対抗文化についてのまとめ

対抗文化についてのつぶやきはこちらにまとめていきます。 @LSDove さんの『サイケデリック格言集』↓ http://entheorg.tumblr.com/
社会学 マジックマッシュルーム サイケデリクス カウンターカルチャー LSD サイケデリック ペヨーテ 対抗文化
3
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
日本と世界って言うまでもなく大変な状況で、それに対して自分はなにが出来るかということで今まで大麻開放を訴えてきたのですが、それよりカウンターカルチャー自体の思想を伝えていったほうがよいと考えを変えました。これからはキノコやLSDについてもつぶやいていこうと思います。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
大麻開放を目指しているのでキノコやLSDのことをつぶやいたら、障害になるのでは…と懸念していたのですが、どうもそんなことはなさそうです。逆に大麻に拘ってつぶやく方が自分の可能性を狭めてしまうと今は感じています。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
今日はヘイト・アシュベリーでキノコを手に入れてから、ホステスに戻って食べて、サンフランシスコ近代美術館に行き、その後海辺を散歩してました。美術館で観たRINEKE DIJKSTRAという写真家の作品が良かったです。それとBARRY MCGEEの作品も観れて満足でした。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
キノコやLSDを取ったとき、気持ちの純粋性と強さは日常生活で感じることが出来ないほど強い。結局、人間は感情が全てだと思うんで、サイケデリクスをうまく使い、強い気持ちを感じることが出来ればそれが信念となり、自分の人生をより主体的に生きることが出来ると思う。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
キノコを食べて思ったのですが、やっぱり、これはマインドに良いですね。日常生活を送っていると自身ではなかなか感じることが出来ないけれど知覚や考え方が凝り固まりまってきます。変性意識状態はそれをかなりほぐしてくれると感じます。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
キノコやLSDのグッドトリップ時、(特に自然の中にいると)ただそこに存在するだけで満たされるという感覚になる。これは何かをしていないと満たされない人類にとって、とても地球に優しい状態と言える。あの感覚を一度でも味わえば自然を大切にしなければいけないということが直感として理解出来る
プラウト経済主義_bot @P_R_Sarkar_jp
真の進歩は唯一、精神性にあります。「精神性の領域においては反作用の潜在力がないために、そこには妨げがなく、前進運動があるのみです。これが真の進歩の性質です。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
サーカーのこの言葉は大麻や、キノコを取ったときに大きく当てはまると思う。聴覚や視覚なんかは作用が効いてるときにしか変化しないが、トリップ時に感じたピュアな強い気持ちは通常の知覚に戻ったあとも残る。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
サンフランシスコでキノコを食べてから、草木が風で揺れる風景をみると以前よりも心が安らぐようになった。風で草木が揺れ、奏でるざわめきも心地が良い。この感覚は通常の知覚に戻ってからも継続している。自然、ありがとう。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
プロフィールに対抗文化の思想を広めて行きたい、と記載していますが、カウンターカルチャーの特徴として『直接体験こそ唯一の妥当な知識の源』というものがある。BE HERE NOWにも『経験者には説明不要。未経験者には説明不能』という言葉が登場する。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
しかし、日本では法律で雁字搦めになっているため、直接体験を経験出来る機会がほぼほぼない。こういった状況の中、どうやって対抗文化の思想広めていくかが大きな課題になる。今の自分に出来ることは自分の直接体験を裏表なく真摯に伝えていくしかないと思われる。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
トランス師匠もサイケデリクスに関して「こんなに素晴らしい人間の可能性を広げてくれる物質が非合法なのは本当に残念なことだよね。」と言っていました。ポジティブな効果に目を向ければその可能性は無限大だと思います。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
だからと言ってLSDを合法にしようとは思いません。LSDは無味無臭な上、少量でかなり効くので取り扱いが非常に難しいです。過去にもチャールズ・マンソンやオウム真理教が悪用していたことがあります。キノコは自然のものだから禁止することはないんじゃないかなと思う。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
サイケデリックに関しては@LSDove さんと@maboroshin さんのブログがとても勉強になりました。気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
山で読んで良かった本その2→ スワミ・プレム・プラブッダ著 地球感覚、(http://t.co/2173FyZY) 山から戻ったらなんとなく文章にしたいと思っていた内容がこの本に詰まってました。自分が生まれる前にこの本が出版されたとは… 先人は偉大なり。
リンク t.co Amazon.co.jp: 地球感覚、: スワミ・プレム・プラブッダ: 本 Amazon.co.jp: 地球感覚、: スワミ・プレム・プラブッダ: 本
Love S. Dove @LSDove
無意識の中に保存されている全人生の記憶すべてがセットとして体験に影響します。価値観や社会に対する姿勢などもセットです。ゆえにサイケデリック体験は、セット、セッティングと薬理効果のコラボレーションともいえるものになります。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
サンフランシスコで@youarepothead さんと一緒にキノコを食べたとき、「ああ、ここからヒッピーやカウンターカルチャーが生まれたのか…」というようなことが頭の中にあって飛びがすごく良かったです。セットアンドセッティングは場所から始まっているんだなと実感しました。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
これが初めて見たペヨーテでした。狩りは成功したのですが、おれはあまりの不味さに吐いてしまい、ヒットすることが出来ませんでした。無念! http://t.co/WDC7gpo0cZ
拡大
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
精神的な危機が続いてる人に、なんて声をかけて励ましていいかわからないけど「あなたが深く沈んでいる分、高い喜びを享受出来る可能性があるよ」と言いたい。感情の懐が深い人は、振れ幅が大きい。アレックス・グレイはLSDを取る前鬱病だったらしいです。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
去年、サンフランシスコでキノコ食べてから、シラフに戻っても木々の葉が風で揺れる様子を観るとジーンとするようになった。今年、メキシコでキノコ食べてからは、鳥が空を舞っているのをみると、心にグッとくるようになった。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
キノコの画像です。現地ではマジックマッシュルームは『chanpis』(チャンピス)と呼ばれてました。この量で150ペソ(1200円くらい)だった。ペヨーテよりは食べやすいです笑 手に入れるにはヒッピーと仲良くなること笑 http://t.co/qE1XfcTAsl
拡大
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
只今、パレンケにいます。近くにエルパンチャンというとこがあり、ヒッピーが結構たまっている。昨日はキノコを食べて、今までで一番の飛びを味わったが、今までで一番のバッドトリップも味わった。サイケデリック、おっかねぇー!しかし、本当に勉強になります。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
キノコやLSDのグットトリップは間違いなく精神的な治療に役立つ。もちろん、バットトリップからも学ぶことは沢山あるけれど。あんなにも人間の可能性を垣間見させてくれる物質は他にない。けれど、やはり生半可な覚悟では絶対にやらない方がいいと思う。
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys
A.ホッフマン「LSD 幻想世界への旅」を読み終える。サイケデリクスについての本はいままで何冊か読んできたが、初めてホフマン自身が書いたものを読んだ。シロシビンが含まれた錠剤をシャーマンに手渡し、キノコの代わりにそれを実際に使い儀式に望むという話が興味深かった。
残りを読む(68)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?