脚本をやってらした佐藤大さん。その点もあってか、前回の次元のようなむりくり感はなかったと思います。まあ、五ェ門が比較的、不二子と絡んでいるキャラと言うのも間違いなくあって、動かしやすかったってこともあるんだろうと思います。

2012-04-20 08:36:04
テリー・ライス @terry_rice88

次元が男の世界に生きる人間だとすると、五ェ門はもっとウェットに義理と人情の世界に生きる人間ですね。だからイマイチ冷徹になれないし、無碍に人を殺したりはしない。そこら辺のウェットな感情が出ているんじゃないかなあと言う感じ。ストイックでありたいんだけど、煩悩の誘惑には負けるというw

2012-04-20 08:41:29
テリー・ライス @terry_rice88

今回のアステリアの国王暗殺依頼にありありと出ていましたね。というか、暗殺者としては失格の部類なんじゃないかなw あんまりにも自分のポリシーを重視しすぎてて、雇い主が扱いづらそうなイメージが凄くあるんだけど。まあ、五ェ門はゴルゴ13になりきれないと言うのが一番の難点かなと。

2012-04-20 08:44:48
テリー・ライス @terry_rice88

今回の五ェ門は1stシリーズで初登場したときの五ェ門に大分近いですよね。今回のラストに「不二子ちゃん」とか言ってますけど、1stシリーズの際にも普通に言ってましたのでギャップを狙ってと言うよりは、整合性をとったと言うかファンにはニヤリと来るところだったんではないかなあと。

2012-04-20 08:47:23
テリー・ライス @terry_rice88

ストイックでありたいけど、女の誘惑や煩悩には弱い男って言うのが五ェ門の特徴。生きるために背に腹は変えられなかったり、寂しがり屋だったりしますが、怖いのは表情だけで意外とコミカルなんですよねえ。TVスペシャルでストイックな部分がかなり強調されていた向きもありますが。

2012-04-20 08:50:18
テリー・ライス @terry_rice88

そんな五ェ門は今シリーズの「女に翻弄される男」という点に置いてはうってつけの人材ですよねえ。実際、なびいてましたし。なんというか、割と異性とのコミュニケーションが苦手な男性の挙動不審さを上手く表現していたような気がw しかもそれを不二子が知ってか知らいでか、見事に利用しているしw

2012-04-20 08:54:27
テリー・ライス @terry_rice88

不二子にとって見れば、これほど「利用しやすい男」っていうのもないんだろうなあ。笑顔と愛嬌を振舞えば、相手が勝手に勘違いして自分に「気」があるものと思って、付いてくる。まあ、あれです。不二子的には貢ぐクンやペット犬みたいな扱い方なんだろうとw哀れだなあ、五ェ門……。それでいいのかw

2012-04-20 09:01:32
テリー・ライス @terry_rice88

その当の不二子と言えば、お仕事に徹しきるっていう面と前回、前々回の描写には限定されない女の一面が描かれていたなあと。そういえば今回出てきた地図や架空の地名からしても明らかな通り、アステリア=オーストリアな上、不二子の衣装も、映画の「サウンド・オブ・ミュージック」がモチーフでしたね

2012-04-20 09:05:29
テリー・ライス @terry_rice88

不二子の使ってた偽名もマリアでしたし、さらに肩書きが家庭教師だったのもw 映画におけるマリアのコスプレだと考えるとああいった母性的な面は女性が基本的に持っている一面の一つなんではないかなあと思いました。それをどう利用するかはその本人次第で、不二子は猫被る形で利用したんだろうけど。

2012-04-20 09:09:32
テリー・ライス @terry_rice88

女性が優しさの裏で持っている欲望、陰惨さや残酷さって、男性には計り知れないものがあるんだけど、それを前回、前々回でそういうダーティな面を見せた上で、男性から見える菩薩的な面を描くって言う構成は非常に良く出来てはいるかなあ。だから男性の脚本家を今回に当てたんでしょうね。

2012-04-20 09:13:49
テリー・ライス @terry_rice88

たぶん前回、前々回がなかったら映える事がないエピソードだったように思いますかね。シリーズ構成的にはそういう流れのような気がしました。女性の複雑さを表現するために多角的な捉え方をして描いていると思います。女性の弱い面と言うよりは武器の一つって感じが強く印象に残った回なのではないかと

2012-04-20 09:17:35
テリー・ライス @terry_rice88

それにしたって、最後の裸ベルトはちょっとすごかったし、五ェ門へのご褒美キスは男を翻弄する女性って言うのが強く出ていたなあ。というか裸バイクって、色々痛くないのかなとちょっと心配になったよ! あ、あとお仕事ながら国王の孫達をあやす不二子はやっぱり母親っぽく見える。

2012-04-20 09:20:35
テリー・ライス @terry_rice88

前回の次元に比べて、五ェ門のキャラクターもあって、不二子との邂逅は非常にスムーズだったよなあ。五ェ門は不二子を子供達の母親と勘違いする程に人間関係に鈍感な節もあるので(洞察力はありそうだけど)、自然と会話していた感じがあった。ウマが合うンだろうなあ。次元とは完全に水と油だったし。

2012-04-20 09:26:03
テリー・ライス @terry_rice88

このまま続くと次回、銭形回か。それを通過してからどう動くかがルパン新TVシリーズの正念場であると思う。そこから先がどう動くのかが全く読めないのは、楽しみではあるんだけど不安でもあるなあ。はたして連続シリーズになっていくのかどうか。見守ろうと思います。

2012-04-20 09:29:49
テリー・ライス @terry_rice88

と言った所で今回の感想は以上。どうもありがとうございました。それではまた次回です。

2012-04-20 09:30:27

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?