編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

エイモス・ミラー事件を追え!

1968年2月2日、ニュージーランドのオークランドで起こったとされる「エイモス・ミラー事件」。UFOからの怪光線を頭部に浴びて、牧場主のエイモス・ミラー氏が死亡、なぜか死体の骨からはリン成分が失われていたというこの事件、ショッキングな遺体の写真のインパクトで、70年代の少年たちには忘れがたい円盤事件の一つ。ですが、海外のUFOサイトなどを見ても紹介されておらず、日本の書籍はどれも似たような記述がほとんどで詳細は不明。そんな事件の解明に情熱を燃やす人たちのつぶやきを、ざっくり時系列でまとめてみました。
人文 宇宙人 オカルト エイモス・ミラー UFO 空飛ぶ円盤
23301view 10コメント
48
小山田浩史 @magonia00
初出・出典を探している案件と言えばエイモス・ミラー事件とアイヴァン・T・サンダースンがコンガマトーに遭遇した話。エイモス・ミラー事件の方はFSRにはどうやら載った事が無い、くらいのことが現時点で判明している。コンガマトーの話は最近気になり始めたのでこれから調べます。
本城達也 @honjo_tatsuya
@magonia00 エイモス・ミラー事件は私も興味があって調べています。日本の文献で現在までに確認できたところでは、南山宏さんの本で初出と思われるのは1973年の『世界の恐怖画報』でした。写真(?)の初出は75年の『UFO事典』です。
小山田浩史 @magonia00
@honjo_tatsuya 情報ありがとうございます。先日本城さんがラジオでエイモス・ミラー事件について話されたとのつぶやきを読んで「まさか本城さんはエイモス・ミラー事件も『解決済み』なのか!?」と気になっておりました。日本での初出情報、とても参考になります。
小山田浩史 @magonia00
エイモス・ミラー事件については、南山宏先生が自著の中で紹介されたのが日本での初出であろうことはmachtさんも指摘しておられる http://t.co/FU6GhkLk で、南山先生がよくソースとして利用していたFlying Saucer Review誌に出典が無いかと探した。
小山田浩史 @magonia00
Flying Saucer Review誌のバックナンバー(編集部が過去50年分のFSRを自炊してデータCDにして売ってる。ただしpdfじゃなくて単なるjpg画像)を買い込んで調べてみたが、エイモス・ミラー事件が起きたとされる1968年から、日本での初出が確認されている(続く)
小山田浩史 @magonia00
(続き)1973年までのFSRには、エイモス・ミラー事件を扱った記事は無かった(オデが確認した範囲では)。あのインパクトのある写真も血眼になって探してみたが、1975年までのFSRにはやはり見つけられなかった。結論:エイモス・ミラー事件はFSRには載ってない。
小山田浩史 @magonia00
南山先生がなんのソースもない事件を捏造するとはちょっと考えられないので、エイモス・ミラー事件には何らかの出典があるハズだ、とオデは考える。FSRでなければFateMagazineか、はたまたForteanTimesか?とりあえず1968-1973の5年間に範囲は絞られた。
小山田浩史 @magonia00
ちなみに、エイモス・ミラー事件が起きたとされるご当地ニュージーランドの民間UFO研究団体UFOCUS NZのサイト http://t.co/hPLOgMm9 CloseContactのページは製作中とのことで、ここでもエイモス・ミラー事件の手がかりは得られなかった。
本城達也 @honjo_tatsuya
@magonia00 あとエイモス・ミラー事件の初出と日本での広がりを知るには南山さんに直接話を伺う方がいいと思い、以前からコネクションのある人を探しているのですが、なかなか見つかりません……。こうなったらムー編集部に頼んでみようかと思っています。
小山田浩史 @magonia00
南山宏先生ご本人にぜひ詳しい話をおうかがいしたいですね、エイモス・ミラー事件のあれやこれやを。 https://t.co/pGUO3gRC 大げさに言えば、エイモス・ミラー事件は日本円盤研究史上の解かれざる謎の一つだと思います。それ故に惹き付けられます。
本城達也 @honjo_tatsuya
どなたか、次のサインが誰のものかわかる方はいらっしゃいませんか? 南山宏さんの本に「エイモス・ミラー事件」の記事が載っているのですが、その中のイラスト2枚にこのサインがあるんです。ただ名前は明記されていないので探しています。 http://t.co/9293069u
 拡大
本城達也 @honjo_tatsuya
@magonia00 この事件は真相そのものより、海外でなぜ広まらなかったのかや、元ネタがあるとすればどう変化したのか、日本での広がりはどうだったのか、など興味がつきません。
小山田浩史 @magonia00
@honjo_tatsuya 海外のオカルト・UFO系サイトを見て回っても、ビリーバー系も否定派・懐疑派のサイトも、エイモス・ミラー事件を扱っているところを見た事が無いです。海外では忘れられてしまったのか、だとするとその理由は何か……確かに興味は尽きません。
花田英次郎 @macht0412
Magoniaさんに続き、あの本城さんも参戦とは!陰ながら応援してますル/ RT @honjo_tatsuya: @magonia00 あとエイモス・ミラー事件の初出と日本での広がりを知るには南山さんに直接話を伺う方がいいと思い、以前からコネクションのある人を探しているのですが
小山田浩史 @magonia00
あ、海外のサイトで初めてエイモス・ミラー事件について言及しているところ見つけた! http://t.co/C3j5GFXV 判定:hoaxとされているが、なんにしてもエイモス・ミラー事件が日本ローカルの「伝説」じゃないっぽい手がかりだな。人名は出てない。
小山田浩史 @magonia00
(前項より続き) このサイトは律儀にソースを表記している。この事件には4つのソースがあり、"Flying Saucer Magazine"、"Skylook"、"Physical Traces Associated with UFO Sightings"、などだという。
花田英次郎 @macht0412
あ、すげえ! オレは今モーレツに感動しているっ! ぜひ続報を  RT @magonia00: あ、海外のサイトで初めてエイモス・ミラー事件について言及しているところ見つけた! http://t.co/fYbRu2qC
小山田浩史 @magonia00
一度見つけてしまえば、ある程度は芋づる式に情報が引き出せる。それがウェブの便利なところ。つーわけで、今までは「エイモス・ミラー」という人名で検索してたのが敗因らしい。1968、Auckland、Killed、UFOなどのキーワードで調べると他にも見つかった。
小山田浩史 @magonia00
ニュージーランドのオークランド広域自治体の公式HPが、ご当地オークランドに関する様々な記録を載せている。そこに、エイモス・ミラー事件らしきことへの記述があるのが見つかった http://t.co/IeE5Qysv 出典はカナダの雑誌"Midnight"だって?
小山田浩史 @magonia00
よくわからんが、オークランド広域自治体にメールして所定の手続きして金を払えば、この「オークランド・スクラップブック」の該当ページのコピーを送ってもらえるらしい……が、それは最後の手段ということにして他の情報を探すことにする。
小山田浩史 @magonia00
"Midnight"って、タブロイド紙なのかな。ちょろっと調べたらe-bayに1976年のMidnight magazineの出品があって、画像見る限り雑誌というよりタブロイド紙。こんなのに載ってたらそりゃあhoax扱いされるわなァ。
本城達也 @honjo_tatsuya
@magonia00 名前以外のキーワードで検索すれば海外の情報もいくつか見つかるんですね。現状ではパーマーの『Flying Saucers』、MUFONの『Skylook』、カナダの『Midnight』がソースとして有力そうですかね。
本城達也 @honjo_tatsuya
@magonia00 中でもMidnightは68年(4月~9月?)のNew Zealand scrapbookでソースとして利用されているならば、一番近いかもしれません。ちなみにFlying Saucers(隔月)は、eBayに68年4月、6月、8月、10月号がありました。
本城達也 @honjo_tatsuya
@macht0412 magoniaさんが海外の情報を見つけてくださったので、情報が増えましたね。少しずつでも不明点が明らかになればと思います。
本城達也 @honjo_tatsuya
@magonia00 SKYLOOKは68年のものがPDFでネット上にいくつかありましたが、ちょっと怪しいので微妙な感じです。ほんとはMUFONの公式サイトから入手できれば一番いいものの、扱っているのは69年だけでした。http://t.co/6JbXX6Ro
残りを読む(79)

コメント

小山田浩史 @magonia00 2012-04-29 18:43:02
まとめを更新しました。本城さんが、ニュージーランドの図書館からの資料を入手されたとの由。海外での初出に近づいた!
小山田浩史 @magonia00 2012-04-29 18:47:12
さらにまとめを更新しました。本城さんが、記事のテキストをASIOSのブログにアップしてくださったとの由。一歩一歩、エイモス・ミラー事件の真相に迫る!
本城達也 @honjo_tatsuya 2012-04-29 20:43:34
まとめを更新してみました。
小山田浩史 @magonia00 2012-05-01 19:33:26
まとめを更新しました。南山宏さんによる日本での紹介記事が、事件と同年にすでに発表されていたことが判明。また、関連のありそうな海外の雑誌についての情報も。
小山田浩史 @magonia00 2012-05-03 09:05:52
まとめを更新しました。南山宏さんが昭和48(1973)年の対談でエイモス・ミラー事件について語っている資料を発見。
小山田浩史 @magonia00 2012-05-17 01:30:16
まとめを更新しました。本城さんによる南山宏先生への聞き取り調査の報告がありました。また、一次ソース"Midnight"紙の、事件を報じた一面の画像をネット上で発見しました。
小山田浩史 @magonia00 2012-05-25 00:31:37
まとめを更新しました。MUFONの会報"Skylook"の1972年2月号にエイモス・ミラー事件に関する記事があるのを発見。
小山田浩史 @magonia00 2012-05-26 17:34:04
まとめを更新しました。ついに、南山宏先生の記事の直接の資料と思われる"Flying Saucers"1968年10月号を入手。画像あり。
本城達也 @honjo_tatsuya 2012-05-26 23:13:31
まとめを更新しました。『Flying Saucers』の記事と『Midnight』の記事は同じ内容かもしれない可能性が出てきました。
小山田浩史 @magonia00 2012-05-29 00:56:25
まとめを更新しました。macht0412さんにより、"Flying Saucers"の記事が翻訳されました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする