Togetterアプリでログイン状態が正しく設定されない事象が発生しています。
2012年5月14日

茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第594回「困難の暗闇を抜けると、太陽のような明るい人になる」

脳科学者・茂木健一郎さんの5月14日の連続ツイート。 本日は、昨日、講演会のときにわーっとよみがえってきたこと。
13
茂木健一郎 @kenichiromogi

首里んくっ! ぷれいりーどっぐくん、那覇でおはよう!

2012-05-14 06:19:02
茂木健一郎 @kenichiromogi

連続ツイート第594回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、昨日、講演会のときにわーっとよみがえってきたこと。

2012-05-14 07:02:26
茂木健一郎 @kenichiromogi

こた(1)昨日、那覇のとまりんで行われた沖縄タイムスの講演会で、質疑応答のときに、「プロフェッショナルのゲストで印象に残った人は?」と聞かれた。『ローマの休日』のアン王女のように、「どの方も」と言う手もあったけれども、言葉が自然にわいてきた。「リンゴ栽培の、木村秋則さんです」

2012-05-14 07:04:27
茂木健一郎 @kenichiromogi

こた(2)木村秋則さんは、不可能と言われたりんごの無肥料、無農薬栽培を思い立つ。しかし、うまく行かない。畑から、虫たちが葉を食べる音が聞こえてくる。季節外れに花芽が出る。どうしてもうまく行かなくて、極貧の生活となり、子どもたちは一つの消しゴムを切り分けて使った。

2012-05-14 07:05:36
茂木健一郎 @kenichiromogi

こた(3)7年経ってもダメで、もう死ぬしかないと、木村さんは思い詰めた。祭りの夜、家族たちを先に家に帰して、首をくくるロープを持って一人山に入っていく。この木にしよう、とロープを投げ上げたら、落ちた、それを拾おうと斜面で転がったら、目の前に、リンゴの木があった。

2012-05-14 07:06:53
茂木健一郎 @kenichiromogi

こた(4)なぜ、こんな山の中にリンゴの木が? いぶかる木村さん。よく見たら、どんぐりの木だった。いつもリンゴのことばかり考えていたから、そう見えてしまったのだろう。そこで、木村さんははっと気づく。なぜ、山の中では誰も肥料や農薬を使っていないのに、こんなに青々と茂っているのか。

2012-05-14 07:08:11
茂木健一郎 @kenichiromogi

こた(5)木村さんは、夢中になって根元の土を確かめた。ふわふわとして、やわらかい。自分のリンゴ畑の土とは、全く違う。これだ! 死にに来たことなど忘れて、夢中で山を転がり下りた。鍵は、「土」だということに気づいたのである。木村さんは土作りに奔走した。そして、ついに「その時」が来た。

2012-05-14 07:09:43
茂木健一郎 @kenichiromogi

こた(6)ある日、木村さんが家にいると、「大変だ、畑に行ってみろ」という。怖くて見れなくて、小屋の陰からそっとのぞいた。リンゴの花が、満開に咲いている。涙が出た。日本酒の一升瓶を持って、一本ごとにお疲れさま、とかけてあげた。ほとんどは、自分で飲んだ。

2012-05-14 07:11:30
茂木健一郎 @kenichiromogi

こた(7)木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」が出来るまでの物語。今度映画化されるそうだが、そこには本物のドラマがある。「真実」を求めて、それこそ自分の人生をすべて賭けて木村さんは探求した。その過程で、地獄を見た。地獄の中で、自分の命を絶とうとさえ思った。

2012-05-14 07:12:41
茂木健一郎 @kenichiromogi

こた(8)今日、木村秋則さんに会うと、まるで太陽のようである。その表情から、生命の光が輝いて見えるのだ。私は、木村さんほど、屈託なく、心から笑う人を知らない。その原初の日差しのような明るさは、言い尽くせない地獄をくぐり抜けたゆえ。夜明けの前の暗闇が一番深いという。

2012-05-14 07:14:32
茂木健一郎 @kenichiromogi

こた(9)木村秋則さんは口の中も「自然農法」で、歯が一本もない。収録の日、ディレクター(当時)の柴田さんが「歯入れてくるかな」と言っていたけど、結局歯無しできた。それでも滑舌がよくて、メロンも器用に食べる。木村さんのことを想うと、生きていてよかったと想う。困難が怖くなくなるのだ。

2012-05-14 07:16:16
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、連続ツイート第594回、「困難の暗闇をくぐり抜けると、太陽のような明るい人になる」でした。

2012-05-14 07:16:55
茂木健一郎 @kenichiromogi

「プロフェッショナル」の収録のあと、渋谷で打ち上げをしていて、木村秋則さんの話にあまりにも感動して、編集者の大島加奈子さんに「絶対本にした方がいい!」とその場で電話しました。それで、大島さんが『奇跡のリンゴ』(幻冬舎)をつくってくださいました。

2012-05-14 07:25:31

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?