2012年5月15日

原発事故と国の責任

06年の段階で政府内部で全電源喪失の可能性が議論され、東電に指摘していたとの報道。
0
柊 龍士郎 @ryushirohiiragi

原子力安全保安院が全電源喪失の可能性を06年に東電に指摘。 http://t.co/3Pn5MPvX

2012-05-15 22:10:08
柊 龍士郎 @ryushirohiiragi

ただこれ注意しなければならないのは同じ時期に安倍内閣が国会で共産党からの指摘を退けていることね。

2012-05-15 22:13:45
柊 龍士郎 @ryushirohiiragi

地震による事故の可能性については随分前からIAEAが勧告していて、共産党が国会で質問して、でも当時の安倍内閣はそんなことはめったにないことだと判断した。そして、この発表からは当時政府内部でも危険性が検討されていたということが分かる。

2012-05-15 22:21:30
柊 龍士郎 @ryushirohiiragi

逆にこれ「国にも責任がある」ということを示しているものじゃないのかな。

2012-05-15 22:22:26
柊 龍士郎 @ryushirohiiragi

しかし、国は直接の責任を認めていないけれど、何兆円もの国費を賠償のために投じている。そう考えてみると、原発事故の責任は国にあるのか東電にあるのかという問題は形式的なものでしかない。

2012-05-15 22:27:05
柊 龍士郎 @ryushirohiiragi

勝俣会長は天変地異による免責規定が発動されなかったことが心残りらしいが、免責じゃなくて国にも東電にも責任があるよ。少なくとも、国会で自社に関わることが取り上げられているのに気づいていなかったというのは言い訳できない。

2012-05-15 22:31:18
柊 龍士郎 @ryushirohiiragi

それと、このたび東電の経営陣が刷新されようとしているのは、つまるところ国から貰ったお金の使い方がなっていないということではないのかな。分厚い書類の問題とかね。

2012-05-15 22:35:23
柊 龍士郎 @ryushirohiiragi

3月11日に天皇陛下は「原子力発電所の事故が発生したことにより、危険な区域に住む人々は住み慣れた、そして生活の場としていた地域から離れざるを得なくなりました」と仰った。この天皇陛下のお言葉を脱原発に絡める人もいるけれど、素直に読めば避難民の生活を慮った発言だと思う。

2012-05-15 22:41:54
柊 龍士郎 @ryushirohiiragi

まぁ結論を一言で言うと「勝俣会長は空気を読んでおとなしく切腹しろ」ということになる。アスペっぽい人が他人に空気を読めとはどういうことじゃというツッコミは甘受します。

2012-05-15 22:58:51

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?