5
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
おはようございます。今日は【恨む自分に気付いている人と、気付いていない人】について
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
単純に恨む人と括って昨日は話したけれど、恨む人だと気付いてそれに苦しんでいる場合と、自分が恨む人だと気付いていない場合の二つに分けられると思う。後者も深い所では自己愛の薄さや、幼少期の何かで苦しんでいたりするのかもしれないけど余りに怒りの時期が長過ぎてもうそれが自分でもわからない
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
人を攻撃したり、恨んだり、怒りを忘れられない。でもそんな自分が苦しいし嫌だ。そう思っている人は周囲の努力でもなんとかしようがあると思う。たぶんこういう人は自己肯定感が足りていなくて本当は自分に価値があって周囲は必要としている事を伝えたり、感じさせる人がいれば癒されうる。
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
でも余りに長く恨みや怒りに染まった人生を生きてきた人は、いくら周囲があなたは素晴らしいと言っても、自分自身が全く自分を素晴らしいなんて思えないから、周囲が嘘をついて自分を馬鹿にしようとしているとしか思えなくなっている。異常なまでに自分を守っていて、だから善意もはね除ける。
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
恨む人や攻撃する人はまず最初に自分への絶望がある。自分自身が素晴らしいと思えない、でも自分は自分でしかない。素晴らしいと思う為に人の評価を得たいのに得られるほどの能力も無い。この辺りでどうしてみんな僕を認めてくれないんだというのが転嫁して恨む人になる。
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
恨みも怒りも優しさも、人とコミュニケートしたいのが本質で、それが攻撃なのか、それとも優しさなのかに大きな違いは無い。自分がどちらかを選んだかで、社会のその人に対する反応が変わる。世界はひたすらにそのままで、それが素晴らしく見るのか、恨ましく見るのかは自分次第。
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
恨む自分に気付いている人は、自分から始まっているという事に気付いて、それが変わると優しい人になる。でも恨む自分になったのも周囲のせいだし、みんなが自分に悪い事をするから恨むんだと、その段階を客観視できない人は、周囲からアプローチする事はかなり難しい。善意も彼らには恨ましい。
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
【まとめ】自分が自分のままでいいじゃないかと突き抜けた時に、相手が相手のままでいる事も世界が世界のままでいる事も受け入れられる。恨む人は、恨む対象に実は自分が入っていて、そう恨んでいるのも自分からだという事に気付くのが、まず最初の一歩だと僕は思う。
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
その場合のナルシシズム的自己愛は、自己愛が無いが故にナルシシストになってると僕は思っています RT @takana05: 恨む人呟き、興味深く拝読させていただきました。それと逆に、自己愛が強すぎて人を恨んでしまうタイプもいるような気がします。これは自認する自分と現実とのギャップ
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
明日話します RT @renlink: @daijapan @takana05 それ、もうちょっと詳しく聞きたいです。>その場合のナルシシズム的自己愛は、自己愛が無いが故にナルシシストになってると僕は思っています

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする