Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

アレントbotと九鬼botの擬似対話

シェア大学(仮)準備室の関連イベント 「九鬼周造とハンナ・アーレントを出会わせる」 関連のツイートらしきもののまとめ。 https://twitter.com/#!/PLAYWORKS_info
0
九鬼周造 @kukisyuuzoubot

『九鬼周造とハンナ・アーレントを出会わせる』2012.4.19 13:00- (30分間無言でした)

2012-04-19 13:33:33
九鬼周造 @kukisyuuzoubot

我々は常に否定が人格的実存の構成に如何なる肯定的意味を有ち得るかを考へねばならぬ。(「カフェーとダンス」)

2012-04-19 13:33:44
ハンナ・アーレント @hannaharendtbot

大衆文化と呼ばれているものの根深い災難は、不幸が普遍化したことである。(『人間の条件』17消費社会)

2012-04-19 15:02:30
ハンナ・アーレント @hannaharendtbot

本日19日13時–18時「九鬼周造とハンナ・アーレントを出会わせる」第2回。 上演時間中にhttp://t.co/28Sxhd6nをご覧下さい。 また、今回はこのHPをどこかの街でプロジェクション致します。ゲリラプロジェクションも歓迎いたします。

2012-04-19 15:08:07
九鬼周造 @kukisyuuzoubot

(私が『「いき」の構造』を書いた頃はマルクス主義全盛の頃で、私は四面楚歌の感があつた。(「伝統と進取」))

2012-04-19 15:56:31
九鬼周造 @kukisyuuzoubot

定言的偶然としての「人間の断片」を見出すだけで、全き「人間」を見出さぬことが疑問に充ちた「深き憂愁」にツァラトゥストラを沈めたのである。(「偶然性の問題」手澤本への書込み)

2012-04-19 15:56:41
ハンナ・アーレント @hannaharendtbot

マルクスは労働・土地・利潤のような価値を生み出す源泉を求めようと努力したが、不毛な企てに終わった。同様に彼は使用価値という用語を頑固に保持していた。交換市場に絶対的価値が存在しないという単純な事実を認めることは、誰にとってもやさしいことではなかったからである(『人間の条件』22)

2012-04-19 16:05:32
ハンナ・アーレント @hannaharendtbot

しかし、事実をいえば、それを求めるのは、円を四角にする試みと同じようなものであった。全ての物が無価値となり生来的価値を失うのは、大いに嘆くべきことであるが、このことは、全てのものが商品に転化する途端に始まる。(『人間の条件』22)

2012-04-19 16:09:34
ハンナ・アーレント @hannaharendtbot

経済法則というのは自然法則ににており、社会全体の生産条件の機能である。しかしこれは、すべてが人間の肉体と自然との新陳代謝まで還元され、交換でなく消費だけが存在しているような労働社会においてのみ正しい。交換というのは自然過程の単なる機能とは別のものである。(「人間の条件」29)

2012-04-19 16:42:12
九鬼周造 @kukisyuuzoubot

ビスケットといふ古い言葉がクッキーといふ新しい言葉に代つてしまつてゐるのを初めて知つて、自分の住んでゐる古い世界と少女の住んでゐる新しい世界との間隔に軽い目まひを感じたのである。これはクキがクッキーでグキットした話である。(「偶然の産んだ駄洒落」)

2012-04-19 16:46:14
ハンナ・アーレント @hannaharendtbot

宇宙と測定器具につながりがあるとしても、電話番号と加入者につながりがあるというのと同じである。いいかえると、私達は、自然や宇宙の代わりに、ただ、自分自身に向き合っているのである。(『人間の条件』37)

2012-04-19 16:53:07
ハンナ・アーレント @hannaharendtbot

哲学者の思弁にしろ、天文学者の想像力にしろ、かつて出来事を作り上げたためしはない。(『人間の条件』36)

2012-04-19 16:55:20
ハンナ・アーレント @hannaharendtbot

観念の領域には独創性と深さがあるだけであり、これはいずれも人格的特質にすぎない。そこには絶対的な新しさはない。(略)観念は出来事と違って、必ず先例がある。たとえば地球は太陽の周りを回転するというのは、経験的に確証された思弁であったが、先例がなくはなかった(『人間の条件』36)

2012-04-19 16:58:06
九鬼周造 @kukisyuuzoubot

しかしながら、事柄の内容は今も変らずそこにあるのであって、創造的な形式で仕上げられることを忍耐強く待っているのである。(「子供の良く知っている二つの絵」)

2012-04-19 17:10:38
九鬼周造 @kukisyuuzoubot

数年前、パリのシャンゼリゼのミュージックホールの一つで花道の技法の応用を見て非常に嬉しかった。しかし今年そこへ行って見ると「ミュージックホール」は「ダンス・ホール」に変っていた。(「日本の演劇」注)

2012-04-19 17:10:52
ハンナ・アーレント @hannaharendtbot

『国家』をギリシャ史に照らせば、プラトンが哲学者に要求している「転換」がホメロス的世界秩序の転倒に等しいことがすぐわかるだろう。プラトンの場合、「洞窟」に位置しているのは、ホメロスのハデスの場合のような死後の生活ではなく、地上における普通の生活である。(「人間の条件」41)

2012-04-19 17:29:37
九鬼周造 @kukisyuuzoubot

俺はときどき反吐をはく。盲腸炎ぢやあるまいな、妊娠の筈もあるまいな、困つた狐に憑かれたわい。(「反吐」)

2012-04-19 17:44:57
九鬼周造 @kukisyuuzoubot

我々は趣味が道徳の領域において意義をもつことを疑はうとしない。(『「いき」の構造』六)

2012-04-19 17:45:10
ハンナ・アーレント @hannaharendtbot

「死ぬ前には誰もエウダイモン(幸福)であるとはいわれない」という古代ギリシャ人の言葉は、2500年も使い古されてきたために、そのもともとの意味を尋ねることはもうできない。ともあれエウダイモニア(幸福)という言葉は普通の意味の幸せとか喜びを意味しない。(『人間の条件』27)

2012-04-19 17:50:23
ハンナ・アーレント @hannaharendtbot

文字通りには、生涯各人にとりつく神霊(ダイモン)の幸福のようなものを意味する。ダイモンとは、その人独特のアイデンティティであるが、ただ、他人にのみ現れ。、他人にだけ見える。(『人間の条件』27)

2012-04-19 17:52:04
ハンナ・アーレント @hannaharendtbot

たとえば、学びつつあることと学び終わった事とは、人格は同一でも、異なった瞬間にしめされる二つの属性であるが、エウダイモニア(幸福)というのはこのようなものではない。(『人間の条件』27)

2012-04-19 17:54:01
ハンナ・アーレント @hannaharendtbot

人間のエッセンスが現れるのは、生命がただ物語を残して去るときだけである。ここでいう人間のエッセンスというのは、人間本性一般(そのようなものは存在しない)のことでもなければ、個人の特質や欠点のことではなく、実にその人の「正体」(who)のことである。(『人間の条件』27)

2012-04-19 17:57:00
九鬼周造 @kukisyuuzoubot

「鬼に三種あり、謂はく無と少と多との財なり。三に各々三を分つ、故に九類となる」(略)三三が九鬼になるといふわけだ。鬼といふのがソクラテスのダイモーンであつてくれれば、九つ集まつてゐてもいいのだが、やはりカトリックの宣教師が気づかつた通りディアボロスの集団らしい。(「自分の苗字」)

2012-04-19 18:09:20
九鬼周造 @kukisyuuzoubot

(diabolosは)「間へ投げる」とか「離間する」とかいふ意味の動詞から来てゐて「誹謗者」を意味してゐる。(「自分の苗字」)

2012-04-19 18:09:32
残りを読む(39)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?