2012年5月14日

ストーンズのモノミックス版→グリンジョンズの仕事

★更新!2016!MONO BOX リリース! ストーンズ・モノの話は中盤以降。 「唐川真のサウンド見聞録」(毎週月曜&木曜19時半~)で特集する、ローリングストーンズのモノミックス版と、それに携わったエンジニア、グリンジョンズの仕事考察など。 ★ネットでも聴けます! 続きを読む
11

2012年。

ストーンズの「MONO BOX」リリースなど、到底叶うことのない夢だろうと思いつつ語る。そこからグリン・ジョンズの MIX 仕事話に派生。

からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

ちょっと情報も感想も古いので近々アップデートしないとですね。 RT: @himagine_no9: 何か新しいリリースがあったのかとググったら、モノラル音源について書かれた唐川さんのサイトが上位の方でヒットした件。 http://t.co/tDrqMCeo

2012-03-31 20:01:28
イマジナリーみうらゆう @非実在トレーナー @himagine_no9

@karama_info フムフム‥‥ちなみに今回届いたモノミックスって、どのアルバムのなんですか?

2012-03-31 20:02:35
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

@himagine_no9 let it bleedです。これだけ持ってなかったので。盤質がいいらしく破格にヤバ目に犯罪的な音がしますw

2012-03-31 20:05:27
イマジナリーみうらゆう @非実在トレーナー @himagine_no9

@karama_info モノのオリジナルLPを私が今から集めるなんてのは無理な話なので、ストーンズもモノラル音源のCD化をして欲しいと切に願うところであります。

2012-03-31 20:06:57
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

500パーセントくらい全面同意します。 RT: @himagine_no9: @karama_info モノのオリジナルLPを私が今から集めるなんてのは無理な話なので、ストーンズもモノラル音源のCD化をして欲しいと切に願うところであります。

2012-03-31 20:09:01
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

@himagine_no9 ただしかしストーンズはデッカなのでレコードの音が他社と違うようなのですよ。当時の音をCD化で再現するのは難しい面もあるかもですよね。

2012-03-31 20:10:33
イマジナリーみうらゆう @非実在トレーナー @himagine_no9

@karama_info やはりオリジナルの音はレコードで、となりますか。悩ましいですね。

2012-03-31 20:11:37
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

ところがビーチボーイズもオールサマーロングまでのモノ版が入手しづらいです(泣)。 RT: @himagine_no9: ビートルズもディランもモノラルボックス発売されて鼻血ブー。ビーチボーイズはもともとモノラル。ストンズにも是非ここはモノラルボックスでひとつ。

2012-03-31 20:16:32
イマジナリーみうらゆう @非実在トレーナー @himagine_no9

@karama_info 結局、当初のCD化ラインナップがステレオかモノラルかって話なんですよねぇ‥‥そこからが進まない。

2012-03-31 20:17:42
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

これはそうですね。特にファーストと中期ヒットシングルのモノ版は是非にも。 RT: @himagine_no9: 個人的には、ミシェル・ポルナレフのモノラル音源も何とかしてほしいと思ったりなんかして。

2012-03-31 20:18:12
イマジナリーみうらゆう @非実在トレーナー @himagine_no9

@karama_info 実際、モノラル音源は唐川さんのラジオでしか聴いたことがないので、是非とも手元に盤で置いておきたいというのもありますし。

2012-03-31 20:19:22
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

この3日間の濃密な研究成果を今月のサウンド見聞録(長崎シティFM)で、たつぷり特集いたします。詳細後日。お楽しみに!

2012-04-02 12:55:12
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

ストーンズは67年から英国レコーディングに戻るが、その際のエンジニアがグリンジョンズ。夜すっ飛 / ルビチュー以降の60年代はストーンズを通じてグリンジョンズの音を聴いてたと言ってもいいのか知れない。面白いよね。

2012-04-03 20:11:08
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

ビートルズもオリンピックスタジオでのレコーディングがあります。Baby金持ちですが、その際のエンジニアはエディクレイマーだったというデータがあります。エディはZeppelinの「永遠の詩」ライブのMIXをしたヒト。素晴らしいですね。

2012-04-03 20:15:50
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

グリンジョンズは、ご存知「ゲットバック」のエンジニアですね。その後はリオンラッセルとかWho's Nextとか、イーグルスとかいろいろ。個人的には、ナマの楽器の音をナマっぽく録ったヒト、という印象です。ビー関係ではウィングスのレッドローズに関わってます。

2012-04-03 20:20:31
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

エディクレイマーの永遠の詩ミックスは、元の演奏を知ってれば、「芸術品」と言えると思う。それくらいすごい。ちなみにオーヴァーダブとか修正はないです。ミックスの妙だけで、あの音を作ったわけですよ。エディクレイマーはホントすごいと思いますよ。

2012-04-03 20:29:03
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

グリンジョンズってリアリストだったのかもしれないよね。よいバンドの音をそのまま記録する主義だったのかもしれない。だからこそ実力が求められる。ライブも同じだからな。

2012-04-05 10:32:36
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

ゲットバックプロジェクトを企画したとき、マッカートニーは自分達もそういう実力を(未だに)持っている、と思ってそれを提案したんだと思う。そういう意味では、グリン版の完成にショックを受けたレノンの気持ちもよくわかるよな。

2012-04-05 10:37:53
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

そもそもグリンジョンズ版の不思議は、なぜ未完成テイクばかり収録したのか、なんだよな。屋上とその翌日のスタジオライブで全曲の完成バージョンが残されたのに、あえて変なバージョンばかり選んでる。ワインディングロードもミステイクとか(スペクターのコード改悪疑惑の原因になる)。

2012-04-05 12:16:36
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

とか言いながらアレなんすけどもw 今週からの「サウンド見聞録」はローリングストーンズのモノミックス特集を5回に渡ってやります。60年代後半のストーンズのモノはカッケーです。まさに「塊!」。67年以降はエンジニアがグリンジョンズであることにも着目。お楽しみに。今週金曜22時から。

2012-04-10 20:41:37
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

【サウンド見聞録】ただいま長崎シティFM813にて放送中。66年からのローリングストーンズのモノミックス盤の特集です。

2012-04-13 22:33:01
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

悲しみはすっ飛ばせとか夜をぶっ飛ばせって「す」なのか「ぶ」なのか未だに判らない。ひょっとすると語呂さえよけえれば何でもいいのかもしれない。悲しみはよっこらしょとか、夜をぬっころせとか、そういうのでも合ってる気がする。

2012-04-14 01:38:53
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co

Jamming With Edward は5月だ。グリンジョンズはこっちしながらゲットバックの編集もやってたわけだ。曲間のセッションの様子などは、ゲットバックそっくりでもある。こういうのが好みなんだろう、という説も裏付けられる。

2012-04-19 20:02:04
1 ・・ 6 次へ

コメント

からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
他所での投稿をここに転記して補足します。以下→ ストーンズのモノミックスが届いた。すげえすげえ。こんな犯罪的な音もそうはないぜ。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
グリンジョンズの嫌な逸話には事欠かないけど、レノンと仲が悪かったのは、ゲットバックの編集で、ジョンの曲ばかり出来損ないのバージョン採用したからじゃないのかな。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
あんなひどい内容で許可するわけがないよな、普通。レノンだって口では「クソみたいなレコーディング」とか言っても、他人にそれ言われたら傷つくはずだよね。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
たぶん既にレコーディング中にいろいろ確執があって、その報復合戦になったんじゃないかな、と。グリン「アンタの演奏はくそテイクばかり選んでおきましたし」→レノン「あっそ、リリースは許可しない、おまえなんか知らない、ボツな」という感じでは。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
グリンジョンズって、その後もジミーペイジとかマッカとも喧嘩するんだよね。プライドがあってミュージシャンの素人感覚プロデュースを受け入れられなかったのかもしれない。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
ゲットバック始まった頃は友好な関係だったので、根回ししておかなかったから、レノンに切られたとき、誰もフォローしてくれなかったんじゃないかって気がする。その時点で彼とビー人脈は切れちゃうし。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
まあなんにせよ、Jumpin' Jack Flashはロック史上最高の曲ではある。僕のドラマーとしての感覚の始まりはこの曲だからなあ。この高揚感は絶対出せないと思う。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
まあグリンジョンズは楽器の音をナマっぽくしたっていう貢献はすごいあるよね。今ゲットバック聴いてたが、良くも悪くもビー・サウンドではない。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
レンジを広くしたっていうか。楽器4個でステレオでああいう壁っぽいミックスにするのはなかなか難しいと思う。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
なるほど。グリンジョンズからスワンプを辿っていくのも面白いよな。楽器系。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
再びグリンの仕事確認中。ステージフライトもだな。荒井由実が好きだったヒトって曲だけじゃなくこういう音「も」好きだったんだろうね。CDはトッドラングレンがしてるとか…。まあ似た感じだけど。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
いま聴くとドラムをステレオに分けるのが斬新だな。ビーもゲットバックからそうなってる。ドレミダウンはヘッドホンでよく聴いたものです。なつかしす。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
ウィングスのレッドローズはこの田舎臭いサウンドがポップじゃなかったんだろうな。レッドローズからジェフ君がやってたら、あのアルバムの印象もずいぶん変わったんじゃないかな。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
ワイルドライフはアランパーソンズだっけ?アレは好きだから。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
なんというか僕の場合、良くも悪くも「加工されてる」音が好きなんだろうと思う。別世界につれてってくれるようなミックスというか。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
そんでネイキッドだ。鋭角でいい音。ビーサウンド。スペクターはこれらをポップスだと思ってミックスしたんだろうな。そんでグリンはその中間みたいな。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
いまも昔も日本で一番売れてるのはレリビーらしいから、ロックにこだわるマッカやレノンの感覚は今ひとつ理解できてないんじゃないかって思うな。普通のポピュラー音楽だもんね、あれ。親と一緒に聴ける、みたいな。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
ただ、レノンにとっては自分のクソ曲を綺麗に商品ぽくコーティングしてくれたということについて感謝したんだと思う。そこが決定的にグリンジョンズと違う。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
そう考えるとやっぱりグリンとレノンって仲悪かったんじゃないかなと。おそらくセッション始めの頃にでも「しね」とか言われたんだろうw あのセッションの記録テープでは、レノンは実際そんなことばっかり言ってるからw ハリスンに「おまえクビ、クラプトン入れる」とか言い放つしw
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
レノンてすごい敵味方はっきり分けるよね。スペクターはインスタントカーマやって気が合ったんだろうね。いろいろおもしろいな。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
グリン版でアクロスとアイミーマインだけはマトモなんだよな。あの2曲は「録ったのは」彼じゃないからだろう。ネイキッドのアクロスはもったいなかった。最後さえなければ決定版だったのに。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
ポールマッカとミックジャガーって計算高い部分が似てるとよく言われるけど、音楽的に「ココがツボ!」っていう部分をよく熟知してると思う。そこもすごく似てる。ストンズも、キースだけだと「ただの」良質なR&Rになるだけだと思う。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
常にライヴァルとしてのビーを意識してたストンズはが、ビーの求心力が弱まった68年に自分独自の道を見つけるのは必然だと思う。似たことが日本だと、例えば赤い鳥とオフコースにも言える(小田氏がよくそう発言している)。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
後追い組が自分の道を見つけるのは、常に先達を失うことによって、だってことなんだろうなあ。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
グリンジョンズとレノンの関係を思うと、なんだかんだ言っても、結局ビーの最終決定はレノンの態度で決まる、ということなんだなあ、と。最後まで。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
後期のむちゃくちゃな状態でも誰も見捨てなかったわけでしょ。ジェフ君みたいに耐えられず去った人はいたけど。ひとりの気まぐれな天才をみんなで抱えて守ってたバンドなわけだな。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
どこかのエンジニア氏の書いたゲットバック論をたまたま読んだが、つい先日の執筆なのにワインディングロードのテイク日付を見違えておる。この10年で、あれは26日だと全域に行き渡ったと思うのに、まだそういうヌケタ奴がいるわけだ。なんか腹立つw
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
それ以外の部分が充実した内容なだけに、なぜそこだけ間違う??みたいな納得の行かなさがある。そもそも「聴けば判る」ことである。聴いてないか、聴いても違いに気付かないか、どっちでしょ。それがありえない。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
グリンジョンズのこと語るなら、そここそがキモなはずなのになあ。食べ物の薀蓄を一生懸命語りながら、肝心の隠し味に気付いてない、みたいな、そんな間抜けさを感じる。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
ええ、ワインディングロードについてはうるさいですよ、ゆるしませんよ、アリの一穴でもw
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
ところで、別なネット読み物で読んだ、何故グリンがあれらのテイクを選択したか、という疑問について、「好みだったんでしょ」というのがあって、それこそまさに「真実!」だと思った。そうだよ、好みだったんだよな。当たり前だわ。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
「普通の人の感想」って、いちばん当てになる気がする。どんな場合も「普通に考えれば」そうなる、っていうのが、いちばん納得いく「普通の」答えだと思う。専門家って、専門に特化するあまり、どこかの感覚はバカになっちゃうんだろうなって気はするね。自分もそうだ。気をつけないとだ。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
ストンズの67年~69年までのグリンジョンズの進歩ぶりがすごいな。同時にトラフィックとかスティーヴミラーとかやってるのもあるか。あと今まであんまり気にしたことがなかったが、チャーリーワッツが上手くなってると思う。プロデューサー(ジミーミラー)がドラマーだから、特訓されたか。など。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
ステレオでもロックの音が出せるようになるって、いつごろかな。個人的には Who's Next とか。グリンジョンズだ。ストーンズ67年はモノだけど似た音がしてる。既に。なるほどなあ。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
ジャンピンジャックフラッシュって何を意識してこんなリズムパターンになったんだろう、とずっと考えてたんだが、ひょっとすると、トゥモローネヴァノウズなんじゃないか、って思ったよ。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
ひと月分の番組を撮り終えた。さてイーグルスになったわけですが、企画に沿うならセカンドで終わりなのだが、そのままイーグルスを解散までやってもいい気もするね。好きだし。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
ここまで。結局グリンジョンズ特集はイーグルスの3までで終わり。いい特集だった。次はもし機会があったら、この流れでスワンプもやってみたい。気がしますw
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月14日
そうそう。本文で説明不足の部分がある。ビートルズでオリンピックスタジオレコーディングは、愛こそはすべてのベーシックトラックもそう。このシングルのAB面、両方ともそうだってことね。で、A面の方がエディクレイマーがメインエンジニア。B面のリッチマンはサブですね。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2012年5月15日
グリンジョンズのストーンズミックス補足だけど、ストーンズの場合、ビートルズと違って、モノもステレオも同じように聴こえるミックスがある。ただPANで寄せただけなのか、ちゃんとモノミックスしてたのか、その辺に興味が湧いた、っていうことですね。個人的にはベガバン以降はグリンジョンズのモノミックスのほうが、ビーのモノよりカッコいいと思う。ビーの場合、ジェフ君の離脱、という大事件が尾を引いてるんだと思う。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2013年1月22日
ことよろ。2013年版補足です。笑。この中で触れられてる69年頃の「ステレオミックスをそのままモノにした」っていうのは、ミッシェルポルナレフで言うと「悲しみのグローリア」とかがそうなのよね。それは今年の7月頃に特集するかもです。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2013年1月22日
あと、もう一点、ビーチボーイズの60年代初期は、このまとめのあとモノミックスがリリースされました!All Aummer Longまでの全曲がモノになった。もちろん全部聴きましたが、素晴らしいです。これでワイルドハニーまでの全曲を、モノのまま通して聴けるようになりました。サウンドの流れがとてもつかみやすくなったはずです。一応モノミックスは全曲「ブライアン立会い」ということになってるしね。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2013年1月22日
She's Leaving Homeのモノミックスを聴いて、初めて僕がこの曲の良さが判ったっていう話は、その曲の適正テンポがどれだけ重要かという話だなあと思った。元キーはEだと思うんだけどモノはF寄りの中間までピッチ(とBPM)が上げられてる。遅いときには「曲の良さに気付かなかったのか?」と言われるだろうけど、はい、気付きませんでした。笑。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2013年3月25日
ずっと気になってたのですが「悲しみの」ではなく「忘れじのグローリア」なんですよね。誰も突っ込まなかったね。笑。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2013年4月23日
今ふと買い物中に、アップル屋上ライブのこと考えた。それ以前のトゥィッケナム&アップルスタジオでは味わえない、屋上でのジョンレノン曲のカタルシスについて思いを馳せる。レノンが冴えたのは「たった一度の本番」であるアップル。それ以前はただのリハ。そこを理解してないグリンがレノンと理解し合えるはずはなかった。と。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2013年4月24日
鼻歌で Dig A Pony 歌ってて、ああもしグリンのバージョンのままだったら、あの颯爽とした演奏は聴かれなかったんだなーと思ったわけ。屋上曲のどれにも言えるけどね。
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2013年9月23日
【もうすぐ】今日、20時からFMくしろにて、この特集をオンエア。まずはストーンズの60年代オリジナル・モノミックスから。ネットでも聴けます→ http://www.simulradio.jp/asx/FmKushiro.asx
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2013年9月30日
【今日も20時から】FMくしろにてストーンズの60年代オリジナル・モノミックス特集。ネットでも聴けます→ http://www.simulradio.jp/asx/FmKushiro.asx
0
からP@ミルクセーキ音楽P @karama_co 2016年12月13日
【更新!】"今回のボックスは「ブライアンジョーンズ BOX」と言い換えてもいいような気がした。"Back to Original - The Rolling Stones https://t.co/XdBf052ubM
0