Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

福島第一原発事故による(小児)甲状腺癌リスク

事故後のヨウ素拡散ルート、量、被曝人口の評価、つまりは「不検出」とされた群の実際の等価線量を知ることがポイントではあります。 私的には「よく判らない事を今更言っても」と思い、あまり触れずにいましたが今後実際の被害が発生し始めたときの目安になればと思い少し考えてみました。 「関連まとめ」 日常食(昆布など和食)による事故直後のヨウ素防御効果についてhttp://togetter.com/li/300885 首相官邸HP「日本食(昆布など)の効果」の定量的見積もり 続きを読む
193

聞いてる人には判り難いと思いますので、まとめ内容を簡単な図にしました。ICRP準拠で「50人」。チェルノブイリスケールでそれより20倍悪いと仮定すると「1000人」の懸念。

MAKIRINTARO @MAKIRIN1230

http://t.co/zGLrnJ7l 成人の場合、I131吸入摂取の換算係数はその経口摂取の換算係数の約3分の1になっていますが、それはType Fの値のようです。Type Vの値 の方が良いかもしれません。 http://t.co/pVWRtw9U @study2007

2012-05-08 21:23:17
studying @kotoetomomioto

@jun_makino @MAKIRIN1230 @HayakawaYukio @Todaidon @miakiza20100906 吸入摂取を「最も速い吸収」に変えて甲状腺癌発症リスクを書き直しました。まずICRP版「50人」です。 http://t.co/1Xc0tTJ2

2012-05-08 22:20:54
拡大
studying @kotoetomomioto

@jun_makino @MAKIRIN1230 @HayakawaYukio @Todaidon 近県の児童100万人で見るとICRPスケールで言っても数十人出てしまう計算になりますしチェルノブイリスケールに乗ると数百人の発症というオーダかも?です。ご指摘等あればお願いします

2012-05-08 17:40:11
早川由紀夫 @HayakawaYukio

@study2007 およそ30人ですか。10年間に発症するなら毎年3人。社会リスクとしては少ないと思います。

2012-05-08 17:39:36
studying @kotoetomomioto

あ、これはあくまでもICRP仮定なのでチェルノブイリに準ずるとすると1〜2桁大きくなることが懸念され、かつ癌以外の異常はそのさらに2桁増しの裾野?という心配です@HayakawaYukio およそ30人ですか。10年間に発症するなら毎年3人。社会リスクとしては少ない

2012-05-08 17:44:29
早川由紀夫 @HayakawaYukio

@study2007 チェルノブイリ仮定だと1000人。10年間にわたって毎年100人ですか。これだと社会問題化する。

2012-05-08 17:47:06
studying @kotoetomomioto

はい。一応このまとめは「生涯リスク」で評価してますが仰るように「10年」に集中しそうですから顕在化して見えると思います。@HayakawaYukio チェルノブイリ仮定だと1000人。10年間にわたって毎年100人ですか。これだと社会問題化する。

2012-05-08 17:55:09

国連科学委員会UNSCERの名目リスク係数では「100人」という計算。

Masato IDA, PhD @miakiza20100906

放医研がUNSCEAR流に見積もった結果だと、甲状腺等価線量100mSvで1000人に約2人の罹患数増 http://t.co/JfG8Xjzw で、ここから2.1Svの場合を求めるとマキリンさんの見積のさらに倍くらいになりますね。 @MAKIRIN1230 @study2007

2012-05-08 18:44:34
studying @kotoetomomioto

@jun_makino @MAKIRIN1230 @HayakawaYukio @Todaidon @miakiza20100906 UNSCER版です。「I131診断による癌発生」なども折り込んだものだそうで「100人」となります。 http://t.co/hpUeAalc

2012-05-08 22:24:04
拡大
studying @kotoetomomioto

国連科学委員会(UNSCEAR)によるリスク評価 (09-02-08-02) http://t.co/KOWx4IS8:「主に広島、長崎の原爆被曝者の新しいリスク推定値、強直性脊椎炎患者、子宮癌患者、ヨウ素131の投与を受けた患者の甲状腺癌発生データなどを基に行われている。」

2012-05-08 22:28:51

以下が当初のまとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「1MBqの摂取が大したこと無い」みたいな話もあるようですが、そうでもないと思われます。

Jun Makino @jun_makino

引用 : 放射性ヨードだとセシウムより少し注意が必要ですが、 1 メガベクレル以下の摂取が実際的な影響を及ぼすとは考えにくいです。

2012-05-05 11:05:28
Jun Makino @jun_makino

田崎さんがあげている http://t.co/V32WJyBD 放医研資料 だと、例えば 5 歳児童で 1M ベクレルは甲状腺等価線量で 14Sv に なる。

2012-05-05 11:05:29
Jun Makino @jun_makino

吸収からの日数とかで倍くらい違うので直後だとすると 6-7Sv くらい。 で、甲状腺がんは 1 万人・ Sv あたり 2.3 人だそうなので、 1M ベクレルは ( 全部甲状腺にいくと )1000 人に 1 人くらいがガンになる量。

2012-05-05 11:05:30
studying @kotoetomomioto

「ヨウ素1MBq」:例えば5歳児経口の場合2.1Svの甲状腺等価線量(21ページ)でhttp://t.co/A1V5tuTL 名目リスク的には「1万人中約60人が甲状腺癌になり約5人が死ぬ(致死的)」とされてる量。http://t.co/IPDdjTfh

2012-05-07 19:51:51
MAKIRINTARO @MAKIRIN1230

1MBqのI131を5歳児が経口摂取したとすると、その甲状腺等価線量は2.1Svになります。http://t.co/09h6uj8b p.21 子供の甲状腺の名目リスク係数を100とするなら、生涯で甲状腺がんを発症する数が1万人当たり210人も増えるような線量です。

2012-05-06 20:24:37
MAKIRINTARO @MAKIRIN1230

https://t.co/jvDTIAeO https://t.co/7O0oFeco https://t.co/7QBVWP54 幼児と成人では同じBq数のI131を経口摂取したとしても、生涯の甲状腺がんの発症リスクは前者のほうが後者より50倍程度大きくなることがわかる。

2012-05-07 21:00:07
MAKIRINTARO @MAKIRIN1230

http://t.co/ASOWpkpN は全年齢集団についての表で、ICRP publ.103では就労年齢集団(18歳~64歳)の表も掲載されています。その甲状腺の名目リスク係数は9になっているので、18歳未満の集団の値は100程度になると推定できます。 @study2007

2012-05-07 23:35:52
Jun Makino @jun_makino

1000 人や 1 万人に 1 人では PKA さんのいう実際的な影響にならない、ということであろう。

2012-05-05 11:05:30
studying @kotoetomomioto

ただ放医研「1歳児ファントム」資料は甲状腺残存とNaIの線量の関係としては有用だけど、半減期による減衰しか考えていないっぽくちょいズレがあるのかな?と。http://t.co/CETHXKZ6 多分生体内挙動も考えないと行けない様な?http://t.co/f594bd84

2012-05-07 20:04:07

ちなみに1患者からみた医者とは、、みたいな?

studying @kotoetomomioto

ちなみに(本物の)専門家の資料によると300MBqとか投与するバセドウ病なんかの場合でも「禁忌ではないが、小児では発癌性を考慮して、あまり行われない。」http://t.co/F7DDCuo9 と。まあ1患者の印象ですが医者というのは命を尊重し慎重に考える傾向があるかな、と。

2012-05-07 20:11:49
残りを読む(36)

コメント

MAKIRINTARO @MAKIRIN1230 2012年5月8日
http://my-dream.air-nifty.com/siryou/files/20110408HP-siryou.pdf この資料は、吸入摂取量と甲状腺での残留量の関係の説明がいい加減だったため、牧野さんは甲状腺等価線量を多めに見積もってしまったようです。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年5月8日
議論がわからない。解説希望。140字で。
0
studying @kotoetomomioto 2012年5月8日
@jun_makino @MAKIRIN1230 あ、実は放医研の資料に準じてちょっと適当ですが「1日1回、12日間吸入し実効半減7.3日で減衰し13日目に測る。甲状腺へは3割」で計算したんですが、、
0
studying @kotoetomomioto 2012年5月8日
@jun_makino @MAKIRIN1230 「5歳児で残存4690Bqのとき実効線量3.2mSv」ってやつを「再現できません」でした。17mSvぐらいになってしまうので「5倍危険厨」になってしまいそうです。
0
studying @kotoetomomioto 2012年5月8日
@jun_makino @MAKIRIN1230 で、まあ、吸収とか甲状腺への集積の時定数とかちゃんと考えるとこれぐらいなのかな〜?と諦めた次第です。いずれにせよ「ファントムの資料」はスクリーニングの目安には便利かもですが「残留Bq」を基に評価するのはややこしいのでやめとこうかな、と。
0
studying @kotoetomomioto 2012年5月8日
@HayakawaYukio ①汚染から想像すると甲状腺等価線量1〜数mSvはあり得るが②測っても「不検出」とされるレベルで③評価上もみ消される恐れはあるが原発由来の甲状腺癌も充分発生しうる。④ただし評価に巾もあるしより精査が必要。
0
studying @kotoetomomioto 2012年5月8日
@HayakawaYukio ちなみにここで言う「1万人に1人±1桁」は「子供の甲状腺癌の発症率」ですので、死者はその1桁は少ないでしょうし、逆に癌に至らないなんらかの異常は2桁多い、、そういう「裾野」を伴っているつもりです。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年5月8日
「甲状腺等価線量1〜数mSv」「1万人に1人」は、福島市ですか?答えがタイトル下に書いてあるとみつけやすい。
0
studying @kotoetomomioto 2012年5月8日
福島市や郡山市は入ると思います。事故直後1000〜3000Bqぐらい食べたり飲んだり吸ったりしたグループは入るんじゃないか?と。ただ首都圏でも事故直後に何を食べたか?というのはちょっと懸念されるところです。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年5月8日
あれ、3月15日の空気からのヨウ素吸引を測っているのかと思った。その直後の食物摂取を測ってたのですか?
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月8日
ご参考までに⇒①小児甲状腺癌の頻度(事故前):日本・欧米とも年間発生率は人口 10 万人あたり0.2 ②発症すれば甲状腺全摘出術+甲状腺ホルモン剤の摂取(生涯)③遠隔転移とくに肺転移例が多い。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月8日
③小児では RET/PTC 遺伝子の再配列が多く認められ、チェルノブイリでの小児甲状腺がんでも放射線誘発の甲状腺がんにも認められる異常として知られる。④チェルノブイリ事故後25年で6000人以上の放射線関連甲状腺癌が手術され、死亡例は約 15 名(0.25%)
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月8日
以上、出典は『原発事故後の福島県内における甲状腺スクリーニングについて』http://www.fmu.ac.jp/univ/shinsai_ver/pdf/koujyousen_screening.pdf ※この中で「ヨード含有量の多い日本食を食している場合、放射性ヨードの甲状腺への取り込みはチェルノブイリに比して少なくなることが容易に予想されます」と書かれているが、
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月8日
原発事故時に、手元に安定ヨウ素剤がなければ、ヨード含有量の多い日本食を食べましょうなどの公的な指導があったかどうかは知りません。。。
0
studying @kotoetomomioto 2012年5月8日
この図のNo2,3,5がひたちなかポストなんですが、15日、20~21日辺りは1000Bq/m3のオーダー。子供は一日8m3ぐらいなのでちょっと外に居たら「kBqのオーダ」はいくので茨城もそれなりかと。 http://ameblo.jp/study2007/image-10925145430-11295538078.html
0
studying @kotoetomomioto 2012年5月8日
あ、食物摂取も(Sv/Bq係数は吸引よりちょい高いので余計わるいですし)もちろん効くので重要なんですが、いかんせん事故食後の摂取分布はいろいろ判らなくて、、。私は茨城なんでスーパーは閉まってましたが首都圏への流通がどうだったか?とか地元では?とか色々不明です。
0
studying @kotoetomomioto 2012年5月8日
あ、ですよね。「事故前で100万分の2」だいたいそんな感じで言われてますよね。「事故後福島で1000万分の1」ってちょっと比喩にしても意味がわかんなかったものですから、、。
0
CAVU @cavu311 2012年5月8日
高崎CTBTの捕集大気中I-131は,2011の3/15で約150Bq/m^3,3/20~22で約20~50Bq/m^3ですね。 http://www.cpdnp.jp/pdf/120420Takasaki_report_Apr15.pdf
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月8日
@morecleanenergy ありがとうございます。それで結局安定ヨウ素剤はごく一部の自治体以外は配らなかったのですよね。。orz.... 福島の未成年40万人の全員が日本食をよく食べていたことを祈るのみですが。。。
0
studying @kotoetomomioto 2012年5月8日
あ、そういう昆布とか民間療法的なのはがん患者のstudyさんとしてはキレやすいので別スレでお願いできたらな〜、みたいな?www。変わりにヨウ素剤の配布基準を10mSvとかに下げようか?という議論もあったにはあったらしいのですが結局グダグダだった経緯を挙げておきます。:「国内原発事故でのヨウ素剤介入基準を100mSvと決めた時の話の流れ」http://togetter.com/li/221228
0
CAVU @cavu311 2012年5月8日
日本分析センター(千葉市)だと,I-131は3/15に33Bq/m^3,3/22で47Bq/m^3 http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/taiki_kouka_back.pdf ですから,茨城北部と2桁違いますね…。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月8日
すみません。お詫びに...安定ヨウ素剤の投与基準は100⇒50mSv に厳格化されたそうですね。http://www.asahi.com/health/news/TKY201112070490.html 50mSvの根拠とチェルノブイリの資料http://www.nsc.go.jp/senmon/shidai/hibakubun/hibakubun030/ssiryo1.pdf
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月8日
50mSvは米国と同じ基準ですが、防災ガイドラインの改訂に伴って、ヨウ素剤配布は30キロ圏内の配備は必須で、50キロ圏も推奨される形になったようです。薬は安いですが、配備のために原発はますますコスト高に。。http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012020701002208.html 
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年5月8日
3月15日にすった空気と、そのあと2週間に食べたり飲んだりしたものは、だいたい同じくらい効くということですか?
0
studying @kotoetomomioto 2012年5月8日
早川マップは「沈着マップ」ですので「通過も含む」ヨウ素の吸引は少し違うと思いますが、に、してもおおよそ首都圏は幸運だった、、という感じですよね。室内に居て、食べ物に気をつけていれば事故前レベル?、、、と言っても「3月に部活してた」という話も聞くんですよねorz。
0
studying @kotoetomomioto 2012年5月8日
吸った空気vs食べた量はそれこそ地域や生活様式によるので、なかなか評価は難しいかと、、。なんとか空気だけでも整理したいと思っているのですが事故直後のデータが少な過ぎますし、シミュの出番かな?と。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月8日
シミュをぜひよろしくお願いします。私はチェルノブイリの結果をもとにすると、(チェルノブイリで発癌6000名)×(I-131放出量:10%)×(人口密度:×5)×(線量の高い食品を食べたか/日本食かどうか×α)=数百~3千前後の発生数が危惧されると思います。人口比で1000~1万分の1です。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月8日
甲状腺検査も貴重ですね。ただ米国のI-131散布実験でも、3200人に1人の割合で甲状腺癌が増加しています。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月8日
一応甲状腺検査をまとめておきます。①最高87mSvで50mSv超が5人(浜通り・浪江町)⇒http://www.asahi.com/national/update/0309/TKY201203090004.html ②いわき市最大35mSvhttp://www.asahi.com/special/10005/TKY201202210684.html 
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月8日
③いわき市 高田教授調査 浪江町 最大7.8ミリ・シーベルト、チェルノブイリの千分の1だったそうですが内閣府の調査とは乖離。http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111119-OYT1T00053.htm
0
studying @kotoetomomioto 2012年5月8日
「最高が「Δ+0.07μSv/h」との報道。つまり「聞き分けられたのが45%」。仮にシーンとした所なら(恐らくは)「殆ど?」」:福島の子供の甲状腺被曝とヨウ素剤に関する報道を理解するメモhttp://togetter.com/li/180890
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月8日
このスピーディ図http://www.asahi.com/national/gallery_e/view_photo.html?national-pg/0309/TKY201203090140.jpg はモニタリングポストの実測値も入れて計算したものだったような気がしますが、そうであればこの図をもとにしてもいいかもしれないですね。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月8日
チェルノブイリ事故では5年間での増加はもちろんですが、基幹病院では1986年4月の事故発生から⇒1988年~1989年にかけて目立って増えていることから、来年~再来年から発症が話題になるものと思われます。それまでに予測を立てて、できるだけ追加被曝を防いでほしいです。
3
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月9日
参考までに、日本の甲状腺癌の統計です。http://ganjoho.jp/pro/statistics/gdball.html?16%8%1 のページから、①「死亡/罹患」で「罹患」を選択、②「部位」で「甲状腺」を選択、③「グラフ」で「年次推移 年齢階級別、数、積上げ折れ線グラフ」を選択してください。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月9日
グラフから、①チェルノブイリ事故前から成人~高齢者を中心に増加傾向であること、②性差(男<女)があること、③女性で1989~90年に著増する時期があることがわかります。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月9日
③はチェルノブイリ事故と連動している!などと煽りを書くつもりはありません。しかしながら、積上げグラフで各年齢層が一斉に上昇していることは何等かの外的因子(環境、食事、疾患を検出する診療側や調査側の体制など)が働いている可能性が強いと思います。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月9日
東京都の小児甲状腺癌の発がんリスク①Studyさんにとっては既出かもしれませんが、プレスリリース「甲状腺がん10万人に2~3人 東京でも内部被ばくの影響」http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012031201001943.htmlの論文を読んだので少しレビューします。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月9日
2011年3月21日から東京都の成人甲状腺量は20~34歳の成人で0.42mSv 5歳児で1.49mSv,1歳以下の乳児で2.08mSv、被曝対策を行った成人で0.28mSv, 5歳児で0.97mSv, 乳児で1.14mSv。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月9日
被曝対策とは、具体的には食品や水についてできるだけ被曝を避けた(産地を選ぶ等)もので、対策なしの人に比べて3割から4割の軽減効果があった。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月9日
論文には、交通事故死や喫煙による死亡率、ダイオキシンの発癌への影響(10万分の4)のリスクをあげて、東京都民の乳幼児の甲状腺癌のリスクはそれよりも低いと結論付けています。Studyさんのピラミッド図の最下段の推定数が少しですが広がるかもしれない結果でした。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月9日
結論として、小児甲状腺癌に罹患するリスクは、乳児で10万人あたり2名、幼児(5歳)で3名、成人(20~34歳)で0.3名。以下コメント⇒乳幼児の発がんリスクは事故前の約10倍となり、東京都の乳幼児(5歳まで)の人口は約50万人だから、東京の乳幼児(5歳以下)のうち10~15名が発癌する可能性がある。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月9日
(補足)上記論文を読むと、東京都でも放射線防護に気を付けていない家庭は特に小児の甲状腺検査をしてほしいなと思います。小児甲状腺癌の予後は良好といっても転移しない単発のうちに早期発見・早期治療を開始したいものです。福島のように全調査は無理だろうから、
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月9日
せめて、かかりつけ医は超音波検査を気軽にしてほしいなと。以上です。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月10日
Study さんのシミュレーションによれば、小児甲状腺癌の患者予測数は①最小で50名(ICRPによる試算)、②最大で1000名(チェルノブイリ事故も参考)ですね。上にご紹介した東大の試算では東京都内の乳幼児だけで15~30名が予測されるので、
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月10日
UNSCEARの予測結果(100名)よりも大きい、数百名レベルに上るのではないかと懸念されます。その数は偶然ながら、チェルノブイリと日本のI-131放出量の比率(約10分の1)をチェルノブイリの小児癌手術例(25年で約6000例)にかけた割合と一致します。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月10日
参考までにチェルノブイリ事故での小児甲状腺スクリーニングで癌と診断された割合は0.2%です。論文のFig4⇒https://www.jstage.jst.go.jp/article/endocrj1993/48/5/48_5_591/_pdf 
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月10日
もちろん、『日本食パワー』で小児甲状腺癌の被害が出ないことを祈るのみですが、リスク計算では100~数百名のレベルが妥当な予測値ではないかと考えます。日本食の影響については、studyさんがさらにまとめちう⇒『日常食(昆布など和食)による事故直後のヨウ素防御効果について』http://togetter.com/li/300885
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月10日
あくまで私見ですが、もし数百名の小児甲状腺癌(10万人あたり10人前後)が東北・関東を中心にこれから発生すれば事故前(10万人あたり0.2人前後)のリスクの100倍となり、社会的なインパクトはかなり大きくなると思います。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月10日
都県で小児甲状腺癌を治療する病院は限られていますし、10万人あたり10人(=1万人あたり1人)前後の増加であっても基幹病院の中では目立って増えることはわかりやすいはずです。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月10日
以上、決して煽っているのではなく、サイエンスに基づく予測で少しでも追加被曝を減らしていただきたいという思いから連続Twさせていただきました。o(_ _)o
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月11日
@study2007 さん、このニュースを見ると、原発作業員は最長で1か月前後安定ヨウ素剤を飲み続けたことがわかります。甲状腺機能異常が見られたということですが、やめると正常値に戻ったということでおそらく大した副作用はなかったのでしょう。http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120207-OYT1T01085.htm
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年5月11日
読売新聞2月9日 「原発作業員の甲状腺機能低下、ヨウ素剤副作用か」報告した菊地央 ひろし 医師によると、合計で20錠(1グラム)以上を服用した229人の血液を検査した結果、20歳代2人と30歳代1人の甲状腺ホルモン濃度が正常値より低かった。服用をやめると正常値に戻った。  同原発では、昨年3月13日~10月12日に、作業員ら約2000人に約1万7500錠のヨウ素剤が提供された。放射線量の測定や汚染水処理などにかかわった作業員は服用量が多く、最多では1人で計87錠を服用していた。  
0