Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

ライスのアニメ感想:#163 LUPIN the Third -峰不二子という女-(5)

LUPIN the Third -峰不二子という女-の第5話感想です。 ルパンと次元の出会いが描かれた回でした。 今までの中じゃ、一番旧シリーズっぽかったかなと。
1
テリー・ライス @terry_rice88

LUPIN the Third -峰不二子という女- Ep.05「血塗られた三角」ルパンと次元の邂逅回、っていろいろ過去のエピソードがないがしろになってる感があるけど、まあパラレル的なものと判断しておけば問題ないか。モチーフは孔雀とアレキサンドライト、死者の審判と言った所。

2012-05-04 08:44:50
テリー・ライス @terry_rice88

脚本が「009-1」「閃光のナイトレイド」などのシリーズ構成でしられる大西信介さん。上記ニシーズではシブい話を手がけており、今回もその流れでハードボイルドな感じが非常にあったなあ。ルパン達のキャラが強かったんでその分、華があって、ポップな雰囲気もあったのが良かった。

2012-05-04 08:48:27
テリー・ライス @terry_rice88

絵コンテ・演出の板垣伸さんのガチャガチャ動かす感じの回でもあったのでそういう雰囲気を作るのを手伝っていたんだろうなあと想像に難くないというか。今まで展開された話の中じゃ、過去シリーズに近い雰囲気のエピソードだったんではないかと。ただまあ、その分、不二子が割り食った印象だったけど。

2012-05-04 08:52:11
テリー・ライス @terry_rice88

この新シリーズの手綱引きはやっぱり不二子の扱い方に左右されている気がするなあ。ルパンと次元を描くとなると、どうしても引っ込みざるを得なくなる。基本的に男の友情だからか?まあ今回繰り広げられたように根底の価値観の相違があるから、おたがいを認め合える仲になった感じもあるし。

2012-05-04 08:56:28
テリー・ライス @terry_rice88

喧嘩したらダチ論法なんだよなあ、一度、気心を触れ合うと妙な親密感が発生するって言う、男性特有の感覚。今回のエピソードはそういう流れだよね。男の喧嘩に女性が入り込んできたので水入りになった。最後の孔雀=女性の象徴だと考えるとやっぱり男性とは違う価値観で動いてるって事なんだろうなと。

2012-05-04 09:00:14
テリー・ライス @terry_rice88

アレキサンドライトにしても、光の屈折度によって色が変わるって言うのが、熱しやすく冷めやすい女性の心変わりをメタファーしてるのだと思うと、ルパンたちの紅羽の笑孔雀への捉え方の差にもなっていると言う、そういう重層的な関係の汲み上げ方をしてるんじゃないかなあ。

2012-05-04 09:05:25
テリー・ライス @terry_rice88

ルパンにとっては盗むのに困難な女心を得るための餌であり、次元にとっては食い扶持を賄うための一時的稼ぎ口でしかない。不二子にいたっては、自分を美しく着飾るために必要なものであると。なので一番欲望に忠実なのが不二子であるって感じか。

2012-05-04 09:09:44
テリー・ライス @terry_rice88

しかしそれでも、そこに溺れてしまうのは生きる事の放棄であり、笑孔雀の燃え盛るような赤はピラミッドの中でしか存在し得ないという。ラストのやりとりの滋味溢れているのは、死者の審判で過去に罪を犯した者が心臓を握り、秤に戻すとその罪によって重さが変化し、傾くというのが大きく起因してそう。

2012-05-04 09:15:26
テリー・ライス @terry_rice88

要は真の自由はありえなくて、人はなにかしら罪を犯して生きている、すなわち枷をつけながら生きている。ルパンはそれを分かりながらも、危険を楽しむ生き方をする方がよっぽど面白いとしてる。次元も逡巡していたけども、最終的に同じ結論に言ったんだろうことが最後に分かる感じだなあ。

2012-05-04 09:18:33
テリー・ライス @terry_rice88

そして不二子=孔雀なんだろうと思う。枷をつけながら生きているが、孔雀は空を飛ぶ事が出来た。男の価値観とはまた違う価値観に生き、自由である事を感じさせてくれる存在が不二子であり、ルパンが惚れている理由なんだろうかなあ。軽い話ではあったけども、ちゃんと重りのついた話だったと思う。

2012-05-04 09:23:08
テリー・ライス @terry_rice88

中々に示唆に富んだスマートなエピソードだった気がするなあ。ルパンと次元が対峙すると、ルパンの楽観主義と次元の逡巡が浮き彫りになって、違いがよりはっきりするのが面白かったなあ。そして不二子はそれを眺めるだけっていうw猫のじゃれあいっぽく見えたんだろうかw

2012-05-04 09:27:07
テリー・ライス @terry_rice88

しかし、クリカンルパンの演技が面白いことになってるなあ。軽妙なのに悪党で、なおかつチンピラっぽさがあんまり感じられない風格を感じさせる。ここに来て、なにかしら役どころを掴んだんじゃないのかなあと思わせてくれる。声の感じからして、コミカルよりこういうのが合ってたのかもしれないな。

2012-05-04 09:32:14
テリー・ライス @terry_rice88

逆に沢城不二子はどんどん若々しくなっていくのが彼女の精神的幼さを助長しているようにも思えるか。過去のキャラ像とのギャップをどう埋めていくのかが、今後の焦点かなあ。少女っぽさが抜け、女性になる場面がいつか来るんだろうか。そのためには過去と向き合わなければいけないのかもしれないなあ。

2012-05-04 09:40:24
テリー・ライス @terry_rice88

と言った所で今回は以上です、どうもありがとうございました。ではまた次回。

2012-05-04 10:04:25

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?