10周年のSPコンテンツ!
268

冒頭のVTRが流れます

とし @toshihiro36
<ナレーション> 厳しい雇用情勢が続く日本社会。労働者支援の窓口に意外な相談が急増しています。会社を辞めたくても、辞めさせてくれないというのです。上司に辞表を出しても受け取りを拒否されたり、先延ばしにされるケースが相次いでいます。
とし @toshihiro36
<ナレーション> その多くが20~30代の正社員。企業に酷使される実態が見えてきました。さらに「辞めたら損害賠償を請求する」と脅されたという事例も。会社の引き留めを押し切って退職したこの男性、会社に2000万円を超える損害賠償を求める訴えを起こされました。
とし @toshihiro36
<ナレーション> なぜ辞められないのか。そして、なぜ辞めさせてくれないのか。急増する退職トラブルの実態に迫ります。

ここからスタジオです

とし @toshihiro36
国谷:こんばんは、クローズアップ現代です。就職戦線は依然厳しい状況が続いています。そうしたなかで、いま正社員が会社を辞めようと退職届を出したのに、上司に受け取ってもらえない。かわりの人が見つかるまでやめさせてもらえない。
とし @toshihiro36
国谷:そういった退職に関するトラブルが全国の労働相談の窓口に相次いでいます。こちらは東京都の労働相談の窓口に寄せられました、辞めたくても辞めさせてもらえない相談件数のグラフです。ここ数年で4割以上上昇し、去年は668件に上っています。
とし @toshihiro36
国谷:また全国から相談を受け付けている民間団体の調査では、2年で相談件数が3倍に急増するなど、この現象は全国的な傾向となっています。企業の立場に立ってみると、仕事を覚えようやく一人前になった社員に辞められるのは痛手で、退職を思いなおしてほしいという事情は理解できます。
とし @toshihiro36
国谷:しかし働く人には退職の自由が法律で保障されています。民法の627条、雇用期間が決まっていない場合、従業員が退職届を出すなど辞職の意思を示せば、2週間経過後労働契約は終了すると定められています。
とし @toshihiro36
国谷:つまり会社を辞めるために会社の承認は必要なく、会社は従業員が出した退職届の受理を拒否することはできないのです。また期間が決まっている有期雇用契約の場合でも、働き始めて1年を超えればいつでも辞められることになっています。
とし @toshihiro36
国谷:辞める自由があるにもかかわらず、なぜ辞めることができないで悩む…とりわけ正社員が増えているのか。15年前に比べ正社員の数は500万人減少。そしてコスト削減や成果主義が広がり、職場環境は厳しさを増しています。
とし @toshihiro36
国谷:そうしたなかで、「もう辞めたい、しかし辞められない」と苦悩する社員の現実をご覧ください。

VTRが流れます

とし @toshihiro36
<ナレーション> 福岡市に住む、佐藤博さん(仮名)です。1か月前、正社員として勤めていたIT企業に退職届を出しましたが、認めてもらえずにいます。辞めたいと思うようになったきっかけは、3年前仕事上のミスで会社に損失を与えたとして給料を天引きされるようになったといいます。
とし @toshihiro36
<ナレーション> 手取りで30万円だった給料は、翌月11万円台に。3年間で計600万円が天引きされ、親に借金をしながら耐え続けたといいます。このままでは生活が成り立たない。佐藤さんは今年、社長に退職を申し出ましたが許されませんでした。
とし @toshihiro36
佐藤:「まだ(会社の経営が)全然持ち直していない。それなのに辞めるのは無責任だ。おまえは周りのみんなを見捨てるのか」と。 「(退職を)認めない」と言われた時には、本当に目の前が真っ暗になりました。
とし @toshihiro36
<ナレーション> 佐藤さんは辞める権利が民法で認められていることを確かめ、退職届を提出。2週間後、退職が成立したと思い会社に行くのを止めました。ところがその後、取締役の女性から電話がかかってきました。佐藤さんが録音していた、その時の会話です。
とし @toshihiro36
電話内容: 女性「もしもし○○さんですか?今日は出社は?」 佐藤「え?」 女性「今日はお休みですか?」 佐藤「もう退職が成立しているはずですが」 
とし @toshihiro36
<ナレーション> 会社は退職を認めていませんでした。法律上は退職が成立したはずだった佐藤さん。このあと思わぬ問題に直面することになりました。退職した人は失業保険を受け取るために、会社から離職票をもらう必要があります。
とし @toshihiro36
<ナレーション> 会社は社員が退職した翌日から10日以内に手続きをする義務があります。しかし佐藤さんは20日以上経っても会社から離職票を受け取ることができず、失業保険の手続きを行えないことがわかったのです。
とし @toshihiro36
佐藤:全く手続きができないです。失業保険をもらう手続きができない。失業でもない。会社にも努めていない。存在を消されている状態になっています。
とし @toshihiro36
<ナレーション> 労働者支援の窓口には最近、「辞めたくても、辞めさせてもらえない」という正社員からの相談が相次いでいます。この日は過労で体を壊した栄養士からの相談でした。
残りを読む(61)

コメント

竹本淳一 池袋ファミリー整体院 @takemotojunichi 2012年4月27日
やめる、やめないの交渉の際には、かならず、ボイスレコーダーを用意して(事前に何回かリハーサル忘れずに!)おこう。オリンパス製などオススメ。1万以下で手に入るよ
はやまさんじゅうろう @totoronoki 2012年4月27日
最初の佐藤さんの給料天引きはそもそも合法なの?
siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2012年4月27日
その分の人数雇用すればいいのに、しぶちんだな。
はやまさんじゅうろう @totoronoki 2012年4月27日
最期までよく見たら、やっぱり佐藤さんのケースはそもそも違法なんだな。11万で30万円の仕事をしてくれる都合の良い社員をいつまでも繋ぎ止めておくために脅しに使ってるだけなのか。単なるヤクザだよね。
地下猫 @tikani_nemuru_M 2012年4月27日
あからさまな労組つぶしをする首長が大人気の社会なんだから、労働者がいじめられるのは当然ですね。
GoGoマルマル @akimaru1192 2012年4月27日
同調意識が強い社員に「社員は仲間だ家族だ」「人と人との繋がりを大切にしようぜ」と断れない環境を作る会社が多いからな…最後は、上司よりもディベート力つけて辞めよう。
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2012年4月28日
解雇規制を緩和しようが、欲しい社員は何が何でもつなぎとめておきたいわけだから、結局は『拘束契約条項(辞める自由の制限)を!』って話になって終わるかと
温泉たまご(羽化) @hotspringegg 2012年4月29日
解雇規制緩和で解決なんて、それどんなファンタジー。そんな事しようもんなら、政財界が都合のいいように作り変えて、奴隷労働市場まっしぐら。いいかげん目を覚まそうね。
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2012年4月29日
番組で取り上げたのはレアなケースではないと思います。一部の社員をやめさせないことと、他の社員を使い捨てにすることを同時並行で行うことで利益を上げようとする企業は多数あります。「労働関係の法律は守らなくても告発されなければOK」なのが日本の問題です。
w_trlvr @w_trvlr 2012年4月29日
それにしても、何も知らずに会社に縛り付けられる社員は気の毒だな。辞める自由が無いってのはどう考えてもおかしいだろ。奴隷じゃないんだから。
ひじじきき @hijijikiki 2012年4月29日
強い立場に立つ者が弱い立場を加害者にして被害者を装う例として、この番組を紹介しました。ご参考まで⇒「監視のみでよいのか、CAP「子どもへの暴力防止プログラム」について」http://togetter.com/li/292872
ジョエーウ @joejoeu 2012年5月1日
1つ疑問なのが、録音などによる武装は相手にその場で告げなくても大丈夫なのかな、って事だなあ。労働者にだけ一方的に認められるとは思えん。
たぬきタン @strangehorns 2012年5月3日
下手な内部告発は自分の職場を失うだけで終わるというリスクもありまして。
まんじゅうこわい! @ihatemanju 2012年5月4日
労働法は法令遵守の対象ではありません
ザシキ @banv1194 2012年5月12日
前にいたブラック会社は店長が突然「今日で辞めるから」って言って次の日から来なくなった。その店は店長と自分の2人だけで回していたので大変だったけど、その会社にいる間に2度同じ経験したよ。ブラック企業は入るのも辞めるのも簡単なんだなぁって実感した。 http://www.tarikin.net/
bucherboxx @bucherboxx 2012年5月24日
「労働・貧困・教育問題に関する情報交換のための掲示板」を作成しました。情報交換等に有効活用していただければ幸いです。http://tree.atbbs.jp/bucherboxx/
siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2013年1月12日
簡単に生活保護とか受けられれば、こんな奴隷状態で働く事無いのに。つか、働けない間のセーフティネット充実させればいいのに。心身とも病むまで働かされていいの?
椋木京一 @mukunokik1 2015年11月6日
五年前に辞め(させられ)た会社がこンなだったなあ。 社長がそれとなく違法行為を強制してきて、うっかりやっちまうとソレをネタに引き留める。  入社試験と一緒に受けた意識調査で『会社のためなら違法行為も辞さない』という質問があってワロた…。
フローライト@今日どこさん行くと? @FluoRiteTW 2016年12月20日
「不況でゆとりを無くしてしまった」で犯罪行為の言い訳になるのなら企業って未成年と同じくらい楽勝だよねー
月陽 @Monatundsonne 2016年12月24日
バイトに「休むなら代わり探せ」という店長もいるレベルなのが現状。 法令遵守しろの声に「守ると企業が成り立たない」と反論する。 物価上昇率の目標ばかり立てて賃金上昇を考えてない。そらみんなケチケチケッチになりますよ
聖拳アホー!(操舵室・あらやゆり) @seiken_aho_ 2017年5月19日
私の兄は会社をやめるとき、警官に待機させて、社長室に直談判した。会社が賃金不払いを踏み倒そうとしたそうだ。
コスモ101号 @cosmo101gou 2017年10月19日
Monatundsonne 日本の経済界が、そんな考え方ばかりになって、世界基準から乖離しつつある。これでは世界経済から取り残されるだろう。
ひでさん @hidesan197 2019年6月13日
仮に佐藤さんが会社に損害を与えたとしても、給料から損害額を天引きすることは、労基法の賃金全額払いの原則に違反し、違法です。 損害賠償請求をするにしても、給料を全額支払った上で、別途損害賠償請求しなければなりません。 それと、損害賠償請求をするにしても、損害の発生が過失によるものであれば、損害の公平な分担という観点から、全額を請求することは認められておりません。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする