編集可能
2010年6月20日

円城塔「電子書籍」に関するつぶやき

ザクッと抽出しただけです。後で見直します。
2
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

というか僕は統合開発環境使えたためしがないのよな。

2010-06-20 01:35:13
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

やっぱり、クリーンインストールし直そう。

2010-06-20 02:46:30
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

なんでまあ、こんなことをしているのかというと。電子書籍について対談する仕事を貰ったからだったりするのだけれど。

2010-06-20 02:54:02
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

で、何を話せばいいのかなーと考えるうちに何故かこうしたなりゆきに。というのは、

2010-06-20 02:55:19
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

まあ、電子書籍がらみの特集は、概ねひどい。そのまわりの話も、概ねつまらない。リーダーがどうとか、流通や仕事がどう変わるのかとか、紙の本はなくなるのかとか。

2010-06-20 02:57:52
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

pdf や ePub にして配布するのが電子書籍なのかと言われればまあ違うはずなのだけれど、あまりそういう視点はない。雑誌なんかは過去の目次だけでも電子化すれば良いと思うけど、地味な話は要らないっぽい。

2010-06-20 03:01:26
@diceque

過去(戦前)の雑誌の電子化は、まさに進行中なのだが。RT @EnJoeToh pdf や ePub にして配布するのが電子書籍なのかと言われればまあ違うはずなのだけれど、あまりそういう視点はない。雑誌なんかは過去の目次だけでも電子化すれば良いと思うけど、地味な話は要らないっぽい。

2010-06-20 03:04:36
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

んで、pdf にしました!とかいうのが大手を振るんだけど、そりゃできるだろ、と。配布用のプラットフォームをつくりましょうという話なら考えどころも色々あるけど、話としてはかなり巨大dとりとめもなくなるのが目に見えており。

2010-06-20 03:05:23
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

で、今の出版社が電子書籍やりましょうという話をするとして、model view controller とかで話ができる人はどれだけいるのか、と。

2010-06-20 03:08:23
@diceque

限りなく絶無に近いのではないか。文系・理系みたいな話だが、ソフトウェアの構造に関心が払われることは稀だ。RT @EnJoeToh で、今の出版社が電子書籍やりましょうという話をするとして、model view controller とかで話ができる人はどれだけいるのか、と。

2010-06-20 03:15:30
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

ああ、公的機関による電子化は進めて頂ければ。出版社が自社のものに関してビジネスとして考える場合のことについてです。

2010-06-20 03:10:38
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

MVCとかデザインパターンとか僕はあんまり好きじゃないけど、大量の製品を常に出し続ける場合に必要だろうなあとは思う。

2010-06-20 03:15:15
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

んじゃ、Xcode 使える人採用します、とかで良いかというとそういうものでもなく。プラットフォーム変わったときにどうするのですか、と。

2010-06-20 03:23:13
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

小説の書き手の多くは、model から呼ばれる何かを書いてる訳で、そのフォーマットが欲しいわけです。少なくとも僕は。

2010-06-20 03:26:08
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

ただ、その話は全くと言って良いほど通じない。あるいは出版社の仕事ではない、というあたりになる。

2010-06-20 03:29:11
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

これは単に、そういう人が大変少ないという体質的なもので、それだとまずいんじゃないかなあと素朴に。

2010-06-20 03:31:40
トマ村 @tmhwq

@EnJoeToh 出版事情に通じてる技術屋、あるいは技術に強い出版社のフットワークが軽いといいんですが。HTMLやTeXのような汎用マークアップ方式があるともう少し話は違うように思います。

2010-06-20 03:33:42
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

電子書籍と電子書籍と表に出ている人たちは、じゃあ、xmlの仕様を読んだことがあるのかと。何かのsdk 入れてみたことがあるのかと。

2010-06-20 03:34:04
@diceque

円城さんが明晰に作家の自意識を記述しても、出版関係者(主に編集者)に対してエソテリックにしか響かないとしたら双方にとって不幸です。RT @EnJoeToh 小説の書き手の多くは、model から呼ばれる何かを書いてる訳で、そのフォーマットが欲しいわけです。少なくとも僕は。

2010-06-20 03:34:50
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

そゆこと話すことになるのかなあと考えてたら、そういえば自分もsdk触ってないなと気づき、入れるだけ入れておこう……と今に至る。

2010-06-20 03:35:15
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

電子化費用で提示される値段が一桁二桁違うのは、単に実作業を知らないからで、その皺寄せは会社に一人二人いるプログラマが背負ったりする。

2010-06-20 03:39:26
EnJoe140で短編中 @EnJoeToh

(ちなみに僕はプログラマじゃないです)

2010-06-20 03:41:29
残りを読む(46)

コメント

Fukumoto @fulgurit 2010年6月20日
勝手に追加編集したよ!
0
Fukumoto @fulgurit 2010年6月20日
ご指摘に従い訂正! 
0
ムー @mu 2010年6月20日
ありがとうございます!
0