有料メルマガがジャーナリスト()の墓標となってしまうのはなぜか

有料メルマガは本来、ジャーナリストが比較的少数の人を相手に情報を届けて対価として直接購読料をもらうという、理念的にはすばらしいビジネスモデルであるはずです。しかし、その有料メルマガがジャーナリストという教祖様と読者という信者の集まり=カルトと化し、ついにはジャーナリスト生命まで危うくする例が見られます。そのメカニズムについて考察してみました。
コラム 有料メルマガ 上杉隆 メルマガ 岩上安身 日垣隆 ジャーナリスト
264
moritatsu @moritatsu
なぜ有料メルマガは、ほぼ例外なくジャーナリスト()の墓標となってしまうのか。そのメカニズムについて。
moritatsu @moritatsu
最近、有料メルマガを持つ「元ジャーナリスト(笑)」たちが叩かれている。ジャーナリストの有料メルマガは容易にカルト化するというのは、既に常識と言えるのではないか。言い方を変えれば、「有料メルマガ」を開始した時点でジャーナリスト生命は失われると言っても過言ではない。それはなぜか。
moritatsu @moritatsu
「有料メルマガ」の特性は下記の通り ・週1回程度の配信が必要 ・購読料をもらっているため無料メルマガやブログより定期配信の要求度が高い ・編集者のチェックがないか緩い ・有料購読者のみに配信され一般公開されない ・メールなどでダイレクトに反響が来る ・購読者数の増減がわかる
moritatsu @moritatsu
ある気鋭のジャーナリストが有料メルマガを始めたとする。最初はいいだろう。関心があることも、貯めていたアイデアもたくさんある。雑誌、本、有料メルマガ、発表の場はいくつあっても足りないくらいだ。
moritatsu @moritatsu
しばらくするとネタが枯渇してくる。そこで雑誌連載も有料メルマガもスッパリ切って、充電と取材に専念する時間を取れば、また「ジャーナリスト」として活躍することができるだろう。
moritatsu @moritatsu
しかし、なかなかそれはできない。ジャーナリストといえども霞を食って生きていくわけにはいかない。毎月の定期収入となる有料メルマガや雑誌連載をやめると、生活ができなくなってしまう。
moritatsu @moritatsu
そして、残り少ないネタのうち、いいものは雑誌や本に回さざるをえない。なぜなら、そういう媒体には編集者がいて、質が落ちた場合には書き直させられたり連載打ち切りになるからだ。したがって、メルマガの記事に真っ先にしわ寄せが行く。そして記事の質が落ちた結果、購読者数が減る。
moritatsu @moritatsu
対策として考えられるのは下記の6点だ 1.身辺雑記を配信する 2.自分より有名な政治家やタレントにケンカを売って話題を作る 3.どーでもいいニュースを、さも極秘情報のように配信する 4.過去の記事を使い回す 5.他人の著作をパクる 6.未確認情報を流す→話を盛る→話を捏造する
moritatsu @moritatsu
1.「ジャーナリズム」とは無縁の身辺雑記を配信する:今日食べた物とか、近所でこんな花を見つけたとか、要するにエッセイを書き始める。すると、取材をしたり裏を取ったりして苦労して原稿を書かなくても、身辺雑記だけで月に○○万円になるという「おいしさ」を味わってしまう。
moritatsu @moritatsu
そうなるともう、きちんとした取材に基づく記事を書けなくなる。そして、「ジャーナリスト○○の有料メルマガ」を期待していた読者が離れていく。このルートでは「小説を書く」とか言い出したら末期症状だ。
moritatsu @moritatsu
2.自分より有名な政治家やタレントを相手にケンカを売って話題を作る:「事実」を配信しようという意思がある分まだマシ。しかし、これが通用する相手もそれほど多くないし、炎上マーケティングが何回も通用するほど世の中は甘くない。
moritatsu @moritatsu
3.どーでもいいニュースを、さも極秘情報のように配信する:例えば、情報公開制度で誰でも見られる行政資料を「大スクープだ」という体で流す。この方式の利点は、簡単に行数を稼げること。「私の独自調査でこのような事実がわかった」と一言書いたあと延々引用すれば、メルマガ1本一丁あがりだ。
moritatsu @moritatsu
4.過去の記事を使い回す:1回や2回なら読者も笑って許してくれるかもしれないが、何回もやるとテキメンに読者数が減少していく。
moritatsu @moritatsu
5.他人の著作をパクる:絶対にやってはいけないことだが、有料メルマガというクローズドな空間ではバレにくい。あるいは、単純なパクリではなく「興味深い本の紹介」と称して、他人の本からの引用30行に対して1行コメントを添えればOK。
moritatsu @moritatsu
6.未確認情報を流す→話を盛る→話を捏造する:これに手を染めるともう終わり。しかも、この3つは違うようでいてほとんど境目がないから、未確認情報を流し始めたらもう捏造開始まで一直線だ。そして、有料メルマガを始めた「ジャーナリスト」はほぼ必ずと言っていいほどここまで堕ちる。
moritatsu @moritatsu
ここで、有料メルマガの特徴の一つ、「有料購読者以外には公開されない」というのが効いてくる。「Aって、実はBなんだぜ!」と、当てずっぽうで書く。たまたまそれが当たれば、読者=信者は「やっぱり○○さん独自の情報源はすごい」と勝手に納得してくれる。
moritatsu @moritatsu
逆に、当たらなかった場合には、そういう予言を「なかったこと」にするか、あるいは「政府と大マスコミは国民を騙している。実はやっぱりAはBなんだよ!」と有料メルマガの中だけで叫べばよい。そうすれば、読者=信者は勝手に信じてくれる。
moritatsu @moritatsu
1~6のいずれかの手法、あるいはその複合でメルマガの記事の質が落ちると、読者の「純化」が始まる。要するに、まともな読者が購読をやめて「信者」しかメルマガを読まなくなる。
moritatsu @moritatsu
そしてそういう「純化」は、何を言っても「○○さんはすごい」とほめてもらえるようになるという、ある意味では魅力的な副産物もついてくる。読者数が落ちたことを、「今の俺についてこられない、レベルが低い奴が脱落しただけ」と考えるようになる。裸の王様一直線だ。
moritatsu @moritatsu
最終的には、残り少なくなったメルマガ読者=信者から、いかにして搾り取るかだけを考えるようになる。日垣隆氏の「クレド」(会費10万円)なんかは典型的。そこまで行かなくても、メルマガ読者を対象とした講演会を高値で始めるようになったら末期である。
moritatsu @moritatsu
いったんそのような有料メルマガのぬるま湯につかってしまうと、いつしか表の世界=公開の場で同じような捏造やパクリに手を染めて批判を浴び、炎上する。そのあげくに、「Twitterこわい」と、さらに有料メルマガ依存に陥っていく。そのなれの果てが日垣隆であり、上杉隆だ。
moritatsu @moritatsu
まさに麻薬や覚醒剤と同じである。「有料メルマガやめますか、ジャーナリストやめますか」

prince fan @quine10
有料メルマガって完璧な自己責任の世界で、最もぬるま湯とは無縁だと思いますけど…新聞や雑誌は他人のせいにできるけど、メルマガは他人のせいにはできませんよ RT @moritatsu: 有料メルマガのぬるま湯につかってしまうと…
moritatsu @moritatsu
@quine10 本来はそのような厳しい自己責任の世界であるべき有料メルマガがなぜぬるま湯と化し、ジャーナリストの生命まで奪ってしまうかを書いたつもりです。他のツイートも読んでください。完全公開の無料メルマガであれば、おっしゃるような自己責任のメディアたりうると思います。
残りを読む(25)

コメント

gakkywatcher @gakkywatcher 2012年5月8日
いちゃもんつけてるquine10の他のつぶやきを見たら、あからさまな上杉隆信者でワロタ。教祖が教祖なら信者も信者だ。
佐伯ウサギ 6/28〜7/1韓国旅行GLAYライブへ @saekiusagi 2012年5月8日
わかりやすくて面白かったです! 本人や記事に、高い魅力・ブランド力が無いと、背伸びして捏造めいたこともやりかねなくなる。 どの業界で働く、僕ら自身、だれもが陥る可能性のあるコワイ穴ですね~
長介 @chousuke 2012年5月8日
黒ベタのツイッターアイコンって最悪の印象なんだなと思った。えらく脅迫的に見えて怖い。893の車の窓が黒いのと同じ印象だよね。素材は山のようにあるのにそれを選ぶセンスがわからない。
moritatsu 🇾🇪 @moritatsu 2012年5月9日
まとめを更新しました。
kumonopanya @kumonopanya 2012年5月9日
教祖様と読者という信者の集まり これは読者が教祖様のメルマガだけを読んでいると証明しない限り成り立たない。 例えば朝日新聞だけをとっている新聞購読者は朝日新聞を教祖と崇め奉っているだろうか? まぁ赤旗、聖教新聞はこの限りではないか。
kumonopanya @kumonopanya 2012年5月9日
推定に推定を重ねて論を重ねて結論を出している時点でアウト。 有料メルマガを購読すると信者 貯めていたアイデアが枯れる どーでもいいニュースを、さも極秘情報のように配信する きちんとした取材に基づく記事を書けなくなる 身辺雑記を配信する 他人の著作をパクる 未確認情報を流す→話を盛る
radio_hidetaro日本あ~あ党 @Hidetaro_Tosj 2012年5月9日
この論がフリージャーナリストの分断のための新兵器たりうるかってとこだね。仮定・推定がうまく組み合わさってる。カンパのつもりの読者も「お布施」を納める信者な訳か。
青空ぷらす @aozorapurasu 2012年5月9日
「違ったら、どう責任取るんだ」は、推理小説で犯人が言う「証拠があるのか」と同じ構造だと思う。
himajin @himatubusi2 2012年5月9日
上杉隆の名は出ても炎上ビジネスの大家の池田信夫の名は出ないのね。
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2012年5月9日
それぞれの項目に対して具体例を挙げないと、印象論でしかないよね。
ナイアル @nyal013 2012年5月9日
有料メルマガに限らず、2CHやアフィブログなんかでもあるあるなところを見ると、必ずしも「クローズド」である必要はない気が
sakai @SkiMario 2012年5月9日
批判されにくい・捏造がバレにくいって言うのが重要なポイントなのかな。「配信半年後には完全オープン」は良い案だと思うけど、本人へのメリットが見えないので実現はされないように思う。そういう有料メルマガは信頼性が高いって認識が広がればいいかも。
子ぬこ @konukopet 2012年5月9日
すべてに同意できるわけでもないけど、メルマガはじめて先鋭化する例はかなり多い気がするな… 閉じた世界で少数の読者の嗜好に沿うってのはそういうことなんだろう
しろがねさん @whitebellsweet 2012年5月9日
とりあえず前後読めって言われたら素直に読むといいんじゃないかな(´・ω・`)
kato takeaki @katot1970 2012年5月9日
公開で批判、質問された事を、有料メルマガでいいわけをしてる様では末期症状。信者にいい子いい子して慰めてもらいたいだけだから。
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2012年5月9日
そもメルマガには定期性が必要になるワケだが、ネタは常にあるワケではないし、自分のスクープばかり掲載出来るとも限らない。まして有料なら読者の期待値は更に上がる。そこで牽強付会や、時に捏造が生じたりするのだね。
風祭司 @whoxi4 2012年5月9日
今日RTで廻ってきた「魔女狩りを蘇られる方法はいくつもある」という内容が心に響いた>http://ginco.tumblr.com/post/12720752130
風祭司 @whoxi4 2012年5月9日
自分の信念のみを唯一絶対に正しいのだと信じ込むこと。 自分だけが善によって行動し、ほかの者は悪によって行動すると思うこと。 神が語りかけているのは自分であって、信仰の異なる者には語りかけないと考えること。 伝統的な教義に意義を唱えたり、鋭い疑問を発したりするのは邪悪なことだと思うこと。 自分はひたすら信じ、言われたことさえしていればいいと考えること・・・・・。 人がこうした信念の虜になっているかぎり、魔女狩りは様々に形を変えて、人類が存在する限り永久にくりかえされるだろう。
anoano @anowriter 2012年5月9日
【ジャーナリストの転落すごろく】…(略)→「語りおろしor対談ばかりの薄い内容の新書・新刊を出す」→$ジャーナリスト三途の川$→「講演」→「有料メルマガ」→「ジャーナリスト学校開設」
MINORU(陶器制作) @tuchicray 2012年5月9日
ネット上のカード決済と書店の雑誌コーナーじゃやっぱ大違いだよね。価値観がバラバラな雑誌が目の前に並んでて立ち読みができるのと、決済しないと一冊も読めないでは違いすぎる。雑誌編集の中でしのぎを削るということから逃げたら、ジャーナリストは軟弱になるだけだろ。
ゆっこ @e_yukko 2012年5月9日
「ほぼ例外なく」とレッテルを張るのは疑問。私は上杉メルマガの他に、ジャーナリストではないけど勝谷誠彦さんと辛坊治郎さんのメルマガを定期的に取ってますが、勝谷さんはデマも多いけどここ何年も毎日発行してメルマガにすごく力注いでる。辛坊さんは雑誌の連載とかとは使い分け、メルマガが一番濃い内容。
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2012年5月9日
思えば雑誌週刊誌ってのは有り難い媒体だった。おもしろい記事があれば抱き合わせで多少下手な記事も売れていく、下手なままでは続けてもらえないから努力する。できなけりゃ消えていく。けど努力の方向間違えて行き場失った人もいるようで。
ジョエーウ @joejoeu 2012年5月9日
なんらかの形でクロスチェック、例えば他人のメルマガと半強制的に交差するような仕組みが作れれば、一定の健全性は保てるのかもしれないけどうーん。
neologcutter @neologcut_er 2012年5月9日
そもそも上●隆はジャーナリストだったのか。 #民主党 (特に小沢)のコバンザメでしかなかったのではないかと。
takano @iototaku 2012年5月9日
その人が好き、という理由でメルマガを購入することが何で即「カルト」と断定されなきゃいけないのかがわからない。パトロンに食わせてもらって言論活動するモデルは大昔からあるし、メルマガはそれがやりやすくなったってだけじゃん。
本田雅一 @rokuzouhonda 2012年5月9日
誰かを批判したいのであれば、曖昧な集団を画一化して批判するのではなく、特定の人間や事例について批判すべき。これでは批判相手の上杉隆氏がやってた、全記者クラブを画一化して批判していたのと同じで無意味。単なるレッテル貼りってことだよね
takano @iototaku 2012年5月9日
オバマだってネットで投げ銭募って結構な額稼いだわけだし。あと、取材に金掛かるのにマスの需要が少ないジャーナリストが、大きな問題に取り組みつつ日銭をファンからの寄付でまかなうって、全然まっとうで合理的な選択だと思うんだけど。
takano @iototaku 2012年5月9日
新右翼の鈴木邦夫さんだって多分著作と「活動」だけで食ってるわけではないと思うけど、腐るか腐らないかは本人次第だし、カルトかカルトじゃないかは内容次第。つか、年収審査のある会員制クラブとかならともかく、月800円のメルマガごときで叩くって(笑)
KissuiJP @KissuiJP 2012年5月9日
言わんとすることは分からんでもないが、ほぼ例外なくってことは無い。定期的に一定層に向けてだからネタが枯渇しやすいだろうし、チェック機能が緩いからその傾向が高い、と言うのは一般論として理解できる。
KissuiJP @KissuiJP 2012年5月9日
逆に夕刊フジのように編集のチェック機能が正常に機能せず、WSJ記者の発言捏造、ゲルマニウム検出器、いわき漁港、水で除染して計測、ドブレイユ氏の発言捏造疑惑がそのままスルーしてしまうような事もある。そういう傾向があるというのに留めておくのがいいんじゃないかな。
takano @iototaku 2012年5月9日
チップの文化が無いのは仕方ないけど、例えば、落ち目なのは分かってるけど新刊が出たら必ず買ってしまう作家とか、そういうのって無いのかね?無料のツイートだけ見て匿名で叩く(極端にハードル低い)か同人誌作る(極端にハードル高い)だけが消費者の表現って、どんだけデフレなんだよっていう。
KEIJI IIJIMA/飯島圭二 @cargo2009 2012年5月14日
前提条件として指摘されていない、重要なポイントがあります。それは「ジャーナリストという職業自体」についての定義ですね。それからもはや日本のメディアではフリーのジャーナリストが食っていけるほど景気がいいわけではない、という事実も考慮すべきだと思います。
KEIJI IIJIMA/飯島圭二 @cargo2009 2012年5月14日
新聞や雑誌、テレビやラジオなどのメディアにネタを提供する職業を「ジャーナリスト」と定義するのなら、有料メルマガで食ってるジャーナリストの仕事の本質は「自らのメディア化」なんですよね。
KEIJI IIJIMA/飯島圭二 @cargo2009 2012年5月14日
商業メディアにとって、いちばん大切なのはお得意様へのサービスと、新規顧客の獲得。カネのあるメディアなら、子飼いの記者に「もっと刺激的なネタとってこいよ」っていって、電車の中吊り広告とかでセンセーショナルな見出しを打って、バーッと売っちゃうんだろうけど、個人メディアだとそうはいかないよね。
KEIJI IIJIMA/飯島圭二 @cargo2009 2012年5月14日
予算のない個人にとって、ブログとかツイッターで炎上をかますってのも、けっこう有効な宣伝じゃあないかなって思う。
KEIJI IIJIMA/飯島圭二 @cargo2009 2012年5月14日
ところで、日垣隆さんの肩書きは「ジャーナリスト」じゃあなかったって思うんだよね。上杉隆さんを批判したいがために引き合いに出したと感じるのは、意地悪な解釈かなぁ。
moritatsu 🇾🇪 @moritatsu 2012年5月14日
さすがにそれは日垣隆先生に対して失礼でしょう(笑)。日垣先生は、少なくとも過去には「作家・ジャーナリスト」でしたよ。例えばここ→ http://www.tbs.co.jp/watch/message2.html 最近の著書でも「作家・ジャーナリスト」と自己紹介していらっしゃいます。
笛兄 @fueani 2012年5月18日
よりによって【「専門は何ですか?」と聞かれたら、「すべて」と答えたい】を持ってくるとは…。
へぼやま @heboya 2012年5月22日
まあ、「有料メルマガ」という形式自体が、「デジタルテキスト、メール媒体の同人誌」 なワケだから、そりゃあコミケで売ってる同人誌とか同様、信者と教祖の図式にはなり易いですわな。エロという即物性が無い分余計に。
ウナコーワ @unacowaunacowa 2012年5月22日
顔文字メガネの事ですね。
巻 新 @Flajp 2012年5月22日
特定のスポンサーに頼らないジャーナリズムとして有料メルマガも有りだと思いますが、たこつぼ化して批判がされにくく言論も広がらないという欠点はあります。定期的に無料配信するなどそれを補う努力が発行主には求められると思います。読者側にも、有料の特別な情報だから信じたいという心理が働くことを認識するなどリテラシーが必要です。
tt @tokiwa_taira 2012年5月22日
「ほぼ例外なく」とかは正しいかどうかわからないし、言いすぎかもとは思いますが、「こういう理由でこういう傾向がある」という話としてはよくわかる。で、quine10さんやコメント欄の批判がよくわからない。読んでないか、何かを守ろうとしてるんだろうなという感想。
グリンゴ(毒りんご@めーめー団 @EddieBenoit 2012年5月22日
辛坊や勝谷をまともなジャーナリストの例に出してよいものかどうかはなはだ疑問だ。
yunishio @yunishio 2012年5月22日
後半の問答は蛇足でまとめに入れない方がよかったなーと思いながら眺めてたけど、「雑誌は編集者がいるから」で台無し。後半があってよかった。
dupyu @dupyu 2012年5月23日
ネットやtwitterで流れてた話題をキュレーション(笑)、あとは適当に偉そうなコメント付けてメルマガにすれば一丁上がり―  おいしい商売ですね。
ChongKyong @ChongKyong 2012年5月25日
チップ制トイレ、清掃行き届いてるだけでは普及しない。ちびりそうでも払わない選択肢があるから。支えている奇特な常連さんを「信者」と貶める必要もないな。
うー @xyzxyzxyzxyzc 2012年11月24日
そもそも日本にジャーナリストなんていたのかなぁ…と個人的には思う。
いくた♥️なお/次はレイフレ20(4/14)/J15 @ikutana 2013年1月25日
幸福の科学信者と大川隆法の著作の関係にも似ているのかもなぁ
游鯤 @yusparkersp 2013年1月27日
ChongKyong 中国では俺はチップ制トイレ使うけど、、、と考えると、有料メルマガを支えているのは信者よりも「その他の情報インフラ」ではないか?と思ったり。
kawonasi @kawonasi4989 2013年3月28日
U杉は自分が見かけるようになったときにはもうジャーナリストではなく芸人でしたが、日垣氏の劣化をツィッターで見たのは結構衝撃でした。
タクヤ大好き超愛してる! @takuyakanda 2013年4月22日
勝谷誠彦のメルマガ読者が「勝谷さんのメルマガみたいに例外的にいいものもある」と言っちゃうとこが、メルマガ読者とジャーナリストの関係を端的に示している気が・・
げそぱん @gespannt_ 2013年5月11日
所詮個人努力で集められる情報力に限界があるなんて馬鹿でもわかるだろ。そもそも記事を定期発表するのは新聞屋の仕事であって、ジャーナリストに締切なんか必要ない。
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2013年5月23日
有料メルマガの場合、特に購読料が高ければ高いほど著者に批判的な人が読まなくなってしまうからチェック機能が失われる、ってことですよね?
幸福太郎 @koufukutarou9 2013年6月12日
ジャーナリストはメルマガに向いてないって事でいいかな。
たけ爺 @take_ji 2013年7月2日
編集者は「発信者側」としての責任に基いて記事の文章校正をする。読者は「受信者側」でしかないから記事について責任を持たない。「集合知」などと言っても「責任を持たない」集合知に同じ機能など望みようが無い。
Hrathnir @Hrathnir1 2013年8月12日
「有料メルマガが個人運営のビジネスモデルとして適しているか」という視点から論じてもいい気がする。破綻する例だけではなく成功例もあると思うし、「(配信者個人でなく)有料メルマガはどうあるべきか」という意見も出るのでは。
パンターF@C58難民 @PanthertypeF 2014年1月12日
知らず知らずにYESマンで固まるとどうなるか、その解説だと思っておくのが良いかもしれない。自分への批判を受け入れるのは大変だが、排除していたらこうなると考えよう
ぬいぐるみにされた犬bot @M_T_Asagi 2014年2月4日
kumonopanya 最初は普通の読者もいる中で、まとめ主の言うところの『純化』があって、『読者』が『信者』化していく。ってことでは?
ぬいぐるみにされた犬bot @M_T_Asagi 2014年2月4日
SkiMario 半年後に完全オープンてあれですかね、記事作成半年後、バックナンバーを完全オープンにとか? そしたら本人へのリスクも低く、半年前のものとはいえ記事を予め参照できる安心感はありますよね、読者にとっても
ぽっかぽっか @poka_x_2 2014年3月9日
メルマガは文章を売るツールではなくて、発行者と読者が身近に話ができるツールとして生き残っている感じですね。ホリエモンとかじゃないと有料メルマガに入る意味ないし
ぽっかぽっか @poka_x_2 2014年3月9日
たとえホリエモンでも2、3個質問すればほかに聞くことないので、3か月も質問すれば特に聞きたいこともなくなり購読解除の運びになるよね
ぽっかぽっか @poka_x_2 2014年3月9日
バカッターでフォロアーが多いので有料メルマガ始めてる奴いるけど、ツイッターで質問すりゃいいわけで、結論はメイロマはアフォということですかね
山口小夏 @konachu572 2018年11月30日
ここのタグに、ノイホイさんも加わるのか。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする