Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能
2012年5月15日

ライトノベルと少女小説

妹尾ゆふ子さんの発言による波及。 自分が読みやすくするためにまとめました。あとで発言拾い直すかも。 追加削除ご自由に *途中、栗原ちひろさんが「限界」とおっしゃっているのは、ご自身の体調のことだそうです。 続きを読む
36
Stella @Stella_NF

コバルト・ホワイトハートなどでBLが混ざって発売されている状況とか、ジャンル名「少女小説」だと範囲が古典まで広がってしまうこととか。 / “汀こるもの( korumono)さんの 少女小説について まとめ - Togetter” http://t.co/U4tIFqpS

2012-05-15 07:50:54
うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

わたしの中では「ライトノベルかどうかは出版されたレーベルで決まる」「いわゆる『少女向け』もライトノベル」ですね。いわばコバルトとスニーカーはどっちも「ライトノベル」。少女漫画も少年漫画も「漫画」なのと同じ。敢えて分けるんなら「少女向けライトノベルと少年向けライトノベル」。

2012-05-15 10:06:25
うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

「じゃあ少女向けはどう呼べばいいの」という疑問が生ずる時点で「同じもの」という前提が、そこには存在していると仮定できます。同じあるいは近似という認識がなければ「じゃあ、こっちは?」という話にならないですよね。だから、分けようとしてる人にとっても根は同じということでは?

2012-05-15 10:09:14
うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

BLを含むかどうかは知りませんが(なぜならわたしはBLを読まないし、読まないものについて語る資格はないと思っているからです)レーベル的に考えると「微妙」というところなのではないでしょうか。

2012-05-15 10:12:58
うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

つまり、既存のレーベルでBL作品が出版される程度には親しく、しかしそれが続くと読者から「分けてほしい」という要望が出る程度には差があるジャンルだからというのが客観的に見ての感想、ということになるかな……。

2012-05-15 10:15:28
うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

大雑把に言うとライトノベルに含まれると考えていいんじゃないかなぁ、とは思ってます。先述のように、わたしの中ではレーベルでジャンル切り分けが発生しているので、少女向けのレーベルでも多数出版されているBLが、大きなジャンル的に「違うもの」とは思えないからです。

2012-05-15 10:20:22
うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

それこそ「じゃあ、BLはどうなの?」って疑問が生じた時点で、根は同じか近似と考えられるから、で話は終わるのですが、BLの場合はジャンル的な縛りが厳しいので、「ライトノベル」とは違う切り分けかたをした方がよいのかという気もしないでもない。のも、微妙な点かな〜、と。

2012-05-15 10:22:20
栗原ちひろ「有閑貴族エリオット」①②発売中+なろう書籍化 @c_kurihara

定義論と、無視される少女小説、とは話が違う気がする……と思いつつ、何かが限界なう

2012-05-15 10:49:49
うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

問題の根幹は、少なくともネット界では声の大きい「少年向けライトノベル」の読者が「俺らの読むライトノベルだけがライトノベル」という認識を通常営業としているため、ごく稀にしか「少女向けライトノベル」に意識が向かないことなんだろうなぁ。

2012-05-15 11:03:51
栗原ちひろ「有閑貴族エリオット」①②発売中+なろう書籍化 @c_kurihara

親戚とか、男性の知りあいとか、私が書いたからっていって本を読んでくれて、「えっ、少女向けとかじゃなくて面白いよ!」って言って下さることが結構あって、まあそれって「少女向け」に対する何か先入観があるのだろうなあというのは、実感があります。

2012-05-15 11:04:23
うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

@c_kurihara それって「ファンタジーなのにすごいしっかりしてるね!」みたいな感じだな〜。

2012-05-15 11:05:54
栗原ちひろ「有閑貴族エリオット」①②発売中+なろう書籍化 @c_kurihara

@usagi_ya そんな言われ方があるんですね! 少女向けの私なんかですと、「あなたはしっかりしたファンタジーが書ける」が褒め言葉です!

2012-05-15 11:06:30
うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

男性の方が一般的にマッチョ……という言葉でいいのかわかりませんが、「男性がたしなむべきもの」の範疇を外れることを恐れる傾向があるかな、とは思います。女性の方が、男性向けとされているジャンルにもガンガン行きますよね。

2012-05-15 11:09:04
うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

こんな話は前にもした記憶だ。ほんつなブログのコメント欄だから、もう存在してませんね。ウェブアーカイブに残っていれば別ですが。

2012-05-15 11:11:37
我乱堂 @SagamiNoriaki

@usagi_ya そういう側面はありますね。コバルトでも男性読者が捕捉したものがとりあげられることはあっても、BL要素の強い作品は無視される…ライトノベルという言葉が男性側の視座によってなりたっている傍証といえましょう…まあライトノベルのムックでもBL特集号ありましたが…

2012-05-15 11:28:43
うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

@SagamiNoriaki 側面ではなく、それが本体なんじゃないかと考えております>少年向けしか視野に入っていない人が、発言者の大多数を占めること

2012-05-15 11:36:45
犬神工房 @nokkaranoumu

.@usagi_ya ここはよく分からないのですが、「世の多くの」女性的には「少女漫画や少女向けラノベが好きな男性」は「受け入れがたく」ないのでしょうか。男性オタクでも、外からの評価を趣味より重んじる人は多く、彼らは「受け入れられない」なら趣味を捨ててしまうことさえあるのです。

2012-05-15 11:56:50
犬神工房 @nokkaranoumu

.@usagi_ya 要するに「モテたく」はないものの「気持ち悪い」と思われたくないんですね。それを趣味より重んじてしまう。そういう現実はあります。

2012-05-15 11:57:58
うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

.@nokkaranoumu 多くの女性がどうかは存じませんが(自分の周囲の人たちが「一般的」かと考えると、すみません、たぶん変な人の方が多いので)、わたしはべつに少女向けラノベ好きな男性=キモいとは思いません。同じ本の話ができると楽しいです。

2012-05-15 12:02:19
犬神工房 @nokkaranoumu

.@usagi_ya あんまり言いたくありませんが、外からの評価が趣味より重いという男性は少なくないです。「似合わない」とか「不愉快だ」といわれると「そうだったのか、申し訳ない」となっちゃう男性も多い。私はそんな彼らをマチズモと非難できないのです。

2012-05-15 12:09:52
うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

.@nokkaranoumu 理解できますよ。わたしもおばさんなのでゲームセンターに行きづらくてDIVA-ACがプレイできませんから。ですが、「男性は過剰反応して趣味をやめてしまうのです」も、一般的に、大部分の人が? とは思います。そういう人もいる、そうでない人もいるでしょう。

2012-05-15 12:13:07
犬神工房 @nokkaranoumu

.@usagi_ya なんでそうなのかは分かりませんが、多分萌え系作品オタク男性の風当たりは、少女向け作品オタク男性への風当たりよりは「少ない」というか、「より認知されている」風には見えます。「外からの評価」だけだと、この傾向はよくない傾向ですが、「趣味」の上では別に気にしない。

2012-05-15 12:25:44

妹尾さんによるコメントへの返信

うさぎ屋@妹尾ゆふ子 @usagi_ya

まとめにコメントついてるんだなぁ。マリ見てがブームになったのは知っていますし、男性が少女漫画を読むのも知っていますが、わたしが語っているのは「少女向けライトノベル(とわたしが認識するもの)」をライトノベルという枠の外に置くことを前提として語る人が多い、という現状についてなので。

2012-05-16 07:55:51
残りを読む(49)

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2012年5月15日
「○○向け」の○○じゃない人にとっては、「○○向けじゃなく楽しめた」って感想が出るのはしょうがないと思う。
2
たさか(隣人部員) @ktasaka 2012年5月15日
なんだろうねこの、「マリみて」が男性読者の間でものすごくもてはやされたことを爽やかにスルーする流れは。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2012年5月15日
それでいながら「マリみて」が「実は丘の上のミッキー」の正当な後継であることもさらっと流す。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2012年5月15日
コバルト(ホワイトハートも)、「ラノベ」という言葉ができてからラノベに組み込まれたと考えるのが妥当でしょ。それまでは「コバルト」だし「ホワイトハート」でしょ?
1
たさか(隣人部員) @ktasaka 2012年5月15日
あと、男性が少女漫画を読むのは、男性向け少女漫画の雑誌が創刊されたことをみてもごく普通の需要です。しかも内容は、少コミのような過激ラインから外れている。
1
ひろし @hiroshi313 2012年5月17日
うーむ、そもそも文学「少女」とあえて言われるのは、寧ろ少女こそが本を嗜まないものだとされていた時代の名残だと思っていたな。少年少女の区分が発見された時代において、男子が教養のため文学を読むことは当然のことで、教養よりも家政的な能力が要求されていた女性の方が読書を嗜んでいたというのは考えられにくいのだが。
0
ひろし @hiroshi313 2012年5月17日
現代における「ライトノベル」と一般書の関係と同じで、歴史的背景から考えてもあえて「少女小説」と言う時、馬鹿にするニュアンスがあったのではないか。
0
ひろし @hiroshi313 2012年5月17日
一般に「甘ったるく」「内容がない」とされる恋愛小説を、とかく女性を自分たちの趣味の領域から排除したがる傾向のある男性が(勿論同様のことが女性にも言えるであろうが)無意識のうちに見下している可能性は少なからずあると思う。
3
ながら @Nagara_KDZK 2013年5月18日
積読山脈でのコメント欄にお邪魔していた当時(2005年)にも感じたことだけど、マリ見て「以外」も恒常的に少女小説をレーベル読んでいる男性ラノベ読者の数が少なく、しかし読んでない層の声は大きいという凄まじい不均衡が。
1
ながら @Nagara_KDZK 2013年5月18日
両方読んでる層は女性が圧倒的多数で、こちらはこちらで少女小説側に有利になりやすい感もあるし、両方読んでる男からすると「色恋沙汰の絡む作品を引き合いに相手ジャンルを貶める」を相互にやってるように見えてしまう。
1